TOEICの2ヶ月勉強法!パート別対策を含む一通りの対策が可能です

今回ですが,「2ヶ月間丸ごと使ってTOEICの勉強をしていく際の勉強法」について確認してみることにしましょう。

当サイトでは,これまでにも残り時間別の勉強法を紹介してきましたが,2ヶ月あると,パート別の対策をより深いレベルで行うことが可能です。

とはいえ,それ以外の単語学習や模試による実戦演習については,1ヶ月勉強法のときと同様に行うことに変わりはありません。

この記事を読み,本番までにできることとできないことを理解して,これからの時間を有効に使っていきましょう!

TOEICの2ヶ月勉強法における基本方針

机上の書物と飲み物

2ヶ月は約60日あるわけなので,ここではTOEICの試験本番までに8週間残っているとして,計画を立てていきます。

一般的に,最低でも1ヶ月以上残っていれば,TOEIC対策で必要なすべての対策,つまり,

  • 単語暗記
  • パート別対策
  • 模試演習

の3つをすべて行うことが可能です。

とはいえ,長期化するほどに勉強の質が変わってくることとなり,例えば,1ヶ月勉強法のときと比べ,2ヶ月勉強法では,パート別対策をより深いところまで行うことができるようになります。

ですが,3ヶ月残されている場合と比べてしまえば,全パートをもれなく対策するにはやや時間が足りませんし,英語力の底上げをする時間も取れないでしょう。

個別教室では,RIZAPくらいのレベルにならないと体系的な指導はできませんが,それを体験するためには,お金にして40万円以上が必要です↓

RIZAP渋谷店の受付の様子
RIZAPでTOEIC対策!コースと料金について

短期間でしっかり結果を出せるという評判を持つ「RIZAP ENGLISH」ですが,英会話用とTOEIC用の2コースが存在します。 本記事では,後者にあたる「TOEIC L&R TESTスコアアップコース」の特徴と料金についてまとめました。 ...

続きを見る

アプリと連動した個別指導でも3ヶ月が,通信教育となると4ヶ月の学習期間が最低でも必要とされるわけですから,ある意味,中途半端な位置にあるのが「2ヶ月」という勉強期間であると見なすこともできます。

それでは,上で挙げた「単語・パート別対策・模試」という項目ごとに,実践方法について1つずつみていくことにしましょう!

 

2ヶ月でできる単語勉強法

単語帳

単語は自分のスコアにあったものを1.5ヶ月(=6週間)毎日行います。

なお,市販の単語帳であれば1000語くらいの収録数になっているものが多いですが,その分量だと1周するには時間が足りません。

例えば,ある単語帳では,約2ヶ月で1000語覚えられる勉強法が載っていますが,これは2ヶ月を10週間として計算しているためで,当サイトでは,3ヶ月残っている人の勉強法に採用しています↓

1つ目のはしがき

毎日30分以上を単語学習に割くくらいならば,パート別対策を充実させた方がよいでしょうし,そのあと,模試を解く練習も必要です。

記憶力に自信がない方であればなおさら,より目標スコアを抑えた単語帳を選ぶようにし,周回数を増やすようにしてください。

単純計算でも,半分の量であれば4周はできます。

また,単語帳によっては,このように目標ごとに語数が定められているものがあるので,こういった記述があるものも親切だと感じることでしょう↓

2つ目のはしがき

なお,この類の単語帳において目標スコアが低いところに登場する単語ほど,試験で目にする頻度が高くなる傾向にあるので,最初に学ぶものとして効率的だとされます。

具体例を挙げると,990点を目標とするconsecutive(連続した)やdetach(取り外す)という単語よりも,470点目標のところに出てくるput on(身に着ける)やresume(履歴書)を暗記する方がよっぽど重要なのです。

決して背伸びをせず,6週間でできるものを選ぶようにしてください。

銀のフレーズの表紙
銀のフレーズのレビュー!金フレとの違いは

以前,金のフレーズについてレビューしましたが,今回はその姉妹品にあたり,より基礎的な単語を扱うと言う「出る単特急 銀のフレーズ」についてレビューしてみたいと思います。 基本的な特徴の他,勉強法についてもまとめてみましょう。 また,一言で「基 ...

続きを見る

出る順で学ぶボキャブラリー990の表紙
出る順で学ぶボキャブラリーのレビュー!使いやすい単語帳

今回はTOEICの単語帳から,例文に定評のある「出る順で学ぶボキャブラリー990」を使ってみたいと思います。 帯には「最小限の時間で最大限の効果を生む990単語&例文」というキャッチフレーズが付けられた本書ですが,いったいどういった工夫がさ ...

