スタディサプリENGLISH「日常英会話コース」の評判

今回はTOEICに必要な英語の4技能をバランスよく伸ばすことができるアプリ,つまり,リクルートのスタディサプリENGLISHから「日常英会話コース」の方,レビューさせていただきます。

 

 

スタディサプリENGLISHとは

名称:スタディサプリENGLISH

提供:リクルート

料金:月額980円(税別)

内容:圧倒的なボリュームを誇るドラマ仕立てのレッスンを通し,英語の4技能(読む・書く・聴く・話す)をバランスよく向上できるアプリです。

汎用性があるため,TOEIC対策だけでなく,英検対策・入試対策・英会話といったあらゆる勉強に役立つ英語力が身に付きます。

学習者のレベルが英検5級から準1級レベルにまで対応しており,全部で7段階のレベル別のコースが用意されています。

1つのコースにつき240ものレッスンがある上,レベルごとのレッスン内容はすべて異なっているため,全部聴くと240×7=1680レッスンにも及びます。

大変な量のリスニング教材です。

また,それらのレッスンはよくある日常を場面にしたドラマ形式となっており,学校の教科書のような会話内容ではありません。

そのシナリオは,モンスト・FF・逆転裁判などのゲームシナリオを手掛けたジンテーゼという会社が作成しているため,楽しく飽きがこない内容となっています。

その他,スタディサプリENGLISHはアプリでもPCでも学べるため,スキマ時間を利用して学習を毎日継続できますし,アップデートも頻繁に行われているので,ユーザーの意見が反映されやすいように感じます。

さらには,スマホなどのマイクを使った発音チェックや自動弱点分析機能など,これまでにない最新技術も実装されました。

 

 

スタディサプリENGLISHの評判

良い口コミ

英語の4技能について,スタディサプリENGLSIH一つで対策できるのが良い

これだけの教材をこの値段で学べるのは驚き(コスパが良い)

表現が難しくないし,レベルに合った内容で始められるので初心者にも向いている

英語をしゃべる練習ができるのが良い

良い口コミの中で特に多かったのは,教材をいくつもそろえずに済む点と,それに伴い教材費が節約できるという点でした。

オールインワンの性質上,「スタディサプリENGLISHだけやっていれば英語対策は十分だ」というのが気持ち的に楽ですし,重い教材をいくつも持ち運びする必要もありません。

また,レッスンの難易度が細かく設定されている上に,内容も日常会話でよく耳にするものなので,「あー,これこれ,こういうことが英語で言いたかったんだ」という場面が多いです。

そのことが,最終的に楽しいので続けやすいという評判につながっているように思います。

気軽にスピーキングの練習ができるアプリというのも少ないですからね。スピーキング練習ができるという最後のGoodにも納得です。

 

悪い口コミ

有料版への勧誘が多い

間違えたところだけを学びたい

不具合(音量のバランス・突然起動するなど)

無料版で始められた方は,結構な頻度で入る有料会員への勧誘がうっとおしいと感じるようです。

スタディサプリは無料版だけを使うこともできますが,結局はこのようにストレスを感じる羽目になりますし,機能制限も多いので,むしろ最初から使わないことが無難です。

低評価を付けている人の多くは,無料版を使っている方(多くは学生さん)でした。

また,アプリやPCでの不具合に悩む方も多かったので,無料期間中にしっかりと自分の環境で快適に使えるか,判断しておきましょう。

有料版が主軸のサービスですので,アップデートは頻繁にしています。

気になる点は積極的にリクルートに伝えるようにすると,反映されやすいように感じます。

 

 

管理人の体験談

それでは,実際にスタディサプリENGLISHを使ってみましょう。まずは操作画面の説明からです。

操作画面

左上に見える3本線のボタンは「メニュー」ボタンです。

そこをクリックすると,ホームに戻るボタン,学習時間のまとめ,さらにはメンテナンス情報や不具合解消のお知らせ・設定ボタンなどが表示されますが,特に使うのは,設定ボタンと学習結果レポートでしょうか。

設定ボタンではコースの選択・変更ができますし,BGMやSEの音量調節も細かくできます。

学習時間計測アプリである Studyplus を使っている方は,アプリ連携から連携できます。

また,ログインに必要なメールアドレスとパスワードの変更は,登録情報の設定>リクルートID情報の変更から可能です。

退会もこの設定ページの一番下からできます。

 

次に学習結果レポートですが,これは最近実装された機能です。

トップ画面に出ている学習時間以外に,ランキングだったりレッスン進歩,さらにはトレーニング別スコアなどを細かく見ることができます。

 

メインコンテンツ

学習コンテンツは『デイリーレッスン』・『オートリスニング』・そして『リスニングPLUS』の3つからなります。

 

まず最初の『デイリーレッスン』では,レベル別に240個のレッスンを通して学習することになりますが,1つのレッスンに対して5つのトレーニングが用意されていて,同じ内容を別視点から多角的に学ぶことができます。

そのトレーニング内容ですが,

内容理解クイズ

ディクテーション

会話文チェック

なりきりスピーキング

クイックレスポンス

の5つです。

 

