目標スコアは何点ですか?TOEICの勉強法は100点ごとに異なります!

バタ足ができない人にクロールを教えるのが難しいように,中学生に高校で習う内容を教えても理解するのは難しいでしょう。

幼少期に私たちが「3匹の子ぶた」から学んだ教訓は,土台からしっかりと積み上げていくことの重要さでしたが,TOEICの勉強にもそれはもちろん当てはまり,自分の実力にあった勉強法を採用しなければ,せっかく時間をかけても効果が薄いのです。

そこで今回は,100点刻みの目標スコア別におすすめの勉強法についてまとめてみることにしました。

これからTOEICの勉強を始めるという方はもちろん,普段勉強しているけれど,いまいち成績が伸びないとお悩みの方まで,是非参考にしていただけたらと思います!

TOEICにおける勉強法の選び方

先述の通り,TOEICでは目標スコアごとに効果の高い勉強法(行うべきトレーニング)が異なることが知られています。

細かい内容に入る前に,まずはどんな分野に集中して勉強すればよいのかまとめてみましょう!

分け方については諸説ありますが,私がもっともわかりやすいと思うのは100点刻みで示したものです↓↓

目標スコアと集中すべき分野

  • 300点までは「基礎英単語」
  • 400点までは「基礎英文法」
  • 500点までは「音法」
  • 600点までは「リスニング」
  • 700点までは「スピーキング」
  • 800点までは「リーディング」
  • 900点までは「ライティング」

例えば目標スコアが600点の方であれば,「リスニングの能力を上げるのに特化した勉強法をメインに据えるのが重要」だということになります。

もちろん,「厳密にこの表に従え」というわけではありませんが,集中すべき分野が1つ決まることで,教材や参考書を選ぶ際に迷うことがありませんし,時間もお金も節約できることでしょう。

ここで1つ注意があるのですが,現在の実力(保有スコア)から100点以上の勉強法はいきなり選ばないようにしてください。

例えば,目標は600点であるけれど今400点ちょっとの実力しかない人であれば,いきなりリスニングの勉強をしないということです。

あくまで1つ上の目標スコアを突破するために必要なことをマスターしてから,つまり500点レベルの「音法」から始め,模試などで500点を超えたことを確認してから初めて600点の対策をするよう心掛けてください。

実際問題,半数以上の受験者は600点を取ることができないのにもかかわらず,書店には800点や900点のタイトルを冠した参考書がずらりと並んでいます。

それだけ,多くの人が背伸びをしているということの顕れでしょう。

なお,別の記事で書いたように,100点アップさせるのに最低でも200時間の勉強時間が必要です。

毎日どのくらい勉強できるのか,そして本番までの残り時間も考慮して,焦らず着実にステップアップしていきましょう!

そもそも現在の実力を知らないという方は,オンライン模試や問題集を活用するようにしてください。

それでは次章から,目標スコア別に具体的な勉強法についてみていくことにします。

 

300点を取るための勉強法:基礎英単語

生徒
テストの内容は,聴いても読んでもいまいちわからないんですよね。

というのが200点~300点のスコアを持つ方の特徴となります。

ここを突破するためには,中学で習う基礎英単語からやり直すのが最もおすすめの勉強法です。

しかし単語数にしては1000語ちょっとあるので時間はなかなかにかかりますし,それ以上に大切なことは「意味だけわかるようになってもダメ」だということ。

ここで試しに,battery(カタカナにすると「バッテリー」ですが,意味は「電池」で覚える方が役立ちます)の発音のされ方を聞いてみてください。

やり方は,Google検索で「battery 発音」と入力するだけです。

すると以下のような画面が表示されてきますので,設定は「アメリカの発音」かつ速度を「普通」にして聴いてみてください↓↓

Batteryの発音

どうですか。

カタカナだけみると簡単そうなのに,この音だけから「バッテリー」が浮かんだでしょうか。

音にも対応するための勉強法として,中学レベルの英文を音読しましょう!

このとき,和訳や文法,そして語句の解説まで載っている教材が良いですね。

時間がある方ですと,「ぜったい音読」のような参考書であったり「スタディサプリ」で中学英語を学び直すのが1番ですが,TOEIC対策講座にある基礎講座の中にも「基礎英単語」というトレーニングがあり,中学レベルの1000語を速習できます↓↓

 

