TOEICの基本知識。テストの種類から日程,料金のまとめ!

TOEICとは「Test of English for International Communication(国際コミュニケーション英語能力テスト)」の略語で,英語を母語としない人を対象とした,オフィスや日常生活における英語でのコミュニケーション能力を測るテストです。

ビジネス英語としてL&Rが注目されがちですが,「日常的な英会話がどのくらいできるのかを知るためにも利用できる」ことは忘れないでおきましょう。

とはいえ,このTOEIC,日本ではビジネス界や教育機関からの信頼度が最も高い,英語の実力測定テストの一つとなっていることも事実です。

なお,世界規模では160ヶ国で700万人が受験し,14000の企業団体が活用実施していました(2018年度実施分)。

今回は,そんなTOEICのテスト概要や実施日程,料金についてまとめていきましょう!

TOEICの試験内容について

TOEICのしおりとパンフレット

TOEICテストは細かく分けてみると,全部で5つの試験があります↓↓

  1. TOEIC Listening&Reading Test(L&R)
  2. TOEIC Speaking&Writing Tests(S&W)
  3. TOEIC Speaking Test
  4. TOEIC Bridge Listening&Reading Tests
  5. TOEIC Bridge Speaking&Writing Tests

しかし,4と5にある英語の初学者向けの「TOEIC Bridge Tests」は英検に比べてマイナーですし,3のTOEIC Speaking Testは2の一部であることを考慮すると,実質,「L&R」と「S&W」の2つが主なテストだと言えるでしょう。

以下に,これらのテストの概要をまとめておきます。

TOEIC L&R

TOEIC L&Rは,Listening(聴く)とReading(読む)能力を測定するテストです。

基本的に企業や大学などで評価されるのはこのTOEIC L&Rで,「TOEIC600点」とか「990点満点」とかいったものは,このテストのスコアを指しています。

受験の目的としては,キャリアアップや海外赴任の際の実力証明に加え,就活時のアピールや大学のクラス分け・卒業要件・単位認定などに使用するためです。

もちろん純粋に英語力を測定するために利用されている方もいます↓↓

テスト形式ですが,リスニングが最初45分間で100問あり,続けてリーディングが75分間で100問出題されることになっており,2時間で200問を解くという過酷な試験で,問題はすべてマークシートに解答し,記述式の問題はありません。

なお,スコアは10点から990点までの5点刻みで返されてきますが,1問=5点というわけではなく,実際,数問間違えても990点満点が取れることは,意外に知らない方も多いのではないでしょうか。

ちなみに最高得点が1000点になっていないのは,英語学習に終わり(満点・パーフェクト)がないからという,なんともアメリカらしい理由からです。

2016年からTOEIC L&Rは新形式に変わり,話者の国籍による訛りのある英語が話されたり,問題数や問題自体が多少変化し,それまでのTOEICより明らかに難しくなりました。

なお,スコアに有効期限はありません

とはいえ,直近のスコアを提出させられるところも多いです。

時間配分や解き方については以下の記事にまとめました↓↓

TOEIC S&W

次にTOEIC S&Wについてですが,こちらで測定される技能には,名前からも分かるように,スピーキング能力とライティング能力となります。

試験の特徴としては,ビジネスシーンにおける円滑なコミュニケーション能力について,複数の採点官が評価することが挙げられます。

テスト形式は,スピーキングが20分で11問,ライティング分野が60分で8問を解くテストとなっており,試験会場ではパソコンとヘッドセットを使用して受験するところがユニークです↓↓

このことが意味するのは,「対人の形式ではない」ということで,スピーキングでは声を録音されますし,ライティングではパソコンで文字を打ち込んで解答することになります。

受験者の解答データはETSへと送られ,平均して10人もの採点官に評価されることになりますが,1枚の答案であっても1問ごとに違う採点官が採点し,その際,受験生の名前や性別,さらにはそれまでの答案の出来といった,採点判断に影響を与えかねない要因は極力排除する徹底ぶり。

さらには,採点官の方も採点日に試験を受けさせられ,正常な判断ができるかどうかチェックされるほどです。

スコアは,どちらのテストも0点から200点のスコアで表示されますが,L&Rと異なり「10点刻み」です。

これほど手間のかかるTOEIC S&Wですが,ビジネス用途以外に,4技能大学入試においても活用されるでしょうから,今後L&R以上に重要視される可能性があります。

問題内容についてや平均スコアについては別記事にまとめました↓↓

TOEIC Bridge

TOEIC BridgeもTOEICと同様,L&RとS&Wの2つがありますが,ビジネスではなく日常シーンのみを扱うところと,初級者から中級者までを対象とする2つが特徴です。