続きを見る

 

2ヶ月でできるパート別対策

TOEICのパート別対策本

TOEICは全部で7つのパートから構成されますが,総合対策本を用いた1ヶ月勉強法のときと異なり,2ヶ月勉強法ではより詳しい参考書を使うようにしましょう。

そういった意味では,本番まで2週間しか残っていないときの勉強法に近いのですが,今回対策できるパートは2と5に限らず,続けて6→3→4の途中くらいまではなんとか対策できるように思います(対策してスコアが上がりやすいパートは,2・5・6・3・4・7・1の順だとされています)。

なお,パート別対策をするにあたっては,保有スコアが高い人ほど苦手パートのみに絞った対策を行うことができるため,より効果が出やすいです。

逆に,現時点でのスコアが500点を切っていたり,文法(パート5)が苦手だったりする方は,2と5を中心に対策するだけでも大変でしょうから,あまり勉強が進まないように思われます。

また,たとえパート別対策のコツをすべて身に付けようとも,TOEICではそれ以外の出題もあるわけで,この2ヶ月で学んだ内容に近い類題だけは確実に正解できるように,1つでも多くのコツを習得する気持ちでいることが大切です。

1日にすべきノルマは決めますが,1日に何ページ進めたかはあまり重要ではありません。

それよりも,学んだ内容を確実に理解することを優先してください。

参考書としては,特にリスニングセクションで顕著ですが,1つのパートだけを扱った本は見つけにくいと思います。

その場合,2つのパートを扱うものや,リスニングパートを扱った問題集などを利用するようにしてください。

1冊ですべてのパートのコツが習得できる総合対策本は6週間かけて学ぶには物足りないと思いますので,10日間くらいかけて1パートに取り組める問題集を3~4冊用意するのが良いかと思います。

世界一わかりやすいPart5&6文法の表紙
世界一わかりやすい文法をレビュー!予備校的な解説が魅力

今回は,関正生先生の世界一わかりやすい授業シリーズから「Part5&6文法」をレビューしていきます。 最初に本書について簡単に紹介してから,本書の特徴についてみていくことにしますが,本書の難易度であったり,神講師と呼ばれる著者がどのような攻 ...

続きを見る

 

2ヶ月でできる模試演習

TOEICのマークシート

ここまでに紹介した単語もパート別対策のどちらにおいても,8週間使えるうちの6週間をかけて行うものでした。

あと2週間かけるのであれば,もう少し学べる内容が増えることは確かでしょう。

ですが,それまでの6週間と同じくらい大切なのが,この後の2週間を使って行う「模試演習」なのです。

パート別対策においても,何度も問題を解かされることがあったでしょうが,それはあくまで,出題者の都合が良いように編集されたものにすぎません。

時間配分を始め,実際に模試を解くことで,それまでとは全く別の,TOEICならではの難しさがわかってくるものです。

ですが,この2ヶ月勉強法をいきなり模試演習から始めてしまうようでは,「ただ難しかった」と感じるだけでしょう。

ここまでの6週間があるからこそ,「覚えたはずの単語が出てこなかった」とか「見知った単語でも,音で聞くと気づけなかった」などの発見があるわけですし,テストを2時間ぶっ通しで解くスタミナもこれからの2週間で身に付けていくわけです。

なお,週の頭を使って2時間測って模試を解くのですが,その週の残りはすべてその模試の復習に充ててください。

よく,問題を解いて丸付けして解答だけ眺めて終わりにしてしまう人がいますが,それではなんの実力もアップしません。

解説を丁寧に読み込み,これまでに身に付けたコツとの関係性に気づいたときに初めて,応用力が身に付くものなので,解き終わってからこそが始まりだとも言えます。

そのとき「知識が自分のモノになった」という経験をすることになり,模試を解くことの大切さに気付くでしょう。

なお,7週目と8週目に計2回分の模試を行うようにしますが,試験の前日に総復習の意味を込めて,7週目に行った模試を再度2時間で解いてください。

8週目にやったものと比べて,内容を少し忘れているでしょうし,記憶に頼らず,本番で行うものとまったく同じ作業をすることで,本番の時間の流れ方を実感することができます。

問題によっては,答えが記憶を頼りにすぐわかることもあるでしょうが,誤った選択肢にも目を通すようにしてください。

それに,完璧に復習したものでも,意外と間違えてしまうものです。

是非,990点満点を狙ってやってみてください。

上に出てきた時間配分については,参考に以下をどうぞ↓

制限時間を測る砂時計
TOEICの時間配分!解く順番はどうするの

TOEICでスコアに影響を与えるのは,純粋な英語力だけではありません。 各パートの解き方のコツを知っていたり,毎日数分TOEICに出やすい単語を学んでおくだけでも結果はだいぶ変わってきます。 今の実力が正しく評価されることにこだわるのであれ ...

