『TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問』のレビュー!

今回は,TOEICの文法問題を得意にしたい人で,とにかく演習量を積みたい方におすすめの参考書である,『文法問題でる1000問』をレビューしていきたいと思います。

パート5対策の正解率を高めるだけでなく,早く解けるようにもなることでその後のパートのスコアにもよい影響を与えてくれるので,高校時代にネクステやフォレストのような分厚い文法書をやり遂げた経験のある方は,本レビューを参考に購入を考えてみてはいかがでしょうか。

基本データと目次

TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問のレビュー

書名:TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問

著者:TEX加藤

出版:株式会社アスク出版

対応スコア:500~900点台

ページ数:511ページ

定価:2300円(税別)

音声:ダウンロード可(PC・スマホ)

読み方としては「でるせん」と呼ばれる本書ですが,2015年に刊行されたものを改訂・増補したものとなっています。

本書の第一の特徴は,やはりその問題数!

全部で1049問も入っているわけですから,分厚い仕様になっていますよ。

本書の特長は多い問題量

しかしこれらすべてが実際のTOEICテストに出題される可能性があるわけですから,何度も繰り返して全部解けるようになった暁には,Part5で高得点が期待できるのは当然だと思います。

しかし1つ注意が必要で,中学文法+高1レベル英文法知識がある程度頭の中に残っていない方だと本書のレベルは高すぎるので,TOEICの保有スコア500点以上の方が本書の対象です。

ちなみに本参考書の中には,中学英語から復習したい方への基本的な参考書のおすすめが載っていたり,他にも学習者に気を遣った工夫があって好感が持てますね。

 

さて,目次ですが,使い方やTOEICテストの基本情報を確認した後から本編が始まります。

目次

第1章から7章までは文法項目別にまとまった問題を数解いていき(例えば1章は全334問),その後の『文法模試』において各30問で13セットの計390問を総仕上げとして解いていくのが大まかな構成。

なお実際の公開テストでもPart5は30問ですので,これは同じ問題数です。

マークシートや別冊付録もありますが,これは次のレビューでみていきますのでお楽しみに!

 

 

内容レビュー

本記事では,第1章を使ってレビューしていきますが,まずは文法項目の解き方の説明があります。

本書のレビュー1

ただ解説するのではなく問題形式で説明されるため,ぼーっと読み流すような心配はありません。

このようなまとめもありますので,しっかり知識を整理することができますね↓↓

本書では詳しいまとめもあって便利

 

続けて『トレーニング』で厳選された問題を解いていきます。

演習問題のレビュー

先の基礎知識を思い出しながら解いて,理解を深めていきましょう!

右上でどのくらいまで問題数をこなせたのか視覚的にわかりますのでモチベーションが高まります。

そして肝心の内容ですが,左ページは問題,右ページに解説が見開きの形でレイアウトされており,解説は詳しいです。

よくみてみると,多くの問題で,間違いの選択肢にも解説が入っている(間違えの理由がわかる)上,全訳はもちろんのこと語注があるものもあり,文中に出てきた語彙が抜粋されていますが,これはTOEICでよく狙われる語句ばかりとなっております↓↓

解説の詳しさをレビュー

本書の文法問題では純粋な語彙問題(語彙を知っていないと意味的に解けない問題)は収録されていませんが,注にある語句や後述の別冊を使って覚えることで,その対策が可能になるというカラクリです。

続けて実戦問題が始まりますが,基礎編・応用編・発展編と難易度別の3つに分かれています。

実戦問題のレビュー

 

私は文法が比較的得意なのですが,この発展編では心をとことん折られました。難しいです。

例:Residents were concerned about increased traffic and(  )so, considering the size of the housing project approved for their suburb.

A:understood B:understandable C:understandably D:understanding

正解はCですが,いかがだったでしょう。

 

そんな調子で7章までやっていったら,仕上げの文法模試です。

制限時間は各セット10分,問題数は本番さながらの30問でやっていきます。

仕上げの問題のレビュー

 

こちらは問題の後にまとめて解説が来るスタイルで,マークシートも巻末に用意されているのでしっかり練習できます。

マークシートの様子

 

そして忘れてはならないのがこの別冊の存在です!

別冊のレビュー

 

これは本体で解いてきた1049問をランダムに配置したもので,全部の出題をバラバラの順で解くことができます

解答は下に小さく出ていて,解説などはありませんが,本書での問題番号は載っているので,必要に応じて調べられます。

 

このような語句リストも付いていて,単語帳のような役目を果たします。

別冊の魅力レビュー2

これだけ気を遣っている参考書には滅多に出会えないのではないでしょうか?

すごいです。

 

 

まとめ

TOEIC文法問題出る1000問のレビューまとめ

以上,TEX加藤著の『TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問』のレビューをしてきました。

本書の特長をまとめると,

  • 1049問もある圧倒的なボリューム
  • 語彙や間違えた理由もわかる解説の詳しさ
  • 随所に見受けられる学習者への気遣い

が特に大きな魅力に映ります。

最初にも言いましたが,TOEIC L&Rで文法問題を素早く突破できれば,残ったパートにより多くの時間を費やすことができるため,それらの正答率も上がります。

そういった意味ではパート5の攻略がリーディングパートの鍵になっていることは言うまでもありません。

本書を読みこなすにあたってTOEIC500点程度のスコアが必要ですが,それ以外の点においては文句なしの良書でしょう。

是非,気になった方は使ってみてください!

【Amazon】TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

【楽天】TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

他の参考書レビューやおすすめの勉強法などもありますので,宜しければ是非読んでみてください!

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

    -TOEIC参考書のレビュー
    -,

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.