TOEICの試験形式と料金を比較

TOEICとは Test of English for International Communication(国際コミュニケーション英語能力テスト)の略語で,英語を母語としない人を対象とした,オフィスや日常生活における英語でのコミュニケーション能力を測るテストです。

日本では,各方面からの信頼度が最も高い,英語の実力測定テストの一つとなっています。

世界規模で見れば,現在160か国ほどで実施されているとのこと。

試験の開発や運営,そして結果の評価は『EST』という教育試験サービスが行っています。

今回は,そんなTOEICのテスト形式を比較しながら,それぞれのテストの概要と,実施日程・料金について簡単にまとめてみたいと思います。

TOEICの主な試験内容を比較

TOEICテストは細かく分けてみると,全部で5つもの試験があります。

しかし,英語の初学者向けのTOEIC Bridge.Testは英検に比べてマイナーですし,TOEIC Speaking Testと Writing Testを2つ合わせたものがTOEIC Speaking Testsとして扱われていることを考慮しますと,実質,

『TOEIC L&R Test』と『TOEIC S&W Tests』の2つ

が主なテストだと言えるでしょう↓↓

それでは以下で,これらのメインテストについて概要の方,比較していきましょう。

TOEIC Listening & Reading Testとは

TOEIC Listening&Reading Test(L&R Test)は,Listening(聴く)とReading(読む)能力について測定するテスト。

基本的に企業や大学などで評価されるのは,このTOEIC L&R Testで,いわゆるTOEIC600点とか990点とかいったものは,この L&R Testのスコアを指します。

主な受験の目的としては,キャリアアップや海外赴任の能力証明に加え,就職や大学の入学時や単位認定などで優遇されたり,通訳ガイドの資格時に英語試験が免除になるといった特典があるからです。

もちろん純粋に英語力を測定するために利用されている方や団体もあります。

テストの形式は,リスニングが最初に45分間の計100問あり,続けてReadingが75分間で100問出題されることになっており,2時間で200問を答える過酷な試験でもあるわけです。

問題はすべてマークシートに解答し,記述式の問題はありません。

なお,スコアは10点から990点までの5点刻みで返されますが,一問5点というわけでもなく,実際,数問間違えてしまっても990点満点が取れることは,意外に知らない方も多いのではないでしょうか。

最高得点が1000点ではないのは,英語学習に終わり(満点・パーフェクト)はないからだという理由からでしたね。

 

2016年からTOEIC L&Rは新形式に変わりましたが,発音の国別のバリエーションが増えたり,問題数や問題自体が多少変化した程度で,昔のTOEICより比較的難しくなった程度の認識で構いません。

 

TOEIC Speaking & Writing Testsとは

次はTOEIC S&W Testsについてですが,こちらで測定される技能については,名前からもお分かりのように,Speaking(話す)能力とWriting(書く)能力となります。

試験の特徴としては,ビジネス場面における円滑なコミュニケーション能力を,複数の採点官が評価することが挙げられます(試験自体は対人ではありません)。

受験者の解答データは,アメリカのETSに送られて,平均して10人もの採点官に評価されるわけですが,1枚の答案の1問1問ごとを違う採点官が採点し,その際は受験生の名前や性別,さらにはそれまでの答案の出来といった,採点判断に影響を与えかねない要因は極力排除しているほどの徹底ぶりだと聞きます。

さらに,採点官の側も採点当日に試験を受けさせられ,正常に採点の判断ができるかをチェックされるそう。

 

こんな手間のかかっているTOEIC S&W Testsですが,ビジネス以外の用途としても,2020年度の教育改革において,大学入試共通テストにおいても重要視されている技能ですから,L&R Test以上にその評価が見直されていて,今後ますます重要視されるテストだと言えるでしょう。

テスト形式としましては,Speaking分野が全11問で20分,Writing分野が全8問で60分のテストとなっています。

2つの別々のテストを一度に受けるわけなので,試験の名称はS&R Testsと複数形になっているわけです。

 

試験会場ではパソコンとヘッドセットを使用して受験するところがユニークです↓↓

Writingでは,パソコンで文字を打ち込んで解答することもあります。

このTOEIC S&W Testsのスコアは,どちらのテストも0点から200点のスコアで表示されます(10点刻み)。

 

さて,以上で比較した2つのテストのそれぞれに,IP Test(Institutional Program Test)と呼ばれるものが別に存在します。

これはいわゆる『団体特別受験制度を利用したTOEICテスト』のことで,通常より安い価格で受験できたり,自分の所属する団体会場で受験できたり,申し込みが遅くても大丈夫だったりといったメリットがあります。

ですが,これまでの過去問を使い回したテストとなっていたり,公式認定証が発行されないため,履歴書や願書などでIPテストのスコアを用いることができないことには注意が必要です。

 

なお,2016年度の受験者数としては,TOEIC L&Rが250万人,S&Wが3万人程度となっていて,まだまだS&Wの受験者は少ない(社会で「話す」と「書く」は評価されていない)のが現状のようです。

 

 

TOEICの表彰制度?

