スタディサプリENGLISHのパーフェクト講義の評判について

スタディサプリの「TOEIC(R)L&R TEST対策コース(TOEIC対策コース)」で評判になっているものの1つに,CMでもおなじみの関正生先生によるわかりやすい講義が挙げました。

そして今回紹介する「パーフェクト講義」は,TOEIC対策コースでメインとも呼べる学習コンテンツでありながら,そんな関先生の講義動画が多く含まれており,予備校さながらの授業が展開されます。

これはかなり期待できそうですが,具体的にはどのような内容に仕上がっているのでしょうか。

本記事では,まず最初にパーフェクト講義の概要を説明し,続けて各Partのトレーニング内容について詳しくレビューしていくことにしましょう!

パーフェクト講義の概要について

パーフェクト講義と関正生先生

パーフェクト講義は,いわば「TOEICの攻略本」のようなものです。

本番で出題される問題を全部で53個のパターンに分け,それらの特徴を学びながら高得点を目指すことになります。

しかし一体どこからその「53」という数字は来たのでしょうか。

TOEICのPartは全部で7つしかありませんよね。

実はこれ,関先生がこれまでにTOEICを受け続ける中で見出した,オリジナルの分析結果となります。

発見した本人がそれらについて1つ1つ,講義動画で説明を加えていくわけですから,これは彼にしかできないことですよね。

しかもそれをスタディサプリで行ったという点がお見事です。

関先生はすでにTOEIC関連の書籍を出しており,パーフェクト講義で紹介されているパターンの多くは,既に書かれている内容と同じだったりします↓↓

しかし,その内容にスタディサプリのアプリが加わるとどうでしょう。

ずばり,TOEIC攻略に必要なパターンを,音や目,耳や手までをフルに使って効率的に学ぶことができるようになります

動画だけでなく,ディクテーションやシャドーイングなどを取り入れたトレーニングもなんだか新鮮で,学習者の目にはかなり魅力的に映るのではないでしょうか。

なお,「TOEICで良い結果を残したい」と思った場合に,英語の実力を高める努力ももちろん必要ですが,スコアを簡単に上げるためのテクニックが存在するのも事実です。

しかもそれを理解しておくだけでTOEICのスコアが数十点も変わってくるわけですから,知っておかない手はないでしょう。

折角スタディサプリを使うのですから,そういったテクニックについても「楽しく」学んでいってくださいね!

次章から,各Partの詳細なレビューをしていきますが,どのPartであっても真っ先に観るのは「概要と学習法」の動画です。

これはPartごとに1つずつ用意されており,どんな問題なのか解説する動画と,どういったことに気をつけて勉強すればよいかについての動画が2つセットで用意されています。

Part1の概要と学習法

出題形式などについて大まかに理解してから,53個のパターンについて個別に学んでいくという流れですね。

 

パーフェクト講義のPart1の学習内容

学習の流れ

例題→講義動画→ディクテーション→シャドーイング

まずはパーフェクト講義のPart1の学習内容についてです。

以下はパターンの2つ目(抽象的な語句)の例題をピックアップしてきたものですが,

パーフェクト講義Part1の例題

1つのパターンを習得するのに,ここでは全部で4つのトレーニングが必要となっています。

上から2つ目の「講義動画」では,実際に黒板を用いての授業が行われますが,時間にしてわずか5分です。

しかし,それが物足りないと言いたいわけではありません。

予備校のトップ講師における5分というのは,どうやらTOEICに必要な知識を授けるのには十分な時間のようだということです。

その後,「ディクテーション」と「シャドーイング」という2つのトレーニングを用いて,例題の復習をします。

普通ディクテーションといえば,紙と鉛筆,そして音源が必要ですが,スタディサプリにおいては,「スマホで流れる音声を聞き,それを文字で入力する」だけです↓↓

パーフェクト講義のディクテーションの様子

だいぶ学習者の負担が少なくなっているので,気楽にできると思います!

