abceedというアプリの口コミと使い方!無料でできることとできないこと!

今回は無料で使える英語教材アプリの中から,

abceed

を紹介します。

どのような口コミがこれまでに寄せられており,どのような使い方ができるのか,ここでしっかり理解してTOEIC学習に役立てていきましょう!

abceedとは

abceedとは名の知れているTOEIC教材が多数収録されており,リスニングやリーディングはもちろん,今流行のシャドーイングやディクテーションの英語学習ができる英語教材アプリが,この「abceed」です(参考までに,読み方は「エービーシード」です)。

まず最初に断っておきます。

検索上は「無料アプリ」扱いとなっているabceedではありますが,該当の書籍をすでに持っているか教材に課金しない限り,学習の役に立ちそうな機能はほとんどありません

そういう意味では,完全に無料で使えるアプリでは全くないのですが,当サイトでレビューした参考書の多くが含まれていることもあり,書籍を所有しているという前提で,「このアプリを使うと何ができるか」について書かせていただくこととします。

なお,abceedには「ディクテーション/シャドーイング機能」を始め「予測スコア機能」,「問題レコメンド機能」など大変魅力的に映る学習コンテンツもあるのですが,これらはすべて無料では使えません。

特に,有料プランで始められた方が無料プランに変えてみたときの喪失感は相当のものでしょう。

詳しい機能については次章をご覧ください。

ちなみに推奨されるスマホスペックとしては,本記事の更新時点で,

  • Android4.4以降,iOS10.0以降

となっており,ダウンロードはそれぞれ以下のサイトから可能です↓↓

アプリ別ダウンロード

 

機能の詳細と料金

機能説明

ここでは無料で使える機能と有料になっている機能をそれぞれ解説します。

無料で使える!

まずは無料で使える機能からみてみましょう!

音声をリスニングできる

そもそも,このabceedに対応している参考書のほとんどはCDが付いておらず,ウェブでのダウンロードかアプリを使った再生しか選べませんが,スマホを使ってパッと聴けるのは楽です。

使い方ですが,「見つける」から自分の学びたい書籍を見つけたら,学習方法から「音声」を選択し,聴きたい場所をクリックすると,音声データが再生されます↓↓

音声

リスニング用教材であれば,「マークシート」という学習方法から,音を流しながら問題を解くことも可能です↓↓

マークシート

速度も0.5倍から2.0倍の間で変えられます(0.1倍刻みで16段階あり)。

自動で採点してくれる

上の「マークシート」を利用して問題を解くメリットは,自動で採点までしてくれるところです。

正誤の他,かかった時間や正答率まで確認することができますが,解説(書籍の内容)は無料では利用できないので注意してください↓↓

採点機能

この他,参考書ごとの習得率(どのくらいマスターしたか)に加え,学習時間や履歴が確認できるため,モチベーションのアップに繋がりますね!

無料でできることをまとめると,「音声再生・マークシート自動採点・学習時間記録」の3つです。

先述の通り,上記以外で「あ,これ使ってみたいかも」と思う機能については,ほとんどが有料コンテンツとなります。

無料で使う方は,あまり多くを期待しないことを心がけてください。

課金が必要!

続けて課金が必要なコンテンツについてレビューしていきます。

まず最初に料金体系についてまとめておくと,以下の通り(更新時調べ)です↓↓

  • アプリ内書籍:20~40%OFFで購入可
  • 月額料金:unlimited plus1400円,unlimited1000円,premium450円

書籍は,紙媒体で買った人もアプリ内の電子書籍(以降,アプリ書籍と呼びます)を再度購入する必要があることには注意してください(課金して使う予定の方は,紙媒体は買わず,いきなり電子版を買うのもおすすめです)。

有料限定の機能を一覧にすると,

  1. 教材使い放題・予測スコア機能・問題レコメンド機能
  2. MY単語帳・ディクテーション/シャドーイング機能・辞書・詳細分析機能

の大きく2つに分けられますが,1のみ利用できるのがunlimited,2のみがpremium,そしてunlimited plusではもちろん両方を利用できることになります。

