TOEIC学習に役立つおすすめテクニック!

あらゆる学習に言えることですが,同じ努力をしたとしても,より効果が出る勉強法を採用した人の方が,費やした時間をそのまま学力の上昇に直結させられますし,学習を続ける期間が長くなるほどにその結果は大きな差になって表れてきます。

地頭の良しあしに関係はありません。

単にやり方を知っているかどうかだけで差がついてしまうわけですから,情報弱者とならないよう,計画を立てる段階から入念に下調べをすることが大切です。

もちろん,TOEICにも「効果的な学習テクニック(トレーニング)」が存在し,行えば行っただけ実力が付くことが知られています。

ただ問題を解いてなんとなく解説を読んでは満足してしまう人が大半の中で,そうならないよう,時間を割いた分の見返りをしっかり手にするために,本記事を読んで理解を深めましょう!

もしかすると,これまで試したことのない学習テクニックが,停滞していたTOEICスコアを急激に上昇させてくれることも十分に考えられるわけですから。

音読

英文を実際に声に出して読む「音読」は語学学習の基本です。

解説を読んで理解した内容がしっかりと定着するよう,文章構造や英文の意味を考えながら声に出して読んでいきますが,感情を込めて誰かに読み聞かせるような気持ちでやると上達が早いとされます。

もちろん回数を増やすほど効果は高まり,ものにした英語となってスムーズに口をついて出てくるでしょう。

音読を実行する上で特に注意が必要なのは,意味の分かった教材を題材に練習するということで,読む英文の意味があやふやで,どうしてそういう日本語訳になるのかわからないようなものを題材にしてしまうと,音読の効果は激減してしまいます。

そのため,学習教材には最低でも英文だけでなく日本語訳まで載っている教材を選ぶようにしましょう↓↓

スタディサプリを使った音読例

ちなみに声が出せない環境においても,諦める必要はありません。

「ボソボソ声」や「口パク」であっても効果があるということなので,学習した教材の仕上げにどんどん音読していきましょう!

あわせて読みたい

 

リピーティング

「リピーティング」は英文を1つ聞くごとに,流れた音声をそのまま声に出して繰り返すことです。

このとき,お手本となる読み方を聴ける音声素材を用意しましょう。

先に紹介した「音読」の1種ではありますが,このようにお手本を文単位で聴き,そのイントネーションや発音,間の取り方を真似するところが異なります。

なお,最初のうちは印刷された英文を見ながらリピーティングすることで,負荷を下げることも可能です。

慣れてきたと感じたら,英文を見ないで行ってください。

こちらも何度も繰り返し行うことで,語彙力や表現力の幅が広がっていきますし,実際にTOEICのスピーキング試験ではまさにこの,Pronunciation Level(発音の正確さ)とIntonation and Stress Level(抑揚や強勢の付け方)が独立した採点項目になっています。

普段練習していることが,実際に評価されてスコアとなって表れてくると聞けば,俄然やる気も出るでしょう。

ちなみにですが,そもそも自分が発音できない音は聴き取れないので,発音の仕方もしっかり学ぶようにしてください。

あわせて読みたい

 

リード&ルックアップ

「リード&ルックアップ」は,その名の通り,まずは読み,次に空を見上げて発話するトレーニングのことです。

具体的手順としては,

  1. 日本語を目で見て,英文も見ながら音読する
  2. 日本語のみを見て音読する

といった単純なもの。

日本語を英文を見るのと同じタイミングにするか,それとも先に日本語だけを読むかは教材によって異なりますが,英文を見ながら音読するのは確実で,その前に日本語もあらかじめ読んでおきます。

続けて,今度は日本語だけ見ながら(または記憶を頼りに)英語を何も見ずに発するのが手順です。

スタディサプリENGLISHでのリード&ルックアップ風景

もしスラスラとできなければ,再び1の手順に戻ってやり直します。

効果としては英文を見ずに流暢に話せるようになることや,文構造または単語の理解にもつながるとのことです↓↓

 

