日本人の平均TOEICスコアと目標点のまとめ

TOEIC(R)L&Rテスト(以下TOEIC)ですが,「新形式」と呼ばれる問題形式に変わってから,だいぶ難しくなりました

新形式が導入されたのは2016年の5月29日(第210回公開テスト)からですが,それ以前のものとは比較になりません。

しかしそれから4年以上が経ち,多くの攻略法や公式問題集が発売され,受験者のデータもだいぶ落ち着いてきました。

今回は,過去1年間に実施されたTOEICにおける大学生や社会人の平均スコアについてみていきたいと思います。

そしてその点数を元に,世界の国々と比べた場合の日本人の英語力の立ち位置であったり,目標となるスコアをどのくらいに設定すべきなのかについて考えてみることにしましょう。

これからTOEIC受験を考えている方は,是非参考にしてください。

日本人の平均TOEICスコアは何点?

2019年3月~2020年1月のTOEICスコアの平均点を調べてみると,

  • リスニングのスコア:315点~330点
  • リーディングのスコア:255点~275点

の中にすべて入っており,Totalスコアとしては575点~600点となります。

ちなみに,上記期間における受験者の平均点は

588.1点

です(後述の世界に向けて公表されたデータは523点が平均点だとされますが,当サイトでは日本での調査結果の方が信ぴょう性が高いと判断しました)。

スコアだけ聞いても高いのか低いのか判断がつかない方が多いかと思いますが,日本の高等学校で到達したい英語力の目安としては,実用英語検定(英検)が引き合いに出されることが多く,「英検2級」が高校卒業レベルとされています。

これはTOEICスコアで言うと何点に換算されるのでしょうか?

その際は以下の表が役立ちます↓↓


これは各種英語試験の結果スコアを比較するためのものですが,左から3列目にある「英検」と一番右の列にある「TOEIC L&R」のところを比べてみましょう。

すると英検2級は,TOEICスコアでいうと550点以上に匹敵する結果となり,先ほど述べた日本人のTOEICスコア平均点はこれよりも上になっていることがわかりますね。

意外かもしれませんが,我が国における英語教育は政府の目論見通り,実は一定の成果を上げていたわけです。

これには近年みられる英語機運の高まりもありますが,やはり受験勉強が大きな役割を果たしていると思います。

私は塾で教鞭を取ることもあるのですが,高校生がギリギリまで受験勉強を頑張って一気に成績を伸ばしているのをみると特にそう感じずにはいられません(教育改革の影響でアウトプット型の教育に注目が集まっていますが,詰め込み型教育の功績も忘れてはいけないと思う今日この頃です)。

ここで現在のTOEICスコア力を予測するため,簡単なテストをしてみましょう。

以下の単語のうち,どのくらいの数の意味がわかるかチェックしてみてください↓↓

このページに載っている200語のうち,意味が分かるものが半数以上あればTOEIC500点のレベルはあるとされています。

みなさまの結果はいかがだったでしょうか。

さて,話を戻しますが,日本人のTOEICスコアが約590点という数字は一方で,大学生活などを通して英語力が伸びていない学生が多いことを示しています。

というのも,TOEICの受験者の約8割が21歳以上であり,その多くは大学を卒業している人に当たるからです。

さすがに英検1級(大学上級程度でTOEIC945点相当)を目標点にしろとは言わないまでも,「英検準1級(大学中級程度でTOEICスコア785点)に匹敵する英語力は目指して欲しい」というのが大学側の本音でしょう。

これからの英語教育は4技能を重視するため,中学から高校で培った「英語を読み書きできる力」に磨きをかけると同時に,大学生や社会人時代において「聴く・話すの英語能力」までをも高めていくことが期待されています。

高校3年生が英語力のピークにならないよう,折角学んだ受験英語を実用的な英語力へと変えていきましょう!

 

TOEICの高スコアは何点を目標とすべきか?

