洋画をTOEIC勉強の合間に観よう!楽しい勉強法のすすめ!

TOEIC学習をしている方で,平日しっかりノルマを達成できている方にすすめたいのは,

洋画の視聴

です。

とはいえ,その目的はスコアアップに直結するからではありません

全く洋画を観ることなしに,目標スコアはその調子で学習を続ければ達成できるでしょう。

ですが,英語学習の大きな目的は「コミュニケーションツールとしての英語の獲得」であり,ただ勉強としてやらされているわけではなく,

「英語が聞けたり話せるって,こんなに楽しいものなのか!」

という純粋な感動を定期的にチャージすることは,根本的なやる気に影響するという意味で大切な勉強法の1つではないでしょうか。

今回の記事では,そんなTOEIC学習を楽しくさせる洋画の使い方について,少し書いてみたいと思います。

 

 

洋画の魅力

皆さんは洋画を観る際,吹き替え版ですか,それとも字幕付きのものを利用しますか?

私は英語の音自体,聞いてて大変心地よいので,大体は日本語の字幕付きのものを観ます。

アナと雪の女王を観た時も,キャラクターの口が音と合っていて自然でしたし,Let it Goの楽曲も韻を踏んでいるいることがより強く感じられたりと,日本語で聴くよりも良いところが発見できました(もちろん「ありのままの~」も素晴らしい歌で気に入りましたが)。

プリズンブレイクのような日常パートが多い洋画では,普段の日常会話で耳にするような英語をたくさん聴けるので覚えがいがありますし,比較文化的にも学ぶことが多いなぁと感じたものです。

是非部屋を暗くしインターホンの電源を切り,場合によってはヘッドホンをして洋画の世界に入り浸ってみてください。

きっと新しい楽しみがまた1つ増えるのではないかと思います。

さて,以上は「純粋に洋画の楽しさに触れてみてはどうか」という話でしたが,次章では今回のテーマである洋画とTOEICの関係について考えてみましょう。

 

 

洋画をTOEICに役立てるには

いわゆる洋画を趣味にするというのはこれから長きにわたる可能性があるものですが,TOEICの学習をしている最中にはやはりそれなりの工夫をして,スコアアップにも影響を及ぼすように働きかけていきたいものです。

そのためにはいくつかの条件を設定する必要があります。

私からは以下の3つを提案したいのですが,

  • あくまで週末にほどよく楽しむ
  • 英語字幕付きのものを観る
  • オフィスが舞台のものがおすすめ

です。

洋画がいくら役に立つと言っても,やはりメインの学習はTOEICの王道を行くもの(パート別攻略法を学ぶ,問題集で類問を解くなど)にすべきです。

TOEIC用の教材はそれこそスコアアップに直結する内容になっているので,平日などの時間がないときは毎日のノルマをこなすようにしましょう。

そのため,洋画を観るのは計画に支障がでない週末などがおすすめです。

次に意外と盲点なのですが,英語の字幕が出た状態で観ることを心がけましょう。

というのも,洋画はTOEICの高スコア取得者でも聞き取ることは容易ではなく,聞き取れない部分が確実に出てくるものだからです。

そのとき,どんな音が聞き取れなかったのかをすぐに確認するために,英語の字幕が出た状態で英会話を聴く環境が必要になります。

そして最後のポイントとして,洋画のシーンがオフィスを舞台にしたものだと文句なしです。

TOEICのリスニングも会社内での会話が中心なので,そこでよく耳にする単語やシチュエーションに触れられるようなシーンが出てくる洋画を観ることで,よりスコアアップに影響すると考えられます。

 

 

動画配信サイトのおすすめ

動画配信サービスのおすすめ

Jade87 / Pixabay

気になった作品をブルーレイやDVDで購入してもよいですが,オフィスが舞台であるかどうか確認するだとか,視聴前に試してみる必要性を考慮すると,今の時代は動画配信サイトを利用するのがおすすめです。

