TOEIC S&Wの準備から当日の様子まで!

今回はTOEIC S&Wテストの準備から当日の様子まで,実際の体験談をもとに注意点を述べていきたいと思います。

L&Rと異なり受験者が少ない試験である上,メンタルの影響が試験結果に大きく影響するので,今回の私の反省談を参考に,当日気持ちよく試験の方,受けてきていただけたら幸いです。

試験日までにすべき準備

Googleの検索画面

S&Wテストの3日ほど前になると,「試験日のお知らせ」というタイトルで,IIBC試験運営センターから1通のメールが届きます。

そこに書かれているのは主に,

  • 試験日時の確認
  • 試験会場について

の2点です。

もちろん,申し込んだ段階で試験会場はわかっているのですが,詳細なビルの位置まではさすがに把握していないのではないでしょうか。

しかし,今回届いたメールには会場の地図までが載っています。

TOEIC S&Wでは受験票が存在しないため,必要な情報はすべて,先のメールに全部載せておかなければならないのでしょう。

これから試験会場の様子について説明しますが,今回は,東京の試験会場の1つになっているテストセンターを例に説明します。

メールに載っていた地図のURLを開くと,このような感じに目的地が赤い旗で表示されてきますが,小さいと感じる方は青矢印先の「+」を数回押して拡大してください↓↓

Google mapとテスト会場

さて,こういった地図をスマホで確認しながら行けば,時間通りに会場にたどり着けると油断している方は特に注意しましょう!

というのも,一度行ったことがある場所ならいさ知らず,初めての会場でしかも緊張しているとなると,会場の入り口がわからないだけであたふたして,普段以上に焦燥&疲弊してしまうものです。

スマホの地図を頼りに歩いていても,知らず知らずに目的地を通り過ぎていたという経験はありませんか。

私は結構あります。

ここでのアドバイスとしては,試験会場の名前をコピーしてウェブ上で検索するまでを行うようにしてください。

例えば上記会場の場合,以下のような情報まで得ることができました↓↓

詳細なアクセスマップ

さらにこの会場の場合,HP上に「エレベーター点検の予定が入っており,当日階段をご利用していただく可能性があります」と,緊急のお知らせまでが出ていたので,やはりこういったチェックは事前にしておくべきだと感じました。

 

S&Wテスト当日の持ち物

筆記具とノートとスマホ

先ほども言いましたが,TOEIC S&Wでは受験票がありません。

しかしその分,当日の本人確認はかなり厳格です。

唯一ともいえる持ち物は,公的に自己を証明する,有効期限内かつ写真付きの本人確認書類であり,コピーは不可となっているのでご注意ください。

運転免許証や学生証などが普通でしょうが,パスポートや社員証,住民基本台帳カード,その他,外国人登録証明書や在留カード,特別永住者証明書でもよいそうです。

これらは会場の受付で必要になるだけでなく,証明写真を撮るときも試験室に入るときも,とにかく試験中ずっと手元に置いては必要な時に提示できるようにしておかないといけません。

逆にそれ以外の所持品は,ロッカー内にすべて入れさせられるので,時計もスマホもすべてロッカーの中です。

整理すると,試験室に持ち込み可能なのは,

  • 本人確認書類や受付番号カード
  • ロッカーの鍵
  • ペン(試験会場で配られる)
  • 受験同意書(裏にメモできる)

のみが基本で,「メガネ(本体のみ)・ハンカチ・ティッシュ・目薬」は必要に応じてという感じでした。

それでは実際に当日やることを時系列で整理してみましょう!

 

S&Wテスト当日の様子

テストセンター

S&Wテスト当日ですが,基本的な流れとしては「受付する→待合室で待つ→写真撮影して入室する→試験を受ける」といったものになります。

ここではそれら1つ1つの様子についてレビューしましょう!

