TOEIC学習に役立つおすすめテクニック!

TOEICに限らずあらゆる学習に言えることですが,同じ努力をしたとしても,より効果が出る勉強法を採用した人の方が費やした時間をそのまま学力の上昇に直結させられますし,学習期間が長ければ長いほど結果に大きな差が出てしまいます。

地頭の良しあしに関係なく,ただやり方を知っているかそうでないかで差がついてしまうわけですから,情報弱者にならないよう,計画を立てる段階で入念に下調べをすることが大切です。

TOEICのスコアアップには効果的な学習テクニックが存在し,行えば行っただけの実力が付くことが知られています。

ただ問題を解いてなんとなく解説を読んで満足してしまうのが大半ですので,時間を割いた分の見返りがしっかり得られるように正しい学習法についての理解を深めましょう!

これまで試したことのないテクニックが,くすぶっていた英語の実力を急激に上昇させてくれる可能性は大いにあります。

 

 

声に出して読む「音読」が基本

voltamax / Pixabay

英文を実際に声に出して読むこと(=音読)は語学学習の基本です。

解説などで学んだ内容がしっかりと定着するよう,文章構造や英文の意味を考えながら読んでいきますが,感情を込めて誰かに読み聞かせているような気持ちでやれると上達が早いとされます。

もちろん回数をやればやるほど効果ありで,定着した英語はスムーズに口をついて出てくるはずです!

この音読を実行する上で特に重要だとされているのは,意味の分かった教材を題材に練習することで,読む英文の意味があやふやで,どうしてそういう日本語訳になるのかわからないようなものでは,音読の効果は激減してしまいます。

そのため,学習教材には最低でも英文だけでなく日本語訳まで載っている教材を選ぶようにしましょう。

また,お手本となる読み方まで聴ける教材が理想です。

最近では自分の声を録音し判定までしてくれるアプリもありますので,特に浮かばない場合は使ってみるのもよいでしょう。

声が出せない環境においても,諦める必要はありません。

ボソボソ or 口パクだけでも効果があるということなので,学習した後の仕上げにどんどん取り入れていきましょう!

 

 

「リピーティング」は文単位

Prawny / Pixabay

リピーティングは英文を1つ聞くごとに,流れた音声をそのまま声に出して繰り返すこと。

音読の1つではありますが,このように文単位で行うことと,イントネーションや発音,間の取り方に注意しましょう。

繰り返すことで,語彙や表現力の幅が広がります。

ちなみに,そもそも自分が発音できない音は聴き取れないので,発音の仕方についても併せて学んでみてください。

 

 

オーバー気味に「ロールプレイ」しよう

Pezibear / Pixabay

会話における登場人物の役を演じるのがロールプレイです。

全員の役のセリフを読むのではなく,誰か一人になり切って発話することで,会話のリズムや即答する能力が身に付きます。

TOEICのS&Wでは即座に英文を読む問題が多くありますので,予めこのような練習を積んでおけば,会場で混乱せずに解答できるはずです。

 

 

「シャドーイング」はL&Rの両方に役立つ

Pexels / Pixabay

音読の最も進化した形が,このシャドーイングです。

シャドーイングというのは,英語の音源を聴きながら,ほぼ同時にその英語を自分の口で同じように発音しながら影(シャドー)のようにずっとついていく学習法のことを指します。

具体的な手順ですが,

  1. 印刷された英文を用意し,英語を流しながら目と指で追っていく
  2. 今度は口で読み上げることも加える(目と指と口で追う)
  3. 英文を見ずに音源に合わせて発音する(真の意味でのシャドーイング)

の3段階でステップアップしていくのが一般的です。

1つ目の手順では,ネイティブと同じ速度で英文を話す(または読む)感覚が掴めますし,2つ目の手順では英文を見ながら音読できるので,初心者には難しいとされるシャドーイングの負荷を下げることができます。

もちろんこの場合も,

意味がわかっている教材を繰り返し練習すること

が大切。

普通にシャドーイングすると,個々の単語の発音の強化やイントネーションについて学ぶことができますが,自分のシャドーイングを録音することで,文法意識,冠詞や単数複数,時制感覚,さらには構文への意識が高まり,文頭から戻ることなく英語のままの語順で理解ができるようになります。

リスニングだけでなくスピーキングの能力アップにも有効です。

 

 

「ディクテーション」は書かなくてもOK

Komsomolec / Pixabay

ディクテーションは聞いた英文を書き取る学習法です。

実際にやってみるとわかりますが,内容がわかっている英文でも,文字で書こうとすると意外と書けないことに気づくかもしれません。

ディクテーションをすることで,これまで気にも留めていなかった細かいところ,例えば冠詞の有無や時制などに耳が向くようになります。

書くのがディクテーションですが,「これ以上無理!」というところまで,何度も聴いていきましょう!

さらに,どうしても音が聞き取れない音に出会った場合は,文法的な知識を用いることで,

「ここではこのような英語になっているはず。」

と,推測した音を待ち構えながらリスニングすることで,聴き取りづらい音が聞こえてくるようになる経験ができるかもしれません。

このようなリスニング力+正しく綴れる能力+文法力の強化こそ,ディクテーションをやる意味です。

ディクテーションして書き上げたら,英文を見ながら丸付けをしましょう。

このとき,聴き取れなかった原因を自分で分析して,苦手な音がどのようなものなのか分析してみることが大切です(例:trは「チュ」のように聴こえる。'llと'dなどの省略形が聴き取りにくいなど)。

