S&W公式の模試5回分!テストの解説と練習問題のレビュー!

今回は「TOEIC Speaking&Writing公式テストの解説と練習問題」についてレビューさせていただきます。

こちらはETSが作成した予想問題を全部で5回分解けるのが大きな特徴で,実践練習を通して必要な知識を身に付けていきたい方にぴったりの教材です。

S&W関連で公式が出しているものとしては,本書の他に「公式ガイド」と呼ばれているものが出ていますが,それについては以下のレビューをご覧ください↓↓

TOEIC S&W公式教材について

TOEIC(R)S&Wの公式HPとおすすめ教材

  • 名称:TOEIC Speaking&Writing公式 テストの解説と練習問題
  • 定価:2,800円(税抜)
  • 出版:IIBC
  • 初版:2015年12月
  • サイズ:28×22㎝程度
  • 音声:CD2枚
  • ISBN: 978-4-906033047-8

S&Wでは,公式教材が2冊ほど出ていますが,簡単にその違いを言えば,本書が理想の答案の作り方を提示しているのに対し,公式ガイドの方では,実際にある答案がどのような採点をされているのかわかる内容になっています。

なお,本書はS&Wテストの準備段階に用いるのに最適という位置づけですので,本番前に選ぶ1冊としては最もおすすめです↓↓

その理由にもなる,本教材のおすすめポイントは以下の4つ↓↓

  1. 値段に見合うだけの練習量
  2. 解答までのプロセスを詳しく説明している
  3. 最も高い採点基準に相当する解答例をもとにした解説
  4. さまざまな表現を使った例文の掲載

とはいえ,これだけではよくわからないと思いますので,これら4点について1つずつ説明を加えていくことにしましょう!

 

練習量が充実している

本書のおすすめポイントは何と言っても,合計すると公開テスト5回分にも相当する豊富な練習量です。

L&Rの公式問題集がテスト2回分収録で本書と同じ値段であることを考えると,大変お得な値段設定ではないでしょうか。

これは本書の目次ですが,以下のように計算するとテスト5回分になります↓↓

目次

  1. Unit1のトライアルテスト
  2. Unit2の練習1
  3. Unit2の練習2
  4. Unit3の実戦テスト1
  5. Unit3の実戦テスト2

また,問題のすべてに解答例(日本語)が付いてくるのでご安心ください。

問題の量にばかり目がいきますが,編集にも工夫が見られます

ただ単に5つの問題セットが並んでいるだけではないということです。

例えばUnit1は「トライアルテスト」という名前の通り,現時点での実力を確認するのに役立ちます。

とりあえず1回解いてみましょう!

続けてUnit2では,Unit1の問題をたたき台にして形式(問題タイプ)ごとに詳しい解説があると同時に,類題2題を解くことになります。

つまりここでの模試2回分は時間を測らず,あくまでS&Wの問題形式の理解を深めるために行うわけです。

そしていよいよUnit3で,これまでの理解をもとに本番通りの環境で2回分の模試を解きましょう。

まとめると,以下のようになります↓↓

学習手順について

TOEICで高スコアを取るためのおすすめの勉強法は何かと聞かれて,「公式問題集を何度も解き直すことこそが王道」と答えることに異論はないでしょう。

本書に収録されているテストは5回分ですが,各テストに何度も取り組むことで,より自分の答案はブラッシュアップされて,より高い得点を取れる解答例が書けるようになっていきます

時間内にどれだけ解けるか確認する以外にも,

  • 時間無制限で納得のいく答案を書いてみる
  • 制限時間よりも短い時間でやってみる

といった工夫が考えられ,特に後者は加圧トレーニングになるので,これを行うと実際のテストがより簡単に思えるはずです。

 

解答のプロセスが便利

2つ目のおすすめのポイントは,解答のプロセスが明示されていることです。

このプロセスについてはUnit2で学びますが,例えばSpeaking TestのQ3の例では,3つの解答手順が提示されてきますので,本番までにしっかり頭に入れておきましょう↓↓

解答のプロセス

ここでは,Directionsの内容把握→準備時間をうまく使う→解答するという3段階がモデルとして提示されていました。

Directionsの内容を把握できないと大変な減点につながるのは明らかですが,本書では左ページ下段にその全訳があるのはもちろん,右ページの上段でも再度繰り返して解説してもらえるので,全く誤解なく理解できるでしょう↓↓

ディレクションと解説

予備校で習うような攻略法についてもふんだんに書かれていますので,この本で学ぶのと学ばないのとでは,本番のスコアも全然異なってくるというものです。

公式の問題を作成しているスタッフだからこそ,準備時間に何をすればよいのかどういう思考プロセスが有効であるのかよく知っていますね↓↓

準備時間中にすべきこと

さぁ,最後は解答作成のためのプロセスについてです↓↓

解答のプロセス

ここでは,どのような心掛けで答案を作ればよいのか理解しますが,こういったプロセスをみていると,採点者によってスコアに差がでないよう厳密に採点基準が設定されていることがわかります。

流石,TOEIC問題作成のプロの意見がつまった公式教材です。

受験者の解答を唯一見ることができる組織が採点を担当するETSであるわけですから,これ以上ないデータに基づいて正しい解決策を教えてくれる本書は,他書に真似できない魅力を備えています。

 

満点の解答例を学べる

公式教材である本書で,満点となる完璧な解答例と採点スケール(いわゆる採点基準)を学びましょう!

各問題ごとに,どのような基準で採点されるのか,そしてどのように点数が付けられるのかまとめられているので,今後はそれを意識して答案を書くことができるようになるわけです↓↓

採点スケール

抽象から具体へといった英文作成時のイロハや,写真のどのような特徴を捉えればよいのかだけではなく,リスニングのCDも公式問題のスタッフが吹き込んでいるものですが,スムーズで聞き取りやすい話し方はどのようなものかなど,付属のCD(音声CD2枚)も動員すれば,得られる知識量としてはかなりのものになりますよ↓↓

完璧な答案の作り方

 

使える表現が増える

この公式教材で勉強していると,ところどころに「その他の表現例」というページが出てくることに気づきます↓↓

その他の表現例

先ほどの満点の解答例だけでなく,こういった表現もどんどん自分のものにしていけば,英語がしゃべりやすくなりますし,英文も書けるようになるでしょう。

本書で学べる知識は,TOEICだけでなく,実社会においても役立つテクニックですので,英語が得意になりたい人には大いにすすめられますよ!

役立つ表現例

 

まとめ

テストの解説と練習問題の表紙

といったわけで,以上が「TOEIC S&W公式テストの解説と練習問題」のおすすめポイントでした。

メインとなるUnit2を中心に,本書に書かれた細かな説明にも注意して真面目にTOEIC対策に取り組めば,本書1冊でもかなりのスコアに到達できるように感じましたね。

まとめると,本書は,

  • ボリューミーでお得感のある値段設定
  • 最も信頼性のおける公式による解答手順の説明
  • 理想の解答例から学べる確かな攻略戦略
  • 表現例から使える表現に磨きをかけられる

点でおすすめです。

また,上で紹介しませんでしたが,Unit2で学んだあとは,以下のような実践テストを2つ使って,本番と同じ解答時間で最初から最後まで通しで解いてみます↓↓

実践テスト

ずいぶん前の出版になりますが,逆にこれに付け加える内容がないほど完成された公式教材ですので,ぜひ自分のものになるまで繰り返し学習してほしいですね↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC参考書, 総合対策
-,

© 2020 スタディTOEIC®