TOEIC900点突破の方針!学習法や参考書の選び方など

TOEICのスコア900点というのは、英語学習における一つの大きなゴールです。

英語が得意だという証明になりますし、何よりもTOEICという試験に真剣に向かい合ったからこそ取得できる得点だと思います。

しかしそれゆえ、実現までの道のりはとても険しく辛いものになるため、細心の注意が必要です。

今回は、そんなTOEIC900点を取得しようと思った方に、ぜひとも知っておいて欲しい事柄についてまとめてみました。

TOEIC900点の取得をおすすめする人とは

geralt / Pixabay

次章以降で詳しくみていきますが、これまで英語をあまり勉強してこなかった人がTOEIC900点を取るのはかなり大変なことです。

帰国子女であったり留学経験を有するなどの特殊能力がない普通の人であれば、時間的にも精神的にもそして金銭的にも負担を強いられるのは間違いありません。

学校のテストなどと同じように、TOEICスコアが低いときに伸ばすことであれば(例えば500点を600点に、600点を700点にするあたりでは)、ちょっと頑張ると面白いほどに点数は伸びていきますが、800点から900点にするための努力量は同じ100点でも膨大なものになります。

そこでまず最初に

『様々なものを捧げるだけの価値がTOEIC900点にあるのか』

自問してください。

巷でよく聞くのは、

「職場で900点を持っていると有利になる」

「どうしても900点のステータスが欲しい」

という動機です。

後者は気持ち的にどうかと思われる方もいるかもしれませんが、こういう人はゲーム感覚でTOEICを「攻略」しようとしたり、時間を惜しまず投資する傾向があり、かなり900点の実現に近いタイプだと言えます。

そして、私が理想的だと思うのは、

スコアを達成するのを目標にせず、達成した後の自分を想像し、新しくできるようになることを心待ちにできる人

です。

こういう方がTOEIC900点を取得できる頃には、英語の実力もかなりのレベルに達していて、これまでにできなかったことができるようになっているはずです。

例えば、

「英語を使う部署に配属されて英語を使いたい」

「英語を学ぶ側から教える側になりたい」

「洋書や洋画を楽しみたい」

と誰しもが羨むであろう能力が獲得できていることでしょう。

 

学習をやらされていると感じてしまえば辛くなります。

「こういった夢に向かって、今自分は一歩一歩進んでいるんだ」と毎日自分を励ましながら、頑張っていきたいものです。

 

 

900点取得に必要な時間と環境

kabaldesch0 / Pixabay

TOEIC900点を実現するために、どんな勉強をしていけばいいのか考えていく前に、まずは学習時間と環境についてしっかり用意できることを確認してください。

まずは学習時間からです。

基本的には『かけた時間数÷2』がスコアアップの見込み点になりますが、現在800点の人が900点にするのに200時間でいいのかというと、「足りない」と答える900点取得者の方が多いでしょう。

500~1000時間はかかると覚悟して取り組むとよいと思います。

これにさらに、勉強間隔であったり勉強の効率自体も大きく影響してくるので、短期間でのスコアアップに有効とされる、

  • 毎日2時間以上学習
  • 独学でなく、誰かに習う
  • スキマ時間よりも集中する時間が大事

を積極的に日々の学習に取り入れていきましょう。

 

学習環境としては、例えば最近はスタディサプリのようなアプリを用いた学習が大変注目を集めており、忙しい人であるほど、スキマ時間にアプリを使って学習時間を確保することが勧められますし、リスニングもしやすいです。

しかし、それだけでは不十分で、フルサイズの模擬試験を紙の本を用いて2時間ぶっ通しでやることや、アプリでリスニングしたものを声に出してシャドーイングしたり、ディクテーションするための腰を落ち着けて集中できる環境が必要になってきます。

 

以上まとめると、900点取得のためには、

  • 500~1000時間学習する覚悟
  • アプリなどによる学習の効率化
  • スキマ時間の利用と集中できる環境

を揃える必要があり、あとは次の章で紹介するような学習法を参考に、適切な教材や学習態度を貫いていけばOKです!