リスニングの基本は,まず自分の聴き取れない音について知ることですが,自分が苦手とする音がわかってくると,より聞き取れるようになるわけで,このように自分を誤魔化さずに書き出せる点は有効でしょう。

全く聞き取れない箇所は,文法的な知識も動員して,細かい音(3単現の-sや冠詞・前置詞など)について考えるので,総合的な英語力が高まるトレーニングだとも考えられています。

ちなみにここでやったのと同じ英文は,シャドーイングにおいても再度登場するわけで,同じものをこれだけ角度を変えて学べば,理解も深まらざるを得ないでしょう↓↓

パーフェクト講義のシャドーイングの様子

この練習は,スピーキングにも効果があるといいます。

しかしこの「例題」をやっただけではまだ半分に過ぎません。

次に控えている「演習」をやり終えてこそ,ようやく1つのパターンを完全に身に付けたと言えるわけですので頑張りましょう!

「演習」では,例題と同じパターンを持った類題を,動画などで教わった「正しい解き方」で解答します↓↓

パーフェクト講義Part1の演習

問題演習は全部で5問に増えるので,ディクテーションの量も増えます(2つに分かれているのはそのためです)。

「演習」と呼ぶにふさわしく,十分な量が用意されていると考えてもらって構いません。

動画については,スタディサプリの受講者が間違いやすい問題のみを解説しているようです(随時増加中)。

上の画像では類題の5問目(Q5)を取り上げていますね。

これまでレビューしてきた「例題」と「演習」ですが,どちらも集中すれば15分程度で終えることができるのも特徴です。

スタディサプリのTOEIC対策コースでは,15分単位で学習時間を設定できました。

もしかすると,それと関係しているのかもしれません。

最後に,Part1で学ぶ5つのパターンについてまとめておきましょう↓↓

状態と進行の区別,抽象的な語句,位置関係の問題,「積み重ねる」表現,目立つものが正解?

時間にして3時間弱のボリュームになります。

 

パーフェクト講義のPart2の学習内容

学習の流れ

例題→講義動画→ディクテーション→シャドーイング

パーフェクト講義のPart2の学習においても,基本的な流れは変わりません。

Part1はパソコンの画面を使って説明したので,Part2はスマホ画面でみてみましょうか。

だいたいこのような大枠です↓↓

パーフェクト講義のPart2対策画面

右下にある「復習トレーニング」というのは,間違えた問題にチェックを付けておくことで,後でその問題だけをまとめて復習ができる機能になります。

結構初期の頃から実装が待ち望まれていた機能です。

ちなみに「例題」自体のトレーニング内容はPart1のものと変わりません↓↓

パーフェクト講義Part2の例題

解答解説のページでは,読まれた英文すべてに訳が付いていますし,例題や演習の1部にはもちろん解説動画もあります↓↓

パーフェクト講義Part2の講義動画

やはり黒板で説明されると理解度が断然違います!

Part2で学ぶパターンは全部で7つありました↓↓

慣用表現,ひねった応答,「似た音」を使ったひっかけ,Why対策,WH疑問文,否定疑問文,付加疑問文

こちらは時間にして4時間弱で習得できるものです。

 

パーフェクト講義のPart3&4の学習内容

学習の流れ

例題→講義動画→単語・イディオムチェック→本文チェック

リスニングパートの後半にあたるPart3とPart4では,長めの文章が読まれるので,1つの「例題」に対して「演習」の数が3つに増えました(これまでは1つ)↓↓

パーフェクト講義のPart3対策画面

とはいえ,こうして3つに分けることで,1回の学習あたりにかかる時間が15分程度に収まるよう工夫されています(1つのトレーニングをするのに何十分もかかるようだと続きません)。

Part3では会話が流れた後で,その内容に関する設問から適切なものを選びますが,実際の公開テストでは「先読み」が有効な戦略となります。

ですが,さすがはスタディサプリ!

