『出る単特急 銀のフレーズ』のレビュー

以前,『出る単特急 金のフレーズ(金フレ)』のレビューをしましたが,今回はその基礎固め編にあたる,

銀のフレーズ

という単語帳について,その中身を紹介していきたいと思います。

どのような難易度の単語が収録されており,どのような使い方ができるのか,そして金フレとの比較もあわせ,是非,本レビューを参考にしてみてください!

基本情報と目次

銀のフレーズとは

名称:TOEICL&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ

著者:TEX加藤

価格:890円+税

ページ:276ページ

出版年:2018年2月

本書は現時点でTOEICスコアが300~500の読者を想定しており,目標スコアとしては600点となります。

もちろん,1冊の単語帳を読み終えいきなり900点以上をパッと取れてしまうならばそれに越したことはありませんが,小学生に高校の授業をしても理解できないように,段階を踏んでステップアップしていくのがTOEIC学習の最短ルートです。

特に,この『出る単特急 銀のフレーズ』ではTOEICによく出る基本単語が掲載されているので,単語の意味を理解するだけでなく,単語を見て意味が出てくるまでの反応速度を短くすることで,問題を解くスピードが上がり,パート1から7に至る全体的なスコアアップが期待できます。

TOEICを受検したことのない方や中学英語からやり直そうと思っている方は,この単語帳から始めるのが特におすすめですね。

収録語数としては1000語程度で,データベースには,

  • 中学校の教科書
  • TOEIC公式教材
  • 著者が受験したときの独自データ
  • 金フレの掲載語

が用いられています。

中学英語は学力の土台となりますし,公式教材で使われている単語はTOEICの開発元が「これが公開テストで出す単語レべルだよ」と公言しているようなものです。

加えて,著者のTEX加藤氏が100回の受験を通して書き留めたという独自データは,まさに実際の公開テストの難易度を最もよく反映したものであることに疑いはありませんね。

しかし最後1つは気になる点だと思われますが,実は姉妹書である『金のフレーズ』から,重要度の高い500語近くが本書においても再収録されています

「これでは金のフレーズとほとんど変わりないのでは」

と多くの方が思われることでしょう。

が,単語自体は同じもののフレーズは異なるため,銀と金の2種類のフレーズを通して学ぶことで,より重要語の根本的な意味が掴める効果が期待できます。

ちなみにですが,知識として吸収する際,1つのものを多角的に学ぶことは理解度を高め,より忘れにくくなることはよく知られていることです。

とはいえ実際の金フレとの違いについては,次章でより詳しくまとめておくことにしましょう。

 

 

銀フレと金フレの比較

金のフレーズと銀フレの比較

さて,銀のフレーズと金フレを比較してみると,以下の表にまとめたような結果になります↓↓

銀のフレーズ 金のフレーズ
収録語数 重要語1000語 発展含む1000語
目標スコア 600点 990点
対象者 TOEIC初心者~500点 500点以上
類似点 価格(890円+税)・レイアウト(音声DLや赤シートなど含む)

仕様については,レイアウトから定価にいたるまでの多くが共通で,違いとなるのはほとんど内容面だけでした。

実際に使ってみるとわかりますが,より丁寧な解説であったり,基本語の収録が多いと感じるのが銀のフレーズですね。

 

目次の比較についてはこのようになります↓↓

金フレと銀フレ,もくじの比較左が銀フレのもので,右が金のフレーズのもくじです。

題名の付け方に違いはあるものの,どちらも難易度の低いものから高いものへとステップアップしていく順番になっているのがわかりますね。

なお,メインコンテンツの合間にあるSupplementでは,『設問に出る単語・表現(いわゆるパートごとの指示に出てくる語句の意味をまとめたもの)』や『注意すべき日常単語(家電や日用品などの単語とその和訳)』が銀フレに追加されていたり,同名のものでもやや違いがみられます。

例えば『前置詞・接続詞・接続副詞』においては,銀フレの方が基本語の収録が多い印象です↓↓

銀フレと金フレ,もくじの比較

金フレは,中上級者ならばわかっているであろう無駄を省き,より高得点を取るのに特化しているともいえるでしょう。

逆に,『部署・職業名』などは収録語がほぼ同じですので,2冊の単語帳を両方とも持っているとやや損な印象も受けます。

 

 

使い勝手をレビュー

銀のフレーズの使い方

最後に『出る単特急 銀のフレーズ』の使い勝手の方をみていきましょう!

まず特徴的なのは,勉強法についてのページがあることです(上記画像参照)。

これは中上級者対象の金フレにはなかったもので,どのようなペースで学んでいけばよいのかわからない初心者の方には使いやすいですね!

簡単にまとめると,

  1. 週に100語ずつ覚えることを基本とする
  2. 毎日100語に触れるが,同じ週であれば翌日も同じ100語を扱う
  3. 最初の5日は左ページを読むことに専念
  4. 残り2日は赤シートで右の日本語を隠してチェックする
  5. 次週も1~4の作業を繰り返す+先週分の音声を通して聴く

といったものです。

実際のページでそれを確認してみましょう。

最初の5日ですが,左ページにある日本語とフレーズのみを学んでいきます。

銀のフレーズの使い勝手をレビュー1

1日分のノルマ100語というのは,上記の見開きページが10語ですので,これを10回めくったほど。

コツとしては,あまり欲張らず,左ページの内容だけにとにかく目を通し,さっさと終えてしまうことです。

右の単語訳は6,7日目に確認しますが,さらにその横に書かれた解説は余裕があったら読むくらいのスタンスでよいと思います。

結果として,このサイクルを約2か月(10週間)繰り返すことができれば,ほとんどの見出し語が覚えられるとのことです。

 

上に挙げた10語は最も易しい『基礎の400語』に属するものでしたので,残りの難易度の単語も紹介しておきましょう。

『頻出の300語』の例がこちら↓↓

頻出の300語のレベル

 

『必須の200語』になると,また難易度が高まります↓↓

銀振れの必須の200語のレベル

 

そして『発展の100語』ともなれば,かなり難しいと感じる方も出てくるのではないでしょうか↓↓

銀のフレーズ発展の100語のレベル

 

 

まとめ

まとめ

以上,TEX加藤氏による『TOEICL&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ』のレビューを,金フレとの比較や勉強法を通してみてきました。

TOEICのスコアとしては,日本人の平均を以下の記事にまとめましたが,やはり600点というのは超えたい1つの壁です。

参考:日本人の平均TOEICスコアと目標点の比較

 

先述した通り,基礎的な語彙力というのは,すぐにスコアとなって目にみえてくる類のものではなく,身に付けると知らず知らずのうちにじわっと全体的に効いてくるものです。

何の単語帳を買おうか悩んだら,まずはこの銀フレから始められることを強くオススメします。

先ほどの勉強法に従って学習リズムさえ習慣化されてしまえば,他の単語帳でレベルアップするときにもきっと役立ちますよ。

1つだけ気になるのは,1日100語を学ぶというところで,こればっかりはどんなに手を抜いてやるといっても,勉強習慣がない方にとってはかなりツライものになるかと思います。

私が愛用しているスタディサプリENGLISHの『TEPPAN英単語』のように,スマホのアプリでパッと学ぶ方が合う方もいらっしゃるかと思いますので,お好みでいくつか試してみてくださいね!

 

銀フレは以下のサイトで購入可能です↓↓

【Amazon】TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ

【楽天】TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ

 

ぜひ,みなさまが目標スコアを突破できますことを願っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-参考書

© 2020 スタディTOEIC