受付する

まず最初に試験会場で受付を済ませます。

このときの時間にして,午前実施の場合は9時15分~9時30分まで,午後の実施では13時15分~13時30分の間に入らないといけません。

このような感じの受付となっていて,本人確認書類を提出し,席番号を割り振られ,受験同意書を受け取りました↓↓

試験会場の受付の様子

「何度目ですか?職業は?L&Rは何点でした?」的なアンケートも付いていて,ボールペンも渡されました。

紙には,主な規則についてや受験者が本人であるという誓約文が書かれているので,名前やサインなどを記入して受付に返却します。

待合室で待つ

時間まで待合室で座って待ちますが,私の会場ではすでに席がほぼ満席で20人くらいがスタンバイしていました↓↓

待合室の様子

トイレはありましたし,食べ物はダメですが水は飲めました(ただし試験室では無理です)。

私は5分前に着いたのですが,皆さんすでに荷物をロッカー内に入れており,飲食をしている人はいなかったように思います。

受験者層は意外と若めで,高校生から大学生くらいがほとんどでしたね。

留学とか何か特別な目的があるのでしょう。

写真撮影を行い入室する

S&W試験室の様子

30分になると,先に到着していた人から順番に名前が呼ばれました。

すると,専属のカメラマンなのでしょうか,その人が簡単なWebカメラ的なもので写真を撮ってくれます

こういったサービスも受験料に含まれているのでS&Wの受験料は高めなのでしょう。

「右肩を下げて」とか「顎を引いて」といった指示もあったので,結構ちゃんとしていますね。

写真を撮ったら,上記画像のような試験室に直行しました。

試験室は想像していたより,ずっとまともな環境です。

私の受験した会場が当たりだったのか,それともこのくらい当たり前に揃っているのでしょうか。

受験する

席には左右にパーティションが付いていて,隣が気にならないように工夫されています↓↓

S&Wの試験ブース

後ろの通路は試験官が歩いていたりしますが,少なくとも視界に人影が映ることなく試験に集中できました

コンピューターの指示に従って,自分の名前と住所,そして先ほど撮った写真を早速確認しましたが,ちょっと髪がぼさぼさでしたね(笑)

パソコンに表記された指示通りヘッドセットを装着し,注意事項を確認し,続けてマイク位置を調節して音量をチェックしていきます。

マイクは左からニュッと出てくるので,ぴったり口の前には来ません。

音量はMAXでOKでしたね。

次に録音テストがあり,実際に自分の声を聴くのですが,なんだか新鮮です。

CONTINUEのボタンを押すとテストの概要が表示され,さらにもう一度ボタンを押すと開始になります↓↓

録音テストの様子

Writing Testに移っても,周囲の音が気になる場合はヘッドセットを装着したまま行うことができますが私ははずしました。

ヘッドセットは結構しっかりとしており,音をある程度遮断してくれましたが,声が大きい人の声は少し聞こえてきます。

最初はダミーの音声か,どこかのPCの音が漏れ出ているかと思ったほどです(笑)

試験が終わると,挙手して試験官に知らせるように促されます。

「終わりました。」と告げて,試験室を後にしましょう。

その後は何か声掛けされることもなく,スタッフは片づけをしており,私の他に受験者は誰もいませんでした。

なお,会場に着いてからの様子は,会場で渡された「受験のしおり」に書いてある通りでした。

この内容はあらかじめ確認しておくことができます

余計な心配を当日しないで済むよう,予め目を通しておきましょう↓↓

 

まとめ

ヘッドセット

以上,TOEIC Speaking & Writing Testsの準備から当日の様子までをレビューしました。

15分前ピッタリに会場に着くよう計算して行ったのですが,誤って違うビルの違う会場に到着してしまい,正しい会場付近に来るもエントランスの位置が分からずさまよってしまったので,会場に着いたのは5分前になってしまったのは明らかに失敗でした。

ギリギリになって焦ってしまい,雰囲気に飲まれてしまったところもあります。

試験自体もそうですが,「あらかじめしっかり準備しておくことに限るなぁ。」としみじみ思った次第です。

上で説明した通り,前もって試験会場を検索し,受験のしおりも読み込んでおき,試験会場に余裕をもって到着しては落ち着いて試験に挑んでいただけたらと思います。

今回の試験,時間にしては90分というなかなかの長さでしたが,試験室のPC上に残り時間がずっと表示されて焦らされ続けたので,体感としてはあっという間でした。

試験内容と結果については別記事にしたので,興味があれば併せてどうぞ↓↓

最後までお読みいただき,ありがとうございました!

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC基礎知識

© 2020 スタディTOEIC®