ライティング力を強化してTOEIC900点を超える方法!

ここでは「ライティング力を強化してTOEIC900点を超える方法」についてまとめましょう!

リスニングがリーディングかで言うと,これは後者の方によく効く方法となります。

800点を超えたレベルともなると,1分間に250語以上の速さで英文が読めるほどの実力が付いているはずですが,それでもまだ不十分で,話すように英文が書ける力も重要になってくるというのが盲点です。

前回の記事ではL&Rテスト対策に「スピーキング」を強化する大切さについて書きましたが,本記事においても注目すべきは「聴く」でも「読む」でもありません。

表題にある「ライティング」の力こそが,900点を超えるために必要なのです。

英字新聞と日本語の新聞を用意する

早速やり方についてみていきますが,まずは英字新聞と日本語の2つの新聞を用意しましょう。

同じ記事について2ヶ国語で書かれたものを見比べることで,ライティングの学習効率を高めます。

ここでは,以前に紹介した「ジャパンタイムズalpha」を例に説明していくことにしますが,

サイトのHPに行くと,このように英字新聞が表示されてきますので,興味があるタイトルを選びましょう↓↓

ジャパンタイムズalphaのトップページ

すると,英語の記事が表示されてきますが,その文章の最後にあるのは「和訳を見る」という文字。

それをクリックすることで,日本語訳が表示されてくるのですが(以下画像右),これこそジャパンタイムズalphaの持つ大きな魅力の1つでしょう↓↓

英字新聞とその訳

別の英字新聞で同じことをするとなると大変ですからね。

ここでは新型コロナウイルスにまつわるニュースを選びましたが,本紙の場合,英文の難易度も付けられているので,☆が3つ付いているもの(最も難しいレベル)を選ぶか,ビジネスの話題関連のものにするのがよいでしょう。

 

英字新聞の記事を速読する

次にすべきことは,英字新聞の記事を速読することです。

まだライティングはどこにも出てきていませんが,次章の最後に出てくるのでしばしの間お待ちを。

1分間に250~300語以上のスピードで読むのが目安になりますが,これは先に選んだ文章の最初の4行(Global cases~Reuters tallyまで)を7~8秒程度で読むくらいの速さに相当します。

もし厳密に測りたければ,選んだ記事をコピーペーストしてWordなどに貼り付けて,「文字カウント」に出ている語数を5で割った数字が毎分300語のスピードです。

例えば全部で100語の文章でしたら100÷5=20秒を目標に読むこととなります。

さて,このとき読んだ文章の中で初めて出会った表現を含む文を2~3個選んでみてください(もし足りないようでしたら,別の記事を使って同じことを繰り返してください)。

例えば,ここでは以下の文章を含む数文を選んだことにしましょう↓↓

The number of global infections continues to rise at a rate of around 1%-2% a day since the beginning of June, even as many countries are taking steps to ease lockdown measures.

赤字で示した部分が初めて出会った表現と仮定します。

 

英文を音読して書き写す

そうしたら次に,日本語で同じ記事を読んでみましょう!

英語ではわかりづらいところであっても,日本語となると簡単に意味が理解できます。

先の英文で赤字にした"rise at a rate of X% a day"という表現は「1日にX%の割合で増える」だとわかりましたし,"take steps to ease lockdown measures"は「都市封鎖の措置の段階的な緩和を進める」といった意味でした。

さて,このように英文を読んで意味を確認した時点で,多くの方は勉強を終わりにしてしまいがちですが,それは大変にもったいないことです。

むしろ,「ここからがいよいよ本番だ」と言っても過言ではありません。

日本語で読むことで完全に内容を理解した英文を声に出しながら,素早く5回以上ライティングすること,つまり国弘正雄先生が言うところの「音読筆写」をすることで,初めて初見の英語表現が自分のものとなります↓↓

音読筆写を5回した様子

1度目に写したときには,まだまだ文の切る位置すらままならず,途中で英文を何度も見返すことにもなりましたが,3回目を過ぎたあたりからだいぶ内容も覚えてきて,5回目には一度も本文を見ずにすらすら書けるようになりました

ライティング力がアップした瞬間です。

これをこの後,数ヶ月続けていけば,確実にリーディングスコアは上がっていくことになるでしょう。

1文を声に出しながら5回書き写すだけでも10分近くかかってしまう上,手もかなり疲れますが,それだけの価値があるのがこの勉強法だと思ってください。

No pain, no gainです。

 

まとめ

以上,TOEICのL&Rテストで900点を超えるためにライティング力を向上させることで,リーディングスコアを伸ばす方法について紹介してきました。

再度手順をまとめてみると,

  1. 英字新聞と日本語新聞の2つを用意する
  2. 英字新聞を速読し,知らない表現を含む文を選択
  3. 日本語新聞で内容を理解し,音読筆写する

という3ステップが基本となります。

この中では特に1の作業が地味に大変で,私もジャパンタイムズalphaに出会うまでは,ライティングのトレーニングをTOEIC L&Rテスト対策に取り入れることが大変困難で,実行しないでいました。

ですが,1さえクリアしてしまえば2と3の作業は簡単です。

もちろん1回の学習時間は全部で30分近くかかることになるでしょう。

ですが,音読筆写をやり遂げた暁には,その場で成長が実感できてそれまでの努力が報われたように感じるはずです。

TOEICで900点を超えたい方(リーディングで420点以上取りたい方)で伸び悩んでいる方は,是非ともライティング力アップのための勉強法を普段の学習に取り入れてみてください!

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC勉強法
-

© 2020 スタディTOEIC®