クイックレスポンス

クイックレスポンスは基本的に「和訳の音声(日本語)を聞いた瞬間にそれを英語にして言う」もので,瞬発力を鍛えるためのテクニックです。

英語のスピーキング能力を測るテストにおいては,すぐに返答できることも評価の対象となっているので,言いたいことが即座に出せる状態になることは,英会話を行う上で重要なことだということがわかります。

学ぶ手順としては以下のものが基本です↓↓

  1. 日本語を聞き,続けて返答となる英文を聞いて音読する
  2. 日本語を聞き,今度は何も見ずに即答する
  3. できなければ1の手順を繰り返す

手順の1を省略し,代わりに前章の「リード&ルックアップ」を行う場合もありますが,手順2を練習するためには日本語を読み上げてくれる人を探すか,日本語とそれに続けて英語を収録した音源を用意しなければいけません。

つまり,このトレーニングを実践するためには準備の時点が一番大変になりますが,それ専用の教材もいくつか手に入るので,興味のある方は以下の教材などを使ってみてください↓↓

 

ロールプレイ

会話における登場人物の役を演じるのが「ロールプレイ」です。

ただし,1人で全員分の役のセリフを読むようではロールプレイになりません。

誰か一人になり切って実際に会話のキャッチボールをしている気分に浸ることで,会話のリズムに慣れたり,即座に応答できるコミュニケーション能力が身に付きます↓↓

スタディサプリENGLISHのなりきりスピーキング

スタディサプリENGLISHでは,このように自分の声を録音して,お手本と聞き比べることまでできてしまいます。

たいへん便利な時代になりました。

TOEICのスピーキングテストにおいても即座に英文を読む問題が多くありますので,予めこのような練習を積んでおけば,会場で混乱せずに解答できるはずです。

 

シャドーイング

音読の最も進化した形が,この「シャドーイング」です。

これは,英語の音源を聴きながら,ほぼ同時にその英語を同じように発音しながら影(シャドー)のようにずっとついていく学習法のことを指します。

具体的な手順ですが,

  1. 印刷された英文を用意し,英語を流しながら目と指で追っていく
  2. 今度は口で読み上げることも加える(口でも追う)
  3. 英文を見ずに音源に合わせて発音する(真の意味でのシャドーイング)

の3つの段階を踏んで,徐々にステップアップしていくのが一般的です。

1つ目の手順では,ネイティブと同じ速度で英文を話す(読む)感覚が掴めますし,2つ目の手順では英文を見ながら音読できるので,初心者には難しいシャドーイングの負荷を下げることができます。

もちろんこの場合も,意味がわかっている教材を使い,繰り返し練習することが大切です。

普通にシャドーイングすると,個々の単語の発音を強化できたりイントネーションについて学ぶことができます。

さらに自分のシャドーイングを録音することまで行えば,文法意識,冠詞,単複,時制,さらには構文に対する意識が高まり,文頭から戻ることなく英語のままの語順で理解できるようになります。

リスニングだけでなくスピーキングの能力アップにも有効です。

あわせて読みたい

 

ディクテーション

「ディクテーション」は聞こえた英文を書き取る学習法を指します。

実際にやってみるとわかりますが,内容がわかっている英文であっても,文字で書こうとすると意外と書けないものです。

ディクテーションを行うことで,これまで気にも留めていなかった細かいところ,例えば冠詞の有無や時制などにより意識が向くようになります。

「これ以上は無理だ」というところまで,何度も音源を聴き直しましょう。

なお,どうしても音が聞き取れない音に出会った際は文法的な知識を用いて予測することになります。

スタディサプリのCMで,「聞こえないんじゃない,言ってないんだ。」という名台詞がありましたが,「ここではこのような英語を話しているはず。」といった具合に,推測した音を待ち構えながらリスニングすることで,聴き取りづらい音が聞こえてくる経験ができるかもしれません。

「リスニング力・正しく綴りが書ける能力・文法力の強化」こそ,ディクテーションを行う意義です。

書き上げたら,英文を見ながら丸付けをしますが,スマホやキーボードで入力し,自動で採点までしてくれるものを利用するのがよいでしょう。

スタディサプリENGLISHのディクテーション

このとき,聴き取れなかった原因を自分で分析して,苦手な音がどのようなものなのか分析してみるようにします(例:trは「チュ」のように聴こえる。'llと'dなどの省略形が聴き取りにくかったなど)。

