スタディサプリのリスニングPLUSで音声変化を学ぼう

スタディサプリで唯一の無料特典である「日常英会話コース」ですが,そこでしか学べない学習コンテンツがあることについては意外と知られていないかもしれません。

例えば以下の記事で説明したオートリスニングがそうですし,細かいところで言えば,デイリーレッスンにあるなりきりスピーキングやクイックレスポンスがそうです↓↓

そして今回紹介する「リスニングPLUS」も日常英会話コースでしか学べないもので,特にこれまでスタジオ録音された学習者のための音源(例えば中学高校の教科書のリスニングCD)しか聞いたことがない方であれば,目から鱗が落ちるかもしれません。

折角使えるのにもかかわらず,「無料だから大したことないだろう」と無視してしまうのは大変にもったいないので,本記事を参考に是非使ってみてください!

リスニングPLUSについて

リスニングPLUSの概要

「リスニングPLUS」はその名の通り,リスニング力をアップさせるためのちょっとしたトレーニングを追加できる学習コンテンツですが,もし仮に全部やる場合,問題数にして6,000問弱という圧倒的なボリュームを誇ります。

さらに面白いのは,学習がある程度が進んでくると自分のリスニング力が自動で判定されてしまうところです。

「単語を1つずつ聞き取る力」と「文章になった場合の聴き取り能力」の大きく分けて2つのリスニング力が判定されます。

最初は左の「?」ばかりの状態からのスタートですが,気が付くといつの間にか右の状態のように変わっていたので驚きました↓↓

リスニングPLUSの自動判定

10個くらいデイリーレッスンが進んだあたりから,自分のリスニング力が評価されてきます。

とはいえ,普段TOEIC L&R TEST対策コースやビジネス英語コースで学んでいる方が,わざわざ無料特典の日常英会話コースを並行して学ぼうとは思わないでしょう。

前者の有料コンテンツの内容を終えるだけでも1日に1時間はかかりますからね。

かといって,このリスニングPLUSにはTOEICやビジネス英語に役立つ内容もあるので,それだけは使っておきたいものです。

そこで,AIによる評価はとりあえず無視して,役立つ内容だけをサッと学ぶ方法をお教えします。

もちろんこれは「?」が満載の状態(初期状態)から実行可能な方法です。

 

リスニングPLUSのレッスン内容

音法について解説するImran先生

リスニングPLUSでしか学べない内容で最も価値があるもの,それはずばり「音声変化」についてのレッスンです。

これは主に単語単位ではなく,文単位になった際に見られる英語の音の変化になりますが,最近の中高生ならまだしも,ちょっと昔に英語を習った方であればおそらく学校では習わない内容でしょう。

専門的に言えば,「連結・脱落・同化・短縮・弱形・変形」の6つになりますが,これらをImran先生の動画を使って学んでいきます。

実際に音で聴かないことにはイメージがわきづらいと思いますが,これらの用語について簡単に説明すると,以下のようにまとめられるでしょうか↓↓

  • 連結:横にある単語の音が繋がってしまうこと
  • 脱落:単語の一部の音が文になると聞こえなくなること
  • 同化:単語がくっついて音が変わること
  • 短縮:短縮形のこと
  • 弱形:冠詞や前置詞の音が聞こえなくなること
  • 変形:音が連続するときなどにやわらかい音になること

動画はどれも3~4分の長さで,観るだけなら30分もかかりません(もっと言うと,動画の最初の1分はすべて共通なので,飛ばせば20分で観終わる)ので,せめてこの段階までは行ってほしいと思います。

それだけでも英語の音への意識が変わってきますし,TOEIC対策コースで関正生先生が解説している内容に同じ話が出きたときも,「あ,あの話か」と反応できるようになるでしょう。

さらに余裕がある方は,実際に音声変化を使ったトレーニングも行ってほしいと思います。

全部でレベルは6つありますが,日常英会話コースのレベルチェックを受けた方はそのレベルを参考に,そうでない方はコースごとの英語力の目安を参考にしながら(例:Lv.3は英検3級程度)始めてみるといいでしょう。

音声変化を含めた課題になるよう意図的に編集されているので,普通にレッスンしていくだけで自然と発音がうまくなり,耳も鍛えられていきます

とはいえ内容はかなり難しい上,1分という制限時間も設けられていて判定もシビアに出るのですが,解説もありますし,1回あたりのトレーニング時間は5分ちょっとと短いです↓↓

