スタディサプリTOEIC対策コースの英文法講座を比較レビュー!

スタディサプリの「TOEIC(R)L&R TEST対策コース(TOEIC対策コース)」には,英文法を一から学べるコンテンツがあります。

その名もずばり,

  • パーフェクト講義-英文法編
  • 基礎英文法

の2つ。

これらの英文法講座を利用することで,中学や高校で学ぶ英文法知識を効率良く学び直すことができます

TOEICのPart5はもちろん,全体的な英語力が底上げされるので,各Part対策も捗るというわけです。

英文法については学生時代にあまり勉強をしてこなかったり,「時間が経ちすぎて忘れてしまった」という方もいらっしゃることでしょう。

しかしそんな英文法を素早く学習でき,やった分だけTOEICのスコアも上がるとしたら最高ですよね!

今回の記事では,上記2つの英文講座を比較しながらレビューしてみたいと思います。

使い方について興味がある方も是非ご覧ください!

スタディサプリTOEIC対策コースの英文法講座を比較

スタディサプリENGLISHにある2つのTOEIC文法講義

スタディサプリENGLISHには今回紹介するTOEIC対策コース(正確にはTOEIC(R)L&R TEST対策コース)以外にも複数のコースがありますが,今回紹介する英文法講座が両方とも存在するのは本コースのみとなります↓↓

「基礎英文法」は全ての有料コースで利用できるのですが,「パーフェクト講義-英文法編」はTOEIC対策コース限定です。

もっともこれは当然のことで,両者の間には以下のような違いがあることが知られています↓↓

  • パーフェクト講義-英文法編:高校英文法からTOEIC頻出のものを学ぶ
  • 基礎英文法:中学内容を中心に英文法の基礎を見直す講座

「中学英文法のみで会話の7割は成立する」との話もあるわけですから,日常会話やビジネス会話を扱うような講座では下の「基礎英文法」だけ学べば十分で,TOEICテストに出てくる文法事項をわざわざ選ぶ必要はないでしょう。

「パーフェクト講義-英文法編」で扱う文法範囲としては,

時制,仮定法,助動詞,不定詞,動名詞,分詞,受動態,関係詞,比較,冠詞,名詞,代名詞,形容詞,副詞,語法,前置詞,接続詞,文型

となっており,一見網羅的なようですが,1つ1つ詳しく学ぶようでは時間がかかって仕方ありません。

本講座では,あくまでTOEICで重要とされる文法事項のみを,全53個のレッスンを通して速習することができます。

次章で詳しいレビューをしますが,出題形式はPart5に基づいたものですが,問題を通してどのような文法ルールがあるのかを学べる仕様です。

TOEIC対策コースには通常版の「パーフェクト講義」があり,そちらでもPart5の問題を扱っていますが,文法知識があるのを前提に攻略法について学ぶのが通常版であるのに対し,今回レビューする英文法編は文法知識の習得に重きを置いています↓↓

続いて2つ目の「基礎英文法」についてですが,こちらはより基礎的な英文法に絞って学習できるコンテンツです。

先のパーフェクト講義のものと同じような文法項目を扱いますが,内容はより平易にかつ短時間で理解できるようになっている特徴があります。

中学で習うような内容と言えばわかりやすいでしょうか。

とはいえ,授業で学ぶ内容とまったくもってそっくりなわけではありません。

その証拠に,単語は中学範囲を優に超えたレベルのもの(例えばconfidential「極秘の」)も出てきますから,TOEICのスコアアップにも役立つでしょう。

レッスン数は30です。

これら英文法講座を一通り学習することで,TOEIC攻略の基礎学力が身に付きます。

スタディサプリが想定している受講者レベルは「TOEICの初心者~スコア600点を目指す方」となっているので,ほとんどの方におすすめできる内容です。

 

パーフェクト講義-英文法編のレビュー

コンテンツ内容

ここでは「パーフェクト講義-英文法編」のレビューをしてみることにしますが,文法範囲として「時制」を例にとると,1つの文法事項の中に,

  • 基本時制(現在・未来・過去形)の概念
  • 現在形の特殊用法
  • 進行形の概念
  • 完了形(現在完了・未来完了・過去完了)の概念

という4つのレッスンが含まれています。

そして各レッスン内において,「チェック問題・解説講義・問題演習・確認テスト」というトレーニングで理解を深めていくというのが基本的な流れです。

チェック問題

「チェック問題」とは,テーマとなる文法を理解するのに必要な知識がすでにあるかどうかチェックするための問題です。

全部で3問ほどの典型的な問題を解いていきますが,正解できたかどうかだけではなく,どういった根拠で答えを導き出したのかまで考えるようにしましょう↓↓

なんとなく正解できても,本番で応用がききません。

スタディサプリENGLISHでは,不正解の選択肢にも説明が付いているのが評判で,最終的にはそこに書かれた内容まで説明できるようになることを目指しますが,最初は正解できなくて大丈夫です。

まずは何が理解できていないのかを明確にしましょう。

弱点を見つけることがスコアアップのための第一歩になります。

細かいところでは,復習機能もあるので,不安な問題や間違えた問題にはまとめてチェックを付けておいて,後で一気に見直すことも可能です↓↓

解説講義

続けて「解説講義」に進むと,スタディサプリでおなじみの関正生先生が迎えてくれます。

チェック問題で扱った内容をより詳しく,黒板を使って解説してくれます。

関先生が公開テストで体験した実際の経験をもとに,受験者が陥りやすい失敗について話してくれることもあり,5分程度の長さにはなりますが,動画があるとないのでは大違いです。

問題演習

動画を観てわかった気になっても,実際に問題が解けるようになったわけではありません

仕上げに「問題演習」のトレーニングを行い,知識が自分のものになったことを確認しましょう!

