出るとこ集中10日間!リスニング編のレビュー!

今回は,見るからに速習に向いていそうなタイトルの「出るとこ集中10日間!TOEICテストリスニング編」をレビューしていきたいと思います。

帯にもありますが,20個の攻略のツボ(コツのようなもの)を身に付け,頻出の問題を確実に得点できるようになることが本書の目標です。

この参考書を1冊やるとどのくらいの効果が出るのか,そして使い勝手や特徴についてはどのようなものだったのか詳しくまとめてみることにしましょう!

出るとこ集中10日間リスニング編の特徴

出るとこ集中10日間リスニング編の表紙

  • 名称:出るとこ集中10日間!TOEICテストリスニング編
  • 著者:八島晶
  • 出版:西東社
  • ページ数:192ページ
  • 定価:1,300円(税抜)
  • 音声:CDまたはスマホアプリ
  • 目標スコア:600点

本書をめくると真っ先に目に入ってきたのは付属のCDです。

トラックの数は70,時間にして48分ありますが,新形式に対応しているので,音声は4ヶ国の話者(アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア出身)がバランスよく登場してきており,スマホアプリであるabceedにも対応しています↓↓

出るとこ集中リスニング編とabceed

CD内容をそっくりそのままスマホで聴ける以外にも,音声の流れる速度を変えられるのが便利です(実際の音声は本番さながらのスピードです)。

その他の機能については以下のレビューを参考にしてください↓↓

本書の一番の特徴ですが,何といってもカラフルでイラストが多めなところでしょう↓↓

出るとこ集中10日間リスニング編のカラーページ

よくある2色刷りなどに留まらず,本当に多くの色がふんだんに使われており,全体的に楽しい印象を受けます。

その結果,なんだか簡単にできそうな気持ちになってきますし,説明自体も見やすいです。

次に特徴的なのが,10日間でTOEICのリスニング対策ができてしまうところで,9日かけてパート1から4までの攻略に役立つとされる20個のコツを身に付けていきます。

そして最終日となる10日目には,それまでの総復習として直前練習問題を解くのが基本的な流れです。

このカラフルな性質と10日間で1通り終わらせられる特徴は,本書以外に出ている「出るとこ集中10日間シリーズ」に共通しています↓↓

もっとも,文字だけではイメージしにくいと思いますので,次章から本書の目次や内容について,実際の紙面で詳しくみていくことにしましょう!

 

出るとこ集中10日間リスニング編の中身

出るとこ集中10日間リスニング編の目次

本書の目次ですが,本書の使い方や構成についての説明から始まり,メインコンテンツは以下のスケジュールで学んでいきます↓↓

  • 1日目:Part1対策
  • 2~3日目:Part2対策
  • 4~7日目:Part3対策
  • 8~9日目:Part4対策
  • 10日目:直前練習問題

前から順番に学んでいき,パート3には4日間もかけるようです。

具体的な学習手順としては以下の3ステップとなります↓↓

  1. 音声を使って例題を解く
  2. 攻略のツボと詳しい解き方について理解する
  3. 発展事項や暗記すべきフレーズを学ぶ
  4. 確認問題を解く

以下は初日の様子ですが,まずはCDやスマホで音声を再生し,例題を解きましょう↓↓

Day1の例題と解答解説の様子

タイトルにでかでかと攻略のツボが載っていますが,ここではなんとなくで構いません。

とりあえず選択肢から一つ選んでください。

その次に,右ページに書かれている解き方を読み,本番で踏むべき手順について確認してみてください。

ここでは写真内容のチェックと,判断の基準を詳しく解説してくれていることがわかります。

流れた英文とその和訳ももちろん載っていました。

ページをめくると「さらに詳しく」というコーナーがあり,より発展的な内容に触れていることがわかりますが,実例が追加されることで,より実際の問題のイメージが明確になるでしょう↓↓

さらに詳しくの内容

覚えるべきフレーズであったり本番での心構えなど,幅広い内容が書かれています。

ここまでで,「攻略のツボ」1個が終了です。

1日あたりのノルマとしては,それを2~3個学ぶことになります。

初日の最後には確認問題を解きますが,それまでの攻略のツボの内容を使う問題が用意されているので,学んだ通りの考え方で実際に正解できるか確かめましょう↓↓

出るとこ集中10日間リスニング編の確認問題

実際の習熟度であったり,どれだけ復習を念入りにやるかでかかる時間は変わってきますが,1日分をこなすのに20分前後かかりました。

なお,以下は9日目の解説になりますが,このように本文に線が引いてあり,大変論理的に解答が導かれていくので,他の模試を解いたときも本書のやり方を真似して簡単に実践できるでしょう↓↓

出るとこ集中10日間リスニング編9日目のTOEICパート4解説例

このようなレイアウトを見ると,カラーの良さが際立ちます。

なお,最終日には以下のような直前練習問題を解くことになるので,これまでとは違った内容です↓↓

直前練習問題の概要

ちなみにこの練習問題は模試ではありません。

実際の問題より数は少なく全42問(本番は100問)ですし,内容は本書で学んだ攻略法を実践できる問題のみとなっています。

問題のレイアウトも見やすさや使いやすさ重視となっており,本番より解きやすいと感じるはずです↓↓

直前練習問題の例

なお,本番のリスニング問題がすべて攻略のツボの知識で解けるかというとそうではありません。

しかし,できる問題を確実に正解できるようにすることで,600点の突破は難しくなくなります。

少なくともほとんどは30分以内に一日の学習を終えられますので,無理なくTOEICのリスニング対策ができることは間違いありませんし,変な話,部屋に引きこもることができれば,1日で1冊を仕上げることも可能でしょう。

 

まとめ

出るとこ集中10日間リスニング編の裏表紙

以上,「出るとこ集中10日間!TOEICテストリスニング編」のレビューでした。

わずか10日で,TOEICのリスニングパートで健闘できる状態に持っていける本書ですので,TOEICスコア600点を目指す初心者の方(新形式に慣れていない人も含む)にとっては,大変取り組みやすい作りになっているように感じました。

リーディングパートよりもリスニングパートの方が一般的に高得点が見込まれるので,TOEICのリスニングセクションのスコアが300点に満たない方には特におすすめしたい一冊ですね。

また,試験まで残り日数が少なくなって使う以外にも,この本に書かれた知識を頭に入れた状態で他の模試を解くのとそうでないのとでは,問題を解いている時の混乱具合が全然異なると思います。

何より,すべてのページがカラフルで大変に見やすく,解説も正解以外の選択肢についても言及があって親切設計がウリの本書ですので,気楽に始めてみてください↓↓

ちなみにこの本が気に入ったら,先に紹介した同シリーズの2冊を使って,リーディングパートの方も10日間で攻略していきましょう!

当サイトでは「TOEIC初心者向けのおすすめ参考書」の記事でも紹介しています↓↓

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-Part 1-4, TOEIC参考書
-

© 2020 スタディTOEIC®