そしてここで終えるのではなく,その後,CDに合わせて音読する作業をはさむのがおすすめの勉強法です。

この作業を挟んでから,最後に何も見ないで音源を聞いてみてください。

これまで聞こえてこなかった音が聞こえてくるようになり自分の成長が実感できるはずです。

そうすると,「また明日も頑張ろう」という活力が生まれ,学習を継続しやすくなります。

 

スラッシュ・リーディング

「スラッシュ・リーディング」は読解力を高めるための学習テクニックです。

意味のかたまりごとに英文にスラッシュ(斜線)を入れ,区切りごとの意味をそのままの語順で読んでいく方法で,現地では大量の文章を読む必要がある職種の人(例えば弁護士)などに使われています。

どこで区切るかの目安ですが,最初はなるべく細かく(5語くらいのかたまりごとに)斜線を入れていくのが良いでしょう。

その際の切り方のコツですが,

  • 長い主語の後
  • コンマやコロンの後
  • 接続詞や関係詞の前
  • 句や節,不定詞,分詞などの前

が考えられます↓↓

スラッシュリーディングの例

一度に理解できる量,つまり,まとまりごとのイメージが浮かび,短期記憶できるほどの量であれば,好きな長さで構いません。

もちろん,長い方が読むスピードも速くなります。

スラッシュというのは英語長文の構造分析をするときに用いた方も多いかと思いますが,戻り読みをせずになるべく前から,そして意味のかたまりごとに訳出していくところがポイントです。

上の実例の最初の文で説明すると,「メープル買い物街の委員たち・年1回のフェスを計画中・11月5日」の3つになります。

これをただ繋げて読むと,日本語としてはやや不自然なものになりますが,意味がイメージできる状態なので十分です。

さらに進化系として,訳出すら省いてしまうことで,英語を英語のまま理解できるようになるので頑張りましょう(「街のお偉いさん・計画する様子・11月5日という数字」の3つのイメージで記憶します)!

この勉強法で,速読をするために必要な能力も鍛えられます。

まとまりごとに音読するのも効果的です。

ストップウォッチを片手に読めた単語数を測り,1分間当たり150~200語読めるスピードを目指しましょう!

ちなみに,スラッシュリーディングはリスニングの長文(Part4)にも応用が効きます。

前に戻らず,英文の頭からある程度のまとまりごとに意味を取っていく読解方法に慣れるということは,発せられたその途端から消えていく英語のリスニングにおいては,聴こえたままの順序で英文の意味を理解できることに他ならないからです。

 

ノートテイキング&リプロダクション

英文の要点のみをメモして,どんな話だったのか思い出す際に役立てるときに使うテクニックが「ノートテイキング」です。

すべての英文を書き取っている時間はもちろんありませんので,単語や記号を駆使してまとめていきます。

パワーポイントなどを使ってプレゼンテーションする際にも,メモを見ながら伝えたいことを漏らさず話すことをしますが,これに似たものだと思ってください。

論理展開に気を付けてメモを取っていきましょう!

ノートテイキングの実践例

例えば,from=FR,with=w/,Of course=ofcなどの略号を使ったり,地図記号や顔文字を使ったり,「< >=トピック,∵=理由,!=強調」などの工夫が考えられます。

そして,このメモをもとに元の英文を言ってみますが,これが「リプロダクション」というテクニックになります。

この際,自分の声を録音するようにしてください。

それを聞きながら,ちゃんと論理に注意して話せていたか,メッセージの内容を理解しながら話せたか,そして表情豊かに生き生きと伝えられたかどうか評価してみましょう!

実際は,過去形とか単複の違いなどにも注意したいので,上のノートの取り方よりももっとうまく工夫したいところです。

皆さまなりのノートテイキング&リプロダクションに,是非とも挑戦してみてください!

