TOEIC Listening&Reading Testの申し込み方法を比較

TOEICのテスト形式は,英語4技能のうち「聴く」と「読む」能力を評価する

『TOEIC Listening & Reading Test』

と,教育改革でますます注目の集まる,「書く」と「話す」能力について測る

『TOEIC Speaking & Writing Tests』

という2つのテストに大別されます。

 

今回はこれら公開テストのうち,前者のTOEIC L&R Testの申し込み方法について,実際の画面を見ながら詳しく説明していこうと思います。

※それぞれのテスト内容と料金の違いについては前回の記事にて比較しています↓↓

TOEICの試験形式と料金について

 

 

TOEIC L&R 公開テスト申し込み方法について

rawpixel / Pixabay

TOEIC L&R Testを申し込むには,以下の2つの方法があります。

・インターネットを用いた申し込み

・コンビニでの端末を利用した申し込み

今回はこの2つの申込方法について比較していきますが,インターネットで申し込む方が,割引制度や結果の開示が早いというメリットがあるので,基本はこちらがおすすめです。

1つ目の『割引制度』というのは,『1年後の同月回の受験であれば,600円強を割引いた価格でTOEIC L&Rを受験できる』というものです。

比較的に恩恵を受けにくいサービスなのですが,ただ単にインターネットで申し込むだけでその権利が無料で得られることになるわけですから,もらっておくに越したことはありません。

また,2つ目の『結果の開示日が早くなる』という特典につきましては,TOEICの公式認定証が発送される1週間前に,ネット上でTOEICスコアを確認できるというものです。

こちらは確実に嬉しいサービスですよね。

 

 

インターネットで申し込む場合

インターネットを用いたTOEIC L&R の申し込みの流れとしては上記画像のようになります。

TOEIC申し込み専用サイトにログインするまで

まずはTOEICの公式サイトにアクセスし,公開テストの申し込みページに行きます↓↓

そして,上記画像の赤い矢印が示す部分(TOEIC Listening&Reading Test)をクリックしましょう。

 

基本的に受け付けているテスト日程は一つです。

希望する『テスト申し込み』のボタンを押しましょう↓↓

結構申し込み締め切りが早いので,ふと「TOEIC受けようかな」と思ってもすぐ来週に受けるなんてことはできません。

申し込んでから実際の試験まで1ヶ月以上あるのが普通です。

 

申し込みに戻りましょう。

初回であれば,次に会員ログインのページが出てきます↓↓

インターネットで申し込む場合は,この会員登録(無料)をする必要がありますが,登録することでテストの申し込み以外にいくつかのサービスが利用できるようになるのは先に述べた通りです。

初めて利用する方がほとんどだと思いますので,まずは右下に見える初心者マークの欄からオレンジ色のボタンをクリックし,登録作業に移りましょう。

 

会員規約を読んで同意したら,会員登録フォームを記入します↓↓

入力に不備があればエラーメッセージが出ますので,安心して入力しましょう(半角と全角,大文字と小文字についてなどは,間違っていても自動で修正されます)。

自由選択のメールマガジンは,試験日のリマインダーとして使う目的がなければ『希望しない』に変更しておきましょう(『TOEIC申し込み専用サイト』の「メール配信設定」からいつでも変更できます)。

登録が完了すると以下の画面が出ると共に,登録したメールアドレス宛てに『会員登録完了の案内メール』が届きますが,そこにはIDの記載はあるもののパスワードの記載はありませんので,忘れずに控えておきましょう(もし忘れてしまった場合は,自身で設定した「秘密の質問」に正しく答えれば再設定できます)↓↓

 

受験申込から受験料の支払いまで

メールが届いているのを確認したら,このまま「テスト申込」をクリックして,以下の『TOEIC申し込み専用サイト』に進みます(画面を消してしまったときは,TOEIC公式HPの「テスト申込」ボタンから,同様のページに進むことができます)↓↓

 

3つあるテストのうちの左側,TOEIC L&R Test の「受験申込」ボタンをクリックすると,以下の「受験申込画面」が開きます↓↓

「個人で申し込み」の方を選びましょう(バウチャーと言うのは,団体一括受験申込の場合などに入力する団体用の割引コードのようなもので,普通使用することはありません)。

 

続けて受験要領に同意します。受験票や試験について事細かに書かれています。主な注意点としては,

  • 本人確認書類がないと受験不可
  • 申し込み後の各種(試験日・受験者)変更および返金は不可
  • 受験地は一定期間(18日前~4日前まで)は変更可

が比較的に見落としやすいポイントでしょうか。

 

次に,申し込みフォームを入力していきますが,『テスト結果をインターネット表示するかしないか(1週間前に結果を知れるサービス)』の申請は申し込み後に変更できないので注意してください↓↓