続きを見る

 

まとめ

タブレットを持つ女性

TOEICを2ヶ月かけて勉強する方法は,最初の6週間かけて単語とパート別対策を行って知識を増やし,残りの2週間で,それまでに学んだ知識を模試を使うことで,使える知識へと変えていきます。

今回,1つ大切なことに触れていませんでしたが,上で使う教材については,これから時間をかけて集めなければなりません。

どの参考書が良いのか近くの書店に見に行かなければなりませんし,良さそうな本でも周りになければ取り寄せる必要も出てくるでしょう。

模試に関しては後回しでも構いませんが,単語帳とパート別対策(初心者は2と5,中級者以上は苦手パート)の参考書はすぐに手に入れてください。

もしも,今のスコアがわからなければ,真っ先に模試を購入し,すぐに解いてスコアを知るようにしましょう。

このとき使った模試については,丸付けするだけにとどめ,あえて解説を読まないことで7週目に再利用することができますが,いずれにせよ,すぐさま行動することが大切です。

是非,これからの2ヶ月を充実させ,濃密なTOEIC対策を成功させていただければと思います。

なお,スタディサプリというアプリを使うことで,すぐにでもTOEIC対策を始めることができるので,興味のある方は以下の記事を参考にしてください↓

スタディサプリTOEIC対策コースの教材例
試験まで残り何日?スタディサプリを使ったTOEIC勉強法

今回は「スタディサプリを使った勉強法」と題して,TOEIC本番までの残り日数ごとに,具体的な手順を紹介してみたいと思います。 期間別の勉強法については,すでに別の記事で一般的なものをいくつか紹介していますが,今回はそれらの方針に基づき,スタ ...

続きを見る

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

-TOEIC勉強法

王道のTOEIC教材

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

パート別に攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れます。7日間の無料期間を生かして試しに使ってみてください!

パーソナルコーチプラン

オンラインながら最高峰のTOEIC対策を受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない方はコーチングを受けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能な「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育は,いつの時代であっても鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでのあらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が明確です。

TOEIC界で有名な著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非!

おすすめ記事

カレンダーとスマホの入力画面 1

スタディサプリのTOEIC対策コースでは,不定期ではあるものの,キャンペーンが実施されたりキャンペーンコードが配布されたりすることがあります。 試験本番まで時間がなく,いち早く始めたいと思っている方であっても,確認は一瞬です。 申し込みの前 ...

パーソナルコーチプランのキャンペーンコード 2

スタディサプリENGLISHの「パーソナルコーチプラン」は,大手リクルートが自信を持って提供する,高品質かつ比較的安価な英語コーチングサービスです。 その評判は高く,数あるアプリや参考書のたぐいを総じて考えても,一二を争うほど効果的なTOE ...

スタディサプリTOEIC対策コースの教材例 3

今回は「スタディサプリを使った勉強法」と題して,TOEIC本番までの残り日数ごとに,具体的な手順を紹介してみたいと思います。 期間別の勉強法については,すでに別の記事で一般的なものをいくつか紹介していますが,今回はそれらの方針に基づき,スタ ...

blank 4

スタディサプリENGLISHでは新規入会者に向けたキャッシュバックキャンペーンを頻繁に実施しています↓↓ その特典内容やルールについてはその時々でいくつかのバリエーションがありますが,どれもお得に申し込めることに変わりありません。 とはいえ ...

blank 5

最近ますます世の中が便利になってきて,スマホ1つあればTOEIC対策がいつでもどこでもできてしまう時代になりました。 今回紹介するスタディサプリENGLISHの「TOEIC L&R TEST対策コース(TOEICコース)」ですが,ベーシック ...

blank 6

今回の記事では,TOEIC対策として1万円以内に収まるものから,5万円そして7万円を超える高額なものまで,おすすめのサービスを予算別に紹介していきましょう! 世の中の常識として,お金をかけた分だけ受けられるサービスが充実してくるものですが, ...

TOEICの参考書例 7

ここでは数あるTOEIC教材の中から,特に初心者の方におすすめできる参考書を用途別にまとめてみました。 具体的には全体的な理解を深められる総合対策本から,毎日の学習が必要な単語帳,さらにはリスニングとリーディング対策に特化したものとなります ...

優,良,平均の評価チェックボックス 8

TOEIC L&Rテスト(以下TOEIC)ですが,「新形式」と呼ばれる問題形式に変わってから,だいぶ難しくなりました。 新形式が導入されたのは2016年の5月29日(第210回公開テスト)からですが,それ以前のものとは比べ物になりま ...

blank 9

TOEIC公開テストは,申し込んだ日から本番の試験日まで「1ヶ月」以上の時間が残されているのが普通です。 これは決して短くない時間ですが,とりあえず申し込んではみたものの,仕事や子どもの世話などで勉強ができず,「明日は必ずやるから」などと言 ...

方針について考えるビジネスパーソン 10

今回の記事では,TOEICの勉強法のうち,短期間での対策に役立つ内容のみをまとめました。 本記事で語る「2週間勉強法」というのは,公開テストまで数ヶ月残っている場合に取る方法とは大きく異なります。 例えば,全パートの対策を行っている時間はあ ...