TOEICの参考書レビュー!購入する前の品定めにどうぞ

TOEIC用に市販されている参考書ですが,大きく分けて

  • 総合対策本
  • 単語帳
  • パート別対策本

の3種類に分けられます。

どんな問題が出るのかわからない初心者の方は,ひとまず総合対策本と単語帳を1冊ずつ買うようにしましょう。このときに公式問題集を選ぶ方が多いですが,特殊な攻略法が書かれた参考書の方がわかりやすいかもしれません↓


表紙
マンガで攻略!はじめてのTOEICテスト全パート対策のレビュー

今回は,初めてTOEICを受ける方でスコアとしては600点を目標とされている方におすすめの「マンガで攻略!はじめてのTOEICテスト全パート対策」という参考書についてレビューします。 タイトルから大変読みやすそうな印象を受けますが,かといっ ...

続きを見る

この他,900点以上のハイスコアを狙う方限定に書かれたものや,S&W対策の参考書も販売されているので,興味がある方は以下のページにお進みください↓

総合対策本の記事一覧

 

続いて単語帳ですが,基本的に他の勉強をする合間に,毎日勉強するようにします。スコアにして600点くらいまでは大学受験用の単語帳だけやっていてもスコアにして600点くらいまで取れてしまう人もいますが,効率の面を考えると,TOEIC用のもので学ぶ方が,載っている例文もテスト用にカスタムされていますし,的中率も高いです。

金のフレーズが特に売れていますが,今では旧版となってしまった公式が出している単語帳も気に入っています↓


blank
公式問題で学ぶボキャブラリーのレビュー

TOEICを勉強する際,最も力点が置かれる分野の1つに「単語」があります。 例えば読解問題において,構文がわからないにもかかわらず単語の意味だけを頼りに推測してなんとかなってしまった経験があるのではないでしょうか。 逆に「この単語の意味さえ ...

続きを見る

その他の単語帳については,以下のページで確認してみてください↓

単語帳の記事一覧

 

先の総合対策を通して,「このパートだけは特にやらないといけない」と思った部分は,パート別の問題集で演習しましょう。日数がない方のために10日間で終わるものであったり,はたまた,これだけやり切れば文法問題は完璧になるといった分厚いものまでバラエティに富んだラインナップが特徴です↓


でる1000問の外観
文法問題でる1000問のレビュー!パート5はこれで満点

今回は,TOEICの文法問題を得意にしたい人で,とにかく演習量を積みたい方におすすめの参考書である「文法問題でる1000問」をレビューしていきたいと思います。 文法ができるようになると,パート5でより多くの問題に正解できるだけでなく,リスニ ...

続きを見る

リスニングとリーディング別に一覧で確認してください↓

リスニングリーディング

 

最後に,S&Wテストの弱点に特化した対策ですが,ビジネス英語関連の書籍を読むことです。もっとも,日常生活の出来事や感想を日記に書くだけでもライティングの力は伸びていきます↓


英語日記パーフェクト表現辞典
英語日記パーフェクト表現辞典のレビュー!楽しく書く力をUP

今回は英語で日記を書く際に役立つ「パーフェクト表現辞典」のレビューをしていきたいと思います。 辞典とタイトルにありますが,内容的には文法や構文の解説も収録されていて参考書的に使える他,幅広い表現例を通して英語の楽しさに触れられるところが特徴 ...

続きを見る

Z会の一連のシリーズは評判が高いので,興味を持ったものを手元においてやってみてください↓

ビジネス英語の関連書籍