※「利用する」にチェックが入っていることを確認してください。

氏名や住所,電話番号は会員登録したときのものがあらかじめ入力されるので記入する必要がないのは楽ですね。

また,受験地や支払い方法もここで併せて選択します。

受験地といっても,都道府県を大まかに選べるだけで,細かい会場の場所については個人では選べません(TOEIC運営側で近場の会場に割り振ってくれているようですが)。

支払い方法には,クレジットカードの他,コンビニ払いと楽天Payが選べます↓↓

 

次の,申込内容を確認するためのページでは,オンライン番号(問い合わせや内容確認で必要になる番号)をメモするように出てきますが,後で届くメールにオンライン番号の他,試験日や受験地の記載があるので,そこでも確認できます

また,受験料の支払いは『一括支払い』となり返金はききません

 

<クレジットカード払いを選択したとき>

情報入力で表示されるページにはいくつかバリエーションがあるようですが,自分の場合は,以下のようなものでした↓↓

 

<楽天ペイを選択したとき>

楽天ユーザーの自分としては楽天ポイントが使えるのでこの手段で楽天ぺイでの払い込みが多いです。

普段の楽天の買い物と同じように支払いができます。

普通にポイントも付くので,お買いものマラソンや5の倍数の日などは,もっとお得に申し込めますね!

 

支払が完了すると,以下のようなメールが送られてきます↓↓

昔は本屋さんで紙に書いて申し込んでいたような記憶がありますが,24時間いつでも申し込みができるのは大変便利です。

 

この後の流れとして,受験票が試験日の2週間前になると発送されてきますが,未着の場合は問い合わせ期間中に電話をかけましょう(電話番号やこういった注意書きはすべて,申し込み完了時のメールに記載されています)。

 

さぁ,後は公開テストまで,勉強を頑張るだけです。

テスト日程が決まるとやる気が高まりますし,残り日数を逆算して早めに計画を立てることができます!

本サイトで紹介している,TOEICの短期間勉強法の記事も参考にしてみてください。

 

以上がインターネットを利用した,TOEIC L&R Testの申し込みから受験までの流れになりますが,最後に『コンビニ申し込み』についても,比較できるように手順を載せておきます。

 

 

コンビニ端末申し込みの方法

StockSnap / Pixabay

支払いをコンビニでするだけなら上記のネット申し込みからでもコンビニ決済が可能でしたが,この『コンビニ端末申込』というのは,TOEICの会員登録すらせずに,申し込みから支払いまでの手続きすべてをコンビニ端末だけで済ませる方法になります。

 

まずは公式サイトの受験要領を見て同意したら,コンビニに向かいましょう(コンビニ端末では受験要領は確認できません)。

このときTOEICL&R Testを申し込めるコンビニの種類は,以下の通りです。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ミニストップ
  • ファミリーマート

繰り返しになりますが,インターネット申し込みの場合と異なりコンビニ端末申し込みでは,リピート受験割引と,結果速報のサービスは利用できませんので,ご注意ください。

逆に,会員登録をせずにTOEICの申し込みを済ませられるというのがコンビニ端末の比較的良いところで,人によっては魅力的に映るでしょうか。

 

受験料や受験地などの点においては,ネットで申し込んだ場合と大差ありません。

コンビニ別の申し込み手順は,それぞれ以下の通りとなります↓↓

問い合わせの際は,『お客様控え』に記載されている各種番号(マルチコピー機登録番号or受付番号)が必要となります。

通常は現金支払いですが,それ以外の支払い方法が可能な店舗もあるので,詳しくは各端末の窓口まで問い合わせるようにして下さい。

また,申し込み後に試験日や受験者の変更,そして受験料の返金ができないのはインターネットで申し込んだ場合と同じです。

 

 

TOEIC L&Rの各種テスト申込方法の比較まとめ

StockSnap / Pixabay

以上,TOEIC Listening & Reading Testの2つの申し込み方法についてまとめてきました。

それぞれの申し込み方法のメリットをまとめておくと,

インターネット申し込みの場合は,

リピート割引を受けられる権利が手に入る

結果をネット上でおよそ1週間早く確認できる

いつでもどこからでも申し込むことができる

クレジット・コンビニ・楽天ペイ払いが選べる

各種メールでのリマインダーサービスが利用できる

といったところでしょうか。

 

逆にコンビニ端末での申し込みでは,

TOEICの会員登録をせずに済ませられる

ところが,人によっては比較的魅力的であろうという結論に到りました(とはいえ再受験時には最初からデータ入力をする羽目になります)。

 

いずれにせよ,とにかく受験日さえ設定してしまえば,後はその日に向かってただひたすら勉強するだけです!

TOEICはダラダラとなんとなく勉強するのではなく,期限を決めて,試験日に間に合わせる姿勢が大事だということに改めて気づかされました。

問題集の購入や申し込みに加え,各種勉強法をどうするかなど色々と考えることの多いTOEIC学習ですが,まずは申し込んでみることですべてが自然と動き始めることに驚くはずです。

是非,当サイトで紹介しているランキングなどを参考に,スコアを最大限上げてみてください!

最後までお読みいただき有難うございました。

 

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

    -TOEICの基礎知識

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.