 

スイッチノート

単語の覚え方としては,「スイッチノート」と呼ばれるノート術を用いてまとめてみるのが役立ちます。

それ用のノートや単語カードなどを別に買う必要はありません。

紙にただスペルと意味を書きとめるだけなので,コピー用紙や普段使っているノートを使えばいいのですが,書き方にだけポイントがあるので注意してください。

以下がスイッチノートを使って作成した単語帳ですが,心がけるべきポイントは何だと思いますか↓↓

正解は,単語と意味を縦に揃えて書くことです。

縦に揃っていることで,下敷きなどで一列隠しながら,簡単な単語テストとして使うことができます。

普段の学習においても,このようにちょっとの工夫を加えるだけで勉強効率が見違えてきますので,スイッチノートも普段のTOEIC学習に役立ててみてください!

手書きの他,Wordだと「レイアウト」から「段組みを4行」などに設定することで簡単に作れます。

 

3回チャレンジ法

アルクの書籍

アルクの各種教材で紹介されているテクニックになりますが,本番まで3週間以上残っている場合,この「3回チャレンジ法」に挑戦しましょう。

フルサイズの模試を異なる取り組み方をして計3回解くことにより,現時点での実力や弱点を把握できるとともに成長を実感することもできます。

手順は以下の通り。

  1. 予想問題を200問,2時間かけて普通に解く(答え合わせの必要はなし)
  2. 数日後,制限時間を設けず同じ200問を解く
  3. 復習を念入りに行う(3週間かけて行うのが目安)
  4. 数日後,同じセットを今度は本番と同じ条件で取り組む

1では「自分は何ができて何ができないのかを明確にする」ことが目的です。

答え合わせはしませんが,したい方は正解記号のチェックだけに留め,解説は絶対に読まないでください。

数日おいて,手順の2を行います。

「自分の英語力がフルに発揮された場合に何点取れるのかを知る」ために行うので,時間制限は設けず,勘で答えることのないようにしましょう。

ちなみにリスニングセクションは何度も音源を聴きなおしてOKですが,辞書の使用は不可です(実力ではなくなってしまうので)。

模試を受ける回数は3回ですが,「復習」も重要な手順の1つとして加わります。

2の手順が終了した後,答え合わせだけでなく解説まで読み込みますが,わからなかった語句の意味を辞書で調べたり,本記事で紹介しているテクニックなどを駆使してみてください。

すべての英文の意味が理解でき,間違いの選択肢の根拠まで説明できるようになるまでに,3週間ほど時間をかけるのが目安です。

手順4では,いよいよ本番と同じコンディションでTOEICの予想問題(これまでと同じもの)を解きます。

一度完璧に解説を読んでいるので簡単かと思いきや,タイミングとしては復習内容を忘れかけてきた時期(数日後)に行いますし,時間の制限があるため想像以上に点が取れなくて落ち込むかもしれません。

ですが,このとき間違えてしまった問題こそが,完全に自分の弱点です。

念入りにその復習をすることで,確実にレベルアップできます。

詳しい説明はアルクの通信教材の中に書かれていますが,以下がおすすめの教材例です↓↓

 

まとめ

以上TOEICの学習に役立つテクニックをいくつか紹介してきましたが,いかがだったでしょうか。

今回記載したものを箇条書きにすると,

  • 音読
  • リピーティング
  • リード&ルックアップ
  • クイックレスポンス
  • ロールプレイ
  • シャドーイング
  • ディクテーション
  • スラッシュ・リーディング
  • ノートテイキング&リプロダクション
  • スイッチノート
  • 3回チャレンジ法

のようになりますが,どれもTOEICの学習にとどまらず,根本の英語力自体も底上げしてくれるテクニックばかりで,真面目に取り組んだ後の成長が楽しみになります。

もちろん全てを使えと言いたいわけでは全くありません。

ただ,もし興味があるトレーニングがあればそれを採用した教材を使ってみることで,より楽しく学習できる可能性があるということです。

英語学習には辛いところもありますが,ラクできるところはラクして,集中すべきところは全力で頑張っていきましょう!

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC基礎知識

© 2020 スタディTOEIC®