2019年実施の「世界のTOEIC受験者について」

Educational Testing Service(TOEICの開発元)は,2019年における世界のTOEIC受験者の調査結果を公表しましたが,それによると,多くの方の受験目的は,

  • 英語学習のため
  • 就職活動のため
  • 卒業に必要なため

のいずれかであることがわかっています。

ちなみに前章の内容に関するものとして,世界でみたTOEIC平均スコアの1位はカナダで877点,隣の韓国だと678点で日本は49ヶ国中43位ですが,できる人もできない人もTOEICを受験する日本の事情も考えると,他国のスコアは気にしないのが無難でしょう。

さて,上に挙げた3つの目的ですが,卒業しなければ就職もできませんので最後の2つはまとめて考えると,「勉強目的か就活目的か」の観点から今後論じていくのが良さそうです。

それでは,こうした目的で学習している人が,良いスコアを取ると,その先にいったいどのような良い結末が待ち受けているのかについて,これから1つ1つみていきましょう。

英語学習の観点から

まずは一つ目の「英語学習とTOEICスコア」の関係ですが,TOEICは合格か不合格かを決めるテストではなく,客観的に自分の英語力を測るための指標に使えるテストです(もっとも最近は英検も合否とは別に「スコア」も表示されるようになりましたが)。

そのため,普段英語を学習している方が,定期的に健康診断を受けるような感じで用いることができます。

純粋に自分の英語力が上がれば嬉しいですし,上がれば上がっただけ,英語を使ってやれることも増えてくるわけです。

例えば以下はTOEIC受験者にとってはおなじみの表で,コミュニケーション能力とTOEICスコアを比較してみたものですが,日本人の平均スコア590点というのはこの比較表によればCレベルで,話が複雑になると意思疎通が取りにくくなるとされます↓↓

blank

それに対してレベルBではどのように書いてあるでしょうか?

「業務上も大きな支障はない」,「意思疎通を妨げるほどではない」と,途端に良い評価に変わります。

ちょっと海外ドラマのセリフが聴き取れたり,海外旅行のときにもより楽しめることになるでしょう。

といったわけで,まずは日本人の平均点を,そしてその次は730点を是非とも目指したいものです(20年前のTOEICでは,レベルBから返送される封筒が分厚くなって嬉しかったものです)。

とはいえ,英語学習目的でTOEICを受ける人というのは,誰からも頼まれていないのにテストを自ら進んで受けに行くわけですから,普段から努力していて学習意欲に燃えている人がほとんどです

なので,860点のレベルA,続けて900点超え,さらには990点満点ホルダーと,その先の先まで挑み続けていくことでしょう(もちろんこのどれであっても,十分に最終目標に足るものです)。

面白いところとして,IIBC AWARD OF EXCELLENCEという表彰状が存在し,2019年度はこのような立派なセットが届きました↓↓

これをもらうためには,L&Rで800点(L375点R425点)以外にS&Wで330点(S160点W170点)も必要になってきますが,一つ狙ってみたいですね。

このうち「R425点」というのが大きな壁となっており,実際は900点近く取らないとなりません。

まだあなたが学生ならわからないでしょうが,大人になってくると,テストで本気を出す機会というのがめっきり少なくなります。

学生の時,定期試験や模試といえば忌み嫌うものだったと思いますが,なくなってみると自ずと欲するようになってくるわけですから,人間とは不思議なものですね。

就職活動の観点から

これまではやる気に満ちた学習目的の方についてみてきましたが,大半の受験者は基本的にはそうでないでしょう。

実際先の調査によると,7割はそうでない人,つまり,就職や単位取得または昇進のために仕方なくTOEICを受験しなくてはいけない人であると見積もられています。

例えば大学生がTOEICで良い点を取れば単位や卒業要件として認定してもらえるわけで,成蹊大学の2018年の例ですと「590点で2単位,730点で4単位,860点で6単位」でした。

