初心者向け!TOEICのおすすめ参考書

ここでは数あるTOEIC教材の中から,特に初心者の方におすすめできる参考書を用途別にまとめてみました。

具体的には全体的な理解を深められる総合対策本から,毎日の学習が必要な単語帳,さらにはリスニングとリーディング対策に特化したものとなります。

基本的には最初から順番に読み進めていただいて問題ありませんが,対策したい内容が決まっているような方であれば目次も使ってみてください。

ちなみに,ここで紹介しているすべての参考書は詳細なレビューを別に書いています

気になったものがあればリンク先の記事もあわせてお読みいただけたら幸いです。

まずは参考書の種類について知るところから始めましょう!

TOEICの参考書の種類

TOEICの参考書例

TOEICの参考書といっても,難易度や用途別にたくさんの種類が出ています。

なお,受験者層としては500点付近が多いにもかかわらず,書店では800点やら900点を狙うものの方が売れているようです。

この理由として「見栄を張っている方もいるからだ」という意見もあるようですが,個人的にはよくわからずに売れている本を買ってしまうからが多いからだと思っています。

そこで,本記事を書くにあたってはスコアにして600点を目標に据えた初心者用の参考書を以下にある4つの用途別に大きく分けてまとめてみました↓↓

  1. 総合対策
  2. 単語帳
  3. リスニング対策
  4. リーディング対策

まず最初に紹介するのが総合対策用の参考書です。

これは,パート別の攻略法を網羅的に扱っているもののことを指しますが,内容的に練習問題と詳しい解説が全ページを占めている「手取り足取り型」のものと,攻略法は簡潔に済ませて模試を実際に解くことで身をもって学ぶ「習うより慣れよ型」の2つに分けることができます。

前者は一問ずつ区切って学ぶことになり,短時間だけ集中してはひと休憩するといったやり方で気楽にできますが,後者は得られるものが多い反面,2時間というまとまった時間が必要になる上,復習までやって初めて実力が付くという意味でハードルが高いです。

まとまった時間が取れるのかそうでないのかでおすすめは変わってきますが,いずれを使うにせよ,本番でどのような問題が出るのかがわかるので,早めに苦手分野を発見してください。

そうなれば次にやるべきことは自ずと見えてくるもので,後述するパート別対策に移ることもできますし,本番で解くべき順番や時間配分の工夫もできるでしょう。

以上の意味でも,初心者の方は最初の1冊として,総合対策用の参考書を選ぶようにしてください。

続けて2つ目の単語帳についてですが,TOEIC用のものを別途購入されることを強くおすすめします。

その理由ですが,TOEICに出てくる単語というのはいわゆる受験英語で習ったものでは対応できないものが多く,ビジネスシーンで見聞きする単語が意図的に多く出題されるからです。

逆にそのような頻出単語さえしっかり意味を押さえてしまえば,リスニングでもリーディングでも学んだ単語に頻繁に出くわすようになるので,そのたびに「単語をやってて良かった。」と,恩恵を感じ取れるようになります。

全体的なスコアアップを目指すためには,毎日単語を勉強するのが近道と言われるゆえんはそのあたりにあるのではないでしょうか。

ところで,TOEICはリスニングパート(パート1~4)とリーディングパート(パート5~7)の2つに大きく分かれるのですが,この各々における部分的な対策が可能になる参考書ももちろん出ています

初心者の方に限らず「リスニングで大きく稼いで,リーディングはなんとか最後まで解ききる戦略」が有効になりますので,前者に関しては毎日数分ずつでも英語を聴くようにしたいものです。

得点パターンとしては,例えば600点が目標なら「リスニング360点のリーディング240点」のような配分になるのが普通です。

とりわけ女性は耳が良いとされるので,リスニングの点数がより高くなる傾向にあります(余談ですが,加齢に伴って難聴になっていく速度も女性の方が遅いとのこと)。

一方のリーディングについては最後の読解問題がとにかく難しく,対策が不十分のまま本番のテストに臨むようでは最後まで終わり切ることすらままならないはずです。

かといって,そこでパート7の対策に走ってしまうのはやや早急すぎるかもしれません。

というのも,TOEICに慣れていない方の場合,パート5の文法問題に時間をかけすぎてしまい,パート7に取り掛かった時点ですでに十分な時間が残されていないことが多いからです。

もっともここら辺の事情については総合対策本や当サイトの勉強法についての記事で学ぶようにしてください。

やや前置きが長くなってしまいました。

それでは早速,用途別のおすすめ参考書の方,以下にまとめていきましょう!

