TOEICの結果確認と活用の仕方!

TOEIC(R)L&R公開テストを受けたら,最も楽しみなのがスコア結果の確認です!

長い時間をかけて公開テストに向けて頑張ってきた方はもちろん,TOEICの試験を受けるだけでも2時間がかかるわけです(一度受けると,もうしばらくは受けたくないと思う方も多いでしょう)から,当日の頑張りは大いに報われて欲しいもの。

今回は,自分のTOEICスコアがどれくらいの日数で返送されてくるのか,またその際どのような感じで結果が通知されるのかについて,形式別に2つを比較してみましょう。

さらには,あまり知られていないであろう,スコア結果を利用した「TOEICでの実際の誤答数まで知る方法」についても紹介します。

TOEICスコアの確認方法

TOEICスコアの確認

TOEIC公開テストのスコアを確認する方法は大きく分けて2つあります。

具体的には,

  1. インターネット表示を利用する場合
  2. 封筒で送付されてくる公式認定証を確認する方法

の2つです。

前者の方が,1週間ほど早く結果を知ることができて,利用するには申し込みが必要ですが,インターネットで手続きを済まされた方であれば,それを利用しない手はありません(追加料金はかかりません)。

身に覚えがない方も,通常であれば申し込み扱いになっていると思われますが,詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください↓↓

それでは早速,インターネット上での公開テスト結果確認の方法から,先に見ていくことにしましょう!

 

インターネット表示

TOEICの公開テストを受けてから3週間くらい経過すると,IIBC試験運営センターの方から1通のメールが届きます。

その件名は,「【テスト結果表示】第○回TOEIC(R)Listening&Reading公開テスト○年○月○日」というものです↓↓

IIBC試験運営センターからのメール

試験から3週間近く経つと,結果は今か今かと何度かサイトにアクセスしてしまうものですが,焦らなくてもこのような通知メールがちゃんと来ますので,eメールの到着を待ちましょう。

この後の確認方法ですが,まずはTOEICの申し込みをしたサイト(TOEIC SQUARE)にログインしましょう↓↓

次に,「テスト結果の確認」というボタンをクリックしてください↓↓

テスト結果の確認ボタン

すると,以下のようなページが表示され,最新のテスト結果が確認できます↓↓

テスト結果表示

ただしここで1つ注意です。

いきなり結果が出てくるので,心の準備をしてから進むようにして下さいね。

私は,以前受けたときよりだいぶ下がっていてショックでした(特にリスニング)。

もっともこのスコアがきっかけで,もう一度頑張ろうと思えたわけですが。

 

TOEIC公式認定証

TOEIC公式認定証

上記のネット表示から1週間後,つまりTOEIC公開テストを受けてから約1ヶ月が経過すると,上記のような公式認定証が送付されてきます。

すでにインターネットで結果を知っている方であっても,資格の証明にはこの認定証が必要になるので,大事な書類です。

なお,通常郵便でポスト投函されるので,雨が降っていてポスト周りが濡れている場合は速やかに回収しましょう(笑)

中を開けると,公式認定証の他に,どのように結果を見ていけばよいのか説明してくれる紙と宣伝のチラシが出てきました↓↓

公式認定証の封筒の中身

昔はインターネット表示がなかったので,この封筒が届くのをただ待つしか自分のスコアを確認できる術はなかったのですが,730点以上取っている人(Bレベル以上の人)には,比較的分厚い封筒が届いたので開封前にホッとできたものです。

中にはスピーキングテストの案内が入っていたように記憶しています。

公式認定証の見方を解説した紙には,受験者の総数や平均スコアなどが記載され,項目別正答率などについて細かい説明が記述されています↓↓

公式認定証の見方

TOEICの受験時期によって,受ける受験者の層が変わるので,高スコアが出やすい月があるなどの噂も囁かれていましたが,今はどうなのでしょうか。

裏面にはレベル別評価の一覧表が書かれていますが,これはTOEICの公式サイトでも確認できるものです↓↓

スコア別対策

 

項目別正答率の変わった利用方法

なお,この公式認定証に印刷されている項目別正答率(通称アビメ)から,リスニングパートで何問正解できたのかを知ることができます

例えば以下は,今回の私の項目別正答率なのですが,

TOEIC項目別正答率の一例

このスコアを以下のような分析表と見比べることで,リスニングで何問間違えたのかを知ることができるわけです↓↓

結果としては,私は今回のTOEICのリスニングは,100問中81問正解していたことがわかりました。

もちろんこれだけしかわかりませんが,ただのスコア(400/495点)よりは,今後の反省にも生かしやすいと思うわけです。

なお,やり方についてですが,まずは以下のサイトにアクセスし,自分が受けた日の結果の記事を探してください↓↓

次に自分のアビメの左列にあるリスニングの平均点(黒い▲の右の数字)から,どのフォームを使うかを決定します。

私の場合は,先の写真を見ていただくとわかりますが,「62・66・75・61・52」でしたのでフォーム2に該当することがわかりました↓↓

4月公開テスト正解数換算表

次に私の「実際の結果」のうち,上から4つ目までを「項目1・項目2・項目3・項目4」と呼ぶことにしますと,

  • 項目1=67
  • 項目2=79
  • 項目3=93
  • 項目4=82

となります。

これを先ほどの分析表と見比べると,誤答数がそれぞれ,「5問・5問・1問・8問」と計算できるはずです。

これらが具体的にパートごとの誤答数を表しているわけではありませんが,Part1と2の結果は項目1と3に,Part3と4の結果は項目2と4に対応しているので,Part1と2で6問,Part3と4で13問ミスしてしまったとも分析できるでしょう。

実際に各Partで何問間違えたか知ることで,次の試験に向けて対策が立てやすくなるので,公式認定証が届いたら,ここまでやってみると良いと思います。

もちろんこれは,稀有なサイト運営者の方や他のTOEIC受験者の方々の尽力があってのことですので,有難く使わせていただきましょう。

 

まとめ

今回の記事内容を最後にまとめますが,TOEIC公開テストの結果を知る方法として,

  1. インターネット表示による早期確認
  2. 公式認定証の送付

の2つの方法がありました。

前者は試験後3週間で結果を知ることができ,後者は資格の証明書としてだけでなく,実際のリスニングでの正解数を知るためにも使えることが特徴的でした。

TOEICのスコア確認をするときは,どんな人でもドキドキするもの。

大人になると,そういったハラハラを感じられる出来事も少なくなってきますので,「非日常的な体験ができる」という意味でも,TOEICテストはとても貴重な機会を我々に提供してくれるものだと思っています。

もちろん受け終わった直後はヘトヘトですし,結果発表までいかんせん長すぎるとも感じるのですが,結果を分析してみると,次はもう少し頑張って良い点を取りたいという前向きな気持ちになりました。

これからもお互い,TOEICで自己実現を成し遂げていきましょう!

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC基礎知識

© 2020 スタディTOEIC®