TOEICに出てくるリスニング勉強法!音法を理解してシャドーイング!

リスニングの勉強はリーディングと並んで,他の2技能よりも優先して勉強したい技能の1つです。

TOEICのL&Rではパート1~4でその実力が直で試されますが,S&Wを受験する予定の方であっても,L&Rの勉強から始めることがむしろ高スコアのための近道になることもあるので,特に実力を底上げするような勉強法は積極的に採用してほしいと思います。

リスニングセクションの解き方については,すでに別の記事にまとめました。

本記事では,より一般的なリスニング勉強法について具体的にみていくことにしましょう!

TOEICとリスニング力の関係

TOEICのL&Rでスコア400~500点を目標とする場合,リスニング力が特に結果に影響してきます。

このレベルの学習者の特徴は,英語を聴いても単語が複数浮かぶまではあっても,一文完璧な状態で聴き取ることまではできないので,聞き取れた単語だけを頼りに答えるしかない状態です。

例えば,以下の例文で赤く示したような部分が聞き取りづらい箇所となるでしょう↓↓

Why don't you join us for dinner after the conference?

  1. He joined the company last month.
  2. Where are you going?
  3. Yes, last year.

join usがもしかすると1語として聞こえてしまうかもしれません(もし選択肢のAにjoinがなければ,enjoyやjoyと聞き間違えてしまう可能性があります)。

他のdinnerとconferenceのみ聞き取れたと仮定すると,上の質問の場合,

(ワイドニュ)(ジョイナス)dinner after conference?

という状態から答えを選ばなければならないわけで,正解のBを選ぶのは中々に難しくなってしまうのではないでしょうか(conferenceという単語に慣れていないと,companyと誤解してしまうかもしれません)。

このように音が正確に聞き取れない原因は,音が繋がったり落ちたりする,ナチュラルスピード特有の現象が起こっているからです。

しっかり聞き取るためには,「このような音のルールに慣れる」というのが,まず第一にすべき勉強になります。

それには,

  • 音のルール(音法)について学ぶ
  • シャドーイングを行う

という2つが大切ですが,より具体的な手段については,次章以降で説明していきましょう。

 

英語の音法の学び方

スタディサプリのリスニングPLUS

英語の音変化には,色々な説明の仕方がありますが,例えばスタディサプリでは,

つながる音(連結)・落ちる音(脱落)・変わる音(同化)・短くなる音(短縮)・弱くなる音(弱形)・柔らかくなる音(変形)

のように分類されています。

音法をこのように体系的に教えてくれる本があればそれを使うのもいいですし,最近はYouTubeでも音法を扱った動画があるかもしれません。

もちろんオンライン教材を使って学ぶのも簡単な方法です。

音法について知ることは絶対ではありませんが,知識として持っていることで,意識を初めてそちらに向けることができます

例えば,野に咲く植物について,自分が知っている植物だと目に飛び込んできやすいのと同じことです。

そしてルールをわかった状態で,さらに自分でも同じように発音できて初めて身に付いたことになります。

次のシャドーイングまでしっかりとやっていきましょう!

 

リスニング力を高めるシャドーイング

英語の音に慣れるための勉強法として3つのシャドーイングが知られています。

まず1つは「アイ・シャドーイング」です。

これは,ゆっくりめに読まれている英文を,耳で聴きながら目(アイ)で追っていく勉強法で,スクリプトと音源が必要になります。

これをすることで,英文が「実際に」どのように読まれるのか理解することが可能です。

音源を色々な速度で再生できるアプリもありますので,ゆっくり再生したものに慣れたら,普通の速度でも聞いてみてください。

シャドーイングの第2段階目は「ヴォーカル・アイ・シャドーイング」です。

1つ目のものに声出しが加わったものですが,耳で英文を追いながら声を出して読んでみてください。

文字通り読むのではなく,先に言った「音の変化」を意識しながらやってみましょう。

最初はうまくいかないでしょうが,音源と自分の声のずれがなくなるまで,何度も声に出して読んでみてくださいね。

最後の段階にあるのが「ディクテーション・シャドーイング」で,これはスコア500点をすでに持っているようなレベルの方にも効果的な勉強法です。

聞こえた英文を一字一句正確に書き取るもので,音源を一時停止してもよいので,限界だと思うところまで書き取ってください。

どうしてもわからないところは「こういう英語が来るんじゃないか」と推測しながら聴くことで,不思議とその音が聞こえてくるのが不思議です。

 

リスニング教材の選び方

TOEIC対策にかかわらず,リスニングでは集中して聴く時間を大切にしてください。

そのためには,教材が「楽しい」内容であるか,上で紹介した「シャドーイング」をトレーニングメニューに取り入れることをおすすめします。

楽しいトレーニング方法として,洋楽を聴いたり,自分の興味のある分野を扱ったTV番組や,MLBやNBAをスポーツ観戦するのがいいでしょう。

TEDやNBC sportsのサイトなどを私は利用することが多いです。

ニュースは同じ内容が何度も出てくるので,同じ内容を録画して見直さなくても,違う時間帯に見るなどしてもOKですし,すでに自分に専門知識があるようなジャンルの番組ですと,内容を予測しながら観られるので負担が少なく楽しめます

 

まとめ

以上,TOEICに役立つリスニングの勉強法についてみてきました。

今回の内容を整理すると,

  • リスニングはスピーキングやライティング力にも影響する
  • 音法を理解し,シャドーイングで練習する2つが大切
  • 発展事項として,リスニングを楽しむ工夫もできる

となります。

TOEICのスコアアップを狙うためには,各Partごとの攻略法を理解して,実際の形式で問題を解くことも必要ですが,そういったうわべのテクニックだけでなく,実力を高める勉強も必要なのではないでしょうか。

そして折角,そういった特訓をするのであれば,しっかりとその努力が報われるように正しい勉強法で学んでいってほしいと思います。

先に紹介したスタディサプリのような便利なオンライン教材も利用できますので,是非自分に合うものを1つ見つけて徹底的にやりこんでみてください

英語では,同じ100時間勉強するにも,それを1年かけてやるより3ヶ月などの短期間でやりこむ方が効果的だとされています。

一夜漬けとはなりませんが,学生時代の試験前を思い出し,公開テストまでの残り時間,ちょっとオーバーペース気味に頑張ってみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-勉強法

© 2020 スタディTOEIC