リスニングPLUSの問題と解説

毎日TEPPAN英単語やビジネス英単語の学習トレーニングを行えている方であれば,ついでにリスニングPLUSのトレーニングも習慣化して取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

スマホでリスニングをする女性

blank以上,スタディサプリの無料特典である日常英会話コースから,リスニングPLUSの内容を紹介してきました。

普段有料コースのトレーニングで忙しい方も,是非まずは動画の方を観ていただき,「これは知らない内容だった!」と思えた場合は,続けてディクテーションのトレーニングまで行ってみてください。

特にレベル6のトレーニングの難しさは神がかっていて,全くできずに自信を失うこともしばしばある難度です(個人的にはスタディサプリ内で1,2位を争うレベルだと思っています)が,それすら楽しめるようになると本物です。

時間にして数分で1つのトレーニングを終わらせることができるので,上手に日課に組み込むことで,よりTOEICやビジネス英語の対策が捗ることと思います。

無料のおまけとは思わず,積極的に使ってみてはいかがでしょうか。

-スタディサプリ
-

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

パート別に攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れます。7日間の無料期間を生かして試しに使ってみてください!

パーソナルコーチプラン

オンラインながら最高峰のTOEIC対策を受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない方はコーチングを受けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能な「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育は,いつの時代であっても鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでのあらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が明確です。

TOEIC界で有名な著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非!

おすすめ記事

注目のポーズをする女性 1

スタディサプリのTOEICコースでは,不定期ではあるものの,キャンペーンが実施されたりキャンペーンコードが配布されることがあります。 このページではそれらの最新情報についてまとめているので,スタディサプリを使ったTOEIC対策をお考えの方は ...

パーソナルコーチプランの最新キャンペーンコード情報 2

スタディサプリENGLISHの「パーソナルコーチプラン」は,大手企業のリクルートが自信を持って提供する,高品質かつ比較的安価な英語のコーチングサービスです。 その評判は高く,数あるアプリや参考書の類いを合わせて考えても,1・2位を争うほど効 ...

スタディサプリTOEIC対策コースの教材例 3

今回は,スタディサプリENGLISHを使った勉強法として,TOEIC本番までの残り日数別にいくつか紹介してみたいと思います。 期間別の勉強法についてはすでに一般的なものを紹介していますが,今回は以下の方針に基づき,「スタディサプリのみ」を教 ...

blank 4

以下の記事をみていただくとわかりますが,スタディサプリENGLISHでは新規入会者に向けたキャッシュバックキャンペーンを頻繁に実施しています↓↓ 関連 スタディサプリTOEIC対策コースのキャンペーンコード情報 パーソナルコーチプランのキャ ...

blank 5

最近ますます世の中が便利になってきて,スマホ1つあればTOEIC対策がいつでもどこでもできてしまう時代になりました。 今回紹介するスタディサプリENGLISHの「TOEIC L&R TEST対策コース(TOEIC対策コース)」ですが ...

blank 6

今回の記事では,TOEIC(R)L&R TEST(以下,単にTOEICと略します)の対策として,1万円程度のものから3~5万円,そして7万円を超える高額なものまで,おすすめをまとめていきましょう! TOEICの学習では,基本的にお金 ...

TOEICの参考書例 7

ここでは数あるTOEIC教材の中から,特に初心者の方におすすめできる参考書を用途別にまとめてみました。 具体的には全体的な理解を深められる総合対策本から,毎日の学習が必要な単語帳,さらにはリスニングとリーディング対策に特化したものとなります ...

優,良,平均の評価チェックボックス 8

TOEIC L&Rテスト(以下TOEIC)ですが,「新形式」と呼ばれる問題形式に変わってから,だいぶ難しくなりました。 新形式が導入されたのは2016年の5月29日(第210回公開テスト)からですが,それ以前のものとは比べ物になりま ...

blank 9

TOEIC公開テストは,申し込んだ日から実際の試験日まで「約1~2ヶ月」という時間が残されているのが普通です。 これは決して短くない時間ですが,とりあえず申し込んではみたものの,忙しい日常に忙殺されてしまい,「TOEIC対策は後で必ずやるか ...

blank 10

今回の記事では,TOEIC(R)L&R TESTの勉強法のうち,短期間での対策に役立つ内容のみをまとめました。 本記事で語る「2週間学習法」というのは,公開テストまで1ヶ月以上残っている場合に取る方法とは大きく異なるのですが,それは ...

© 2021 スタディTOEIC®