アルクのTOEIC通信講座の口コミ!教材と料金について

英語関連の通信講座といえば有名どころの「アルク」がすぐに浮かびますが,TOEICの教材として利用する場合の口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。

他人の体験談と私が実際に使ってみてからの感想を合わせると,アルクのTOEIC通信講座の魅力は教材と料金面の2つに集約されるように思います。

詳しくはこれからみていきましょう!

アルクのTOEIC通信講座の口コミ

アルクのTOEIC通信講座のテキスト

アルクのTOEIC通信講座ですが実は50年以上の歴史があり,長い時間をかけて少しずつ改善を積み重ねてきただけあって,教材の質は現存するものの中でも最高レベルです。

実績のある人気講師が監修した教材では最新の学習理論が採用されていたり,独学の効果を高める学習ペースが細かく指示されているなど,市販の参考書では得られない情報量の多さと丁寧な作りに驚かされます。

一般的な口コミでは,アルクのTOEIC通信講座だけでテストに必要な準備がすべて揃ってしまうところが特に評価されていました。

これはつまり,追加で何か購入するものはないことを意味します。

具体的な教材内容として,テキストから単語帳,音声素材に模試までが用意されているので,購入者はアルクの教えをひたすらに信じて,指示通り頑張っていくだけで目標点が取れるのです。

とはいえ,TOEICで400点くらいしか取れない初心者が700点や800点をいきなり目指すことはできません。

TOEICとは言えど,大学入試問題のように,基礎から応用,そして発展レベルの問題があるわけです。

そこでまずは自分の実力のちょっと上を突破することを目標とすべきなのですが,アルクの通信講座の特徴として,目標スコアが非常に細かく設定されていることが挙げられます。

コースは400点程度を目標とする入門レベルから始まり,500点・600点・700点といった具合に,上は900点までの100点刻みの全6コースです。

これだけ細かくレベル分けする意味ですが,現在保有しているスコアから100点上を目指すのに必要な内容だけが教材として厳選されていることに他ならず,最小限の努力で望む結果を出すためのカリキュラムが組まれています。

コースごとの重複も少ないため,続けて進むことでステップアップもしやすく,監修者もレベルごとに異なるため飽きにくい仕様です。

変わった口コミとしては「最初に教材が一気に全部届くので,自分の判断で毎日数時間学習することにした結果,短期間で目標スコアを達成できたのが良かった。」というものもありました。

時間がある学生にとってみれば,就活時の資格欄に書けるようにと一気にスコアを高める使い方もできるわけですね。

話は変わりますが,かつてこのコースは教育訓練給付制度の対象だったこともあります。

国が絡んでくるからには,やはり実績が高い確率で保証されていなければならないわけで,受講者のレベルに見合った教材を細かく用意することで,誰もが無理なくスコアアップできるコース設定を完成させたのでしょう。

「カリキュラム通りに決められた量を1つ1つこなしていくだけでしたが,本当に結果が出ました!大変感謝しています。」という口コミがTOEICコースの特徴をよく表しているように感じました。

 

アルクのTOEIC教材について

アルクのTOEIC通信講座の外装

アルクのTOEIC教材についてもう少し説明を加えますと,毎日1時間程度の学習で終わる量に調整されており,リスニングから文法そして読解までの全パートを毎日バランスよく学習できる教材は,アルク以外だとほとんど見当たりません

TOEICを独学していると,「今日はこの単語帳だけにしよう」とか「リスニングだけひたすらやって終わり」となってしまうことも多く,どうしても学ぶ内容に偏りが出てきてしまいます。

単語学習を例に取っても,本教材ではスコアアップに必要な単語(100語)のみを,テキストと単語帳の両方を使って多角的に学ぶことになるため,収録語が1,000を超える市販の単語帳で学習していて陥りがちな,単語学習の途中で挫折してしまうという危険性が低くなるわけです。

音声素材はCD付きのものも選べて,最近のトレンドである4ヶ国語の訛りを含んだトレーニングもできますし,模試はミニサイズのもの(数十問で手早く終えられるもの)からフルサイズのもの(200問で予想スコアが正確に出るもの)の2種類を使い分けることになります。

