TOEIC900点突破の方針!学習法や参考書のおすすめ

TOEICのスコア900点というのは,英語学習における一つの大きなゴールです。

英語が得意だという証明になりますし,何よりTOEICという試験に真剣に向かい合った人だけが取得できるスコアだと思います。

それゆえ,実現までの道のりはとても険しく辛いものになるため,細心の注意が必要です。

今回は,それでもTOEIC900点を取得しようと思う方に,ぜひとも知っておいて欲しい事柄についてまとめてみました。

TOEIC900点をおすすめする人とは

次章以降で詳しくみていきますが,これまで英語をあまり勉強してこなかった人がTOEIC900点を取るのはかなり大変なことです。

帰国子女であったり留学経験を有するなどの特殊能力がない「普通」の人であれば,時間的にも精神的にもそして金銭的にも負担を強いられるのは間違いありません。

学校のテストと同じですが,TOEICスコアが低い時期に伸ばそうと思えば,ちょっと頑張るだけで面白いように点数は伸びていくものです。

例えば500点は600点になり,600点は700点に簡単に上がっていくでしょう(もちろんちゃんとやればですが)。

しかし,800点を900点にするために必要な努力量というのは,これまでと同じ100点アップにもかかわらず,それはそれは膨大なものとなります。

これまでと同じように順調に進むと考えてはいけないのです。

そこでまず最初に,「様々なものを犠牲にするだけの価値がTOEIC900点にあるのか」について自問するようにしてください。

巷でよく聞くのは,

  • 900点を持っていると仕事上,有利になる
  • どうしても900点ホルダーのステータスが欲しい

という動機です。

後者は気持ち的にどうかと思われる方もいるかもしれませんが,こういう人はゲーム感覚でTOEICを「攻略」しようとしたり,時間を惜しまず投入する傾向があり,900点を実現するのにかなり向いたタイプだと言えます。

ちなみに理想像として,スコア達成を目標にはせず,達成後の自分を想像でき,新しくできるようになることを楽しみに頑張れる人になってほしいものです。

こういう人がTOEIC900点を取得できた暁には,英語の実力もかなりのレベルに達していて,これまでにできなかったことができるようになっています

例えば,

  • 英語を使う部署に配属される
  • 学ぶ側から英語を教える側になる
  • 洋書や洋画が英語で楽しめる

などは,誰しもが羨む能力ですよね。

学習をやらされていると感じてしまうと辛くなります。

「こういった夢に向かって,今自分は一歩一歩進んでいるんだ。」と毎日自分を励ましながら頑張っていきたいものです。

 

900点取得にかかる時間と環境

TOEIC900点を実現するために,どのような勉強をしていけばいいのか考えていく前に,まずは学習時間と環境についての準備がしっかり整っているかを確認してください。

学習時間ですが,基本的には「かけた時間数÷2」がスコアアップの見込み点になります↓↓

とはいえ,現在800点の人が900点にするのに200時間でいいのかといえば,「足りない」と答える900点取得者の数の方が多いでしょう。

500~1000時間はかかると覚悟して取り組むとよいと思います。

なお,勉強時間以外にも,勉強間隔であったり,勉強効率自体も大きく影響してくるので,短期間でのスコアアップに有効とされる,

  • 毎日2時間以上の学習
  • 独学ではなく,誰かに習う
  • 集中する時間も大事

を心がけて,毎日の勉強を進めていきましょう。

学習環境として,例えば最近は「スタディサプリ」のようなアプリを用いた学習が注目を集めており,忙しい人であるほど,スキマ時間にアプリを使って学習時間を増やしていくことが可能です

リスニングもアプリからだとやりやすいでしょう。

しかしそれだけでは不十分で,模擬試験を2時間休むことなくやることや,リスニングしたものを今度は声に出してシャドーイングしたりディクテーションするような,腰を落ち着けて集中できる環境というのがどうしても必要になってきます。

以上のような条件が確保できるようであれば,準備は万端です。

実際に以下の学習法に従って勉強を進めましょう!

