関正生の「世界一わかりやすいTOEICテストの授業Part7読解」レビュー!

前回,世界一わかりやすいシリーズの文法編のレビューをしましたが,そちらが対象としていたのはPart5と6のみでした。

今回は同じシリーズから「Part7読解」の中身を紹介していきたいと思います。

累計100万部を突破しているシリーズの最後にあたりますが,一番の難所であるPart7を扱う本書には,いったいどのような特徴があるのでしょうか。

期待しながらレビューしていきましょう!

「世界一わかりやすいPart7読解」とは

世界一わかりやすいTOEICテストの授業 part7読解のレビュー

  • 書名:世界一わかりやすいTOEICテストの授業[Part7読解]
  • 著者:関正生
  • 出版:株式会社KADOKAWA
  • ページ数:287ページ
  • 定価:1500円(税抜)
  • 対象スコア:600点を目指す方から800点超えを狙う方まで

2016年5月以降実施の新形式に対応している「読解編」ですが,解説する対象がリーディングセクションのスコアに大きく影響するPart7であることからか,本のボリュームは「文法編」と比べても分厚いです(左が本書)↓↓

世界一わかりやすいシリーズの読解編と文法編との比較

とはいえ対象者のレベルや特徴は「世界一わかりやすいシリーズ」共通です。

問題数を誇るよりも1問1問深く理解することを重視し,頻出語句の解説や公開テストで狙われるポイントがわかりやすく書かれていました

著者の関正生さんは予備校講師というイメージが強いですが,一般企業の英語研修プログラムも担当していた方ですから,受験英語的なアプローチをうまくTOEIC攻略に生かせる方です。

ちょっと授業を受けてみるだけでも,その人気のワケがわかるでしょう。

本書のはじめに書いてあるように,市場に出ているPart7の攻略本のほとんどは「英文を読めることが前提ありきの解説内容」であったり「ただ語句の意味が羅列された解説」となっています。

そういった本でしか勉強してこなかった方には,きっと本書が役立つことと思います。

 

本書の目次

世界一わかりやすいシリーズ読解の目次

本章ではPart7読解の目次を確認しましょう。

Part5と6に大きく分かれていた「文法編」と異なり,この読解編で扱うのはPart7ただ1つなわけですが,それにもかかわらず本書の構成も大きく二分されています。

その基準となっているのはずばり,「シングルパッセージかマルチプルパッセージか」であり,割かれているページ数をみてもウエイトは半々。

用語の説明として,マルチプルパッセージというのは,2つまたは3つの英文を比較しながら問題に答えるもので,一般的にはシングルのものよりずっと難しいとされます。

TOEICの読解対策を謳った参考書の中には,シングルパッセージの問題しか扱っていないものもあることを知っている私からすると,マルチプルパッセージの練習がこれだけできるのは大変に嬉しいことです。

問題数的にみれば,シングルが13問以上,マルチプルは9問以上。

解説もそれぞれ50ページ以上あります。

特に後者の方を頑張って解き終えた頃には,Part7のスコアも上がっているのでしょうね。

より具体的な中身については次章でみていきましょう。

 

本書の使い方

本書の使い方や特徴は前後半で大差ありませんので,ここでは,後半のマルチプルパッセージのものを例にレビューしていくことにします。

まずは「Part7読解編」の使い方からですが,

  1. 攻略法について知る
  2. 例題を解くことでちゃんと「わかる」
  3. 演習を積んで「できる」状態を目指す

という順番で,1の攻略法に対する理解を深めていくというのが大まかな流れです。

STEP1では典型的なダブルパッセージの問題を解きますが,

本書のレビュー1

次ページの質問までは何の変哲もないものです。

役立つ知識はその後からで,特徴についてのまとめが続きます↓↓

本書の特長をレビュー

これまでにPart7の攻略法を学んだことがない方であれば,「シングルパッセージ」や「クロス問題」などの存在を本書で認識することになるでしょう。

そのことで自分の分析力が増すので,「なんとなくできなかった」としか言えなかった問題も,「固有名詞に鉛筆を置いておけばよかったのか」などと分析できるようになります。

続くSTEP2は「定説を斬る」というコーナーになっていますが,見開き1ページしかありません。

ちょっと息抜きできる読み物的なものではありますが,内容的にはTOEIC中級者の方でも楽しめるものとなっています↓↓

本書レビューの3つ目

関先生はこれまでのほぼすべての公開テストを受け続けているので,その言葉には信ぴょう性があります。

最終STEP3の内容はとても具体的かつ実践的な内容になっているので,読み終えた頃にはPart7に自信を持って取り組める気がしてくるのが不思議なところですね↓↓

part7の攻略法

時間についてなど,実践的な記述もみられます。

この後は,例題と演習の2つを解きながら,上記攻略法の理解を深めていきますが,その内容は以下の通りです↓↓

  • 例題:ダブルパッセージが2つ,トリプルパッセージが1つ
  • 演習:ダブルが4つ,トリプルが2つ

 

本書の特徴

ここからは説明しきれていない本書の特徴についてレビューをしていくことにしますが,全訳や解答があるのはもちろん,解説がとても工夫されています

例えば見出し(緑色で塗られた部分に書かれたセリフ)を読んでいくだけでも,すぐに使える役立つ知識が得られますし,

解説が詳しいという特長

こういった視点は,先述した答案分析にも大いに役立つでしょう。

語句に関しても1語1語丁寧に解説されているので記憶にも残りやすいです↓↓

語句解説の詳しさのレビュー

単語と意味をただ並べて書いただけの参考書とは,確かに雲泥の差があります。

もちろん,箇条書きにまとめた語彙リストも用意されていますので,チェックボックスもうまく利用しながら何度も復習してください↓↓

語句リストとチェックボックスのレビュー

演習問題はより難易度を増し,より実践的な解説も増えていきますが,フォーマット的には例題と大差ないので,ここでは省略します。

 

まとめ

世界一わかりやすいTOEICテストの授業 Part7読解のレビューまとめ

以上,関正生先生による「世界一わかりやすいTOEICテストの授業シリーズ」から「Part7読解」のレビューでした。

問題を解く量は最低限にする代わりに,応用が利きやすい知識が幅広く紹介されていて,語句についても丁寧な解説が印象的で,リストのチェックボックスも利用すれば,しっかりとしたPart7対策が可能となります。

珍しく,マルチプルパッセージを独立する章としたことで,苦手とする人が多いクロスリファレンス問題を存分に練習することが可能なところは本書の強みです。

もっとも,9題のマルチプルパッセージを詳しい解説付きで解けるだけでも,本書を購入する価値はあるように感じますよ。

加えて今後は,本書の解説の見出しにあった攻略のコツを思い出しながら模試の出来を分析することで,より自分の弱点を具体的に見つけていきましょう!

本レビューを読んで,類書との違いを感じた方は是非使ってみてください↓↓

関正生先生についてより詳しくは,以下の記事にまとめました↓↓

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-参考書
-

© 2020 スタディTOEIC