TOEICの表彰制度!IIBC AWARD OF EXCELLENCEを目指そう

今回はTOEICの表彰制度である「IIBC AWARD OF EXCELLENCE」について学んでいきましょう!

TOEICの区切りとなる点数としましては,これまでリスニングとリーディング(L&R)のスコアが中心となって議論されてきましたが,今ではスピーキングやライティング(S&W)も含めた英語4技能で考えることが増えてきています。

無論,TOEIC800点や900点というスコアは素晴らしいものですが,このIIBC AWARDは英語力の証明としても,モチベーションを維持するための目標としてもふさわしいスコアです。

まずは表彰に必要となる基準から見ていきますが,突破するための戦略や受賞者のインタビューやアンケート結果,さらには受賞によって得られるものまで色々紹介してみたいと思います。

TOEICの表彰制度とは

IIBC AWARDについてのお知らせ

TOEICにおける表彰制度ですが,「IIBC」の名前を冠していることからもわかるように,日本国内に存在する国際ビジネスコミュニケーション協会が実施しているもので,2017年に初めて開始されました。

対象となるテストはTOEICのListening TestとReading Testだけでなく,Speaking TestとWriting Testまでも含んでおり,それら4技能のスコアすべてが一定基準を超えていた場合に表彰される制度となっています。

基準についてもう少し説明を加えますが,同一年内(1~12月に実施される)試験を対象に,

  1. L&R Testを受けて,リスニングが375点かつリーディングが425点以上となる
  2. S&W Testsを受けて,スピーキングが160点かつライティングが170点以上となる
  3. S&W Testsのスピーキングが150点以下だった場合に,Speaking Testを受けて160点以上を取る

ことが受賞条件として必要で,3については2022年から新しく加わったものです。

実際,私も2022年はこの新しい基準の恩恵にあやかり,まず最初にL&Rを受けて基準を超えていたので,続けてS&Wを受けてみたものの,スピーキングのみ基準にギリギリ届いていなかったため,Speaking Testを利用する運びとなりました。

L&R TestやS&W Testsと比べると,本テストは時間にして30分くらいで終わってしまうくらい短いものなので,わざわざ会場まで長い時間をかけて試験を受けに行く意味はあるのかと自問したことがは何度かありましたが,英語のスピーキングテストとしては比較的長めの試験だと思いますし,機械相手ではあるものの,英語でしゃべるという行為には独特の魅力があるように感じています。

スピーキングは人の手が入って採点する必要があるため料金は決して安くはなりませんが,単独で受けられるようになったことでリーズナブルになったことは確かですし,思い立ったら比較的すぐ試験が受けられる開催頻度の高さも忘れてはいけません。

受け終わると,「頑張って受けに来て良かったな」と毎回のように思います。

ここで話を元に戻しますが,先に示した基準のうち,1のL&Rについては同一回のテストで達成することが必要なので,別々のテスト結果を合わせることはできません。

例えば,1回目にL375点のR400点,2回目のテストでL370点のR425点であっても表彰されないわけです(赤字は非到達の項目)。

逆に,S&Wに関しては同一回のテストで達成する必要はありません。

複数回受けて,別のテストの結果を組み合わせることが可能です。

以上を踏まえて,上の受賞基準を簡単にまとめ直した結果が以下のものとなります↓

IIBC AWARDの受賞基準

同一年内のテストでL375点,R425点,S160点,W170点を取得する。ただしLとRは同一回のテストで達成すること。

なお,IIBC AWARD OF EXCELLENCEを受賞すると,表彰状の他に記念品,さらに希望者は「オープンバッジ」と呼ばれるデジタル証明を受け取ることが可能です(詳しくは後述)。

受賞に関するお知らせや発送業務ですが,12月実施分の結果が出るのが1月ですので,その翌月,つまりは2月の上旬~中旬にかけて一斉に行われるので,早い時期に受賞してしまうとそれだけ長く待つことになるのですが,受賞者側が何かできることはありません。

 

 

IIBC AWARD OF EXCELLENCEを取るための戦略

IIBC AWARD受賞プランとスピーキングの参考書

なお,先の1の基準にあったリスニングとリーディングのスコアを単純に足してみると800点になるので,「案外簡単に達成できるのでは?」と思われた方も多いでしょうが,リーディングのスコアがリスニングのそれを上回って出てくることはあまり一般的ではないので,大半の人は900点くらいは取らないと目標達成はできないでしょう。

その証拠として,第307回(2022年10月23日午後)に実施されたL&Rの平均スコアを調べてみるとリスニングが332.9点でリーディングが283.2点のように50点近くの差がついてしまっていますし,スコア分布はリスニングで370点以上取れている人は35.1%いるものの,リーディングで420点以上取れている人は7.7%しかいませんでした(残念ながら,基準となる375点と425点ピッタリの数字は見つからなかったのですが,達成できた人の割合はこれよりも少ないということです)。