 

総合対策本のおすすめ

手取り足取り型+習うより慣れよ型

直前の技術の外観
TOEIC L&Rテスト直前の技術

今回はロバート・ヒルキ,ヒロ前田氏らによる「TOEIC L&Rテスト直前の技術」という参考書についてレビューします。 公開テストまで残り2週間を切っていても,この本に載っている11日間のスケジュールに基づいて勉強することで,短期間で効率良く ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 対象スコア:400点
  • 目標スコア:600点

試験までの日数がほとんど残っていない方でもおすすめなのが,この「直前の技術」です。

本の指示通りやれば,わずか11日間で一通りの学習が終わってしまうというのが特徴で,初心者の方でも使いやすいと思います。

350ページを超える本編に加えて,模試が1回分付いてくるという,解説と模試の両方の性質を兼ね揃えている点も魅力的な1冊です。

最近は直前の模試も新たなラインナップに追加されました。

手取り足取り型

表紙
マンガで攻略!はじめてのTOEIC全パート対策

今回は,初めてTOEICを受ける方でスコアとしては600点を目標とされている方におすすめの「マンガで攻略!はじめてのTOEICテスト全パート対策」という参考書についてレビューします。 タイトルから大変読みやすそうな印象を受けますが,かといっ ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 対象スコア:初心者
  • 目標スコア:600~730点

まずはマンガによる簡単な説明があってからより詳しい解説に移っていくという,初心者にやさしい雰囲気があるのが,この「はじめてのTOEIC全パート対策」です。

参考書を選ぶ際,イラストや図が多い方が理解しやすいと感じるビジュアルラーナーの方や「真面目で堅い内容の本は私にはどうも…」という方に向いています。

ただし模擬試験が付いていない点には注意してください。

ぶっ通しで2時間という過酷なテストで知られるTOEICですから,いくら時間がなかろうと,試験前に一度は休憩なしの模試は経験しておきたいものです。

習うより慣れよ型

至高の模試600問の外観
TOEICテスト至高の模試600問

今回はTOEICテストの新形式問題に対応した「至高の模試600問」のレビューをしてみようと思います。 公式問題集以外の模試を使う際は,より詳しい解説があったり復習のことまで考えられたりしているものを使うべきです。 アルク社から出ている本書は ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 対象スコア,目標スコアともに記載なし

模試中心ではありますが,TOEICの一般的な解き方に関して必要な情報が最初の9ページにまとめてあるのは便利でしょう。

とはいえ圧巻なのは収録されている模試の量で,全部で3回分(600問)を時間を測って解くことで練習を積めるものは他にあまり類をみません

上のレビューを見ていただくとわかりますが,自分の弱点が分析できるように解答欄も工夫されているので,完璧にやりこなせばかなりの実力が付く名著です。

ただし「やりこなせれば」という点で使用者のタイプを選び,仕方なくTOEICを受けなければならないようなモチベーションが低い方であれば途中で挫折してしまうかもしれません。

blank
公式TOEIC問題集

今回は,購入可能な模試の中から「公式TOEIC Listening & Reading問題集」のレビューをしていきたいと思います。 TOEICの難易度や本番の流れについて知るには,やはり公開テストの開発元が制作した問題集を解くのが一 ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 対象スコア,目標スコアともに記載なし

TOEICのテストを開発しているETSが作成した公式の問題集ということで,とにかく安心感があります。

これで勉強しておけば間違いないのですが,購入する巻によっては実際のテストと難易度に差があるのも事実で,初心者の方にはその判断が付かないと思うためやや星は下げました。