 

900点のための学習法

ここでは,TOEIC900点のために役立つ教材の選び方を中心に語っていきます。

世の中にあふれているTOEICの教材ですが,受験者の多くはスコアが400点~600点台のため,アドバイスの内容もそういったレベルに合わせて書かれたものが多いです。

うっかりして簡単なものをついつい掴まされてしまうことのないようにしてください。

900点を目標にする場合は,

  • 難しめの模擬試験
  • 900点突破を目指す人向けの参考書

を選ぶ必要があります。

そして,それらを通して間違えてしまった問題を徹底的に分析して,自分の苦手部分のみを,Part別などのテキストで対策しましょう

このときの分析については,「Part7が苦手」などと曖昧に答えて終わりにするのではなく,とことん具体的に原因を追究すべきです。

例えば「Part7のNot問題が苦手・Part6の文挿入問題で代名詞に注意がいかなかった」といった具合に,その指示が細かければ細かいほど自分の弱点に注意が向くようになり,類似パターンを持つ問題が解けるようになっていきます。

なお,難しい問題集ほど間違える数が増えることになりますが,それをあえて喜んでください。

例えば1つの模試を解いて間違いが2つだけだった場合と20個あった場合を比較してみましょう。

前者は費やした2時間に対して2問分しか新しく学ぶことはないわけですが,後者は実にその10倍もの量を学ぶチャンスがあります。

これらを復習してできるようになった分だけ自分の英語力も上がることになるわけですから,難しめの模試や問題集に価値があるのは明らかです。

また,難しい問題を解くことは,飽きずに学習を継続する効果もあります。

とはいえ解説を読んでも理解できないのであれば,その参考書は難しすぎていけません。

読んで納得できるものを採用してください。

一方で,単語学習は正解の意味が出るまでの時間を短くする必要もあるので,簡単なものから難しいものまで幅広く含まれている単語帳を何十回も繰り返すことが大切です。

 

900点突破におすすめの参考書

上記条件を満たす,900点突破に使う参考書のおすすめですが,模試や総合対策本の紹介から始めて,続けてパート別のものをまとめていきましょう。

模試

blank
TOEIC公式問題集のレビュー

今回は,購入可能な模試の中から「公式TOEIC Listening & Reading問題集」のレビューをしていきたいと思います。 TOEICの難易度や本番の流れについて知るには,やはり公開テストの開発元が制作した問題集を解くのが一 ...

続きを見る

模試はやはり公式問題集が鉄板で,さらに言えば,できるだけ最新のものを使うようにしてください。

その理由としては,新しいものの方がより問題の難度が高くなる傾向にあるからです。

その他,「プライム模試400問」や「3週間で攻略TOEICテスト900点」,さらに欲を出して「BEYOND 990超上級問題プロの極意」を使うことも考えられます↓↓

パート別

900点特急パート5&6の表紙
900点特急パート5&6のレビュー

今回の記事では,新形式のTOEICで900点を目指す方が取り組むべきPart5と6にある難問を克服するための参考書である「900点特急パート5&6」についてレビューしていきたいと思います。 まずは本書の基本データの紹介から始めて,目 ...

続きを見る

順番が前後しますが,パート5&6の対策は「900点特急」が評判です。

なお,文法を総合的に学びたい方には「英文法プラチナ講義」や「一億人の英文法」がありますし,問題を解いて学ぶのであれば「出る1000問」がよいでしょう↓↓

でる1000問の外観
でる1000問のレビュー

今回は,TOEICの文法問題を得意にしたい人で,とにかく演習量を積みたい方におすすめの参考書である「文法問題でる1000問」をレビューしていきたいと思います。 文法ができるようになると,Part5でより多くの問題に正解できるだけでなく,リス ...

続きを見る

また,単語帳であれば「金のフレーズ」をおすすめする方が多いですし,

金のフレーズの表紙
金のフレーズのレビュー!

今回は,TOEICで高スコアを狙う方に人気の単語帳である,「出る単特急 金のフレーズ」についてレビューしていきたいと思います。 大学の生協でも売り上げNo.1を記録したこともある本書(2015年調べ)ですが,一体何がそんなに優れているのでし ...

続きを見る

リスニングのものとしては,「TOEICテスト最強攻略Part1&2」や「Part3&4鬼の変速リスニング」が評判です↓↓

これらはやや古いですが人気は根強く,今でも残っています。

Part7対策としては,「究極のゼミ」を使うのがよいでしょう↓↓

究極のゼミPart7の表紙
究極のゼミPart7のレビュー!

今回ですが,リーディングセクションを対策するのにぴったりな,ヒロ前田氏による「究極のゼミPart7」をレビュ―していきましょう! 本書に収録されている大量の問題(254問)をこなせば,実際の公開テスト(54問)がずっと楽なものに見えてくるこ ...