なお,その他の参考データとして,2021年においてL&RでL375点かつリーディング425点を達成できた受賞者は平均して5%と発表されていました。

一方,S&Wにおいて2022年10月9日実施分を例に,これまた平均スコアなどを調べてみましたが,スピーキングが129.7点のライティングが148.6点であり,スピーキングで160点を超えていた人は14.0%,ライティングは27.8%いるとのことです。

同様に,2021年に両者とも基準に達していた人の割合は10%ということですので,スピーキングで基準を超えていてもライティングで引っかかったり,そもそもライティングテストを受けないという人も一定数いるのでしょう。

なお,これらの分析結果からわかったことは,表彰されるためにはリーディングの壁(上の例だと上位7.7%に入る)とスピーキングの壁(上の例だと上位14.0%に入る)の2つに特に注意が必要だということです。

ちなみに,TOEICの結果を利用できる,語学系で最難関の国家試験である通訳案内士ですが,L&Rで900点,Speakingで160点,Writingで170点のいずれかを達成することで1次試験の英語が免除になることが知られているため,やはりL&Rは900点取らないと,表彰の基準は達成しにくいように感じます。

スピーキングやライティングも意識の高い受験者が受けているだけあって,900点取得と同じような難易度です。

なお,TOEICのL&RのスコアとS&Wのスコアの間には正の相関があり,実際,S&W Testsがない時代においては,L&R Testだけで4技能の能力が測定できるとされていました。

実際,以下の記事で引用した「2019年英語活用実態調査」の結果を見直してみると,スピーキングで160点取るにはL&Rで880~945点(平均910点)が必要な他,ライティングで170点取るためにはL&Rで890~955点(平均920点)が必要とされているので,測定誤差が50点くらいはあるにしても890点くらいの実力は最低限必要だと見なせるでしょう↓

ちなみに,一般的には「L&Rで100点アップ,S&Wで20点アップ」すると実力が上がったとみなすことができると言われますが,S&Wに関しては大問の1つに,過去に似たような問題を解いたことがあって自信をもって答えられたような場合に,ようやく20点アップが期待できます。

問題数がそれほど多くないS&W Testsですから,問題との相性がスコアに大きく影響することもあり何度も受け直す戦略は有効です。

とはいえ,短期間で20点アップというのは,初回に質問に対する答えが浮かばずほとんどしゃべることがなかったか,初めての受験でよくわからぬまま終わってしまった場合に限られるでしょうし,1ヶ月後に30点以上も上がるようなことは,実力の上昇がない限りはほぼほぼ起こりません。

そのためにも,次章で受賞者ならではの勉強法について知ることは重要です。

 

 

IIBC AWARDの受賞者に学ぶ勉強法

IIBC AWARD受賞者へのアンケート結果の例

TOEICの公式サイトではIIBC AWARD OF EXCELLENCEの受賞者にインタビューした結果が確認できるのですが,さすがインタビューを受けるような方は自分なりの勉強法を持っていますし,英語に対するモチベーションが物凄く高いか,高く維持するための工夫が経験則的に身に付いているように感じました。

ここでは主に,IIBC AWARDの受賞のために有効と思われる勉強法について,受賞者に実施したアンケート結果も合わせて,まとめてみることにしましょう!

1位:新聞や記事を含む書籍を読む

Japan Timesに代表される英字新聞や洋書に雑誌を多読される方もいましたが,特にTOEICの公式問題集の利用者が多そうです。

中でもリスニングセクションを中心に勉強したと言う受賞者は多く,確かにリスニング能力は短期間で伸びやすいだけでなく,暗記することでスピーキングの練習にもなるため,隅から隅まで書かれている内容を暗記する方法が紹介されていました。

中には1冊に半年かける人もいたので,公式問題集は出るたびに購入するのがよいかもしれません。

聞き取りの強化のためには,音声の再生スピードを1.25倍くらいまで速くして聴くことを習慣化しておくと,本番のリスニングがゆっくり聞こえるというのは「加圧式」などと呼ばれる勉強法です。

なお,公式問題集に掲載されている英語というのは,洋画や生の英語などと異なり,きれいで上品であるゆえにビジネスシーンで使う英語の手本としてふさわしいといった意見もありました。

普段,仕事と英語が結びついているような人は,受賞者には多いです。

 

2位:英語の映画やドラマを見る

好きこそものの上手なれということで,NetflixやDisney+といったサブスクの他,TED Talksを使って興味のあるプレゼンを見る方もいました。

コツとしては日本語と英語の字幕2つを利用することで,視聴回数を重ねるごとに,どちらか一方を隠しながら見るといった使い方ができそうです。

また,ただ黙ってみるのではなく,ロールプレイではないですが,声に出す練習は大切だと思います。

 

3位:ラジオやポッドキャストを聞く

これにはNHKのラジオは含まれないので,VOAとかCNN,またはAFNになどのことを指すのでしょう。

ポッドキャストではアメリカの国営のものを選んで聞くという方がいましたが,これは今に限らず15年くらい前にも行われていた方法です。

いずれにせよ,スマホを使って高音質の英語を聴けてしまうわけですから,良い時代がしばらく続いています。

 