加えて,一つ前で紹介した「至高の模試」に比べるとコスパが悪いのも残念なところです。

多くの人が購入する本だと思いますので,周りに同じ境遇の人がいるようならば貸し借りしてみてはいかがでしょう。

 

TOEIC単語帳のおすすめ

やたらと出る英単語クイックマスターの表紙
やたらと出る英単語クイックマスター

今回は,200個の例文を使ってTOEICの頻出英単語が学べるという参考書である「やたらと出る英単語クイックマスター」をレビューしていきたいと思います(通称:やる単)。 英文に含まれる複数の単語を学んでいくスタイルの単語帳としては,他にTOE ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 収録語数:600語(200例文)
  • 対象スコア:300点
  • 目標スコア:470~730点

単純に数が少なければいいわけでもないのですが,それでもやはり覚える量が少ないと嬉しく感じるものです。

この「やたらと出る英単語クイックマスター」では,たった200例文の意味が言えるようになればよいだけですから,単語を覚えることにあまり乗り気でない方も是非使ってみてはいかがでしょう。

なお,上のレビューを読んでいただくとわかりますが,左ページに英文が,そして右ページに3つの見出し語が載っている特殊なレイアウトなので,使う人を選ぶかもしれません。

とはいえ,各章の合間にはパート5の予想問題があったりと,色々広く学べる仕様にはなっています。

出る順で学ぶボキャブラリー990の表紙
出る順で学ぶボキャブラリー990

今回はTOEICの単語帳から,例文に定評のある「出る順で学ぶボキャブラリー990」を使ってみたいと思います。 帯には「最小限の時間で最大限の効果を生む990単語&例文」というキャッチフレーズが付けられた本書ですが,いったいどういった工夫がさ ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 収録語数:990語
  • 対象スコア:記載なし
  • 目標スコア:470~860点

こちらの見出し語の数はちょっと増えて990単語になりました。

「最小限の時間で最大の効果を」というのがキャッチフレーズで,TOEICの試験形式に左右されないスタンダードな英単語が学べます。

目標スコア別に単語がまとめられているので,一部分だけ学習するのもよいでしょう。

なお上でレビューしたものはハンディ版で,持ち運びしやすく値段も半額程度になっていますが,前身となる本は2009年に出版されたこともあり,やや古さが気になるかもしれません。

加えて,カラフルな要素やコラムといった余計なものは一切なく(前身版は色刷り),1単語につき1つの意味しか付いていない仕様で,私的には満足でしたが,みなさまはいかがでしょう。

TOEIC®テスト英単語出るのはこれ!の表紙
TOEIC英単語出るのはこれ!

今回は,中村澄子著の「TOEICテスト英単語出るのはこれ!」のレビューをしていきたいと思います。 スコアアップに重要な1,150語がパート別にまとめられているという本書ですが,他の単語帳に比べてどのような点で優れているのでしょうか。 実際に ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 収録語数:1,150語
  • 対象スコア,目標スコアともに記載なし

中級者レベル以下の人でも使いやすいようにと,収録英文は10語前後の長さにあえて抑えられているので,英文の意味を理解するのが困難な方でもお使いいただける親切設計です。

加えて,パート別に単語を学んでいくところや,だんだん難しくなっていくように順番が並び替えられている点など,意図的に工夫されているところが目立ちます。

ですが,こちらもレイアウトがシンプルすぎるあまり面白みに欠け,赤シートや筆者による解説がない点でNGという方もいらっしゃるかもしれません。

本は大きくて見やすいですが,やや値段は高めです。

銀のフレーズの表紙
出る単特急 銀のフレーズ

以前,金のフレーズについてレビューしましたが,今回はその姉妹品にあたり,より基礎的な単語を扱うと言う「出る単特急 銀のフレーズ」についてレビューしてみたいと思います。 基本的な特徴の他,勉強法についてもまとめてみましょう。 また,一言で「基 ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 収録語数:1,000語
  • 対象スコア:300~500点
  • 目標スコア:600点

