プログリットのシャドテンとは?どんな特徴があるの

今回は,コーチングスクールとして有名なプログリットのサービスから,「シャドテン」について紹介したいと思います。

これは「シャドーイング+削」という意味の造語ですが,2020年に新しく始まったサービスです。

一体どのような特徴があり,どういった学習効果が期待できるのか,他に類をみない点に注目しながら,まとめていくことにしましょう!

シャドテンは希少なサービス

シャドテンの流れ

希少性があるものは,それがそのまま強みになります。

シャドーイングというトレーニング自体はすでに多くの教材で取り上げられていますし,スクールに通って,講師の前で音読したものをその場で評価してもらうことはあっても,録音した音源を送って,しっかり評価してもらえるサービスについては,あまり聞いたことがありません

もちろん,発音に限らず,話す内容までの総合的な評価であれば,TOEIC S&Wテストなどを受ければ行ってもらえますが,時間もお金もかかる割に,結果として確認できることは,あくまで第3者の最終的なスピーキングの評価だけです。

一体どこがどう悪かったのか,発音のこの部分は良くてここは直すべきだなどの具体的なコメントはもらえません。

もちろん,自分が行ったシャドーイングを録音できるようなアプリはすでに世に出ており,例えばスタディサプリがそうですが,録音した内容をお手本と比較して出来を判断するのは,「あくまでも自分」です。

その点,自分では気がつかない発音のミスまで指摘してもらえるというシャドテンの特徴は,オンライン英会話などで普段学んでいてもできないことでしょう。

また,次章以降で紹介するように,勉強量やサービス内容の質においても,ユニークな点がいくつも見受けられます。

それぞれ章を別にして,1つ1つ,みていくことにしましょう!

 

シャドテンで勉強量が増える

語学に必要な勉強道具

シャドテンで学ぶことで,自ずと勉強量が増えることになります。

まずは課題の量についてですが,30分かけて15回のシャドーイングを行い,シャドーイングの専属スタッフに,自分が録音した音源をLINEで送信するまでが日課です。

「添削」と聞くと,答案を作成したら返事が来るまでに数週間かかって,それを月に2回などするのが通常のイメージですが,シャドテンの課題は毎日あります。

これはつまり,送信した音源が24時間以内に評価つきで返送されるということであり,前日の内容を反省することも,1日のノルマに含めてしまって構いません。

送信しないといけないということは,やったかやらなかったが明確にわかってしまいます。

そのため,自分に言い訳をすることはできませんし,やればやっただけ,結果となって返ってくるわけです。

もちろん,勉強していて疑問が生じたときは,講師にチャットで質問することもできます。

コーチングではないので,講師の方から声掛けまではしてもらえませんが,それでも,これらノルマとチャットの2つが勉強の継続を支えてくれます。

 

シャドテンの良質なサービスで無駄なく学べる

自身のある講師陣

実際に学ぶ教材を選ぶ際にもっとも難しいとされるのは,学習者の今のレベルよりもちょっと上の教材を選べるかどうかです。

シャドテンでは,初回にリスニング力診断があり,その結果に合わせて,300以上の教材から適切な難易度のものを選んでもらえます

当サイトではシャドーイングを,TOEICで400~500点目標の学習者におすすめのトレーニングとして紹介していますが,シャドテンでは,初心者の方から500点を超える方まで対応できるということで,これもまた,教材がしっかりと管理されているからでしょう。

blank
TOEICのリスニング対策は音法の理解とシャドーイングが鍵

リスニングの勉強は,リーディングと並んで,他の2技能よりも優先したいものです。 TOEICテストにおいては,パート1~4でその実力が直に試されますが,S&Wを受験する予定のある方でも,通常のTOEICの勉強から始めることが,意外と高スコアの ...

続きを見る

900点を超えるような方には,ネイティブのスピーチを素材にしてシャドーイングを行うことになりますし,シャドーイング自体のやり方についても説明が受けられます。

また,学習においてはスマホをメインに使いますが,自分の声を録音するだけでなく,音源をスピード調整しながら聴いたり,その全訳を確認することもでき,わからないところは質問できるわけですから,完全な状態でトレーニングができると言えるでしょう。

加えて,教材自体の内容はビジネスやエンタメなど,知的好奇心を刺激する面白いものなので,先述したやる気の面にも良い影響を与えてくれるはずです。

 

まとめ

シャドテンの特徴

以上,シャドテンを使った場合の学習効果について,

  • サービスの希少性
  • 勉強量の増加
  • 良質なサービス

の3つを中心にみてきましたが,いかがだったでしょうか。

もし仮に本サービスを利用して1ヶ月勉強した場合,それだけで15時間程度の勉強量が確保でき,しかもそれは適切なレベルの教材かつ,第3者によるチェックが毎日入るという内容なので,勉強の質は良くなります。