問題数としては10問が用意されています。

前半は2択ですが後半は4択になり,本番に近い形式で出題されるのが特徴で,「look forward to~は,TOEIC頻出の表現です」などといった実戦的な解説があるところも評判です!

確認テスト

いくつかの文法範囲を学んでいくと,間に「確認テスト」というトレーニングが出てきます。

これは中間テスト的な内容で,これまでに学んだ内容を復習できるものです。

形式は「問題演習」と同じものですが,いくつかの文法事項をランダムで出題されるだけで一気に難易度が上がります。

間違えた場合にどこに戻って復習すればよいのかわかる点が親切ですね↓↓

 

基礎英文法のレビュー

基礎英文法の特徴

続いて,スタディサプリENGLISHの有料コースで利用できる「基礎英文法」のレビューとなりますが,こちらも文法範囲としては「時制」を取り上げてみることにしましょう。

ここに含まれるレッスンは

  • 現在形・未来形・未来をあらわす表現
  • 進行形
  • 完了形

となっており,タイトルを見ただけでも「パーフェクト講義-英文法編」よりも平易な印象が伝わってきます。

トレーニング自体は,「チェック問題・解説講義・問題演習・確認問題」と同じです。

しかしこちらも,問題の難易度や動画内容は大きく異なります。

チェック問題

基礎英文法のチェック問題

このような2択で,てきぱきと答えを決めていきます。

とはいえ,解答の根拠は説明できるようにしてください

上の問題では「文末にnowがあるから時制は現在」などと考えることが重要です。

解説講義

基礎英文法の解説講義続いて「解説講義」ですが,講師の山田治先生が出てくるわけではありません。

イラストや例文が多く使われているので,わかりやすさを重視した構成になっていると言えるでしょう。

中学生の内容だからといっても侮ることなかれ。

例えばwillとbe going toの間には,上で示したような違いがあることはご存知でしたか。

もちろんTOEICでこういった区別を問われることは少ないでしょうが,英語を理解するためには重要な内容が精査されていることがわかる好例です。

地味に右の不規則動詞の活用表も便利で,情報量としては決して少なくありません。

その他「チェック問題」や「確認問題」については,上で説明した内容と変わりないので省略します。

 

英文法講座を用いた勉強法

それでは最後に,今回紹介した英文法講座の勉強法について確認しておきましょう!

基本となる流れは以下の通り↓↓

  1. まずはチェック問題を解き,何がわからないかを確認する
  2. 間違った問題を中心に,解説講義を視聴して完璧に理解する
  3. 仕上げに問題演習を使って全問正解できるかに挑戦する

なんとなくではなく,答えに至るための根拠まで言えた上での全問正解であれば,解説講義は飛ばしてしまって構いません。

ですが,特にパーフェクト講義-英文法編に多いのですが,動画内で新しい知識を得ることも多いので,時間に余裕がある方はすべての講義動画を視聴することをおすすめします。

たった5分の動画は,1.5倍速で観れば3分強です。

ところで,スタディサプリENGLISHのあらゆるコンテンツは,速習を意識して作られていることが明白です。

今回レビューした両講座においても,2週間で終わらすことが1つの目安として提示されており,基礎英文法にかぎっては,ある程度の知識がある方なら1レッスン10分ちょっとで終えることもできるので,1日1時間も学習すれば1週間で中学英文法の基礎が身に付いてしまうことになります。

段階をふんで,「基礎英文法→パーフェクト講義-英文法編」へとステップアップする場合でも1ヶ月もあればやり終えられる計算です。

もっとも,人によって学習ペースはまちまちですのでそれ以上かけてゆっくりやってもいいですし,TOEICの模試を解いて「苦手だな」と感じた文法項目に絞って復習すれば1日で全部終えることも可能かもしれません。

もちろん英文法の学習が一通り終了したら,通常の「パーフェクト講義」で本格的なTOEIC対策に進んでいってくださいね。

 

まとめ

スタディサプリ基礎英文法の山田治先生

以上,スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースから,中学から高校までに習う内容で試験に頻出のの文法項目に特化した「パーフェクト講義-英文法編」と「基礎英文法」について比較とレビューを行ってきました。

今回の要点を最後にまとめると,

  • スタディサプリの英文法講座は中高の全範囲を網羅
  • TOEIC頻出の内容に絞ってあり,正解の根拠まで学べる
  • 動画の講師は関正生(パーフェクト講義)と山田治(基礎英文法)
  • 1レッスン10~20分程度の分量で,1ヶ月もあればやり終えられる
  • 演習問題・解説講義・問題演習を基本に,確認問題も便利
  • 文法講座終了後は,通常のパーフェクト講義へと進む

となります。

TOEICにおける英文法は,リスニングを含めたあらゆる問題の正解率にも影響する大切な要素です。

是非スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースを使って大幅なスコアアップを実現してください!

無料体験はこちら

お得なキャンペーンコード情報については以下でまとめています↓↓

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -スタディサプリENGLISH

    © 2020 スタディTOEIC