まだTOEIC学習の日が浅ければ,どのように単語を勉強してよいのかわからないことと思います。

本書は有名な「金のフレーズ」の弟分にあたり,より初心者が学習しやすいように難易度を下げ,学習法についての記載もしっかりとされている単語帳です。

目標とするスコアも,日本人の平均点よりちょっと高い位置にある600点ということで狙う方も多いでしょうし,レイアウトも使いやすい単語帳そのもののイメージだと感じました。

blank
公式問題で学ぶボキャブラリー

TOEICを勉強する際,最も力点が置かれる分野の1つに「単語」があります。 例えば読解問題において,構文がわからないにもかかわらず単語の意味だけを頼りに推測してなんとかなってしまった経験があるのではないでしょうか。 逆に「この単語の意味さえ ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 収録語数:1,500語
  • 対象スコア,目標スコアともに記載なし

模試のときと同様,単語帳においても公式が出版しているものがあります。

実は2019年6月に新版が出たばかりなのですが,ここではあえて一つ前の旧作「公式問題で学ぶボキャブラリー」をおすすめさせてください。

というのも,本書の構成は大変特徴的で,単に例文を公式問題集から取ってきただけの新版とは一味違うからです。

本書では土台となる200語をまずは普通の形式(見出し語+例文+派生語など)で徹底的に覚え,その後,公式問題のパート3・4・5・7から集めた問題をいくつか用いながら,そこに出てくる単語を一気に学ぶという使い方をします。

難易度にすると先の「銀のフレーズ」と同じくらいで,TOEICの問題自体に慣れていない初心者の方は問題形式にも慣れることが可能です。

出版は2003年と古いのですが,TOEICの必須単語というのは最新版の形式には左右されないものが多いので気にしないでください。

世界一わかりやすい英単語の表紙
世界一わかりやすいTOEICの英単語

今回は,関正生先生のTOEIC対策本の中から「世界一わかりやすいTOEICテストの英単語」について詳細なレビューをしていきたいと思います。 スタディサプリENGLISHにおいて「神講師」として人気を博す関先生ですが,豊富な知識とわかりやすい ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 収録語数:800語
  • 対象スコア:初心者
  • 目標スコア:600~800点

スタディサプリで有名な関正生先生の著書で,単語帳としては語数がやや少ないものの,一つの単語に良く出る意味が一つだけ付けられている点や,例文は短いフレーズで収録されるなど覚えやすく工夫されているのはさすがの一言です。

さらにはイラストや著者による一言が添えられているので,単語の印象が強まり忘れにくくなったように感じるでしょう。

また,初心者向けの単語帳には必須とも言える「単語帳の使い方」が明示されており,指示に従い1ヶ月に6回繰り返すことで,誰でも「完全に覚えきった」という体験をすることができます。

 

リスニング対策本のおすすめ

リスニング徹底攻略と模試の表紙
TOEICリスニング徹底攻略と模試

今回は,16年以上TOEICを毎回受験している中村澄子氏による「リスニング徹底攻略と模試」をレビューしていきたいと思います。 リスニングの得点が伸び悩んでいる方に向けて詳しく書かれている本書ですので,どのような攻略テクニックを学ぶことになる ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 音源:CD1枚は64分
  • 対象スコア,目標スコアともに記載なし

新形式のTOEICでは特にパート2が難しくなりました。

本書ではそこを中心に独自メソッドを紹介してくれているので,パート2に苦手意識がある方には特におすすめです。

難問も結構含まれているのですが,初心者であってもリスニングパートは高得点を狙うべきなので,積極的に挑戦していきましょう!