後者において,特に最初のうちは休みなしで2時間の模試を解くのは大変ですからね。

ミニサイズであっても,実力チェックの目的は十分に果たせています。

当サイトでは実際の教材のレビューもしていますので,具体的なイメージは以下の記事で確認してみてください↓↓

私も経験がありますが,独学でTOEIC学習しようと考えた場合,通常は良い口コミが寄せられている市販の参考書を探すことから始まります。

とはいっても,思った以上にたくさんの書籍が検索結果に表示されてくるわけで,しかもその中から自分のレベルに見合ったものを分野ごとに用意しなければならず,下調べの段階からかなりの時間がかかってしまうことになるでしょう。

しかもそれだけにとどまりません。

それらを購入したとしても,その参考書に書かれている学習法というのは,あくまでその本を単独で使った場合のみの説明です。

普通複数の参考書を同時に進行させる必要がありますが,「どの参考書をどのタイミングでどれだけの量やればよいのか」については,アルクのTOEIC講座のようなオールインワンの教材を使わなければわかりません。

結局は自分で配分を決めざるを得ずに,先述した学習の偏りが生じてしまうのです。

アルクの通信講座では,教材自体にモチベーションを維持できる工夫も施されており,週や月ごとの確認問題や模試は,テストコという専用サイトを利用して提出することで,採点されてはグラフ化されますし,学習記録も残すことができます。

 

TOEIC通信講座の利用料金

アルクのTOEIC通信講座と市販本

教材の次に,アルクのTOEICコースの利用料金についての口コミについてまとめますが,ここでは「通信講座であるため,通塾する場合に比べて安く済んで助かった。」いうコメントについて考えてみましょう。

もし仮にTOEICの予備校に通って学習したとすると,確かに100,000円以上かかってしまうところが多いです。

なお,最も安く済むと思われる独学であっても,市販の参考書だけでアルクの教材と同じような内容を揃えようと思ったら,簡単に10,000円には到達してしまうでしょう↓↓

  • 総合攻略本(2,000円)
  • リスニング問題集(2,000円)
  • リーディング問題集(2,000円)
  • 単語帳(1,000円)
  • 公式TOEIC問題集(3,000円)

もちろんアルクの通信講座では,上記参考書の内容以外に,採点や分析してもらうサービスやスタッフに質問できる権利,さらには参考書を選ぶのにかかる手間が省けたり,総合的な使い方を学べるといったメリットが加わります。

質問に答えてくれるのは「ESCA英語学習アドバイザー」の資格を持った方ですし,後ろ2つの魅力については先ほど述べましたね。

特にメインテキストにおいて,毎日やるべき範囲と量が明示されているところは,個別指導的なサービスとして評価されるべきところだと思います。

現存する6コースの料金を箇条書きにすると以下の通りです(MP3版の料金で,税込み表示です)↓↓

  • 超入門:31,900円
  • 500点コース:42,900円
  • 600点コース:50,600円
  • 700点コース:48,400円
  • 800点コース:55,000円
  • 900点コース:63,800円

またコース選びについては,例えば目標が700点だとしても現時点での実力が500点ほどであれば,600点コースを受講するようにしてください。

内容さえしっかり押さえれば,700点に近い点数が取れる教材です。

他にも,より下のコースの方が頻出の内容が多く登場するので,試験における実際の役立ち度は高い傾向にあります。

過去にはお祝い金や返金保証のキャンペーンが実施されたこともあるので,以下のページにて最新情報を確認してみてください(informationのところにキャンペーン情報が載っています)↓↓

 

まとめ

アルクTOEIC完全攻略シリーズのバナー

以上,アルクのTOEIC通信講座の口コミから教材と料金の2つを中心にまとめてきましたが,いかがだったでしょうか。

スコアアップが約束された信頼のおける教材を手にし,あとは受講者の成功体験に裏打ちされたカリキュラムに従って毎日のノルマをこなすだけで,最終的には目標スコアが達成できてしまうというのが,アルク教材の魅力でした。

