出る順で学ぶボキャブラリー990のレビュー!使い方がとにかく簡単!

今回はTOEICの単語帳から,例文に定評のある「出る順で学ぶボキャブラリー990」を使ってみたいと思います。

帯には「最小限の時間で最大限の効果を生む990単語&例文」というキャッチフレーズが付いている本書ですが,いったいどういった工夫がされているのでしょうか。

音声や勉強用の副教材についても触れながら,しっかりとレビューの方をしていきたいと思います。

出る順で学ぶボキャブラリーについて

出る順で学ぶボキャブラリー990の表紙

  • 名称:新TOEIC TEST出る順で学ぶボキャブラリー990(ハンディ版)
  • 著者:神崎正哉
  • 目標スコア:470点~860点
  • 出版:講談社
  • 出版年:2017年
  • ページ:288ページ
  • 定価:900円+税
  • 音声:スマホアプリ,PCダウンロード(MP3形式)

「新TOEIC TEST~」という書名が表すように,本書はTOEICが新形式になる前に刊行されたもので,2009年に出版されたものを小型軽量化したものがこのハンディ版です。

前作に比べて,カラー印刷を止め,CDが付属しない代わりにダウンロード形式になったおかげで,値段は半分近くまで下がり買いやすくなっています。

音声はabceedのアプリからもダウンロード可能です↓↓

確かに最新のテスト形式に対応しきれていない解説があるのは事実で,例えば「はじめに」のところで,「TOEICの問題に,思考力を凝らしてじっくり考える問題はありません」などと書かれていたりと,注意が必要なところはあります。

しかし,このハンディ版に加えて,2009年版の旧書もいまだに売られていることからわかるように,「中学レベルの約1,000の基本語に,本書の見出し語(990語)とその派生語(1500語)を合わせた約3,500語で,単語の意味を知らなかったから間違えたという問題はかなり減らせる」という本書の基本方針は多くの方に受け入れられているのではないでしょうか。

加えて,余計な装飾(赤シートなど含む)や冗長な一休み的なコーナーが一切設けられていないので,合う人には本当に合う単語帳ではないでしょうか。

どうでもいい情報が無駄に「コラム」として載っている参考書も意外に多いですからね(もちろんそれが良いという方もいますが)。

いずれにせよ,TOEIC初心者の方や単語力に自信のない方にとって,本書に載っている頻出語の習得は急務です。

そのような理由で,例えTOEICの形式がどんなに変わろうとも,本書で学ぶ単語がその価値を落とすようなことはないでしょう。

本書の構成はシンプルで,出題頻度の多い単語から順番に4つのレベル別に並べられたものとなっており,具体的には,

  1. 470点に向けた210語
  2. 600点のための330語
  3. 730点目標の330語
  4. 860点を超える120語

の計990語が収録されています(とはいえこれは見出し語の数のみであり,実際は派生語の1,500語も学ぶことができ,合わせると2,500語ほどになる計算です)。

本番の公開テストで目にする頻度が高い単語は特に最初の3つのレベルに集中しているので,最後の120語はさておき,それ以外の870語を優先的に覚えるようにしてください。

次章では,本書の使い方とレイアウトについてレビューしていきます。

 

本書の使い方について

出る順で学ぶボキャブラリー990の目次

本書の基本的な使い方は以下の通りです↓↓

  1. 見出し語の意味を確認する
  2. 補足情報(派生語や同義語など)を読む
  3. 例文と意味を確認
  4. 音声を聞く
  5. 音読し,例文を暗記する

これは,多くの方が慣れ親しんだと思われる勉強手順だと思われますので,特に混乱することなく使える点で安心です。

気を遣うとすれば,復習のタイミングだけでしょう。

よく例に挙げられるものに「エビングハウスの忘却曲線」がありますが,これは「忘れ切ってしまう前に復習することの重要性」を説いています。

そこで,本書で学ぶ際も,初めて学んだ日の翌日,1週間後,1ヶ月後と何度も復習することが効果的であることは忘れないようにしましょう。

また,「寝る前に復習すると記憶物は頭に残りやすい」と聞いた方もいらっしゃるかもしれません。

本書の著者も,朝と夜,1日2度の学習をすすめています

 

本書の特徴

レイアウトですが,見開きで使うのではなく1ページごとに完結しているのが特徴で,カラーもなく単色刷りなのが今の時代,逆に新鮮です↓↓

出る順で学ぶボキャブラリーのレイアウト

これは470点目標(第1章)のものですが,見出し語と意味が書いてあり,下には派生語や同義語,類義語などの補足情報があり,さらにその下には例文とその意味が載っています。

この他に音源を利用して,リスニングセクションにも対応できる耳を作っておきましょう↓↓

出る順で学ぶボキャブラリーのダウンロードページ

こちらの音源は,小気味よいテンポで次々と単語と例文が読み上げられていくので,冗長になることなく発音が確認できるのが魅力です。

ダウンロードは講談社のページからどうぞ。

他,最後の990語に至るまで,レイアウトに変わりはありません。

参考までに,残り3つのレベル別に単語例を簡単に紹介しておきます↓↓

600点目標の単語は以下のようなもの↓↓

600点レベルの単語

収録語はeconomical,exchange,expert,extension,familiar,host,ride,seekなどです。

解説をよく読むと,be familiar withと be familiar toの違いについての記述などが見られます。

続けて730点目標の単語の例はこちら↓↓

730点の単語

収録語はarchitect,besides,complimentary,congratulations,crowded,depend,even though,paperworkなどで,だいぶ難易度が上がってきたことがわかりますが,確かに公開テストでよく目にする単語が並んでいるように感じます。

そして860点突破のための単語がこちらです↓↓

860点向けの単語

accumulate,adjacent,assume,boost,confidential,constraint,distinguish,dominateといったレベルの単語が,本書の最高峰として控えています。

これまでに紹介した単語の意味はすべてわかりましたでしょうか。

なお,この本の中では紹介されていませんでしたが,著者が「復習用のサポートページ」について言及しており,そちらのページにアクセスすることで,例文クイズなどが利用できます↓↓

出る順で学ぶボキャブラリー990のサポートページ

こちらはWordなどのソフトで開いて印刷することもできます。

是非,アクセスして使ってみてください↓↓

 

まとめ

出る順で学ぶボキャブラリーの裏表紙

以上,神崎正哉氏による,「新TOEIC TEST出る順で学ぶボキャブラリー990」のレビューでした。

今回は「ハンディ版」ということで,持ち運びしやすい反面,赤シートやCDが存在しないところは使う人を選ぶかもしれません。

とはいえ,私が大学受験のために予備校に通っていた時,外語大出身の名物講師は「赤シートを使って単語を暗記するなんて意味のないことだ」とたえず嘆いていました(それが正しいか正しくないのかについてはもちろんみなさんに委ねますが)。

また,音源がダウンロードできることや,最後に紹介したようなサポートページが存在することなどを含めて考えると,本書は自習用教材として,十分抜けがない仕上がりになっているのではないでしょうか。

読者に媚びる本が多い今の時代だからこそ逆に新鮮に映るのが本書かもしれません。

気になった方は是非お買い求めください!

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC参考書, 単語帳
-

© 2020 スタディTOEIC®