 

 

900点のための学習法

Ricinator / Pixabay

ここではTOEIC900点のために役立つ教材の選び方を中心に、学習法を語っていきます。

世の中にあふれているTOEICの教材ですが、受験者の多くはスコアが400点~600点台のため、アドバイス内容もそういったレベルに合わせて書かれたものが多いので、うっかりすると簡単なものをついつい掴まされてしまいます。

900点を目標にする場合は、

  • 公式模試(最近のものではVol.3よりもVol.4の方が難易度は高かったです)
  • 900点突破を目指す人に向けた模試

を選ぶ必要があります。

そして、それらを通して間違えた問題を徹底的に分析して、自分の苦手部分のみPart別のテキストを併用することで、実力の底上げを目指しましょう!

このときの分析としては、なんとなく

「Part7が苦手」

などと曖昧で終わらせず、とことん原因を追究すべきです。

「Part7のNot問題が苦手」

「Part6の文挿入問題で代名詞に注意がいかなかった」

といった具合に、具体的であればあるほど自分の弱点に注意が向くようになり、同様のパターンをした問題が解けるようになっていきます。

 

そもそも、模試を解いて間違いが2つと20個の違いを考えてみても、前者はかけた2時間に対して2問分しか学ぶことはありませんが、後者はその10倍も学ぶことがあり、それができるようになった分だけ、自分の英語力も上がるわけで、難しめの模試に価値があるのは明らかでしょう。

また、難しい問題を解くことは、飽きずに学習を継続する効果もあります。

解説を読んでも理解できないのであれば、その参考書は難しすぎていけませんが、読んで納得できるのであれば、ぜひそれを採用してみてください。

一方で、単語学習は簡単なものであっても瞬時に答えが出るまで鍛える必要があるので、簡単なものから難しいものまで広く含まれている単語帳を何十回も繰り返すこれまで通りの勉強法で構いません。

 

次におすすめの学習技術ですが、リスニングに関しては

  • シャドーイング
  • ノートテイキング&リプロダクション

がおすすめです。

シャドーイングでさらに強度を上げようと思ったら、コンテンツシャドーイングをしてください。

 

リーディングは頭に絵をイメージしながら、1分間に200語以上読むのが良いでしょう。

本当は日本語訳のついた英字新聞があるといいですが、実際は模試などの長文の和訳をまず読んでイメージを作った上で、英文を一気に読むことで対応できます。

もちろんスラッシュリーディングのスラッシュを省き、頭の中で意味のまとまりごとに区切って音読していくことは有効です。

TOEICに役立つ勉強技術については、以下の記事にて詳しく手順などまとめていますので、知らないものがありましたら、以下の記事を参考にしてください↓↓

TOEICに役立つおすすめテクニック

続きを見る

 

 

まとめ

TheDigitalArtist / Pixabay

以上、TOEIC900点を取得するために必要な覚悟と、学習時間をはじめとした勉強環境と教材の選び方でした。

今回の記事内容のうち、特に大切だと思うものだけ書き出すと、

  • スコア取得を目標にせず、その先の自分を想像する
  • 1000時間かける覚悟を決め、スキマ時間と集中できる環境を揃える
  • 900点取得のために作られた参考書を利用する

のようになります。

 

最後にもう一つ大切なことですが、一人ひとり能力もバックグラウンドもまちまちで、誰かにピッタリだった学習法であっても自分に合うとは限らないということは覚えておいてください。

私も先日ランキング1位のおすすめ店で人気No.1メニューを食べたのですがいまいちでした。

今回の記事を書くにあたり、もちろん私以外の多くの方の意見も取り入れ、エッセンスのみ抽出するよう心掛けましたが、その分具体例に欠けています。

ぜひとも当サイトのおすすめ教材や参考書のレビューをご覧いただき、ご自身にピッタリのTOEIC900点勉強法を編み出していただけたら、当サイトの存在意義としてこれ以上の喜びはございません。

是非、TOEIC900点目指して頑張りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -勉強法

    © 2020 スタディTOEIC