スタディTOEIC®の勉強法と管理人のTOEICスコアについて

スタディTOEIC®という名前でサイトを運営するにあたって,以下の2つを心掛けています↓

  • 誰もが実行しやすい勉強法を紹介すること
  • 管理人自身が継続してTOEICを勉強すること

気持ち良く当サイトを利用してもらえるように,ここで一度,これらについて書き記しておきますので,初めましての方は,是非参考にしていただけたら幸いです。

スタディTOEIC®の提示する勉強法

スタディTOEIC®のロゴ

当サイトが提示している勉強法ですが,極端な内容にはなっていません。

例えば,何年も海外で生活することができれば,短期間で英語力を大きく伸ばすことが可能でしょう。

ですが,多くの方にとってそういう環境はやすやすと手に入るものではないのです。

加えて,もし私が従来の日本の英語教育を経験していない帰国子女であるか,大学で語学を専門に学ぶような学科の出であれば,ここで紹介する勉強法は特殊過ぎて,みなさんが聞いたところでさほど役に立たないでしょう。

というのも,スタートの段階から周りよりリスニング能力に恵まれているといった前提が抜けていたり,毎日が大好きな英語中心で回っていて,触れてきた知識の質や本人自身のやる気が段違いに高かったりするからです。

その点,私は海外に長期滞在したような経験もなく,毎日英語に積極的に触れるようなアクティブな生活を送ってきてはいません

大学での専攻は理系でしたし,大学では一番下のレベルの英語クラスに分けられ,英語が話せないことが長くコンプレックスになっていたほどです。

とはいえ,全くやる気がないかと言われれば決してそのようなことはなく,ぼんやりと昔から「英語ができたらいいな」という憧れめいた気持ちを持ち続けてきたことは確かで,その他特筆すべき内容としては,月に数日程度の頻度で,中高生に英語を教えたり添削をするなどしてきた過去があります。

とはいえ,その程度の取り組みでTOEICスコアが上がるかと言えば決してそのようなことはありませんでした。

この点については,次章で私のこれまでのTOEICスコアの移り変わりを提示しているので,そちらで確認していただけたらと思います。

なお,個人的に好きで頑張ってきた英語の分野は「発音」と「文法」で,TOEICのS&Wではpronunciationの評価が毎回Highであることと,L&Rのパート5が得意なことが私ならではの強みです。

大学で発音の授業があり,そこで波形をチェックしてもらった経験や,受験勉強で分厚い文法書を一冊読み通した経験などが影響しているのですが,スコアに大きな影響を及ぼすことはありません。

とはいえ,語学においては得意を伸ばすよりも苦手を無くすことを重視してきたので,結果的に英語4技能はバランス良く伸び,最高ではなくとも,すべて平均以上の解説はできると確信しています。

安心して,当サイトの記事をお読みいただけたら幸いです。

 

 

管理人のTOEICスコアの移り変わり

スタディTOEIC®管理人のTOEICスコアの移り変わり

スタディTOEIC®管理人のTOEICスコアですが,これまでの移り変わりについて振り返ってみると,最初に受験したのが2001年の第83回公開テストになります。

ちょうど高校を卒業したタイミングで受けたのですが,結果は425点(L230 R195)ということで,平均よりもだいぶ低かったです。

確かに,高校時代は赤点もある不真面目な生徒で,高3の段階で「amの過去形は?」と教師に質問された際には「wam」などと答えてしまい,クラスメイトの笑いを誘ってしまったことを覚えています。

そこから,浪人して受験勉強に専念した結果,2年後の第102回には685点(L370 R315)を取れるようになり,さらに大学で英語で行われる講義などを多めに取った関係からか,半年後の第106回には755点(L390 R365)を取れるまでになりました。

とはいえ,そこから半年後に受けたスコアはほぼ変わっておらず,大学時代はこれにて終了です。

そこから理系の大学院に進学し,英語で論文を読んだり,留学生の世話を任される(とはいえ,日本語も交えてですが)日々を数年間過ごし,2010年にはIPテストで895点(L460 R435)を取ることができました。

