海外ドラマや洋画を使ってTOEIC対策!楽しい勉強法のすすめ!

TOEICの学習をされている方で,平日しっかりノルマを達成できている方におすすめしたいのは,海外ドラマや洋画の鑑賞です。

もちろんその目的にスコアアップをねらうはありますが,かといってそれがすべてではありません。

変な話,海外ドラマや洋画を観ることなく,普段の調子で勉強を続ければスコアアップはおそらく達成できるでしょう。

ですが,英語学習を初めて志したときの願いはきっと「コミュニケーションツールとしての英語を習得すること」だったはずです。

ただ勉強としてやらされている感のある日々から解放され,「英語が聞けたり話せるって,こんなに楽しいものなんだな」という純粋な感動を定期的にチャージすることは,根本的なやる気に直結するという意味で勉強法の1つにカウントしてもいいのではないでしょうか。

今回の記事では,そんなTOEIC学習を楽しくさせる海外ドラマや洋画の使い方について,少し書いてみたいと思います。

海外ドラマ・洋画の魅力について

皆さんは洋画を観る際,吹き替え版ですか,それとも字幕付きのものを利用しますか?

私は英語の音を聞いてて大変心地良いと感じるので,大体は日本語の字幕付きのものを観ます。

その目的は,やはり登場人物が英語でしゃべるからです。

英語そのものの音が好きなんだなぁと実感します。

もちろん日本語も好きですが,外国の人が登場人物なのに,別の人が話す日本語を聞かされるのは好みではありません。

アナと雪の女王では,キャラクターの口が音と合っていてより自然になりますし,プリズンブレイクのような日常パートが多い海外ドラマでは,普段の日常会話で耳にする英語をたくさん聴けるので覚えがいがありますし,比較文化的にも学ぶことが多いなぁと感じたものです。

プリズンブレイクの1シーン

自分の部屋を暗くしてインターホンの電源を切り,場合によってはヘッドホンをして海外ドラマや洋画の世界に入り浸ってみてください(「PlayStation VR」のように,完全に周りの視界を遮り,劇場の大画面で見ているような気分になれるガジェットも良いものです)。

私は海外モノを観たあとはもれなく影響されてしまい,しばらくはその人物になりきって英語でしゃべるようになってしまいます。

その英語が正しいかどうかは定かではありませんが,気分は完全に映画で見た主人公そのものです。

朝に映画をみるのであれば,あえて前向きなタイトルを選ぶことで,少なくともその日一日は格好良く生きられる気がします。

これも1人称を主体とする「英語」という言語の持つ力なのでしょうか。

このときの英語はもちろん,学習者のために難易度を落として喋ったような生易しい英語ではありません。

ノイズの乗ったナチュラルスピードの,普段話されている英語です。

まったく聞き取ることができないことも多く,そのたびに自分の英語力のなさを痛感します。

ですが,それがむしろ好都合。

気が付くと,やる気にさせられている自分がそこにいるからです。

さて,ここまでは「海外ドラマや洋画で英語に触れてみるのは魅力的だ」という話でしたが,次章では今回のテーマであるTOEICとの関係について考えてみましょう。

 

海外ドラマや洋画をTOEICに役立てるには

海外ドラマや洋画を趣味にするというのは長きにわたって続きうるものなので,各自のライフスタイルに従って自由に楽しめばよいのですが,ことTOEICの学習をしている期間に限っては,やはりそれなりの工夫をしてスコアアップに影響を及ぼすよう働きかけたいものです。

そのためには,観る対象にいくつかの条件を設定する必要があります。

私からは以下の3つを提案したいのですが,

  1. 週末などに程よく楽しむ
  2. 英語字幕付きのものを観る
  3. オフィスが舞台のものがおすすめ

です。

まず1つ目についてですが,続きが気になるからと毎日ずっと見続けてしまうようでは,座学の勉強の時間が取れなくなってしまい,本末転倒な感じが否めません。

海外ドラマや洋画がいくら楽しくて勉強の役に立つと言っても,やはり普段の学習にはTOEICの王道を行く勉強法(パート別攻略法を学ぶ,問題集で類問を解くなど)を採用すべきです。

TOEIC用の教材はそれこそスコアアップに直結する内容になっているので,平日などの時間がないときはそちらのノルマをこなすことに専念しましょう。

映画を観るのは週末や休日だけ。

このくらいの分量が適当です。

2つ目は意外と盲点なのですが,英語の字幕が出た状態で観ることを心がけましょう。

吹き替え版ではなく,英語で喋っているオリジナルのものを「英語字幕」で観るのです。

人物が喋った英語を目ですぐに確認するために表示します。

というのも,ネイティブの英語はTOEICの高スコア取得者でも聞き取ることは容易ではなく,よくわからない部分が確実に出てくるものだからです。

先に字幕に目をやって待ち構えていても,「え,こんな英語喋ってる?」とか「こんなに早いのか!」と驚かされます。

そして3つ目のポイントとして,メインとなるシーンがオフィスだと文句なしです。

TOEICのリスニングでは社内での会話が中心なので,ビジネスでよく耳にする単語やシチュエーションに触れられるようなシーンが出てくる海外ドラマや洋画を意図的に選ぶことで,よりスコアアップに影響させられるように思います(例については後で触れます)。

また,イギリス英語のなまりに苦手意識がある方であれば「ハリーポッター」をチョイスするなど,現状抱えている弱点を解決してくれる作品を観るのもおすすめです。

 

動画配信サイトのおすすめ

動画配信サービスのおすすめ

気になった作品をブルーレイやDVDで購入するのもよいのですが,舞台がどうか確認するためだとか,内容が好みかどうかを視聴前に試す必要性などを考慮すると,今の時代は動画配信サイトを利用するのがおすすめです。