この後の2冊よりもやや値段が高いところで0.5点マイナスです。

出るとこ集中10日間リスニング編の表紙
出るとこ集中10日間!リスニング編

今回は,見るからに速習に向いていそうなタイトルの「出るとこ集中10日間!TOEICテストリスニング編」をレビューしていきたいと思います。 帯にもありますが,20個の攻略のツボ(コツのようなもの)を身に付け,頻出の問題を確実に得点できるように ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 音源:CD1枚は48分
  • 対象スコア:記載なし
  • 目標スコア:600点

オールカラーで取り組みやすく,しかも10日間という短期間で一通り終えられるのがポイントです(先の「徹底攻略と模試」は目安1ヶ月)。

上のレビューを読んでいただくとわかりますが,1日分が大体30分で終わるので,数時間頑張れば1日で1冊終えられてしまいます。

この「出るとこ集中」シリーズは,後述のリーディング対策でも取り上げているほどに全巻おすすめです。

とはいえ目標スコアは600点なので,もっと高得点を取るには別の本で演習する必要があります。

世界一わかりやすいリスニングの表紙
世界一わかりやすいリスニング

今回は,関正生先生の著書である世界一わかりやすいシリーズから「Part1-4リスニング」のレビューをしていきたいと思います。 同シリーズの中でも特に不動の人気を誇る本書ですが,一体どのような特徴があるのでしょうか。 まずは大まかな特徴につい ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 音源:CD2枚は計131分
  • 目標スコア:600~800点以上

初心者から使える参考書ですが,対応スコアが800点以上までと幅広いので,長期プランでスコアアップを考えている方だと長い付き合いになります。

本書の特徴は,リスニングを聴き取れることが前提になっていないところです

そのため,どこがどう聴き取りづらいのかの説明であったり(Who's とWhose のような),流された内容を記憶にとどめておく方法についての記述が見当たるあたり,これまでにありそうでなかった参考書だと思います。

パート3と4に割り当てられたページも多いので,これらのパートが苦手な方におすすめです。

 

リーディング対策本のおすすめ

パート5

出るとこ集中10日間!TOEICテスト文法編の外観
出るとこ集中10日間!文法編

TOEICを10日間で分野ごとに攻略していくシリーズは,試験直前期であっても使えてしまうコンパクトさが好評です。 今回レビューするのは「文法編」ですが,他にもいくつか出ています↓↓ 関連 出るとこ集中10日間!リスニング編のレビュー! 出る ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 問題数:123問
  • 対象スコア:記載なし
  • 目標スコア:600点

学んでいる途中に眠ってしまいそうな文法範囲(パート5)の対策ですが,10日間だけでしたら我慢できるかもしれません。

それでいてシリーズに共通となる,カラフルでイラスト豊富なテキストで気楽に学びましょう!

ただし,あまりに文法が苦手な方で,例えば「SやVやO」といった文法用語について全く知識がないような方であれば,解説を読み切るのは難しいです。

一億人の英文法の表紙
一億人の英文法のレビュー!独自の文法体系がわかりやすい

今回は,英語を話す目的で書かれた文法の参考書である「一億人の英文法」のレビューをしていきましょう。 なお,本書が他の文法書と異なる点は,英語を話せるようになる目的で書かれているところです。 そのため,本書の解説内容や文法項目の配置は工夫され ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 問題数:0問
  • 対象スコア:中学卒業レベル
  • 目標スコア:記載なし

その場合は,難しい文法用語を極力排除した「一億人の英文法」がおすすめです。

話すための英語を目標としており,大学受験の参考書に分類されることもありますが,TOEIC対策にも十分活用できます。

内容はイラストやイメージによる解説が多く,10日あれば読破できますが,問題がないので,あくまで文法内容を網羅的に学びたい初心者向けです。

でる1000問の外観
TOEICテスト文法問題でる1000問

今回は,TOEICの文法問題を得意にしたい人で,とにかく演習量を積みたい方におすすめの参考書である「文法問題でる1000問」をレビューしていきたいと思います。 文法ができるようになると,パート5でより多くの問題に正解できるだけでなく,リスニ ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 問題数:1,049問
  • 対象スコア:500~900点
  • 目標スコア:記載なし

文法ができるようになると文章も読めるようになりますし,文章が読めるようになるとリスニングまで得意になります。

リーディングパートで考えるならば,パート5が得意になると後ろのパートにより時間をかけられるようになりますし,読解問題の文章を誤訳しにくくなるので正答率が上がるなど良いことづくめです。

