『出るとこ集中10日間!TOEICテストリスニング編』のレビュー!

今回は、見るからに速習に向いていそうな、

出るとこ集中10日間!TOEICテストリスニング編

という参考書のレビューをしていきたいと思います。

帯にもありますが、20個のコツを身に着けて頻出の定番問題を確実に得点できるようになることが本書の目標です。

この参考書1冊をやるとどのくらい効果があるのか,そして使い勝手や特徴はどのようなものなのか、詳しくみていくことにしましょう!

 

 

本書の基本データ

名称:出るとこ集中10日間!TOEICテストリスニング編

著者:八島晶

出版:西東社

ページ数:192ページ

定価:1300円(税抜)

付属品:CD1枚付き+スマホアプリ(音声、問題)

対応レベル:L&Rで600点を目指す人向け

本書をぴらっとめくるとすぐに目に入ってくるのが付属CDです。

トラックの数は70、時間にして48分ありますが新形式に対応しているのでもちろん音声は4ヵ国語(アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア)で収録されており、スマホアプリ(abceed)にも対応しています↓↓

CD内容をそっくりそのままスマホで聴ける以外にも、音声の流れる速度を変えられたり、アプリ上で回答した場合,自動で採点やスコア分析(パートごとの正答率や学習時間など)まで行えるようです。

詳細については以下のレビューを参考にしてください↓↓

abceedのレビュー

 

参考書の中身についてですが、一番目立つ特徴は何といってもオールカラーであることでしょう!

よくある2色刷りなどに留まらず、本当に多くの色がふんだんに使われており、全体的に楽しい印象を受けます(もちろん説明も見やすい)。

次に特徴的なのが、10日間でTOEICのリスニングに向けた対策ができるところで、Day1~9でパート1~4の攻略に役立つ20個の要点を学び、最後の10日目に総復習するといった流れになります。

それでは、本書の目次や内容について、次章でもう少し詳しく見ていくことにしましょうか。

 

 

目次と概要

目次についてですが、本書の特徴や使い方から始まってTOEICテストについての概要などに一通り触れた後は、以下の日程で学習は進みます↓↓

  • Day1:Part1対策
  • Day2&3:Part2対策
  • Day4ー7:Part3対策
  • Day8&9:Part4対策
  • Day10:直前練習問題

 

具体的な学習手順は次の3つからなり,

  1. CDに収録された音声を使って例題を解く
  2. 攻略のツボとその詳しい解き方を理解する
  3. 『さらに詳しく』で発展事項や暗記すべきフレーズを学ぶ

まずはCDを再生して例題を解きましょう。

とりあえず選択肢から一つ選びますが、CDのスピードは本番さながらです。

その次に、解き方を読んで本番で踏むべき手順で実際に確認してみてください。

流れた英文とその和訳も載っています。

『さらに詳しく』は発展的な内容に触れていますが、頭の隅に入れておくことで今後のTOEIC学習においてヒントにできる情報が多めです。

1日当たり2つ3つの攻略のツボを学びますが、1つのツボごとに例題を解く流れが2~3STEPで書かれていますし、発展事項には覚えるべきフレーズであったり本番での心構えなど、幅広く書かれています。

また、やり直しの方法も載っていますので、本書の次に公式問題集などをやった暁には、是非ここに掲載されている方法で復習の方をしたいですね。

CDに収録されている音声を使って説明が加えられる場合もありました。

 

その日の確認問題では、攻略のツボの内容を踏まえた類問が用意されているので、その日に学んだことはここで完成させます。

実際の習熟度であったり、どれだけ復習を念入りにやるかでかかる時間は変わってきますが、1日分をこなすのに20分前後かかりました。

いずれにせよ30分以内に一日の学習は終えられますので無理のないトレーニングが可能になることは間違いありません(変な話、部屋に引きこもることができれば、1日で1冊を仕上げることもできるはずです)。

 

 

まとめ

以上、『出るとこ集中10日間!TOEICテストリスニング編』のレビューでした。

リスニングパートをわずか10日で戦える状態に持っていける参考書ですので、TOEICスコア600点を目指す初心者の方(新形式に慣れていない人も含む)にとっては、大変取り組みやすい作りになっていたように感じました。

リーディングパートよりもリスニングパートの方が一般的に高得点が見込まれるので、TOEICのPart1~4を合わせてのスコアが300点前後の方には是非おすすめしたい一冊ですね。

この本に書かれた知識を頭に入れた状態でTOEIC学習をするのと、いきなり公式問題に取り掛かったときは、全然頭の混乱具合が異なると思います。

すべてのページがカラフルで大変に見やすく、解説も正解以外の選択肢についても言及があるのでとても親切設計でした。

この本で学んだあとは、他に2冊出ている姉妹本を利用して、リーディングパートの方も10日間で攻略していきましょう↓↓

出るとこ集中10日間!TOEICテスト文法編のレビュー

出るとこ集中10日間!TOEICテスト読解編のレビュー

 

本書につきましては「TOEIC初心者向けのおすすめ参考書」で紹介している1冊でもあります↓↓

初心者必見!TOEICのおすすめ参考書

 

このあと模試を使って最終チェックを行えば、ある程度のスコアアップが期待できると思いますよ!

購入はこちらから↓↓

【Amazon】出るとこ集中10日間!リスニング編 

【楽天】出るとこ集中10日間!リスニング編

 

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -参考書

    © 2020 スタディTOEIC