これに料金も考慮すると,総じてコスパが高いと言えるでしょう。

なお,シャドテンでは1ヶ月ごとに料金を支払います。

入会金は不要で,かつ月額21,780円で学べるというのは,プログリットが提供するコーチングサービスと比較すれば,驚きの価格設定です。

多くの人が効果を感じる「3ヶ月」という期間で比較してみると,シャドテンでは21,780円×3ヶ月=65,340円で利用できるのに対し,後者の料金は入会金55,000円+544,500円=599,500円となります。

とはいえ,そのサービス内容に大きな違いがあるので,単純に優劣を決めることはしませんが,後者の卒業者向けに「シャドーイング添削コース」が用意されていることからも,シャドテンは学習の目的によって使いわけるべきでしょう。

そもそもシャドーイングというトレーニングは,主にリスニングの能力に働きかけるためのものです。

TOEICで目標点を見事取得し,次の目標を思案中の方や,海外から戻ってきたばかりの方,オンライン英会話で英語に触れ続けてきたものの,教室に通いづらい状況に陥ってしまった方であれば,猛勉強して身に付けたリスニング力を,高いレベルで維持し続けたいと考えていることと思います。

今回のシャドテンは,まさにそのような状態のときに手軽に利用できるサービスなのではないでしょうか。

無料で体験できますし,時期によってはキャンペーンが実施されることもあります。

具体的な例として,初月の利用料金が数千円引きで利用できることもありますので,是非一度,以下のページの方,チェックしてみてください↓

公式サイトはこちら

 

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

-TOEIC教材
-

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

パート別に攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れます。7日間の無料期間を生かして試しに使ってみてください!

パーソナルコーチプラン

オンラインながら最高峰のTOEIC対策を受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない方はコーチングを受けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能な「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育は,いつの時代であっても鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでのあらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が明確です。

TOEIC界で有名な著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非!

おすすめ記事

カレンダーとスマホの入力画面 1

スタディサプリのTOEIC対策コースでは,不定期ではあるものの,キャンペーンが実施されたりキャンペーンコードが配布されることがあります。 ただでさえ,試験本番までに時間がなくて早く始めたいと思っているわけですから,申し込みの前に時間を取られ ...

パーソナルコーチプランのキャンペーンコード 2

スタディサプリENGLISHの「パーソナルコーチプラン」は,大手リクルートが自信を持って提供する,高品質かつ比較的安価な英語コーチングサービスです。 その評判は高く,数あるアプリや参考書のたぐいを合わせて考えても,一二を争うほど効果的なTO ...

スタディサプリTOEIC対策コースの教材例 3

今回は,スタディサプリENGLISHを使った勉強法として,TOEIC本番までの残り日数別にいくつか紹介してみたいと思います。 期間別の勉強法についてはすでに一般的なものを紹介していますが,今回は以下の方針に基づき,「スタディサプリのみ」を教 ...

blank 4

スタディサプリENGLISHでは新規入会者に向けたキャッシュバックキャンペーンを頻繁に実施しています↓↓ その特典内容やルールについてはその時々でいくつかのバリエーションがありますが,どれもお得に申し込めることに変わりありません。 とはいえ ...

blank 5

最近ますます世の中が便利になってきて,スマホ1つあればTOEIC対策がいつでもどこでもできてしまう時代になりました。 今回紹介するスタディサプリENGLISHの「TOEIC L&R TEST対策コース(TOEICコース)」ですが,ベーシック ...

blank 6

今回の記事では,TOEIC対策として1万円以内に収まるものから,5万円そして7万円を超える高額なものまで,おすすめのサービスを予算別に紹介していきましょう! 世の中の常識として,お金をかけた分だけ受けられるサービスが充実してくるものですが, ...

TOEICの参考書例 7

ここでは数あるTOEIC教材の中から,特に初心者の方におすすめできる参考書を用途別にまとめてみました。 具体的には全体的な理解を深められる総合対策本から,毎日の学習が必要な単語帳,さらにはリスニングとリーディング対策に特化したものとなります ...

優,良,平均の評価チェックボックス 8

TOEIC L&Rテスト(以下TOEIC)ですが,「新形式」と呼ばれる問題形式に変わってから,だいぶ難しくなりました。 新形式が導入されたのは2016年の5月29日(第210回公開テスト)からですが,それ以前のものとは比べ物になりま ...

blank 9

TOEIC公開テストは,申し込んだ日から実際の試験日まで「1~2ヶ月」という時間が残されているのが普通です。 これは決して短くない時間ですが,とりあえず申し込んではみたものの,仕事や子どもの世話に忙殺されてしまい,「後で必ずやるから」などと ...

方針について考えるビジネスパーソン 10

今回の記事では,TOEICの勉強法のうち,短期間での対策に役立つ内容のみをまとめました。 本記事で語る「2週間勉強法」というのは,公開テストまで数ヶ月残っている場合に取る方法とは大きく異なります。 例えば,高校英文法の復習を悠長に行っている ...