英語が得意な中高生に学ぶ,TOEIC600点取得のための勉強法

普通の中学生・高校生であれば,大体まずは英検の方を受験するのが手順としては普通ですが,英検2級(まれに準1級)に合格してしまった生徒はそれからどうするのでしょうか。

最近では,英検はもうそれ以上の級取得(準1~1級)を目指すのを止めて,今度はTOEIC IPテストを学校で受験することも増えてきているようです。

今回の記事では,『都内の中堅レベルの中高一貫校に通う中高生が,どのくらいのTOEICスコアを保有しているか,そしてそのスコアはどのような勉強法によって生み出されるのか』について,一例をみていくことにしましょう。

※『中堅』と申しましたが,偏差値としては,中学の偏差値が50後半(四谷大塚のサイト),高校は一貫校で募集していませんが60台半ばくらいだと理解してください。

TOEICスコアは,上を見れば小学生で980点を取っている子(海外経験なしということでさらに驚き)もいますし,逆に一流企業に通う知り合いが社会人1年目でTOEIC400点台を取ったりしていますので,あくまで,

「中高生がこんな勉強法でやっていると,大体このくらいのスコアが取れるんだな」

と参考にしていただけたらと思います。

 

 

中高生のTOEICスコア平均は550点

いきなり結論から申しあげますと,都内の中堅中高一貫校に通う子のTOEICスコアは平均で550点です。

中央値ではなく平均点ですので,少数のできる子がすごく点数を稼いで,TOEICの平均スコアを上げているのかとも考えましたが,その学校の校長曰く,

「ほとんどの生徒が500点~600点の間に収まる」

とのこと。

もっともこれは,その学校で英検2級まで合格してしまった上位10%弱の子たちが受けたTOEICの平均スコアであって,学校の全員が受けた結果ではありません。

とはいえ,そんなTOEIC受験者の主要メンバーとなるのは中学2年生から高校2年生であり,「どうせ,できる子だけの結果でしょ」というわけでもないのです。

というのも英語力が最も高いと予想される高3の受験生は除外されているからで,受験期ともなると,どの子もさらに勉強を重ねて一気に学力を上げてきますので,そんな子たちがTOEICを受験した場合,さらに平均スコアは上がると思われます。

ちなみに受験人数の詳細については,各回でばらつきはあるものの,

中学2年生:2,3人

中学3年生:5,6人

高校1年生:10人程度

高校2年生:20人~30人

といったところです。

中2~高2の生徒数が合わせて600人くらいの学校ですので,そのうちざっくりと50人位(10%弱)が受験した結果になります。

なお,点数の内訳ですが,大体TOEIC600点を取る子であれば,

リスニング(L)が300~350点,リーディング(R)セクションで250~300点

の範囲に収まるのがほとんどです。

女子の方が一般的に男子よりもリスニングが高く,リーディングのスコアが低く出る傾向がありますが,それについての議論は今回は無視します。

 

 

TOEIC600点を取得するための勉強法

TOEIC600点と言ったら,後述するようにかなり高いTOEICスコアです。

それでは上記の学校では,どのような勉強法で生徒を育てているのでしょうか。

今回対象とした中高一貫校では,週に5時間ほど英語の授業があり,そのうち3~4時間を読解や文法にあて,残りの1~2時間はコミュニケーションの授業をするという勉強法を採用しています。

内容から見ていきましょう。

『英文読解』や『英文法』は,どんな学校でもやる内容ですよね。

それではコミュニケーションの授業で特殊なことをやっているのかというと,中学3年生の子の場合,『ひたすら外国で使われている教科書(小学生レベル)を読む』という勉強法になります。

確かにこのトレーニングはなかなかに効果的で,実用性を兼ねた英語学習法ではあります(6÷2=3(six divided by two equals three)すら,英語で言うのは難しかったりしますし)。

ですが,それが特にTOEICに役立つ勉強法かというとそうでもないのです。

特に内容面では奇抜なことをやっているようには感じられません。

それでは勉強時間の方はどうでしょう。

一般的に,400点→600点にするのに独学で1100時間かかります(必要な勉強時間について詳しくは,TOEICのスコアUPに必要な時間数という記事をご覧下さい)。