「文法問題でる1000問」を使うにあたっては,スコアとして最低500点くらいの実力は要るものの,本書を1冊やり遂げた暁には大きなスコアアップが期待できます。

私的には全問ランダム順に解き直すことができる別冊本が非常に役立ちました。

パート5&6

世界一わかりやすいPart5&6文法の表紙
世界一わかりやすいTOEICの授業 文法

今回は,関正生先生の世界一わかりやすい授業シリーズから「Part5&6文法」をレビューしていきます。 最初に本書について簡単に紹介してから,本書の特徴についてみていくことにしますが,本書の難易度であったり,神講師と呼ばれる著者がどのような攻 ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 問題数:約85問
  • 対象スコア:初心者
  • 目標スコア:600~800点

タイトルには文法とありますが,対象とするパートは5だけではなく6も含まれているのが特徴です。

苦手な方が多いと思われる文挿入問題も,本書を使えば解くことができます。

問題数は控えめですが,その分,解説が詳しくなっています(パート6は40問ほど)。

ただし,関先生の文法解説は,活字よりもスタディサプリの動画で観てほしいですね!

パート7

出るとこ集中10日間読解編の表紙
出るとこ集中10日間!TOEICテスト読解編

今回の記事では,短期間でTOEICテストの得点力を高められる「出るとこ集中10日間シリーズ」から,「読解編」のレビューをしていきましょう! これまでにレビューしたリスニング編や文法編は八島晶氏が著者でしたが,今回の読解編は渋谷奈津子という女 ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • パッセージの数:18
  • 対象スコア:記載なし
  • 目標スコア:600点以上

こちらは10日間かけて18個の英文を学んでいきます。

マルチプルパッセージの問題は全部で3つとやや少なめですが,目標スコアが600点に設定されている本シリーズの基本方針から考えると,できる問題を選んで解いていくことを優先した結果でしょう。

本書には「リーディングパートの時間配分」であったり,「600点取得のための正解数の目安」などの気になる情報も載っていますし,細かい情報もすべて拾っていくと,中上級者にも役立つ内容であることがわかってくるはずです。

世界一わかりやすい読解の表紙
世界一わかりやすいTOEIC授業 読解

前回,世界一わかりやすいシリーズの文法編のレビューをしましたが,そちらが対象としていたのはパート5と6のみでした。 今回は同じシリーズから「Part7読解」を紹介していきたいと思います。 リスニングや単語のような対策から始めて,世界一わかり ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • パッセージの数:22
  • 対象スコア:初心者
  • 目標スコア:800点以上

こちらもリスニングのものと同様,英文を読めることが前提になっていないところが特徴です。

とはいえ内容的には,マルチプルパッセージの問題解説が本書の半分を占めているのは良心的で,パッセージの数で言えば9つあります。

これだけでも本書を買う価値は大いにあるのではないでしょうか。

パート5~7

blank
サラリーマン特急リーディング

今回の記事ではTOEICのリーディングパートを満遍なく対策できる「サラリーマン特急新形式リーディング」という参考書をレビューしていきたいと思います。 出るとこ集中シリーズの文法編とリスニング編でおなじみの八島晶氏による「特急シリーズ」という ...

続きを見る

  • おすすめ度:
  • 対象スコア:記載なし
  • 目標スコア:600~860点

毎日15分程度の頑張りを積み重ねていくだけで,リーディングパート全ての対策が無理なくできてしまいます

値段も今回紹介した中ではトップクラスに安く,目標スコア点別に目安時間が書かれているので,時間を気にしながら練習できるのがおすすめポイントです。

「特急シリーズ」といえば,電車の中でも開いて学べるイメージがありますが,本書は時間をストップウォッチで計測しないといけないのであまり向いていません。

短時間で終わらせることを優先した為か,マルチプルパッセージの問題が少なめですが,それは読解特急の5や6が担当し,初心者がおいそれと手を出すものではないでしょう。

状況を見ながら,今の自分にあったものから始めるのがコツです。

 

まとめ

本を読む女性

以上,初心者の方におすすめのTOEIC参考書を用途別にいくつか紹介してきましたが,参考になりましたでしょうか。

時間にまだ余裕があるときから計画的に学習していくのが理想ですが,必要に迫られてTOEICを受験しなければならなくない方であっても,直前になって何かしら1冊やりこむだけでもスコアは大きく変わってきます。

それこそ中学高校時代の定期テストの1週間前みたいな感じに,一瞬であっても必死にやることでかなりの集中力が発揮され,意外と何とかなってしまうこともあるかもしれません。

もちろんそうならないことも多いでしょうが,現在の頑張りが次回のテストに繋がると思うので,最後まであきらめずに頑張ってくださいね!