4位:オンライン英会話を行う

順位的には下の方ですが,インタビューでは結構な数の受賞者がオンライン英会話を行っていて驚きました。

時間にすれば25分くらいでしょうから,まさにTOEICのスピーキングと同じくらいの長さです。

平日に表現のストックや質問,または添削課題を用意しておき,週末にオンライン英会話という流れは大変効率の良い方法だと思います。

 

5位:YouTubeやNHKラジオなどを視聴する

ここでようやくNHKのラジオが出てきますが,同時期に2つの番組を聞く方がいた他,利用期間が長い方は小学生の頃から親しんできているとの話でした。

ラジオを聞いた後にオンライン英会話を行い,毎日計1時間の学習時間を確保しているような受賞者もいました。

とはいえ,各自が伸ばしたい能力は人それぞれで,興味を持つジャンルも別でしょうから,学習の継続に繋がる方法を採用するのが一番でしょう。

ちなみに私の場合ですと,TOEIC900点くらいの実力になってからS&Wを勉強したり,英作文の採点バイトをしたことが総合的な語学力アップに役立ったように感じています。

 

 

表彰されるともらえるもの

IIBC AWARD OF EXCELLENCEを受賞すると,表彰状(ホルダー付き)と記念品(ノートなど)に加えて,オープンバッジが送られてきます。

これらは当然ながら本人のやる気のアップに繋がるわけですが,IIBC AWARDの受賞者の中には,受賞を目的に勉強してきたという方も少なくありません。

L&Rだけならまだしも,S&Wまで自発的に受けるような人は,まだまだ多いとは言えないわけですから。

また,表彰で得られるものは目に見えるものだけではありません。

例えば,苦手なものが克服できたという成功体験が得られることは,自己実現の観点でみるとそれが本人に及ぼす影響は膨大で,先のインタビューでもそのように語っている方がいらっしゃった他,私自身,学生時代にスピーキングに苦手意識を持ってしまったわけですが,表彰されたおかげで最低限のレベルを突破できたのだと感じています。

この他,第三者に向けての英語力が証明できることで,英語を使う機会が自然と増えるわけです。

実際,TOEICのオープンバッジを履歴書に付けて就職活動したら食いつきが違ったという方もいらっしゃいましたし,英語が得意なのだから留学生の世話役を頼まれた方もいました。

突然,会社の上層部が方針転換し,全社員が英語力のアップを義務付けられるといった理不尽な出来事も今の時代であれば珍しいことではありません。

TOEICをペースメーカーとして英語の勉強を続けつつ,仕事に役立つ知識や経験を身に付けることこそ,これからの時代に生きる社会人としてのたしなみだと見なしてもよいのではないでしょうか。

 

 

まとめ

以上,TOEICの表彰制度であるIIBC AWARD OF EXCELLENCEについて,基準や受賞戦略を中心にまとめてきました。

今回紹介した内容について,公式サイトですと,以下のページから関連する記事をいくつか読むことができます↓

基準についての注意点としては,L&Rだけは同一回のテストで達成することが必要で,戦略的にはリーディングとスピーキングを中心に勉強するようにしましょう。

勉強方法については,公式問題集を念入りにやるとともに,幅広い教材を使ってリスニング能力を鍛えるようにしてください。

そして,見事IIBC AWARD OF EXCELLENCEを受賞することで,モチベーションをアップさせては自己肯定感を高め,英語を使う機会をいつでも掴める状態へと周りの環境を変えていきましょう!

TOEICテストは毎月のように受けてもほぼスコアが変わらず,結果が正確に出てくる(専門的には,信頼性と妥当性と実用性をすべて兼ね揃えた)テストだと思い知らされることが多いのですが,特にリーディングやスピーキングが受賞基準まであと一歩のところまで来ているような状態であれば,表彰されるのを狙ってもうひと頑張りしてみることをおすすめします。

L&Rで900点,S&Wで330点を超えるための勉強法については以下の記事も参考にしてみてください↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

-TOEIC基礎知識
-,

blank
blank

スタディTOEIC®の管理人

TOEIC歴は20年以上になりますが,これまでに試した教材の数は,当サイトで紹介したものだけでも85個以上あります。海外経験はなく,周りに英語を使う環境もないのですが,いつか英語が話せたらいいなくらいの軽い気持ちでのんびりと学び続けてきました。最新スコアはL460 R455 S170 W170です。

管理人のイチ推し!おすすめ対策

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

パート別に攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れます。7日間の無料期間を生かして試しに使ってみてください!

パーソナルコーチプラン

オンラインながらコーチング付きのTOEIC対策を受けられるのが,スタディサプリのパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない方はコーチング指導を受けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,「3ヶ月で100点UP」という数字も決して不可能な目標とはなりません。

かくいう私も90点上がりました。

KIRIHARA Online Academy

blankblank

大学受験でNext Stageや英文解釈の技術にお世話になった人も多いであろう桐原書店が,ワールドトークとタッグを組んで生まれたのがKIRIHARA Online Academyです。

中高生用のBridgeコースはユニークで,500点と730点目標のコースがあります。

コースは買い切り型で,指針も明確で迷うことがありません。