料金的に予備校に通うより安いですし,市販の参考書と比べても,コスパ的にアルクの教材は劣っていません。

色々な教材を買い漁ってみたものの,調子が良かったのは最初だけで,試験日までに使いこなせずに結局は挫折してしまうことのないよう,やるべきことがわかりやすい教材を使って進めていくことがTOEICで結果を出すためのコツです。

先ほど紹介したアルクの公式サイトをみていただくとわかりますが,キャンペーンの実施状況に加えて,より詳しい教材内容についてであったり,実際のテキストや音声が20ページ程度体験することができるようになっています。

監修者のコメントも動画付きで見られたりもしますので,ぜひチェックしてみてください!

-TOEIC教材
-

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

パート別に攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れます。7日間の無料期間を生かして試しに使ってみてください!

パーソナルコーチプラン

オンラインながら最高峰のTOEIC対策を受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない方はコーチングを受けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能な「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育は,いつの時代であっても鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでのあらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が明確です。

TOEIC界で有名な著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非!

おすすめ記事

注目のポーズをする女性 1

スタディサプリのTOEICコースでは,不定期ではあるものの,キャンペーンが実施されたりキャンペーンコードが配布されることがあります。 このページではそれらの最新情報についてまとめているので,スタディサプリを使ったTOEIC対策をお考えの方は ...

パーソナルコーチプランの最新キャンペーンコード情報 2

スタディサプリENGLISHの「パーソナルコーチプラン」は,大手企業のリクルートが自信を持って提供する,高品質かつ比較的安価な英語のコーチングサービスです。 その評判は高く,数あるアプリや参考書の類いを合わせて考えても,1・2位を争うほど効 ...

スタディサプリTOEIC対策コースの教材例 3

今回は,スタディサプリENGLISHを使った勉強法として,TOEIC本番までの残り日数別にいくつか紹介してみたいと思います。 期間別の勉強法についてはすでに一般的なものを紹介していますが,今回は以下の方針に基づき,「スタディサプリのみ」を教 ...

blank 4

以下の記事をみていただくとわかりますが,スタディサプリENGLISHでは新規入会者に向けたキャッシュバックキャンペーンを頻繁に実施しています↓↓ 関連 スタディサプリTOEIC対策コースのキャンペーンコード情報 パーソナルコーチプランのキャ ...

blank 5

最近ますます世の中が便利になってきて,スマホ1つあればTOEIC対策がいつでもどこでもできてしまう時代になりました。 今回紹介するスタディサプリENGLISHの「TOEIC L&R TEST対策コース(TOEIC対策コース)」ですが ...

blank 6

今回の記事では,TOEIC(R)L&R TEST(以下,単にTOEICと略します)の対策として,1万円程度のものから3~5万円,そして7万円を超える高額なものまで,おすすめをまとめていきましょう! TOEICの学習では,基本的にお金 ...

TOEICの参考書例 7

ここでは数あるTOEIC教材の中から,特に初心者の方におすすめできる参考書を用途別にまとめてみました。 具体的には全体的な理解を深められる総合対策本から,毎日の学習が必要な単語帳,さらにはリスニングとリーディング対策に特化したものとなります ...

優,良,平均の評価チェックボックス 8

TOEIC L&Rテスト(以下TOEIC)ですが,「新形式」と呼ばれる問題形式に変わってから,だいぶ難しくなりました。 新形式が導入されたのは2016年の5月29日(第210回公開テスト)からですが,それ以前のものとは比べ物になりま ...

blank 9

TOEIC公開テストは,申し込んだ日から実際の試験日まで「約1~2ヶ月」という時間が残されているのが普通です。 これは決して短くない時間ですが,とりあえず申し込んではみたものの,忙しい日常に忙殺されてしまい,「TOEIC対策は後で必ずやるか ...

blank 10

今回の記事では,TOEIC(R)L&R TESTの勉強法のうち,短期間での対策に役立つ内容のみをまとめました。 本記事で語る「2週間学習法」というのは,公開テストまで1ヶ月以上残っている場合に取る方法とは大きく異なるのですが,それは ...

© 2021 スタディTOEIC®