多くの人が使いたいのは「1」に含まれる機能でしょうから,最低月1000円はかかると考えてください。

解説がスマホで読める

課金して書籍を購入すると,スマホ上で解説が確認できるようになります↓↓

有料コンテンツ

上はアプリ書籍と紙書籍のものを比較したものですが,発音記号や正答率などアプリ書籍にしかないコンテンツも存在するようですね。

こういった情報はAIが問題をレコメンドする際に利用されるのでしょう。

先ほどの「2」に含まれる機能は,人によっては重宝するのでしょうが,自分としては使い勝手が悪かったので(しかもスタディサプリにも同時契約していたので),すぐに利用しなくなくなりました。

これらに関しては,無料トライアル中に試して判断してください。

 

口コミについて

良いコメント

abceedに寄せられた良いコメント

  • 習得率が一目でわかる
  • 月額固定で使い放題になるのは素晴らしい
  • インターフェイスと操作性が良い
  • 複数の書籍を横断して管理できるのは確かに便利

習得率や複数の書籍を管理できるのは無料ユーザーとしては役立ちますが,良いコメントを寄せているのはほとんどが課金しているユーザーです。

使い放題になるテキストもこの1年間で47冊から98冊にまで2倍以上に増えましたし,テキストの1冊あたりの料金を考えると,だいぶ安く済ませられると思います。

また,AIのレコメンド機能は思考停止した状態であっても,目標スコアに足りないとされるpartをひたすら合格レベルになるまでやっていけばよいので,変に迷わなくてすむでしょう。

悪いコメント

悪い口コミ

  • やや使い勝手が悪い
  • 紙書籍を持っているのにアプリ書籍を購入しないといけない
  • 使っていると細かいところに不満が出てくる

ただし料金は値上げの一途をたどっています。

かつて月額550円(年間だと3600円)だったものは,人気が出たからでしょう,現在は月1400円になってしまいました。

また,人によっては使い勝手が悪いと感じるところもありますし(私はシャドーイングがうまく判定されないのが不満でしたし),予測スコアは上がりもするが落ちもするので,いつまで経ってもスコアが上がらないこともあるでしょう。

リコメンドされるバリエーションに富む問題も,色々な著者による解説が一貫性に欠けると映るかもしれません。

もっとも,有料なのでアップデートが細かく入って,改善はされてきています。

問題が見つかると大体2週間くらいで改善されてきており,この姿勢は2020年の6月になっても変わっていません。

アップデート頻度

逆に,課金を促す広告が多いことからわかるように,無料で使う場合は大した機能は使えませんので,紙媒体を好む人間にはイマイチだと思います。

 

収録されているTOEIC教材について

最後にabceedに収録されているTOEIC教材からランキング上位にあるものをいくつか紹介してみましょう(記事更新時調べ)!

ランキング1位

金のフレーズの表紙
金のフレーズ

続きを見る

ランキング2位

でる1000問の外観
文法問題 でる1000問

続きを見る

ランキング5位

精選模試リスニングの表紙
新形式精選模試リスニング

続きを見る

ランキング7位

銀のフレーズの表紙
銀のフレーズ

続きを見る

ランキング11位

至高の模試600問の外観
至高の模試

続きを見る

ランキング23位

究極のゼミPart7の表紙
究極のゼミPart7

続きを見る

ランキング24位

直前の技術の外観
直前の技術

続きを見る

当サイトでもレビューしたTOEIC教材が数多く入賞していたので,ちょっと安心しました。

逆に言えば,abceedに収録されている英語教材であれば,世に一定評価を得ているものだと思ってよく,逆引きのように今の自分に必要な参考書を探し出すのにも使うこともできそうです。

abceedがTOEIC界の登竜門となり,多くの著者が自分の参考書の収録を目指すようになる日がくるのでしょうか。

 

まとめ

まとめ

以上,abceedというアプリの使い勝手と機能,さらには寄せられた口コミについてまとめてきました。

最後には収録している書籍の一部を紹介しましたが,今後もアプリ上で使える参考書は増えていくことと思われます。

無料会員ですと残念ながら,多くのページで電子書籍を購入させたり,プレミアム会員になるような宣伝があるので,わずらわしいと感じるところも多いと思いますが,CDやパソコンでダウンロードすることなしにリスニングができるのは楽です。

また,リアルタイムによるスコア予想により勉強量が可視化されるので,モチベーションの維持にも役立ちます。

興味がある方は是非↓↓

公式サイトへ

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC教材
-

© 2020 スタディTOEIC®