ひと月1000円程度で利用でき(高いところでも2000円弱),ものすごい数の洋画や海外ドラマが観られるサービスは24時間いつでもどこでも利用できる強みがあります。

どのサービスも2週間から1ヶ月ほど無料で使うことができますが,先ほどの条件である英語字幕が確認できるものに限定しますと,

  • Hulu
  • Netflix

の2つが候補に挙がりました。

ちなみにこれ以外の有名どころであるU-NextやAmazonプライム・ビデオ,dTVなどのサービスでは残念ながら英語字幕は利用できないのでご注意ください(動画のラインナップは良かった分,残念です)。

 

Hulu

Huluの洋画ラインアップ

Hulu(フールー)は月額933円で利用できるサービスで,日本初上陸の海外ドラマであったり,日米英ニュースなどのリアルタイム配信も利用できます。

オフィスものと言えば,上に出ている「プラダを着た悪魔」もそうですが,the office(ジ・オフィス)のようにタイトルがすでにそのものなものまであります(笑)。

それ以外にリアルタイム配信では,BBCやCNNといったニュース番組であったり,さらにはFOXやNational Geographicなどの人気番組も視聴できるので,BGM代わりにかけておくことで一日中英語を聴きながら過ごせる環境を作り出すこともできるので大変おすすめです。

観られるプログラムについては,公式サイトの方から確認することもできるので,是非覗いてみてください↓↓

【公式】Hulu

私の好きなウォーキングデッドもあります。

 

NETFLIX

NETFLIXの紹介

アメリカの大手動画配信サイトNETFLIXが日本に上陸。

海外ドラマに特に強く,ここでしか観られない作品も多いですが,日本の作品もラインナップに入っています。

以前私が利用していたときは,オフィス系洋画の筆頭とも思われる「マイ・インターン」や海外ドラマの「セルフリッジ英国百貨店」などがあったように記憶していますが,現在では配信が終了になってしまっているようなので注意してください。

現在何のプログラムが視聴できるかについては実際にログインしないと確認できませんが,30日間の無料お試し期間が設けられているので,是非利用していただけたらと思います↓↓

【公式】NETFLIX

月額800円~1800円で観られますが,HD画質以上で観るためには1200円以上かかります。

 

 

まとめ

洋画とTOEICまとめ

afra32 / Pixabay

学問を扱うはずの大学でも最近は,「就職に有利だ」とか「学生ファースト」などの理由でTOEICのスコアアップを目指す講座が普通にあると聞きました。

TOEICのスコアは社会において自分の英語力を証明するためのものであり,「純粋に英語を身に付けたい」という目的とはややかけ離れたところに位置するものです。

それこそ「就職や昇進に必要だ」というような目的,言うなれば俗世間に染まってしまっている目的は大学本来の目的からすれば邪なものだとも言えてしまうでしょう。

学問というのはそういった点数で測れるものではなく,抽象的すぎるくらいでちょうどよく,自分の思考の根幹を支えて無意識にじわっと効いてくる,そんな類のものだと思っています(ふとした動作に知性を感じる,そんな人になるためにはそういう学問が必要なのではないかと個人的に思います)。

といったわけで,利を追求したTOEICの学習においても,本来の言語学習の動機を追及するような,「純粋に英語を楽しむ」という経験を入れてみてはどうかと思うのですが,いかがでしょうか。

別の角度から英語に触れることで,思わぬところでブレイクスルーがあるかもしれません。

上記の動画などを通して,少しでも楽しいと感じられた方は,TOEIC学習の合間に洋画や海外ドラマを英語字幕と一緒に是非とも視聴してみてください!

 

TOEIC対策のおすすめ2019

ベーシックプラン

オールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,短期間で効率良く学習したい方は,まずスタディサプリを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもあり。

パーソナルコーチプラン

TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人はトレーナーを付けるのがおすすめ。学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない緊張感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

-おすすめTOEIC対策

Copyright© スタディTOEIC , 2019 All Rights Reserved.