400点を取るための勉強法:基礎英文法

TOEICで400点以上を目標とする方は,中学レベルの基礎英文法をやり直す勉強法を採用してください。

生徒
リスニングだと単語が途切れ途切れには聞き取れるくらいで,文章を読んでいても知っている単語がいくつか見つかるくらいですかね。

というのがこのレベルの学習者の特徴で,勘の良い方であればそういった単語をつなげて,未知の単語も推測できるはずです。

例えば,albatrossという単語の近くに,eat fishやwingのような単語を見つけられれば,海鳥の話題であることがわかるかもしれません。

ですが,文法がしっかりしていないために,「何が何をどうしたのか」まではわかりません。

そこで,中学の重要表現がまとめられた教材を使って,文法事項をしっかり理解することから始める必要があります。

しかし,ただ理解できただけでは不十分です。

さらにその知識を自分のものにするために,学んだ表現を声に出しながら書き写したり,日本語訳を見て英文に変換して声に出すトレーニングを行う必要があります。

重要表現が載っている参考書としてはくもんの中学英文法のようなものか,スタディサプリの日常英会話コースであれば「クイックレスポンス」というトレーニングが利用できるので,Lv.3くらいのコース(英検3級)で練習するのがおすすめです。

 

500点を取るための勉強法:音法

ここから次のレベルまではリスニングの対策をメインに勉強していくことになりますが,500点を目標とする学習者の英語力としては,

生徒
聴いてわかる単語同士が横と少しはつながるんですが,1つの文を最初から最後まで聞き取るのはできないです。

となるでしょう。

そのレベルにいる方は,本格的にリスニング勉強をする前に「音法」について知ってください。

いわゆるナチュラルな英語において,音と音が化学変化を起こすために,1語1語切って発音したときとはまったく別の音のように聞こえるというのがざっくりした説明です。

例えばask himであれば,「アスクヒム」ではなく「アスキン」といった具合に聞こえます。

スタディサプリの日常英会話コースにある「リスニングPLUS」という学習コンテンツは,音法について1から詳しく紹介している貴重な教材です。

やや使い始めるまでに手数がかかるのが難点ですが,それに見合うだけの内容は揃っていますので是非ご検討ください。

音法を手持ちの音源を用いて確認する場合は,「語学プレイヤー」のような,再生スピードを調節できるアプリを利用することになります。

負荷は目いっぱい下げてしまって構わないので,ゆっくり目のスピードで初期のシャドーイングを行うようにしてください。

音源の内容が印刷された英文を用意し,読まれた速度のまま,英文を目や指で追うトレーニングから始めましょう!

一方,リーディングのための勉強においても,リスニングに役立つ勉強方法を採用することができます。

そのためにも普段からスラッシュ・リーディングを行い,前に戻ることなく頭から訳し上げていくトレーニングを行うようにしてください。

「シャドーイング」や「スラッシュ・リーディング」といった用語自体についてあまり聞いたことがないという方は,以下の記事にて解説しています↓↓

 

600点を取るための勉強法:リスニング

TOEICにおいて600点を取ることは,国内において大きな目標となります。

というのも,日本人の平均スコアが500点ちょっとなわけで,多くの企業が社員に求める点数も600点に近い数字となってくるからです。

このスコアを目指す学習者は,

生徒
リスニングで1文まるまる聴き取れる文は出てくるんですけど,立て続けに何文も読みあげられると,頭の方の処理が追いつきません。

と言います。

そこで,英語の音に対する瞬発力を高める必要があるわけですが,それにはディクテーションが有効な勉強法です。

先にも紹介したTOEIC対策コースは,まさにこのテクニックを全面的に取り入れたアプリですので,是非使ってみてください!

一般的な「ディクテーション」に関するやり方については,前章の最後に紹介した「おすすめテクニック」の記事を参照していただくか,以下のリスニングにしぼった勉強法の記事をお読みください↓↓

リーディングにおいても,やはり課題となるのはスピードです。

TOEIC本番でも時間内に終われるかどうか怪しいところでしょう。

1分間に100語読むことを目標に,スラッシュ・リーディングで学ぶ際には日本語を極力介さず,頭にイメージを浮かべて読むトレーニング法がおすすめです(詳しくは800点のところで紹介している記事も参照してください)。

ちなみに,高校生のうちにこのレベルに達するための勉強法については以下の記事をどうぞ↓↓

 

700点を取るための勉強法:スピーキング

「リスニングの対策でスピーキングを行う」と聞くと意外に思われるかもしれませんが,自分で話せる英語の数が増えてくると,その分聴き取れる英語も増えてくることが知られています。

生徒
リスニングは長い文だと一体なんの話なのかわからなくなります。またリーディングは読むのが遅くて,日本語を読むようにはいかないですね。

700点を目標とする方は「シャドーイング」を使ったトレーニングを勉強法に取り入れ,本腰を入れて取り組むようにしましょう。

500点の説明ではゆっくり目のスピードのみで練習すればよかったのですし,印刷された英文などの助けもありましたが,700点ともなると,何も見ずに普通のスピードにも対応できるようになるまでトレーニングする必要があります。

ビジネス英語コースにある「瞬間発話プラクティス」であれば,指定された場面における即答能力を養成することができますし,場合によってはオンライン英会話も取り入れてみるのも良い気分転換になります。

