NHKの語学プレーヤーのレビュー!速度を変えられるだけでも十分です。

今回は,「ただ音声を再生するだけではない」という謳い文句の,

NHK出版の語学プレーヤー

というアプリをレビューしていきたいと思います。

具体的にどんな特徴があるのかといえば,「普段聴いている英語音声のスピードを変えて再生できる」のがメインとなりますが,表題にもあるようにそれだけの機能でも十分,多くの方の英語学習に貢献してくれるはずです。

なお,本アプリは有料のテキストを購入するなどして解放される機能も多く,流れる音声の英文までもが表示されるようになったり,再生速度を速くしてもゆっくり聴いている感じのする「耳ボタン機能」も人によっては利用できるのですが,当記事ではあくまで無料で利用できる範囲のみをレビューしていることにご注意ください。

語学プレーヤーとその機能

語学プレーヤーのイラスト

「語学プレーヤー」とは,ラジオ英語などで有名な「NHK出版」が提供する音声再生アプリです。

いわゆる大手企業の手掛けるアプリですから,大きな宣伝目的があるわけで,そのメイン用途としてはやはりNHK語学で扱う講座のサポートとなります。

例えば英語であれば「基礎英語」や各種英会話講座やビジネス英語の番組がありますし,その他に中国語やハングル,ドイツ語,フランス語,イタリア語といった「まいにち○○語」という講座の音声も利用できるようです。

これらの講座を本アプリで聴くと,ただ音声が流れるだけでなく,流れた音声の英文までもが表示されてくるため,テキストを持ち歩かずに済むというメリットにつながります。

ですが今回の記事で注目したいのは,その「文字表示機能」の方ではなく,完全に無料で使える「話速変換機能」の方です。

これは遅い方だと0.5倍速,速い方だと3倍にまでスピードを変えて再生できます。

しかも,普通早回ししたり低速再生すると声質が異なるのが普通ですが,この語学プレーヤーの話速変換機能ではそのようなことが少なく,まるで同じ話者が早口で喋っているように感じられるのが大きな特徴です。

特に登録作業を必要とせずともこの機能は利用できるので,私自身この機能のみを目的に本アプリを利用していると言っても過言ではありません。

普段スマホで英語音声を聴いている方であれば,簡単な作業で速度を変えてリスニングできるわけですから,是非使ってみてはいかがでしょうか。

ダウンロードページ

 

これまでの評価

語学プレイヤーのレビュー

語学プレーヤーの評価ですが,Android版で☆4,iOS版では☆2つとやや評価に違いがみられます。

その理由としては,後者の方でこれまでに不具合が顕著だったためなのですが(特にアプリが起動しなかったのが致命的で☆1が量産されましたが),2020年の4月に大きな改善がなされたため,これから新しくアプリをインストールした方であればAndroid版の評価に近い印象を持つことでしょう。

とにかく課金コンテンツがあるアプリというのはアップデートが頻繁に行われているのが普通で,本アプリも例にもれず,今後も使い勝手は向上していくように思われます。

ですが,やはりスマホとの相性はつきものです。

課金コンテンツに手を出す前に,まずは無料で使えるかどうか試してみるようにしてください。

それでは最近のコメントに絞って,良いコメントと悪いコメントを拾ってみましょう!

良いコメント

  • 話速変換機能が便利
  • シンプルで使いやすい

更新からまだ日が浅く,満足な数のコメントは得られていませんでしたが,やはり無料コンテンツの使い勝手の評価は高いです。

後ほど詳しく画面をみていきますが,スピード調節機能はもちろん,2秒戻しや先送り機能に加え,特定箇所をリピートできるところや,分かりやすいボタン配置などが評価されていました。

悪いコメント

  • 取り込んだ音声の整理
  • 使い勝手が悪い

アプリを一度消去し,新しいアプリをダウンロードした状態であれば,iOS版でも起動しないことはなくなりましたが,今度はこれまでと違うところ(例えば文字サイズが大きくなったところなど)が気になるユーザーも出てきています。

こちらに関しては,人によるところも多いでしょう。

「取り込んだ音声が消去できない」との声もありましたが,私のスマホではちゃんと消去できますし,スマホ内に存在するあらゆる音源を語学プレーヤーに一気に取り込むような使い方をしなければ(やり終えたものはその都度消しているので),取り込んだ音声の並び替えや表記が気になることはないと思います。

もちろん私の場合ではありますし,無料分の機能だけを使わせてもらっているので大きなことは言えませんね。

みなさんは自分の使い方に合っているかどうかを基準に判断してほしいと思います。

 

語学プレーヤーの使い方

アプリを開いたら,「ミュージック」のページにしましょう(説明はiPhoneで行います)。

語学プレーヤーのトップページ

ここに自分が再生したい音声を取り込むことからスタートです。

「+お気に入りに追加」というところをクリックしてライブラリーから取り込みたい音源を選択します。

ここでちょっと不具合があることに気づきました。

一度選択してしまうと,取り消せない上,何度もクリックすると同じ曲が数回取り込まれてしまいます。

同じような症状の方は,一度全部消去して,必要なものだけを1回だけクリックするようにしてみてください。

取り込んだ曲をクリックすると,以下の再生画面へと移動します↓↓

再生画面

画面の説明ですが,①をクリックすると速度の変更が可能です。

デフォルトだと0.5・0.7・0.8などと決まった速度にしかできませんが,⑤をクリックした先の「情報/設定」画面で無段階にも設定できます。

続けて②のリピートについてですが,押す回数によってその範囲が変更可能です↓↓

  • 1度押す:A-Bの指定範囲を繰り返す
  • 2回押す:1曲を繰り返す
  • 3回押す:複数の曲を無限リピート

A-Bの指定範囲については③と④のボタンで設定できます。

そして下段にある⑥のボタンを押すことで,2秒だけ戻したり進めたりといった使い方ができるわけです。

ちょっとした聞き逃しでも1クリックで戻れるのが非常に便利だと思います。

 

まとめ

以上が「NHK語学プレーヤー」の簡単なレビューと,話速変換機能に絞った使い方の紹介となります。

リスニングの基本が「音源を何度も聴くことである」ことだと考えると,この機能だけでも十分語学に役立つシーンは多いものです。

使っているスマホの種類によっては不具合も目立つでしょうが,速度を変えて聞ける機能さえ満足に使えるのであればおすすめできます。

なお,TOEICの学習では苦手とするパートを1.5~2倍程度の速さでリスニングできるように練習してみてください(さすがに3倍速ともなると,もはや早すぎて訳がわかりません)。

普段そのような高速で耳を慣らしておくと,本番で流れる音声がとてもゆっくりと聞こえてくるはずです(何と言っても1倍速に相当しますから)。

これは塾業界で「加圧トレーニング」と呼ばれているもので,学習効果の高い方法でもありますので,語学プレーヤーを使う方であれば,是非ともこのメニューを取り入れてみるようにしてください。

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-スタディサプリENGLISH
-

© 2020 スタディTOEIC®