スタディサプリでTOEICの英文法を完璧にしよう!

スタディサプリENGLISHにはTOEICに出てくる英文法を一から学べるコンテンツが揃っています。

その名もずばり,

  • パーフェクト講義-英文法編
  • 基礎英文法

と呼ばれる2講座なのですが,中学や高校で身に付けるはずの英文法は,学生時代にあまり勉強してこなかったり,「時間が経ちすぎて忘れてしまった」という方もいらっしゃることでしょう。

しかしそんな英文法でも素早く学習でき,やった分だけTOEICのスコアも上がるのがスタディサプリの凄いところです。

今回はその理由について探っていくことにしましょう!

 

スタディサプリで扱う文法範囲

スタディサプリENGLISHにある2つのTOEIC文法講義

今回紹介する「スタディサプリTOEIC対策コース」には前述の通り,2つの文法講座があります。

まずは1つ目の「パーフェクト講義-英文法編」についてですが,通常の「パーフェクト講義」がTOEICのパート別攻略法を学んでいく内容だったのに対し,この英文法編では,高校で習う英文法の知識を素早く復習して身に付けることが目的です。

ここで扱う文法範囲については網羅的な構成になっていて,

  • 時制・仮定法
  • 助動詞・不定詞・動名詞
  • 分詞・受動態
  • 関係詞
  • 比較・冠詞・名詞
  • 代名詞
  • 形容詞・副詞・語法・前置詞
  • 接続詞・文型・語法

全部で53個のレッスンを通して,TOEICに頻出の文法事項を学ぶことになります。

続けて2つ目の「基礎英文法」についてですが,こちらはより基礎的な英文法に絞って学習できるコンテンツです。

先のパーフェクト講義のものと同じような文法項目が並びますが,内容はより平易に,そして短時間で理解できるようになっている特徴があります。

中学で習うような内容と言えばわかりやすいでしょうか。

とはいえ,まったくもって中学生が学ぶ文法とそっくりなわけではありません。

その証拠に,単語はTOEICレベルのもの(例えばconfidential「極秘の」)も出てきますし,スコアアップに役立つ内容です。

これら2つの違いを簡単にまとめると,

  • パーフェクト講義 英文法編は,高校範囲が中心の全53レッスン
  • 基礎英文法は中学範囲の復習で,全30レッスン

となり,一通り学習すれば,学校の文法の授業で扱っている範囲を網羅的に学べると思ってください。

ちなみにスタディサプリ側が想定している,これら文法講座の受講者レベルは「TOEICの初心者~スコア600点を目指す方」となっていますので,ほとんどの方におすすめできる内容です。

 

学習コンテンツの詳細

コンテンツ内容

それでは実際の学習画面を見ながら,詳細についてみていきましょう!

ここでは「パーフェクト講義-英文法編」から「時制」の項目を例にみていきますが,

  • 基本時制(現在・未来・過去形)の概念
  • 現在形の特殊用法
  • 進行形の概念
  • 完了形(現在完了・未来完了・過去完了)の概念

という4つのレッスンから成ります。

そして各レッスン内には,「チェック問題」と「解説講義」そして「問題演習」の3つのトレーニングが存在するというわけです(基礎英文法の方も同じです)。

チェック問題

「チェック問題」とは,その文法項目を理解するのに必要な知識がすでにあるかどうかチェックするための問題です。

全部で3問ほどの典型問題を解いていきますが,○か×かだけではなく,どういった根拠で答えを導き出したのかまで考えるようにしましょう(なんとなくで正解できても応用はききませんので)。

スタディサプリENGLISHでは,不正解の選択肢にも説明が付いているので,そこに書かれた内容で説明できるようになることを目指しますが,ここでは正解できなくて大丈夫です。

まずは何が理解できないのかを明確にすることが大切で,この後に解説講義を観て,理解できていないところを補っていきます(後述)。

復習機能もあるので,不安な問題や間違えた問題にはまとめてチェックを付けておいて,後で一気に見直すことも可能です。

解説講義

「パーフェクト講義」の解説講義に進むと,スタディサプリでおなじみの関正生講師が迎えてくれます。

一方の「基礎英文法」は山田治講師が担当しますが,こちらはイラストや例文がより多めなので,初心者の方が気軽に学べるようになっているのが特徴です↓↓

基礎英文法の講義動画

どちらも1本5分程度の解説ですので,外出時にもパッと視聴できます

問題演習

動画を観てわかった気になっても,実際に問題が解けるようになったわけではありません

仕上げに演習問題を解いて,知識が自分のものになったことを確認しましょう!

問題数としては10問が用意されています。

前半は2択ですが後半は4択になり,実際の問題(特にPart5)に近い形式で出題されるのが特徴で,解説においても「look forward to~は,TOEIC頻出の表現です」といった実戦的な内容になっているのが評判です!

確認テスト

確認テストは中間テスト的な内容で,いくつかの文法項目を学んだ先に用意されています。

問題形式は上記で見た「問題演習」と同じものですが,いくつかの文法範囲をまたがってランダムで出題されるところと,復習の指示が解説中に見られる2つが特徴的です↓↓

間違えてしまった場合は,該当箇所に戻って演習問題を解くなどすることで,より効果的に復習ができるようになっています。

 

効果的な勉強法

それでは最後に,今回紹介したコンテンツの勉強法について確認しておきましょう!

基本となる流れは以下の通り↓↓

  1. まずはチェック問題を解き,何がわからないかを確認
  2. 間違った項目を中心に,解説動画を観て完璧に理解する
  3. 仕上げに問題演習を使って全問正解できるか挑戦!

なんとなくではなく,答えに至るための根拠まで言えた上での全問正解であれば,解説動画は飛ばしてしまっても構いません。

とはいえ,動画を観て新しい発見をすることも多いので,時間に余裕がある方はすべての講義動画を視聴することをおすすめします。

スタディサプリのあらゆるコンテンツは,速習を意識して作られていることが明白です。

パーフェクト講義であれば実際の学習ペースとして2週間で終わらすことが1つの目安として提示されているほどですし,基礎英文法も1レッスン10分ちょっとで終えることができるので,1週間も集中すれば試験に出てくる文法が一通り学べてしまうことになります。

つまり1ヶ月もあればどちらもやり終えられる計算ですが,人によって学習ペースはまちまちですのでそれ以上かけてゆっくりやってもいいですし,TOEICの模試を解いて「苦手だな」と感じた文法項目に絞って復習してください。

もちろん,英文法編の学習が済み次第,通常のパーフェクト講義で本格的なTOEIC対策に進んでくださいね。

 

まとめ

以上,スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースから,中学から高校までに習う内容で試験に頻出のの文法項目に特化したパーフェクト講義-英文法編と基礎英文法についてまとめてきました。

今回の要点を最後にまとめると,

  • 文法範囲は全範囲を網羅
  • TOEIC頻出の内容に絞ってあり,正解の根拠も学べる
  • 1つが数分から10分で終わる分量で1ヶ月もあればやり終えられる
  • 演習問題・解説動画・問題演習からなり,確認問題のレッスンも便利
  • 終了後は,通常のパーフェクト講義に進む

となります。

TOEICにおける英文法は,リスニングを含めたあらゆる問題の正解率に影響する大切な要素です。

是非スタディサプリENGLISH【TOEIC対策コース】で大幅なスコアアップを実現してください!

また,申し込むにあたって,お得なキャンペーンコードがある場合もあります↓↓

 

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

    -スタディサプリENGLISH

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.