日本でTOEICを実施しているのは一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)ですが,そこが『IIBC AWARD OF EXCELLENCE』という表彰制度を設立しています。

 

表彰の対象者になるための条件ですが,

同一年度(4月~3月)において,TOEIC L&R TESTと,TOEIC S&W Testsの公開テスト両方を受験し,以下の基準スコアを満たせば,上記の表彰状を手に入れることができます↓↓

 

なお,このスコアは,TOEIC L&R Testで上位4%,Speaking Testで10%,Writingでは16%に入らないといけないことを意味しています↓↓

中々狭き門で,この達成は難しそうですが,

「英語4技能をバランスよく学習していて,コミュニケーションツールとして英語を積極的に使っている方を応援したい,という思い」

から,この表彰制度は始まっています。

英語の上級者を目指している方にしてみれば,なんとも目指したくなるゴールの1つとなるのではないでしょうか。

 

 

テストの実施日程と料金を比較

TOEIC L&R Testの場合

TOEIC公開テストを受けられる日は年に10回あり,2月と8月を除く毎月開催されています(地方に住まわれている方の場合,実施されない月もあります)。

とはいえ,いきなり申し込んですぐ受験するというわけにはいかず,インターネットで約2ヶ月前に申し込みを済ませておかないといけません

例えばこの記事を書いている2018年の2月現在ですと,上記画像にあります通り,4月に実施される第229回の申し込みが可能です。

先の予定がどうなるかわからない日常を過ごしていますし,金額も金額なので,気軽にえいっと申し込むことができないのが,この仕組みの残念なところですね。

受験料は5725円(税込)ですが,再受験するとリピート受験割引を受けることができて,5092円と比較的お安くなります(とはいえピッタリ1年後の月に受けないとダメなので,ちょうどタイミングが合えば利用したい感じでしょうか)。

 

TOEIC S&W Testsの場合

TOEIC S&W公開テストは,毎月どこかの日曜に行われますが,その際に午前か午後を選べるため,年に24回実施されている計算になります。

こちらは約1か月前に申し込むことができるので,L&R Testに比べて比較的申し込みやすいですね。

料金は10260円(税込)となり,やはり機械で採点できない分,高めの料金設定になります。

ですが,S&W Testsについては,キャンセルや締め切り後の申し込み,さらには試験日時や会場の変更も可能です(その際,若干のキャンセル料や追加受験料などの手数料が発生してしまいますが…)。

 

 

TOEICテストの形式と料金の比較まとめ

geralt / Pixabay

以上,TOEICテストのメインテストである,TOEIC L&R TestとS&W Testsの比較記事でした。

これら2つの試験を両方とも受験することで,英語の4技能の能力が客観的に評価されることとなります。

依然「読む」と「聴く」を中心としたL&R Testの方が重要ですが,教育改革に生きるこれからの世代に生きる社会人や学生は「書く」と「話す」ためのS&Wにも目を向けていく必要があるという結論になりました。

 

どうしても,英語力でその人の能力までもが評価される時代になってきてしまっています。

実際,自分の研究室に大手企業の推薦の話が来た際も,より英語ができる人が採用されました。

また,大学受験においても英語の試験が免除されたり,とにかく英語ができないと,一流大学に受かることは非常に難しくなります。

日本の社会自体は,英語ができなくても不自由なく暮らせるにもかかわらず,なぜか英語ができるのが当たり前のように考えられているわけで,そんな世の中の仕組みに疑問を抱くことも多々あります。

が,そうなってしまっている以上,英語(特にTOEIC)は頑張らざるを得ません

受験と違って一発勝負ではなく,何度も受けられるわけですから,日ごろから準備して,TOEICのスコアアップを目指しましょう↓↓

TOEICのおすすめ勉強法 比較

 

英語が得意になると,明るい未来が開けてくると考えられたなら,今後の英語学習を続けていくある種の希望にもなるでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -基礎知識

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.