内容理解クイズでは,聞き取りのポイントが提示され,その答えについて考えます。

なお,右上の設定では,話される英文のスピードを3段階から選ぶことができます。

速い速度に慣れておくと,普段の英語がゆっくりに聞こえるのでおすすめです。

会話例は1分にも満たないものですが,3回までを目安に内容を聞きとったら,内容理解クイズに進みましょう。

内容理解クイズは質問に対して適切な答えを選びます。

時間制限もあるので,うかうかしてられません。

答えると正解と解説のページが入ります。

3問程度の問題を終えたら,次は単語クイズです。

答えると発音記号と品詞,訳が確認できます。発音はボタンをクリックすると何度も聴くことができます。

学習時間の計測や弱点のデータもトレーニング内容の切り替わり時にこのように蓄積されていきます↓↓

 

次はディクテーションに進みましょう。

設定ではキーボードの制限を取っ払うこともできます(デフォルトでは,いくつかのアルファベットの候補だけが黒字で提示されるようになっています)。

発話された英文の正しいスペルを打ち込みます。

制限時間は1分ですが,使い切ってしまっても答えられます(時間内に解けたという部分のポイントが加算されなくなるだけです)。

すべて打ち込むと正解と解説が出ます。

なお,一文字表示(次の1語を表示してくれる機能)やパスを使うと間違い扱いになったうえで,正解と解説のページに進みます。

 

トレーニング内容の3つ目は会話文チェックです。

これまでに聞いたレッスン内容を最初から最後まで,全訳と本文を見比べることができますし,

解説においては,日本語による説明だけでなく,動画を用いた解説も聞くことができます。

動画内では,さらにくわしい発展内容も学ぶことができ,大事な表現がより記憶に残ります(What's the difference の解説では,ニュアンスによって「何が違うの」・「何も違わないじゃん」の2つの意味になりうることが学べました)。

 

4つ目はなりきりスピーキングです。

なりきるキャラクターを選んで,英語字幕か日本語字幕をみながら会話をします。難易度は日本語字幕の方が高めです。

私はパソコンに接続するマイクがないため,スマホでやってみましたが,自分の発音が録音され,正しいお手本と比較して聴けるので,どこの音が聞き取れなかったか明らかになって便利です。

1語ずつ判定がなされるので,普通の会話で頻繁に起こるような横の音同士の繋がりによる音声変化を無視し,1語1語切りながら正確に発音するようにしましょう(やや不自然な発音になりますが)。

トレーニングの終わりに,もう一度まとめて確認することができます。

carriculum の発音ですが,カキュラムと読むべきところをリキュラムと発音してしまったので,赤で間違い扱いになっています。

 

最後はクイックレスポンスです。

日本語訳を即座に英語に直す練習をします。

まずは英語をみながら,練習し,

本番は日本語から英語をしゃべれるようにします↓↓

このとき自分の声を録音することになるので,正しいお手本と聴き比べて,正確に発話できたか確認することができます。

 

以上がメインコンテンツである『デイリーレッスン』の説明になります。

 

その他の学習コンテンツについてですが,2つ目の『オートリスニング』では,デイリーレッスンで扱ったスキッド(会話例)を通して聴くことができます。画面を見ずにリスニングできるので聞き流しに有効です。

リピート再生に関しては,選択した全範囲かレッスン毎か選べます。

一般的に「英語をただ聞き流すだけでは意味がない」などと言われるのは,あくまでその内容がこれまでに一度も聞いたことがない内容の場合です。

一度スタディサプリで学習した範囲の聞き流しは,一定の効果がありますので,気にせずガンガン聞きましょう。

 

リスニングPLUSは,レッスンがいくつか進むにつれて判明した弱点をコンピュータが分析し,学習効果の高い最適解を含む動画などを提示してくれる機能です。

近未来的な機能ですので,さらに学習を進めていくとどうなるか楽しみに待ちたいと思います。

 

 

効果的な使用法

以上がスタディサプリENGLISHの英会話コースのレビューでした。

TOEIC対策として考えた場合,より実践的な問題形式であったり,各パートごとの解き方めいたものを知りたければ,スタディサプリENGLISHの「TOEIC対策コース」の受講をすすめますが,そもそもTOEICに挑むだけの英語の基礎体力が足りない人は,こちらの「英会話コース」から始めるのが良いと思います。

また,英語の実力の底上げに効果のあるディクテーションという作業は,アプリを使わずにノートとCDを用意してやるとなると,かなり精神的なハードルが高く,挫折しやすいものです。

その点,スタディサプリENGLISHでは,スマホで簡単に楽しくタイピングできますので,苦痛を感じることはありません。

毎日細々とでも長く継続するのが,英語の実力を伸ばすコツです。

月額980円の有料コンテンツだからこそできる,良質なコンテンツを豊富に含む総合的な英語実力UPアプリ

というのが,スタディサプリENGLISHを実際に体験してみた結論です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

TOEIC対策のおすすめ2019

ベーシックプラン

オールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,短期間で効率良く学習したい方は,まずスタディサプリを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもあり。

パーソナルコーチプラン

TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人はトレーナーを付けるのがおすすめ。学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない緊張感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

-TOEIC教材のレビュー

Copyright© スタディTOEIC , 2019 All Rights Reserved.