『TOEIC L&R TEST サラリーマン特急 新形式リーディング』のレビュー!

今回は,TOEIC L&Rのリーディングセクションの対策本である,『サラリーマン特急 新形式リーディング』についてレビューしていきます。

出るとこ集中10日間!の文法編とリスニング編でおなじみの八島晶による「特急シリーズ」ということですが,特にPart6と7の氏による解説は初めてですね。

早速参考書データから,見ていくことにしましょう!

参考書データ

名称:TOEIC L&R TEST サラリーマン特急 新形式リーディング

著書:八島 晶

出版:朝日新聞出版

ページ数:298ページ

発売日:2018年4月

価格:840円(税抜)

音声:ダウンロード可能(スマホ・PC版)

対応スコア:600点~860点

対応するパートとしては,TOEIC L&Rのリーディングセクションということで,Part5から7すべてのスコアアップが期待できます。

著書の八島晶さんは企業向けのTOEIC講師として3000人以上の指導をしてきていますが,学習者のデータ分析をしていて気が付いたことがあるそうです。

それは,

実力的に十分解けるはずの問題(基本問題)をボロボロと間違えること

文法的な知識はあるにも関わらず,英文自体読めているはずなのに,それでもミスしてしまうのはどうしてなのか。

八島晶によれば,その答えは,基礎知識の応用力がないことにあるということです。

この参考書では,上記の応用力の育成を目標に,繰り返し出題される基本問題に加え,基礎知識の応用力が試される問題を収録しています。

中学高校の文法知識や読解力があるTOEIC初心者や,TOEICのリーディングパートで簡単な問題を間違えてしまう方には特に効果的でしょう。

ちなみに,基礎知識の応用力が問われる問題は以下のようなものです(本書230ページより引用)↓↓

Office space in the Spire Office Building is (     ) more expensive than our current location.

(A)considerably (B)consideration (C)considers (D)considerable

 

自信をもって正解は選べましたでしょうか。

答えはAのconsiderablyです。

 

それでは,次章にて目次と本書の使い方について紹介していきましょう。

 

 

目次と使い方

目次としては,まず最初に「はじめに」があった後,TOEICのリーディングセクション(いわゆるPart5・Part6・Part7)の問題を解きます。

このとき同時に各パートの攻略法についても学ぶことができますが,これはいわゆる一般的なパート別解き方ではありません

あくまで解いた問題の解説中において,「どうやって考えて正解を選んでいくかという根拠」,言い換えれば「正解への道筋的なもの」のことを指していますのでご注意ください。

一方で各種ページ数としては,

Part5:36ページ

Part6:8ページ

Part7:24ページ

となっています。

Part6は5と7の中間的な立ち位置なので,量的にやや少なめにはなっていますが,しっかりと3つのパート全てに紙面が割かれているのがいいですね!

 

第1章から第3章までで定番問題と攻略法を学んだあとは,10回分のミニ模試で練習を積みます。

Day1からDay10までの10日間という日数は,「出るとこ集中10日間!シリーズ」を意識したものなのでしょうか。

1ヶ月で3周できる分量なので取り組みやすいですが,本書を使った勉強法については「はじめに」で触れられているので,以下に整理しておきましょう。

  1. 第1章から3章の問題を完璧に解けるようにする
  2. 第4章のミニ模試で弱点を補強

このとき時間の計測は必須です。

次の章で詳しく説明しますが,本参考書では各問題に目標時間が設定されており,時間制限をより厳しくすることで,高スコア保有者でも瞬時の判断力を磨くことができるといいます。

そのため,本参考書がカバーする学習者のスコア設定は幅広く,600点~860点までの学習者が使うことができるのが特徴です。

それでは早速,詳しい中身をみていきましょう。

 

 

本書の特長をレビュー

時間設定ですが,パート5の場合,24問あって上記の時間設定です。

600点のスコア目標ですと,1問を30秒で解く計算ですが,860点ともなると20秒しかありません。

このように問題が見開きの形で提示されるので,ストップウオッチ片手に一気に解きます↓↓

 

そのあと,解答解説ページが続くので,一問ずつ確認しながら,実践的な解き方を学んでいきましょう。

正解はもちろん,文構造の解説に力を入れているのがわかりますね。

和訳の他に語注がありますが,それだけ知識量の多い英文がピックアップされていることの裏返しでしょう。

ちなみに『ここがポイント!』という項目には,基礎力を応用力に変えるためのヒントめいたものが収録されています。

これは全問に1つずつ用意されているようで,類問に応用できる形でまとめられている点が便利です。

 

パート6はこの1英文にある4題のみ。

時間設定は600点が4分,730点が2分40秒,860点が2分です。

とはいえ,131番のようにパート5的な文法問題もあれば,パート7の読解の解説で語られる解き方もあるので,ここはこの分量でよいのでしょう。

というのも最後の4章で,毎日1題ずつ計10題(問題数としては40問),part6の問題を解くことになるわけですから。

しかし,文挿入問題は難しいですね。。

 

パート7の問題では,問題数が2問のもの(いわゆるpart7の最初の方に出てくる簡単なもの)から,会話(チャット)形式のものであったり,以下のようなマルチプルパッセージのものまで収録されています。

4つの例文と13個の質問を一気にやって,解説の方読んでいきましょう。

なお,制限時間は600点から順に,17分20秒・15分10秒・13分といった具合に負荷が高くなっていきます。

解説には根拠がしっかりと書いてありますし,

和訳は選択肢まで全てにあり,語注も豊富です。

個人的にはNOT問題の解き方が役に立ちました。

 

さて,最後はミニ模試です。

パート5から7まで大体15問弱を一気に解きますが,10日分の問題セットが用意されているので,問題数としては150問近い分量です。

目標解答時間は各日ごとに異なっており,適量の負荷をかけられるようになっているのも特長です。

1セットあたり10~15分でできるボリュームなので,朝の通勤時間や昼休みといったスキマ時間に解き終えられるよう工夫されています(時間を測る必要があるので,車内では復習だけにとどめましたが)。

本書の最後に,おまけとしてのマークシート用紙があります。

 

 

本書のレビューまとめ

以上,TOEIC L&R TESTサラリーマン特急 新形式リーディングのレビューでした。

本書の特長をまとめると,

  • 解説が詳しく,解き方(攻略法)が学べる
  • 和訳や語注は復習に便利
  • 類題の解き方を通し,応用力がつく
  • 100問以上のミニ模試で実力を試せる
  • スコア別に制限時間が厳密に設定してあり,適度な負荷をかけられる
  • スキマ時間に学べるよう問題量も工夫されている

音声ダウンロードもできるので,パート7の内容を使ってリスニングセクションの対策もできます

特急シリーズはTOEIC対策本としては昔から売れ筋で,大学の生協にも並んでおり,本書の帯には260万部突破の文字も見受けられました。

リーディングセクションの攻略には,制限時間を設けることと詳しい解説で復習して解き方を身に付けることが必須です。

パート5~7のスコアを本書で一気に底上げしましょう!

TOEIC L&R TEST サラリーマン特急 新形式リーディング【Amazon】

サラリーマン特急新形式リーディング 新形式対応【楽天】

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -参考書
    -,

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.