おすすめ!TOEIC(R)Speaking&Writing公式教材レビュー!

今回は,

TOEIC®Speaking & writing 公式 テストの解説と練習問題

についてレビューさせていただきます。

TOEIC®のS&W教材はこれの他に,もう一つ公式ガイドが出ていますので,そちらのレビューも併せてご参照ください(後述)。

TOEICS&W公式教材について

名称:TOEIC Speaking & Writing 公式 テストの解説と練習問題

定価:2800円(税抜き)

出版:2015年12月

サイズ:28×22㎝程度

ISBN: 978-4-906033047-8

 

TOEIC®S&Wでは,公式教材が2冊ほど出ていますが,簡単にその違いを言えば,本書が理想の答案(ゴールの提示)をしているのに対し,公式ガイドの方では,実際にある答案がどのような採点をされるのかわかる(より実戦的な)内容になっています。

公式ガイドのレビューにつきましては以下の記事をお読みください。

TOEIC S&W公式ガイドのレビュー

 

なお,本書はTOEIC®テストの準備段階に用いるのに最適という位置づけですので,最初の1冊に選ぶTOEICS&W本の中では最もおすすめできます。

その理由となる,この公式教材のおすすめポイントは以下の4つ↓↓

  1. 値段に見合う問題量
  2. 解答までのプロセスを説明
  3. 最も高い採点基準に相当する解答例をもとにした解説
  4. さまざまな表現を使った例文の掲載

 

それではまず,TOEIC®S&W公式教材のボリュームからみてみましょう。

 

 

おすすめポイント1:問題数が充実!

TOEIC®S&W公式問題集のおすすめポイントは何と言っても,合計すると公開テスト5回分にも相当する豊富な問題量です。

普通のTOEIC L&Rの公式問題集が,テスト2回分で本書と同じ値段であることを考えると,大変お得な値段設定ではないでしょうか。

これは本書の目次ですが,TOEIC®テスト5回分はどう計算するのかというと,

  • Unit1のトライアルテスト(1回分)
  • Unit2 の練習1(1回分)
  • Unit2 の練習2(1回分)
  • Unit3 の実戦テスト(2回分)

を合わせるとそうなります。

問題のすべてに,解答例(日本語)が付いてくるのでご安心を。

 

問題の量にばかり目がいきますが,編集にも工夫が見られます。

ただ単に5つの問題セットが並んでいるだけではないということです。

例えばUnit1は『トライアルテスト』という名の通り,現時点での実力を確認するのに役立ちます。

続けてUnit2では,Unit1の問題をたたき台にして,類問2題で理解を深める実力育成的なユニット。

そしていよいよUnit3 で,これまでの理解をもとに実際のTOEICテストに再挑戦し備えられるようになる『実践テスト』が始まります。

このように,それぞれの問題セットに役割があることがわかりますね。

 

さて,TOEICの高スコアを取るおすすめの勉強法ですが,

公式問題集を何度も解きなおすことが王道

という意見に異論はないでしょう。

 

本書に収録されているテストは5回分ですが,各テストに何度も取り組むことで,より自分の答案はブラッシュアップされて,より高い得点を取れる解答例が書けるようになっていきます。

時間内にどれだけ解けるか確認する以外にも,

  • 時間無制限で納得のいく答案を書いてみる
  • 制限時間よりも短い時間でやってみる

ことで,実際のテストがより簡単に思えるという,いわゆる加圧式トレーニングはおすすめの勉強法ですね。

 

 

おすすめポイント2:『解答のプロセス』が便利!

次におすすめのポイントは,解答のプロセスが明示されていることです。

このプロセスについて学ぶのは,先に紹介したUnit の2においてですが,例えばSpeaking TestのQ3 の例では,解答のプロセスとして,流れ全体が提示されますので頭に入れましょう↓↓

 

Directions の内容を把握できないと大変な減点につながりますからね↓↓

このとき,左ページ下段に全訳があるのはもちろんのこと,右ページの上段でも,もう一度繰り返してくれているので,大変丁寧な説明に好感が持てます。

 

さらには,予備校で習うようなテスト戦略についてもふんだんに書かれており,これを学ぶのと学ばないのとでは,TOEICS&Wのスコアも全然異なってくるというもの↓↓

公式の問題を作成しているスタッフだからこそ,どういう思考プロセスが有効であるのかよく知っていますね。

 

さぁ,最後のプロセスです↓↓

 

こういったプロセスをみていると,採点者によってスコアに差がでないよう,本当に厳密に採点基準が設定されていることがわかります。

流石,TOEIC問題作成のプロの意見がつまった公式教材です。

無駄もなければ,受験者がどういうところで躓くのかよく知っていますねー。

ある意味,受験者の解答を唯一みることができる組織が,公式運営元のETSだとも言えるわけですから,これ以上ないデータに基づいて正しい解決策を教えてくれている本書は,他書に代えがたいおすすめのポイントだと言えるでしょう。

 

 

おすすめポイント3:満点の解答例を学べる

TOEICS&W公式教材である本書では,満点となる完璧な解答例と採点スケール(いわゆる採点基準)を学ぶことができます。

各問題ごとに,どのようなところが採点されるのか,そしてどのように点数が付くのかがわかると,それを狙って答案を書くことができるわけです↓↓

 

抽象から具体へといった英文作成時のイロハや,写真のどのような特徴を捉えればよいのかだけではなく,リスニングのCDも公式問題のスタッフが吹き込んでいるものですが,スムーズで聞き取りやすい話し方はどのようなものかなど,付属のCD(音声CD2枚)も動員すれば,得られる知識量としてはかなりのものになりますよ↓↓

 

 

おすすめポイント4:使える表現が増える

この公式教材で勉強していると,ところどころに『その他の表現例』というページが出てくることに気づきます↓↓

先ほどの満点の解答例だけでなく,こういった表現もどんどん自分のものにしていけば英語がしゃべれるようになるし,英文が書けるようになるのは明らかです。

本書で学べる知識は,TOEICだけでなく,実社会においても役立つテクニックですので,英語が得意になりたい人には大いにすすめられますよ!

モチベーションにもなりますので,是非TOEICSpeaking & Writing のテストを受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

といったわけで,以上が『TOEIC S&W公式テストの解説と練習問題』のおすすめポイントでした。

メインとなるUnit2 を中心に,本書に書かれた細かな説明にも注意して,マジメに素直にTOEIC対策に取り組めば,本書1冊でかなりのスコアにまで到達できると思いましたね。

 

TOEICの公式教材は,まとめると,

  • ボリューミーでお得感のある値段設定
  • 根気強く繰り返される解答までの手順
  • 理想の解答例から学べる確かな戦略
  • 表現例から使える表現に磨きをかけられる

点でおすすめです。

 

ずいぶん前の出版になりますが,最近買ったものも特に昔と差はなく,逆にこれに付け加える内容がないほど完成された公式教材ですので,ぜひ自分のものになるまで繰り返し学習してほしいですね。

 

ありがとうございました。

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -参考書

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.