ひと月1,000円程度で利用し放題になる上(高いところでも2,000円弱),ものすごい数の海外ドラマや洋画が観られてしまうオンラインサービスは,24時間いつでもどこでも利用できる強みがあります。

しかも,大体のサービスで2週間から1ヶ月ほどの無料体験期間が存在するのが普通です。

その期間を利用して,自分の環境で利用できるかどうかであったり,休日に観たいと思えるかなどをチェックしていきます。

なお,先ほど提示した条件の2つ目にあたる「英語字幕が確認できるもの」でふるいにかけてみると,

  • Hulu
  • Netflix
  • EEvideo

の3つが引っかかりました。

他の有名どころである「U-Next・Amazonプライムビデオ・dTV」などのサービスでは残念ながら英語字幕は利用できないのでご注意ください

私はこのどれも利用したことがありますが,以下にその時の様子を簡単にまとめておきます。

Hulu

Huluの洋画ラインアップ

Hulu(フールー)は月額1,026円(税込)で6万本以上の動画を利用できるサービスで,毎月多くの海外ドラマやTVが新しく配信されてきました。

私は「24」から始まり,「プリズンブレイク」や「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」,そして「ウォーキングデッド」の観られるFOXチャンネルが好きでおそらく一番長期間契約しています。

タイトルの中には日本初上陸のものもありますし,日米英ニュースなどのリアルタイム配信が利用できるのも魅力です。

オフィスものと言えば「プラダを着た悪魔」もそうですが,「the office(ジ・オフィス)」のようにタイトルがそのまんまなものもあります。

それ以外にリアルタイム配信では,BBCやCNNといったニュース番組を始め,さらにはNational Geographicなどの人気番組も視聴でき,BGM代わりにかけておくことで,一日中英語を聴きながら過ごせる環境を作り出せるところもおすすめです。

観られるプログラムについては,公式サイトから確認してもらうのが早いので,是非チェックしてみてください↓↓

無料体験はこちら

NETFLIX

NETFLIXホーム画面

アメリカの大手動画配信サイトといえばNETFLIXです。

海外ドラマに特に強く,ここでしか観られない作品も多いですが,日本の作品もラインナップに入っています。

最近はテラスハウスや愛の不時着を観ましたが,ちょっとこれは英語とは関係ないですね(せめてもの罪滅ぼしに英語字幕を表示して観たりしています笑)

TOEIC対策としては,オフィス系洋画の筆頭とも思われる「マイ・インターン」や海外ドラマの「セルフリッジ英国百貨店」などを過去に観ましたが,時期によっては配信がされていないこともあったので注意してください。

現在何のプログラムが視聴できるかについては,実際にログインしないことには確認できませんが,30日間の無料お試し期間が設けられているので,是非利用していただけたらと思います↓↓

無料体験はこちら

最低月額880円で観られますが,HD画質以上で観たり,1度に2台で利用できるようにすると1,320円以上かかります。

EEvideo

大統領就任演説

最後のEEvideoは語学目的に特化したもので,最近の映画が観られるサービスではありません。

こちらは各国の旅行動画やニュース映像,さらにはアニメの動画を観ながら字幕や日本語訳を表示したり,さらには動画の再生速度を変えることができます。

1つの動画を完璧にマスターするような使い方ができ,こちらのEEvideoですと,平日の学習にも十分取り入れられる内容です。

扱う動画をどう思うかについてで,好みが分かれるのと思うので,公式サイトからスマホアプリをダウンロードして使っていただくか,レビュー記事をお読みいただけたらと思います。

利用料金は30日で1,000円とこちらも相場並みです。

 

まとめ

マイインターンの1シーン

以上,TOEIC対策に海外ドラマや洋画を使う方法とおすすめの動画サービスについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

学問を扱うはずの大学でも最近は,「就職に有利だ」という理由でTOEICのスコアアップを目指す講座が普通にあると聞きました。

単位にも認定されるようですし,その前の段階の入学試験でも普通に使われるようです。

ビジネスの世界においても,TOEICは昇進や出張もしくは自分の英語力を証明するために使われるので,ビジネスツール的で無機質なもののような印象があり,嫌々やらされてしまうもののようになってしまっています。

しかし,実利を追求したTOEICの学習だからこそ,本来の言語学習の根本欲求を満たすような「純粋に英語を楽しむ」経験が時に大切になってくるのではないでしょうか。

また,別の角度から英語に触れることで,思わぬところでブレイクスルーがあるかもしれませんし,普段の勉強に疲れてしまった人が初心に返る際にも役立ちます。

なお,英会話の世界でよく言われることですが,英語力の変化を感じるためには約100時間のリスニングが必要です。

その調子で続けていって1,000時間に達してしまえば,それはそれは大きなブレイクスルーが期待できます。

いずれにせよ,それだけの長時間,英語の音に触れ続けるためにはとにかく長く見続けることが大切で,海外ドラマの良いところは,シリーズもので新しい話が長く追加され続けるからです。

洋画と海外ドラマの違いについては触れてきませんでしたが,後者の場合,登場人物ごとの英語の特徴が分かってくるため,聴き続けるほどにわかりやすい英語に変わってくる傾向があります。

すぐに終わってしまう心配もなく,ウォーキングデッドの監督によれば「永遠に続けていけるだけのアイディア(スピンオフなど)がある」そうです。

コロナの影響で,家にいる時間が増えてきました。

是非,そんな時間を利用して,海外ドラマや洋画を英語字幕で楽しんでみてはいかがでしょう!

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC勉強法
-

© 2020 スタディTOEIC®