『世界一わかりやすいTOEICテストの授業[Part5&6]文法』のレビュー

今回は関正生の「世界一わかりやすいシリーズ」から,Part5&6の文法に特化した参考書のレビューの方,させていただきます。

内容の簡単なレビューから始まり,どのようなスコアの方が対象なのかであったり,スタディサプリで神講師と呼ばれる著者がどのようなTOEIC文法の攻略法を伝授してくれるのかなど,これから詳しく中身分析していきましょう!

基本情報

世界一わかりやすいTOEICテストの授業part5&6文法のレビュー

名称:世界一わかりやすいTOEICテストの授業[Part5&6]文法

著者:関正生

出版社:KADOKAWA

定価:1400円(税抜)

ページ数:191ページ

対象スコア:600点~800点以上

本書が対象とするのは,基本的にスコア600~700点を狙うTOEIC初心者の方ですが,書かれている内容はそれ以上のスコアを取る際にも有益なものなので,800点以上の中級者以上の方も使うことができます

その一方で,収録されている問題の数自体は厳選されているため,数をこなさずともポイントが理解できるのは嬉しいですね。

公開テストまでの時間が限られている人や,あまり普段勉強していない人にとって,いきなりフルサイズの模試レベルの問題量を解くのはかなり大変ですし,一体何に気をつけながら解けばよいのかすらわかりません。

そんなときに役立つ参考書というのは,効率良くポイントを学ぶことができて,その恩恵を本番で受けることができる類のものになるはずです。

本書はそれに限らず,耳にする機会の少ないネイティブ目線の解説が出てきたりと,役立つだけでなく純粋に楽しい知識が結構あります

こういったところも「世界一わかりやすいシリーズ」の魅力なのでしょう。

さらには,英文法に精通することで,Part7の英文を読む際の正確さまでも高まります

文章を誤訳していた原因が,実は文法知識が少ないことによるものだという話はよく聞くものです。

やや前置きが長くなりましたが,実際に中身の方,レビューしていくことにしましょう!

 

 

本書の内容をレビュー!

世界一わかりやすい 文法の参考書の目次です

本書の中身はこのようなものとなっています。

使い方に始まり,文法を解く際の前提知識である『品詞』がまとめられているのが一つポイントです。

その後,Part5とPart6のそれぞれを独立した章として勉強していきますが,

  1. 全体像を把握
  2. 例題の解説を通して解き方を学ぶ
  3. 演習問題で実際に解いてみる

という3つの流れで学習していきます。

 

ここからは,具体的に本書を使って,より詳しくみていきましょう。

まずは,文法を学ぶ前提知識ともいえる『品詞』について学びますが,著者は予備校の講師ということで,解説内容も教科書的なものとは一線を画しています↓↓

関正生の解説ページのレビュー

受験勉強などで予備校に通った方であれば聞かされた内容ですが,そうでなかったり勉強から離れて久しい方などにとっては,この位置まで戻って説明してもらえるので大変ありがたく感じるのではないでしょうか。

 

続いて書くパートごとの対策が始まりますが,このようにポイントが明示されており,目標スコアごとにどのくらい正解するべきかの目安も提示されます。

Part5対策と正答率の目安

「600点目標であれば,3問に1つは間違えてよいのか!」

と知るだけでも,心の余裕が生まれます。

ページをめくっていくと,より詳しい解き方の説明や,

Part5のより詳しい解き方

 

TOEIC試験での時間配分といった役立つ情報があり,

TOEICリーディングセクションの時間配分

 

品詞ごとのまとめは,知識を整理する際に重宝するはず↓↓

品詞まとめ

 

例題では,問題を20問ちょっと解きますが,全部の和訳と語句リストが載っているほか,解説は構造分析までされているのが予備校の授業らしく感じます。

解説はこれぞプロといった内容で,さすがの一言です。

 

ここまでで大体の解き方のコツを理解したら,本番さながらの演習問題を解いて,理解を深めていきます。

世界一わかりやすい文法の演習問題のレビュー

時間を測りながら,正答率を計算してみてください。

目標スコア別にどのくらい正解できればよいのかわかっているので,今の実力が客観的に把握できます。

ちなみに問題数ですが,20問のセットが2回分で計40問です。

 

ちなみに,本書の最後にはおまけページがあり,もっと文法の勉強をしてスコアアップをしたい人のために,どの文法項目を念入りに勉強したらよいのかのヒントを得ることができるんです↓↓

TOEIC対策の英文法の勉強法

こういうページがあるあたり,使い方によってはかなりヘビーなところまで深堀できる指南書だと感じました。

 

続いてPart6のレビューに移りますが,基本はこれまでと同様ですが,Part5に比べると,長文を扱う都合上,語句リストがより充実します。

Part6の語句リストのレビュー

 

ここまで丁寧に構造分析をしているTOEIC本はあまり見たことがありません。

構造分析の様子

 

例題は英文3つで質問は全12問

演習問題は本試験1回分と同じ量ありました(長文4つの16題)。

世界一わかりやすい 文法のPart6の演習問題レビュー

 

 

まとめ

世界一わかりやすいの裏表紙

以上,関正生の『世界一わかりやすいTOEICテストの授業[Part5&6文法]』のレビューでした。

本レビューの要点をまとめると,

  • 600点目標の初心者から800点ごえの中級者が使える
  • 解説が予備校の授業並みの詳しさ
  • 品詞の説明や文構造の分析がある参考書は珍しい
  • 問題数はPart5で20+40の60問,Part6は12+16の28問
  • 少ない問題から多くを学べる
  • 語句リストやおまけページを使えば知識量はどんどん増やせる

のようになります。

ちなみにですが,当シリーズが自分に合っていると感じた際は,リスニングパートやPart7の対策,さらには単語帳まで全てこの「世界一わかりやすいシリーズ」で揃えることができます

「世界一わかりやすいシリーズ」の解説との相性を測るうえでも,とりあえずどれか一冊購入してみてはいかがでしょうか(当サイトでは他の参考書もいくつかレビューを書いていますので,参考にしてみてくださいね)。

【Amazon】世界一わかりやすいTOEICテストの授業 Part5&6 文法

【楽天】世界一わかりやすいTOEICテストの授業 part5&6 文法

 

また,関正生自体に興味を持つようであれば,彼が教鞭を取るスタディサプリENGLISHも使ってみてほしいですね!

無料期間もありますし,キャンペーン実施時は特にお得に利用できますので,興味がある方は是非以下の記事をチェックしてみてください↓↓

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースのキャンペーンコード!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -参考書

    © 2020 スタディTOEIC