問題数や試験時間はともに減っていますが,S&Wのようにあまり変わらないものもあります↓↓

  • L&R:リスニングが25分で50問,リスニングは35分で50問
  • S&W:スピーキングが15分で8問,ライティングは37分で9問

IPテスト

これまでに説明してきたテストには「IPテスト(Institutional Program Test)」と呼ばれるものが別に存在します。

これはいわゆる「団体特別受験制度を利用したTOEICテスト」のことで,受験者側からすると,通常より安い価格で受験できたり,自分の所属する団体会場で受験できたり,申し込みが遅くても大丈夫だったり,結果を速く知ることができるなどのメリットがあります。

ただし公式認定証は発行されないので,履歴書や願書などでIPテストのスコアを用いることができないこともあるため,どこかに成績証明をする必要がある際は注意してください。

これ以外に,「公開テスト団体一括受験申込」という制度もありますが,一般申込の場合とそこまで大きく変わらないので省略します。

なお,2018年度の受験者数としては「TOEIC L&Rが250万人,S&Wが4万人程度」となっていて,後者においては徐々に受験者数は増え,この5年で1.5倍以上になりました↓↓

TOEIC Bridgeは9割以上がIPテストの利用,つまり学校などの団体で申し込んでいることになり,受験者数は2011年をピークに減少傾向にあります。

 

TOEIC L&RとS&Wのテスト日程と料金

ここでは利用者の多いTOEIC L&RとS&Wの2つについて,そのテスト日程と料金についてまとめましょう。

TOEIC L&R

  • 年10回(2月と8月以外に)実施

TOEIC公開テストを受けられる日は年に10回。

暑い月と寒い月以外に行われると考えましょう。

なお会場は80都市ですので,地方に住まわれている方の場合,自分の地域のみ実施されないような月もあります。

また,いきなり申し込んですぐ受験するというわけにはいかず,インターネットで約2ヶ月前に申し込みを済ませておかないといけません(個人受検の場合)。

例えば9月実施のテストは7月に申し込みをしなければならないということです。

金額も金額なので,計画的に申し込まないといけないのが,ちょっと残念なところですが,試験官の手手配や会場を抑えるのにお金がかかるので仕方ないとも言えるでしょう。

受験料は6490円(税込)ですが,再受験すると「リピート受験割引制度」を受けることができて,1年後の同じ月から3ヶ月の間に行われる公開テスト1回分が割引となります(10%程度)。

例えば4月に受験した方は,翌年の4~6月の1回が割引対象月です。

実際の申し込みや試験当日の様子については,以下の記事を参照してください↓↓

TOEIC S&W

  • 毎月どこかの日曜日に実施

TOEIC S&W公開テストは,毎月どこかの日曜に行われていますが,その際に午前か午後まで選べるため,回数としては年に24回実施されている計算になります。

こちらは約1ヶ月前から申し込みが始まるので,L&R Testに比べて比較的申し込みやすいですね。

料金は10450円(税込)となり,やはり機械で採点できない分,高めの料金設定になります。

ですが,S&W については,キャンセルや締め切り後の申し込み,さらには試験日時や会場の変更も可能です(その際,若干のキャンセル料や追加受験料などの手数料が発生してしまいますが)。

L&Rと比べると,より小規模な会場になります。

こちらも申し込み方法と当日の様子を記事にしていますので,興味がある方はお読みください↓↓

 

終わりに

以上,TOEICテストについて,L&RとS&Wを中心にまとめてきました。

これら2つの試験を両方とも受験することで,英語4技能の能力が客観的に評価されることとなります。

依然「読む」と「聴く」を中心としたL&Rの方が受験者数は多いですが,2020年以降に社会人になる方であれば「書く」と「話す」ためのS&Wにも目を向けていく必要があるでしょう。

ずいぶん前から,英語力でその人の能力までもが評価される時代になってしまいました。

実際,自分の研究室に大手企業の推薦の話が来た際も,より英語ができる人が採用されましたし,大学受験においても英語の試験が免除されたり,そもそも英語ができないと,一流大学に受かることは非常に難しくなります。

日本の社会自体は,英語ができなくても不自由なく暮らせるにもかかわらず,なぜか英語ができるのが当たり前のように考えられているわけで,そんな世の中の仕組みに疑問を抱くことも多々ありますが,そうなっている以上,英語(特にTOEIC)は頑張らざるを得ません。

ただし受験と違って一発勝負ではなく,何度も受けられるわけですから,日ごろから準備して,TOEICのスコアアップを目指しましょう!

是非当サイトの記事がみなさまのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-基礎知識

© 2020 スタディTOEIC