一方のリーディングですが,読む速度の目標はやや高めの「1分間に150語」とします。

この速さの目安として,英文とその和訳を用意し,それぞれを読む速度をストップウォッチで測ってみてください。

英文を読むのにかかった時間が,日本語で読んだときの1.5~2倍に収まっていればOKです。

 

800点を取るための勉強法:リーディング

生徒
リスニングはイメージが浮かんでくるようになりましたが,長い英文だと本筋を捉えられていなかったり,細かいところが異なります。リーディングもだいぶ早く読めるようになったんですけど,まだまだです。

このような方が,TOEICで800点を取るための勉強法ですが,例によってリスニングから説明していきます。

前章で紹介したスピーキング練習を継続するのが基本ですが,先の展開を予測しながら読めるようになるよう,論理的に話すことを意識しましょう。

通訳者の実践するトレーニングになりますが,比較的ゆっくり読まれた音源を聴きながらメモを取り,聴き終わった後に,そのメモを見ながら内容を英語でスピーキングする,「ノートテイキング&リプロダクション」を取り入れた勉強法がおすすめです。

リーディングに関しては,日本語を介さず頭にイメージを浮かべて読む方法がおすすめで,それには同じ記事の日本語新聞と英字新聞を用意し,あらかじめ日本語でイメージを作ってから,英字新聞を早読みしてみてください。

準備が大変だと思われる方は,The Japan Times Alphaがおすすめですよ!

とはいえ800点レベルともなると,なかなかにこれらの作業を自分1人の力で行うのは難しいものがあります。

この際,綿密にプログラムされたアルクのTOEIC教材を使うのもわかりやすいのではないでしょうか。

 

900点を取るための勉強法:ライティング

英語の達人になるための登竜門がこの900点です。

このレベルを目標とする方は,

生徒
内容をイメージで浮かべることができますが,海外ドラマや洋楽は慣れていないのでうまく聞き取れません。長文も細かいところを誤解していました。

といったレベルになります。

リスニングの勉強法としてはスピーキング中心。

聞かれた内容に瞬間的に答える練習を積みましょう。

そのためには,洋画と英語字幕を用意し,観て聴き取れなかった部分を字幕で確認するとともに,気に入ったシーン(数分程度)を抜き出して,特定の役を演じるロールプレイを行うのが有効な勉強法です。

一方,リーディングでは内容が絵のように浮かぶものの,長文では細かく誤解しているところもあります。

展開を予想しながら読むことでスピードを300語/分近くにまで上げるとともに,先の英字新聞の内容をライティングするトレーニングを行いましょう。

初めて出会った表現を含む数文を選ぶため,まずは英字新聞を速読します。

続けて,日本語でその記事を読んで内容を理解しましょう。

その後,選んだ数文を声に出しながら5回以上書き写すようにしてください。

TOEICで800点以上取るための勉強法にはかなり色々なトレーニングが考えられるため,「色々試しているうちに,気が付いたら900点を超えていた」という方が多いように思います。

 

まとめ

以上,TOEICの目標スコア別の勉強法についてまとめてきました。

100点刻みで紹介してきましたが,別段これは風変わりな考え方ではなく,通信教育大手のアルクなどでも,同じようなコース設定がされているのでご安心ください↓↓

また,これまでに触れてこなかったこととして,実際のテストではリスニングセクションとリーディングセクションで同じような点数になることは稀で,リスニングのスコアの方が高めに出る傾向にあります。

とはいえその差が100点以上になることは通常ありえませんので,例えば600点を実現した際には「L330 R270」などの得点パターンになるはずです。

逆に,もし現在「L410 R230」のようなスコアをお持ちの方の場合が700点を目指そうと思ったら,「リスニングは800点のための勉強法を,そしてリーディングは600点のための勉強法を採用する」といった具合に工夫してください。

またTOEICでは,同じ100点アップを目指す場合でも,目標スコアが高くなってくるほど難しくなります

これは英検でも同じですよね。

3級から準2級突破にかかる勉強量より,2級から準1級を突破する方が圧倒的に時間がかかります。

つまり,500点を600点に上げるよりも600点を700点にする方が難しいですし,800点を900点にするのはもっと難しいということです。

確実に成果を出すためには,TOEICの達人に付きっ切りで教えてもらうのがやはりおすすめで,実際私はパーソナルコーチプランを利用することで,900点近くまでスコアを伸ばすことができました↓↓

お金にものを言わせてスコアアップを果たすのは,ちょっとしたチート行為にあたるかもしれませんが,自分よりできる人とTOEIC勉強を通して知り合えたという経験は,今振り返ってみてもなかなかに自分の人生観を変えてくれたように思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

TOEICでみなさんが目標スコアを取れるよう,陰ながら応援しています!

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -勉強法

    © 2020 スタディTOEIC