お読みいただきありがとうございました。

-TOEIC勉強法
-, , ,

王道のTOEIC教材

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

パート別に攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れます。7日間の無料期間を生かして試しに使ってみてください!

パーソナルコーチプラン

オンラインながら最高峰のTOEIC対策を受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない方はコーチングを受けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能な「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育は,いつの時代であっても鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでのあらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が明確です。

TOEIC界で有名な著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非!

おすすめ記事

カレンダーとスマホの入力画面 1

スタディサプリのTOEIC対策コースでは,不定期ではあるものの,キャンペーンが実施されたりキャンペーンコードが配布されることがあります。 ただでさえ,試験本番までに時間がなくて早く始めたいと思っているわけですから,申し込みの前に時間を取られ ...

パーソナルコーチプランのキャンペーンコード 2

スタディサプリENGLISHの「パーソナルコーチプラン」は,大手リクルートが自信を持って提供する,高品質かつ比較的安価な英語コーチングサービスです。 その評判は高く,数あるアプリや参考書のたぐいを合わせて考えても,一二を争うほど効果的なTO ...

スタディサプリTOEIC対策コースの教材例 3

今回は,スタディサプリENGLISHを使った勉強法として,TOEIC本番までの残り日数別にいくつか紹介してみたいと思います。 期間別の勉強法についてはすでに一般的なものを紹介していますが,今回は以下の方針に基づき,「スタディサプリのみ」を教 ...

blank 4

スタディサプリENGLISHでは新規入会者に向けたキャッシュバックキャンペーンを頻繁に実施しています↓↓ その特典内容やルールについてはその時々でいくつかのバリエーションがありますが,どれもお得に申し込めることに変わりありません。 とはいえ ...

blank 5

最近ますます世の中が便利になってきて,スマホ1つあればTOEIC対策がいつでもどこでもできてしまう時代になりました。 今回紹介するスタディサプリENGLISHの「TOEIC L&R TEST対策コース(TOEICコース)」ですが,ベーシック ...

blank 6

今回の記事では,TOEIC対策として1万円以内に収まるものから,5万円そして7万円を超える高額なものまで,おすすめのサービスを予算別に紹介していきましょう! 世の中の常識として,お金をかけた分だけ受けられるサービスが充実してくるものですが, ...

TOEICの参考書例 7

ここでは数あるTOEIC教材の中から,特に初心者の方におすすめできる参考書を用途別にまとめてみました。 具体的には全体的な理解を深められる総合対策本から,毎日の学習が必要な単語帳,さらにはリスニングとリーディング対策に特化したものとなります ...

優,良,平均の評価チェックボックス 8

TOEIC L&Rテスト(以下TOEIC)ですが,「新形式」と呼ばれる問題形式に変わってから,だいぶ難しくなりました。 新形式が導入されたのは2016年の5月29日(第210回公開テスト)からですが,それ以前のものとは比べ物になりま ...

blank 9

TOEIC公開テストは,申し込んだ日から実際の試験日まで「1~2ヶ月」という時間が残されているのが普通です。 これは決して短くない時間ですが,とりあえず申し込んではみたものの,仕事や子どもの世話に忙殺されてしまい,「後で必ずやるから」などと ...

方針について考えるビジネスパーソン 10

今回の記事では,TOEICの勉強法のうち,短期間での対策に役立つ内容のみをまとめました。 本記事で語る「2週間勉強法」というのは,公開テストまで数ヶ月残っている場合に取る方法とは大きく異なります。 例えば,高校英文法の復習を悠長に行っている ...