このときの生活についてより詳しく述べると,週に最低でも1つは英語の研究論文を読み,ミャンマー出身の留学生と英語でやり取りを少ししていた程度です。

基本的には研究がメインなので英語は使いませんし,一日中英語で会話をすることもありません。

また,IPテストであったので公式スコアではない他,形式的にみても今のTOEICほど難しくはなかったです。

その後,大学院を去ると,英語を使う機会と言えば,中高生に塾で英語を教えるか,添削や採点業務のときくらいで,普段英語を意欲的に聴くようなこともなく,2年後の第169回のスコア結果は805点(L420 R385)にまで落ちてしまいます。

TOEICスコアとは実に正直なもので,英語に触れなくなれば落ちてしまいますし,ほどほどの勉強であればスコアは維持程度にとどまり,大きく伸びるようなことはありません

その証拠に,同じような生活を続けて2018年に受けた第229回のスコアも795点(L400 R395)でした。

この結果を受けて,自分の中では危機感が生じ,やる気が高まります。

実際,スタディTOEIC®の運営を頑張り始めたのもこの頃で,3ヶ月間,毎日2時間を目標に勉強を進めていきました。

それが功を成し,第237回には885点(L460 R425)とほぼ全盛期の状態にまで戻すことができ,その後しばらくはS&Wの方に重きを置いて勉強していたところ,2022年の第296回のテストで915点(L460 R455)を取ることができたわけです。

とはいえ,この時,「900点を何としても超えてやろう」と力んで勉強していた事実はなく,「IIBC AWARDの基準(L375 R425)を超えられればよいな」と思って受けていただけに,かねてからの念願だった900点超えをこのようにすんなりと達成できてしまったことに驚きました。

その2ヶ月後にS&Wを受けましたが,結果は320点(S150 W170)で,Speakingのスコアが基準に10点足りないために2回ほど受け直す羽目になりましたが,11月にはなんとか170点を取得でき,管理人としての責務は果たせたように感じています。

 

 

これまでを振り返ってみて

2001年から2022年までのTOEIC公式スコア証明書

初回の公開テストからここまでくるのに20年以上かかっており,中学で英語に初めて触れてから実に30年近くが経っていますが,結果的にL&Rは900点を超え,S&Wもそれに見合うだけのスコアが取れました。

前章で紹介した,私のスコアに影響を与えた出来事を箇条書きにしてみると,以下のようになります↓

  • 高校までの学校教育→425点(L230 R195)
  • 本格的な受験勉強→685点(L370 R315)
  • 大学での英語学習→755点(L390 R365)
  • 大学院での研究生活→895点(L460 R435)
  • 英語にほぼ触れない生活→795(L400 R395)
  • 3ヶ月の集中学習→885点(L460 R425)
  • S&Wの学習→915点(L460 R455 S170 W170)

補足ですが,高校までの学校教育の効果としては,みっちりと学んでいれば日本人の平均点に近い数値(600点強)が取れていてもおかしくありませんし,受験勉強で英語をリスニングまで得意にしていれば,英検準1級が取れるほどのスコア(L&Rで785点相当)が出てもおかしくありません。

それほどまでに,受験勉強は私の英語力を短期間で一気に底上げしてくれましたし,TOEIC以外の勉強も,英語の実力を高めるという形でスコアアップに貢献してくれたように思います。

繰り返しになりますが,TOEICのスコアは嘘偽りなく実力を反映してくれるものなので,何かアクションを起こせば何かしらの結果となって表れてきますし,逆に英語から離れてしまえば徐々に落ちてしまうことでしょう。

ですが,私がここで声を大にして言いたいことは,久しく語学に触れていなくても,頑張りたいという気持ちさえあれば,いつでもTOEICのハイスコアを目指すことができるという事実です。

私のように,特別な環境が整っていなくても,仕事で英語を使わない毎日を過ごしていても,40歳を超えていようとも,それほどやる気が出なくても,細々とでも英語に触れ続けていれば,英語4技能をバランス良く伸ばすことは十分に可能だと思います。

今でも私自身,英語ができるとは決して口にできないのですが,できないとまでは思いませんし,折角ここまで来たので,もっと頑張りたいというのが正直な今の気持ちです。

みなさんのお役に立てるよう,当サイトの運営も頑張っていくので,是非スタディTOEIC®を宜しくお願いします!

ここまで私の過去語りにお付き合いいただいた方,大変にありがとうございました。