そしてここで終えるのではなく,その後,CDに合わせて音読する作業をはさむのがおすすめの勉強法です。

この作業を挟んでから,最後に何も見ないで音源を聞いてみてください。

これまで聞こえてこなかった音が聞こえてくるようになり,自分の成長が実感できると,「また明日も頑張ろう」と前向きな気持ちになれるはずです。

以下のアプリでは,スマホのフリック入力でディクテーションができる他,音読トレーニングも合わせて行ってくれるので便利です↓↓

 

 

「スラッシュリーディング(サイトラ)」

janjf93 / Pixabay

スラッシュ・リーディングは,別名サイトラ(sight translation)とも呼ばれる読解テクニックです。

意味のかたまりごとに文にスラッシュ(斜線)を入れて区切りごとに英語を読んでいく方法で,アメリカでは大量の文章を読む必要がある職種の人(例えば弁護士)などに使われています。

区切る目安ですが,最初はなるべく小さく(5語くらいの意味のかたまりごとに)斜線を入れていくのが良いでしょう。

切り方のコツですが,

  • 長い主語の後であったり,コンマやコロンの後
  • 接続詞や関係詞の前,さらには句や節,不定詞,分詞などの前

が考えられます。

もちろん一度に理解できる量(まとまりごとのイメージが浮かび,短期記憶できるほどの量)であれば,好きな長さで構いません。

このテクニックは英語長文の構造分析をするときに用いることが多いですが,戻り読みをせずになるべく前から,そして意味のかたまりごとに訳出していくことで英語を英語のまま理解できるようになるので頑張りましょう!

なお,この際の訳は日本語としてはやや不自然なものになりますが,意味がイメージできる状態になればOKです。

この勉強法で速読をするために必要な能力も鍛えられます。

ストップウォッチを片手に読めた単語数を測り,1分間当たり150~200語読めるスピードを目指しましょう!

予め単語数が明示されていて,計測しやすい参考書も売られています↓↓

ちなみに,スラッシュリーディングはリスニングの長文(Part4)にも応用が効きます。

前に戻らず,英文の頭からある程度のまとまりごとに意味を取っていく読解方法に慣れるということは,発せられたその途端から消えていく英語のリスニングにおいては,聴こえたままの順序で英文の意味を理解できることに他ならないからです。

 

 

「スイッチノート」は単語を暗記するためのノート術

スイッチノート

netmaru / Pixabay

単語の覚え方としては「スイッチノート」と呼ばれるノート術を用いてまとめてみると役立ちます。

それ用のノートや単語カードなどを別に買う必要はありません。

紙にただスペルと意味を書くだけなので,コピー用紙や普段使っているノートを使えばいいのですが,ノートの書き方にはポイントがあるので注意してください。

以下は上記ノート術を使って作ってみた単語帳ですが,心がけるポイントはなんだと思いますか↓↓

正解は,単語と意味が縦に揃っていることです。

縦に揃っていることで,下敷きなどで一列隠して単語テスト用に使うことができます。

普段の学習においても,このようにちょっとの工夫を加えるだけで勉強効率が見違えてきますので,是非スイッチノートを皆さまのTOEIC学習に役立ててみてください!

手書きの他,Wordのレイアウトから段組みを4行などに設定することで簡単に作れます。

 

 

「3回チャレンジ法」で模試を解く

3回チャレンジ法

これはアルク関連の著書で紹介されていた方法ですが,本番まで3週間以上残っている場合は3回チャレンジ法に挑戦しましょう。

フルサイズの模試を異なる取り組み方で3回解くことにより,現時点での実力や弱点を把握できるとともに成長を実感することもできます。

手順は以下の通り。

  1. 普通に2時間200問を解く。答え合わせはする必要はありません
  2. 数日後,制限時間を設けず同じ200問を解きます
  3. 復習を念入りに行う(3週間かけるのが目安)
  4. 数日後,同じセットを今度は本番と同じ条件で取り組む

1では,自分は何ができて何ができないのかを明確にすることが目的です。

答え合わせはしませんが,したい方は正解記号のチェックだけに留め,解説は読まないでください。

手順の2は数日おいて行います。

自分の英語力がフルに発揮された場合に何点取れるのかを知るために行うので,時間制限は設けず,勘で答えることがなるべくないようにしましょう。

ちなみにリスニングセクションは何度も音源を聴きなおしてOKで,辞書の使用は不可です。

模試を受ける回数は3回ですが,復習も重要な手順に入ります。

2の手順が終了した後,答え合わせに加え解説を読み込みますが,わからなかった語句の意味を辞書で調べたり,これまでに挙げたテクニックも駆使して復習してみてください。

すべての英文の意味が理解でき,間違いの選択肢の根拠まで説明できるようになるまでには,3週間程度かけるのが目安です。

4の手順では本番と同じコンディションで受験します。

タイミングは復習内容を忘れかけてきた時期(数日後~)がおすすめです。

このときも間違えてしまった問題は完全に自分の弱点ですので,念入りにその後復習しましょう!

この方法を取り入れた通信教育もあります↓↓

 

 

まとめ

geralt / Pixabay

以上TOEICの学習に役立つテクニックを紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

今回記載した方法をまとめると,

  1. 音読
  2. リピーティング
  3. ロールプレイ
  4. シャドーイング
  5. ディクテーション
  6. スラッシュリーディング
  7. スイッチノート
  8. 3回チャレンジ法

となりますが,どれもTOEICの学習にとどまらず,根本の英語力自体も底上げしてくれるので,真面目に取り組んだ後の成長が楽しみになります。

なお自分1人でやる教材選びが難しい場合は,当サイトで紹介しているアプリや通信教育などを使うことで正しい復習の方法まで指示してもらえるので安心です。

英語学習には辛いところもありますが,ラクできるところはラクして,集中すべきところは全力で頑張っていきましょう!!

 

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

    -TOEICの基礎知識

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.