先読みのための時間が別に設けられているのは純粋に驚きでした↓↓

パーフェクト講義と先読みについて

スタディサプリのパーフェクト講義が好評な理由は,アプリという性質を生かして,こういう実戦さながらの演習ができるところにもあるのでしょう。

その他,2つの見慣れないトレーニングが入ってきます。

1つは「単語・イディオムチェック」,そしてもう一つは「本文チェック」というトレーニングです↓↓

パーフェクト講義と見慣れないトレーニング内容

最初の「単語・イディオムチェック」についてですが,演習問題で出てきた単語や慣用表現の意味を4択から選びましょう↓↓

パーフェクト講義の単語イディオムチェック

形式自体は,TEPPAN英単語で学ぶときのものと同じです。

実際にスキッドで出てきた重要単語を使って出題されてきます。

続けて「本文チェック」ですが,これは音声を流しながら英訳と和訳両方を同時に確認できるトレーニングです↓↓

パーフェクト講義と本文チェック

Part3で学ぶパターンは全部で8つあり,所要時間は9時間弱となりました↓↓

スケジュール変更,会社同士のやりとり,申し込み・予約・依頼,お店とお客のやりとり,社員同士のやりとり,三人の会話,意図問題,図表問題

Part4も全く同じ流れで学んでいくことになります。

こちらのパターンも8つなので,さらに9時間弱かかることになるでしょう↓↓

企業の広告,ラジオニュース,ツアーガイド,スピーチ・トーク,会議,電話,意図問題,図表問題

Part3と4で同じパターン名のものもありますが,問われている能力が異なるので中身は別物です。

 

パーフェクト講義のPart5の学習内容

学習の流れ

例題→講義動画→問題演習

Part5といえば文法問題。

リーディングセクションの最初にあたり,これまでのPart1~4とは大きく構成を異にします。

「概要と学習法」の動画はこれまで同様存在しますが,「演習」はみられず,「例題」のみが14個並んでいるのがわかるでしょうか。

パーフェクト講義とPart5対策画面

Part4までにあった「ディクテーション」や「スピーキング」がないのは,音声がかかわってこないからでしょう。

その代わり,「例題」の中に「問題演習」が入っています↓↓

従来の演習はここにまとめられていたと考えていいでしょう。

本Partで学ぶパターンについてですが,以下の14個を4時間弱かけて学ぶことになります↓↓

名詞,形容詞,副詞,態,時制,主語と動詞の一致,代名詞,接続詞・前置詞,関係詞,比較級・最上級,定型表現,発展1,発展2,多義語

さて,実際の公開テストでは,例題や演習と全く同じ問題は出題されません。

ですが,類問は多く出題されます。

そのため,学習する際には「どうしてその答えになるのか」という根拠を理解するよう心がけてください。

TOEICでは文法問題が点に占める割合が高いため,これまで読解中心ばかりの学習をしてきた学習者には辛いところですが,一から頑張っていきましょう!

最近では「基礎英文法」という講座もサービスに加わり,中学文法から復習できるようになりました↓↓

 

パーフェクト講義のPart6の学習内容

学習の流れ

例題→講義動画→単語・イディオムチェック→本文チェック→スピード音読

TOEICのPart6も文法的な出題が多いですが,文脈も意識しながら文中の空欄に単語や文を入れていきます(実際はPart5の文法要素とPart7の読解要素の両方を併せ持つパートです)。

こちらは1つのパターンに対して,「例題」と「講義動画」に加え,Part3&4にあった「単語・イディオムチェック」と「本文チェック」,そして今回初披露となる「スピード音読」というトレーニングメニューが加わります。

スピード音読とは,表示された英文の意味を理解しながら制限時間内に発話するというユニークなトレーニングのことです↓↓

パーフェクト講義とスピード音読

長文になってくると音読の学習効果が高いということもあって,リーディングセクションながら音を使ったトレーニングも行われます。

ところで,パターン数はというと,全部で3つしかありません!

が,しかし特筆すべきはこの演習問題の量です。

なんと1つの「例題」につき4つもの「演習」が用意されていました。

Part6の問題は,Part5などと比べるとすごく長く,1題につき4つも答えを選ばないといけないので大変です↓↓

パーフェクト講義Part6の例題

が,TOEICスコアを伸ばすためには避けては通れないのがこのパートでもあります。

スタディサプリのパーフェクト講義をやっていると,「TOEICって,本当に疲れる過酷な試験だな」としみじみ思いますが,是非気合を入れて取り組むようにしてください!