単位認定の最低点数がちょうど日本人の平均点になっているあたりが,絶妙なラインを突いていますよね。

また,早稲田大学ともなるともう少し条件は厳しくなって,2020年の例ですと「卒業要件に690点または880点以上が必要」でした↓↓

早稲田大学の卒業要件

ただし早稲田大学の英語の入試問題を解ける受験生であれば,高3の時点でTOEIC690点くらい取れる力があります(早稲田大学の偏差値は最低でも62.5ですから,これは全受験生の上位10%くらいにあたります)。

「大学に入ってからサボって学力を落とすな」という大学側からのメッセージとも言えるでしょう。

「偏差値50=590点レベル」と見なすには無理があるのは承知で言いますが,「偏差値62.5の大学出身だ」と言うのであれば,卒業要件になっていなくても690点を取るくらいの意地をみせてほしいものです。

加えて,就活(さらにはその後のサラリーマン生活)においても,TOEICスコアが高ければ高い方が得をするという事実を忘れてはなりません。

今やグローバルな時代。

就活時に「英語が得意です」とアピールできると有利になるのは明らかです。

自分が大学院時代に所属していた研究室にも一流企業からのお誘いが来ましたが,「この研究室の新卒希望の方で,かつ英語力のある人を」というのが相手方のお決まりの言葉でした。

具体的に数値を挙げますと,2016年度~2018年度の新入社員の平均スコアは490点,在学中に内定を出した学生のスコアは540点となっており,社員ごとの業種別スコアは以下の通りです↓↓

つまり,これから就職活動する方であれば,最低でも600点を目安に頑張っていただきたいところです。

やや古いデータにはなってしまいますが,2013年の調査によると,グローバル化に対応するために全社員に求められるスコアは確かに600点となっていて,調査対象となった304社のうちの実に7割もの企業が,「採用時にTOEICスコアを参考にする」と回答しました↓↓

また,国際部門であれば785点は欲しいところでしょう(楽天やコナミのようにTOEIC800点以上を求める企業もありますし,外資系に至っては900点以上を求めるところもありました)。

実際,「英語が苦手で,TOEIC600点ですらとんでもない!」という方も多いでしょう。

ですが,入社してからも異動・昇進・昇格と言った際に,TOEICスコアを参考にしている企業も半数以上あり,英語学習からは逃れられないのが現状なのです↓↓

もちろん,業務がこなせることが第一で,それに+αでの英語力ということではありますが,日本人のTOEICの平均スコアが約590点である以上,役職に就くのにそこまで高いTOEICスコアが求められているわけでもありません。

会社もそのくらいのことはわかっています。

ですから,苦手な方は苦手なりに,社会人になっても高校卒業時くらいの英語力は維持しておくのがビジネスエリートの務めだと思って頑張ってみるのはいかがでしょう。

 

まとめ

以上,日本人の平均TOEICスコアを色々な点数と比較して,目標となる点数を目的別にいくつか提示してきました。

今回の記事のポイントをまとめると,

  • 日本人のTOEIC平均スコアは約590点
  • 英語学習目的なら590・730・860・900・990点が区切り
  • 偏差値50はTOEIC590点,偏差値62.5は690点に相当
  • 就職時には最低600点。できれば785点以上を目指したい
  • 苦手な方も590点を目指して頑張る

となります。

英語はやらないと一気にTOEICスコアは落ちてしまうのは,多くの人が経験済みのことでしょう。

少しずつでも長く続けることが大切で,何より効率的です。

忙しい毎日であっても,通勤通学のすき間時間に数分でも学習を積み重ねていれば,TOEICスコアは徐々に上がっていき,長い将来にわたって自分の評価は高まり,最終的には生涯年収まで左右しかねないというのは,そこまで大げさな話ではありません。

自信の成長を楽しむか,そうでないならTOEICの勉強はもはや「仕事の一つ」と割り切って考えましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

当サイトで紹介しているTOEIC教材も是非参考にしてみてください!

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-基礎知識

© 2020 スタディTOEIC