TOEICでは何問ミスまでOK?目安は

TOEICは,英語学習に終わりがないという理由から,完璧をイメージさせる1000点ではなく,990点満点として計算されます。

ですが,そのせいでしょうか。

200個もある問題全てに正解しなくても,990点が取れてしまうことも知られています。

もちろん,単純に1問5点で計算されるというわけでもありません。

今回は,TOEICの目標スコアごとに,どのくらいのミスまで許されるかの目安についてまとめてみたいと思います。

TOEICでのスコア計算について

TOEICのマークシートと電卓

TOEICはパート1~4のリスニングセクションで100問,パート5~7のリーディングセクションも100問あり,それぞれ495点満点です。

ところで,TOEICの大きな特徴として,問題内容にかかわらず,1問あたりの価値が等しいことが挙げられます。

正答率が低い,極めて難しい問題になんとか正解しようとも,簡単な問題を1問間違えてしまえばそれでチャラです。

できる問題だけを見極めてはそれらを確実に正解し,どうせ間違えるはずの問題には時間をかけないことが攻略法の1つとなっていることは,完璧主義の人ほど忘れないようにしましょう。

とはいえ,単純に1問が4.95点になるのも変な話で,もちろん問題ごとに点が別々に細かく定められていることはないですし,実際TOEICは5点刻み(参考までにS&Wの方は10点刻み)で計算され,503点とか741点といった中途半端な数字は見たことがないはずです。

もちろん,パートごとに一定のスコアが割り振られているわけでもありません。

ところで,今記事を読んでいる方であれば,本番前に模試を使って勉強したと思いますが,そのときに巻末にある換算表を利用したかと思います。

このようなやつですね↓

TOEICの予想スコア算出表

そのときに初めて,ミスの数(正答数)でスコアが決まることを知ったという方も多いのではないでしょうか。

また,複数の問題セットを解くことで,具体的に「○問ミスなら△点」などと決められているわけではなく,各回の問題の難易度によって,ミスの数が同じでもスコアが変わってくることに気づいたかもしれません。

TOEICでは英語力が変わらなければ,いつに受けても同じスコアが出るように,うまく調整されているわけで,逆にその精度が高いゆえ,今のTOEICの地位があるとも言えます。

ただし,満点を狙う方であれば,リーディングセクションで1問のミスも許されないのがほとんどです。

多くの模試の換算表をみても,リーディングのものでは1問ミスした段階で490点に下がってしまっているでしょう。

一方,リスニングセクションでは大体3~4問までのミスであれば495点満点となり,一般的にリスニングの方がスコアが高く出るのが通常です。

ここで,パートごとの問題数についてまとめると以下のようになります↓

パート 問題数
Part 1 全6問
Part 2 全25問
Part 3 全39問
Part 4 全30問
Part 5 全30問
Part 6 全16問
Part 7 全54問

※リスニングセクションとリーディングセクションの間でも,少し背景の色を変えています。

この表を元にして,次章ではスコア別のミス数について考えてみることにしましょう。

 

TOEICでミスできる数について

試験を受ける受験者

前章で,「問題の難易度によって正答数は上下する」と言いましたが,やはり目安となるものが1つあると,「もう少しこのパートは頑張った方が良いな」などと考えられるので,ここでは,500点・600点・700点・800点・900点を狙う方,それぞれの目安となるミス数を示すことにしました。

本番の結果が返ってきた方は,以下の記事で述べたように,リスニングセクションの誤答数については自力で調べられるわけですので,Part1~2対策に注力すべきか,Part3~4の長めの会話を聞く練習を積むべきかは判断できます。

詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ↓

500点目標

パート ミスできる数
Part 1 3問
Part 2 11問
Part 3 19問
Part 4 16問
Part 5 15問
Part 6 9問
Part 7 30問

最初ですので,表の見方だけ少し語っておきますが,例えば,Part1は全部で6問あると言いましたが,そのうち2問くらいは間違えても構わないという意味です。

リスニングやリーディングの最後のパートは,どちらも2問に1問は合っていれば良いと知っていれば,少しは気楽に取り組めるのではないでしょうか。

600点目標

パート ミスできる数
Part 1 2問
Part 2 8問
Part 3 15問
Part 4 13問
Part 5 13問
Part 6 7問
Part 7 25問

500点のときと比べると,パートごとにミスできる数が一段と少なくなっています。

もっとも,大体各パート6割ぐらいと考えても同じような結果になるので,上のミス数から1つ2つズレがあってもそこまで気にしないようにしましょう。

700点目標

パート ミスできる数
Part 1 1問
Part 2 7問
Part 3 11問
Part 4 10問
Part 5 10問
Part 6 5問
Part 7 19問

700点狙いの方は多いです。

ただし,この点を狙って勉強していると,一気に800点が射程に入ってくることもあります。

800点目標

パート ミスできる数
Part 1 0問
Part 2 5問
Part 3 7問
Part 4 6問
Part 5 6問
Part 6 4問
Part 7 15問

いち早く,Part1のミスが許されない状態になりましたが,実際,満点狙いの方がそこで1ミスになることもあるので,あくまで「大きく差がない状態に近づける」という態度が重要です。

900点目標

パート ミスできる数
Part 1 0問
Part 2 3問
Part 3 3問
Part 4 3問
Part 5 3問
Part 6 2問
Part 7 8問

900点の目安も示すには示しましたが,このレベルのスコア取得者ともなると,文法やリスニングが満点に近いなどと,突出してできるパートがスコアに効いてくるので,弱点に目を向けるよりかは,より得意な分野を伸ばす方が有効に働く場合が多いかもしれません。

TOEICで最高とされるAレベル(860点)を超えても,まだなお勉強を続けるかどうかは,ご自身がかけられる時間や熱意と相談してみてください。

 

まとめ

TOEICのスコア表とスコア換算表

以上,TOEICで何問ミスできるかをテーマに,採点方法とスコア別の目安をまとめてきました。

普段模試を解くようなことがあれば,パートごとにミスした問題を数えては,上の目安と比較してみてください。

一部例外はありますが,効率的にスコアを伸ばすには,得意分野よりも苦手分野の方に目を向けるのが基本です。

なので,ミスの数が多いパートを見つけたら,そこに注力することで,より的を絞った対策が可能になるでしょう。

本記事の内容が,皆さまの良い結果につながることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-TOEIC基礎知識

王道のTOEIC教材

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

パート別に攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れます。7日間の無料期間を生かして試しに使ってみてください!

パーソナルコーチプラン

オンラインながら最高峰のTOEIC対策を受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない方はコーチングを受けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能な「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育は,いつの時代であっても鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでのあらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が明確です。

TOEIC界で有名な著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非!