しかしそれを他人に習うと半分の550時間で済むと言われているわけですから,週に5時間の勉強であれば要110週間。

長期休暇を考慮しても3年間も授業を受ければ,その時間数に達します。

なお,実際は週に1・2時間程度,家庭学習などの時間が加わりますので,勉強時間としては十分足りていますね。

以上のことをまとめると,TOEIC600点を取ることを可能にしている都内の中堅校の勉強法は,

学習内容はいたって普通だが,週に5~7時間の勉強を2,3年続けること

だと結論付けられます。

普通の勉強法を継続してトップ10%に入っていれば,学生生活中にこれだけの学力にまで達することができるのですね。

 

 

社会人がTOEIC600点を実現する意義

さて,少し話題を変えて,TOEICで500~600点というのは社会人としてはどのくらいのレベルなのか考えてみましょう。

学習目的とTOEICスコアを比較した表で考えれば,470点以上のスコアは,

  • 会社紹介
  • 製品紹介
  • 海外旅行
  • ホームステイ

ができるレベルとされます。

なお,新入社員のTOEICスコアが約450点(245点から640点位まで幅はありますが)と考えられている中,企業が求めるTOEICスコアの期待値は550点です。

入社した後でも,600~700点くらいを目安にTOEICの方を頑張ると「なかなか立派に社会人をしている」と言われますし,自分でも努力していると感じられるでしょう。

これから目指される社会人の方へアドバイスですが,現役の高校生が550点を達成できるのですから,少なくとも特別にTOEIC用の対策が必要と言うわけではなさそうです。

ですが,問題は時間ですよね。

少なくとも2年の間,普通の英語勉強を継続していてやっと取れるのがTOEIC600点という点数だとすれば,やることが多い社会人や大学生では実現するのは割と困難です。

そうなると,学習の質を変えないといけません

現代ですと,オンラインでTOEICに効果がより出やすい勉強法を学んだり,自己投資をして完全に自分専用のコーチを付けてしまう方法が採用できるので,2~3ヶ月でTOEIC100点アップも目指せるので,是非試してみてください。

 

 

まとめ

今回の記事内容をまとめます。

都内の中高一貫校に通う子で,英検2級以上を取得している子であれば,学校でIPテストを受けさせられますが,そのときのTOEICスコアは500~600点の間に収まるようです。

高3の受験期の生徒が入っていないデータなので,もし加えたら600点程度に近くなるでしょう。

加えて,TOEIC600点というのは,TOEIC用の特別な勉強をせずとも,週に5時間の学校英語を3年間も受け続ければ達成できる数字だということもわかりました。

ゆえに,時間をかけられる方の勉強法としては,TOEICの解答テクニックを学ぶよりも,王道を行く英語学習をしっかりやり直す勉強法がおすすめです。

その証拠に実際にテストを受けた生徒のうち,TOEIC対策の本まで読みこなして準備万端で受けていた子の割合は少なく,唯一の対策らしい対策としては,TOEICの単語帳を別に買ってちょろっと見ていた程度でした。

受けた感想を尋ねてみると,

一応最後まで問題を解き終えたけど,合っているかどうか全然自信ない

と言っていたのもなかなか興味深いですね。

このくらいの手応えでも600点近いスコアは出てしまうわけですから。

とはいえ,このスコアを実現するには勉強時間の確保が必要なのも事実です。

通常数年かかってようやく取得できるTOEIC600点というスコアは,最もその点数が必要な時期(入社・昇進時)に,最も確保しづらいものになってしまっています。

時間をかければ誰もが取れるのですが,それを短期間で取らないといけないから難しい

そのため,もし数ヶ月の勉強でTOEICスコアを100点以上伸ばしたいと思ったら,先に勧めたようなTOEICに特化した授業を受けることが必要です。

是非,当サイトで紹介している色々なアプリやスクールの中から,自分のライフスタイルに合いそうなものを是非見つけてほしいと思います。

 

昨今の中学3年生は英検2級を取得している子も結構な数いて,社会全体として,英語意識の高まりを感じています

英語が苦手な人には生きづらい世の中になってしまい,大変に同情いたしますが,時代の要請はこういうことのようです。

頑張っていきましょう!

 

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

    -おすすめTOEIC対策

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.