続きを見る

 

まとめ

以上,TOEIC900点を取得するために必要な覚悟と,学習時間をはじめとした勉強環境と教材の選び方でした。

今回の記事内容のうち,特に大切だと思うものを書き出すと,

  • スコア取得を目標にせず,その先の自分を想像する
  • 1000時間費やす覚悟を決め,スキマ時間と集中できる環境を揃える
  • 900点取得のために作られた参考書を利用する

のようになります。

最後にもう一つ大切なことですが,一人ひとり能力もバックグラウンドもまちまちで,誰かにピッタリだった学習法であっても自分に合うとは限らないということは忘れないでください。

私も先日ランキング1位のおすすめ店で人気No.1メニューを食べたのですがいまいちでした。

今回の記事を書くにあたり,もちろん私以外の多くの方の意見も取り入れ,エッセンスのみ抽出するよう心掛けましたが,その分,具体性には欠けています。

ぜひとも当サイトのおすすめ教材や参考書のレビューをご覧いただき,ご自身にピッタリのTOEIC900点勉強法を編み出していただけたら,当サイトの存在意義としてこれ以上の喜びはございません。

是非,TOEIC900点目指して頑張りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

-TOEIC勉強法

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

パート別に攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れます。7日間の無料期間を生かして試しに使ってみてください!

パーソナルコーチプラン

オンラインながら最高峰のTOEIC対策を受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない方はコーチングを受けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能な「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育は,いつの時代であっても鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでのあらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が明確です。

TOEIC界で有名な著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非!

おすすめ記事

注目のポーズをする女性 1

スタディサプリのTOEICコースでは,不定期ではあるものの,キャンペーンが実施されたりキャンペーンコードが配布されることがあります。 このページではそれらの最新情報についてまとめているので,スタディサプリを使ったTOEIC対策をお考えの方は ...

パーソナルコーチプランの最新キャンペーンコード情報 2

スタディサプリENGLISHの「パーソナルコーチプラン」は,大手企業のリクルートが自信を持って提供する,高品質かつ比較的安価な英語のコーチングサービスです。 その評判は高く,数あるアプリや参考書の類いを合わせて考えても,1・2位を争うほど効 ...

スタディサプリTOEIC対策コースの教材例 3

今回は,スタディサプリENGLISHを使った勉強法として,TOEIC本番までの残り日数別にいくつか紹介してみたいと思います。 期間別の勉強法についてはすでに一般的なものを紹介していますが,今回は以下の方針に基づき,「スタディサプリのみ」を教 ...

blank 4

以下の記事をみていただくとわかりますが,スタディサプリENGLISHでは新規入会者に向けたキャッシュバックキャンペーンを頻繁に実施しています↓↓ 関連 スタディサプリTOEIC対策コースのキャンペーンコード情報 パーソナルコーチプランのキャ ...

blank 5

最近ますます世の中が便利になってきて,スマホ1つあればTOEIC対策がいつでもどこでもできてしまう時代になりました。 今回紹介するスタディサプリENGLISHの「TOEIC L&R TEST対策コース(TOEIC対策コース)」ですが ...

blank 6

今回の記事では,TOEIC(R)L&R TEST(以下,単にTOEICと略します)の対策として,1万円程度のものから3~5万円,そして7万円を超える高額なものまで,おすすめをまとめていきましょう! TOEICの学習では,基本的にお金 ...

TOEICの参考書例 7

ここでは数あるTOEIC教材の中から,特に初心者の方におすすめできる参考書を用途別にまとめてみました。 具体的には全体的な理解を深められる総合対策本から,毎日の学習が必要な単語帳,さらにはリスニングとリーディング対策に特化したものとなります ...

優,良,平均の評価チェックボックス 8

TOEIC L&Rテスト(以下TOEIC)ですが,「新形式」と呼ばれる問題形式に変わってから,だいぶ難しくなりました。 新形式が導入されたのは2016年の5月29日(第210回公開テスト)からですが,それ以前のものとは比べ物になりま ...

blank 9

TOEIC公開テストは,申し込んだ日から実際の試験日まで「約1~2ヶ月」という時間が残されているのが普通です。 これは決して短くない時間ですが,とりあえず申し込んではみたものの,忙しい日常に忙殺されてしまい,「TOEIC対策は後で必ずやるか ...

blank 10

今回の記事では,TOEIC(R)L&R TESTの勉強法のうち,短期間での対策に役立つ内容のみをまとめました。 本記事で語る「2週間学習法」というのは,公開テストまで1ヶ月以上残っている場合に取る方法とは大きく異なるのですが,それは ...

© 2021 スタディTOEIC®