Part6で学ぶことになる3つのパターンについては,以下の通りです↓↓

「意味」より「形(文法)」,文脈から適切な語彙を選ぶ,「時制」を問う問題

私は5時間近くかかりました。

 

パーフェクト講義のPart7の学習内容

学習の流れ

例題→講義動画→単語・イディオムチェック→本文チェック→スピード音読

いよいよパーフェクト講義の最後となるPart7の学習へと移ります。

このパートでは,大量の長文から聞かれた内容を素早く選び出す速読技術が求められる,TOEIC最大の難所といっても過言ではないでしょう。

パーフェクト講義Part7の例題

制限時間はアプリ側で計算してくれるので便利ですが,やや取り組みにくいため,場合によってはテキスト冊子の購入も検討してください↓↓

パターンは全部で6つ。

ビフォー&アフター問題,一文を入れる問題,メッセージ形式の問題,含み表現,語句の言いかえ問題,クロスリファレンス問題

各パターンごとに「例題」が1つと「演習」が3つ用意されています。

これらすべてを終えるには7時間弱かかります。

最後ですので,頑張ってやり切りましょう!

 

まとめ

以上長々と見てきたように,圧倒的なボリュームとその完成度の高さから,パーフェクト講義こそがスタディサプリTOEICコースのメインコンテンツであるのは明らかです。

全レッスンを消化するのにかかった時間を合わせると,40時間程度にもなりました。

TOEICではパートごとに独特の出題がなされますが,パーフェクト講義でパターンを学ぶと,そのほとんどがいずれかのパターンに当てはまることに気づかされます。

また,パートごとの対策として様々なトレーニングメニューがあり,これは自分一人で学んでいては到底出会うことがなかった学習法であり,今後別の勉強に生かすこともできるでしょう。

私が高校生だったときにも,動画で英語を学習する衛星授業がありましたが,復習のやり方まで半強制的に指導してくれるサービスはさすがに存在しませんでした。

映像授業ということで,どうしても身が入らず,講義の途中で集中力が切れたり,予習復習をさぼってしまうこともあるかもしれませんが,スタディサプリであれば,一時停止して休憩してから戻ってくればいいだけの話です。

「効率」という観点で,このパーフェクト講義の学習内容を捉えなおしてみると,

問題を解いて予習をする→予備校で授業を受ける→自宅で学習内容を復習する

といった一連の動作が本来ならば必要であるところが,スマホ1台で完結していることがわかります。

スタディサプリENGLISHを使ってTOEIC対策をすることは,時間対効果としてかなりの利点があるのではないでしょうか。

なお,例題と演習をやるときは,日にちを変えるか,時間を空けるとより効果的です。

復習するタイミングとしては,「1」がつくタイミング,つまり1時間後,1週間後,1ヶ月後,1年後に復習すると忘れにくいということが言われています。

もちろんこれは,人によって多少の差はありますし,目安として考えておけばいいでしょう。

いずれにせよ,「忘れる前に復習する。それも何度も。」というのは,すべての勉強に通じる正解のように思えます。

覚えておいてください。

また,「わかる」と「できる」は違います。

例題の講義を聴いてわかった気になっても,演習問題をやってみると意外とできません。

これでは本番で正解に即座にたどり着くことはできないでしょう。

そのため,例題以上に演習問題が大切だということになります。

他人から聞いた知識はあくまで,「他人の経験によるもの」です。

それを自分なりに解釈し,「自分のもの」にできたときに初めてそれは,自分の確かな実力へと変わるのでしょう。

スタディサプリのTOEICコースには担当コーチをつけて,より自分の生活を見直すことができるパーソナルコーチプランもあります。

本気の方は,是非こちらも検討してみてください↓↓

実施中のキャンペーン情報につきましては,以下のページにまとめています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

是非パーフェクト講義で,理想のTOEIC学習を!

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC対策コース
-

© 2020 スタディTOEIC