洋楽を聴いてTOEIC対策する方法!

今回は,洋楽(英語の歌)を聴いてTOEIC対策をするための方法について考えてみたいと思います。

「好きこそものの上手なれ」とよく耳にしますが,楽しいことに対して人は思いもよらぬ集中力を発揮し,そこに注いだ熱量は人生を変えるほどの結果につながることもあるわけです。

洋楽がきっかけで,講師や教員を始め,通訳者や翻訳者になった人は,探せば周りに結構いるのではないでしょうか。

もちろんそういった人に限って「洋楽を聴くと自分の英語力にどう役立つかな」とか「TOEIC対策に生かそう」などとは考えてもいなかったでしょうが,本記事は敢えてそういったところに目を向けてみることにします。

 

 

洋楽がTOEICに役立つメリット

Free-Photos / Pixabay

洋楽でTOEIC勉強をするメリットですが,ただ1曲聴いてみただけでも,

  1. 語彙力が増える
  2. 発音やイントネーションが学べる
  3. モチベーションが高まる

といった効果があることがすぐにわかるでしょう。

まず1つ目に,洋楽の歌詞はもちろん英語で書かれていますので,そこに出てくる単語や語句の意味を覚えていくことでどんどん語彙力を増やせることになります。

また,学校や参考書で学ぶ英語とは一味違う「生きた英語」ですので,多くの人が知らなくても自分だけが知っているような単語を身に付けることもできるため,他人と大きく差をつけたい場合にオススメです。

第2に,洋楽には音があります。

ただ聴くだけで,ネイティブによる正しい発音が学べるだけでなく,リズムとメロディーに乗ってイントネーション(抑揚)まで学べてしまうのが大きなメリットです。

加えて,キャッチーなサビを持つ音楽であれば,印象的なサビが何度も繰り返されることになるので,同じ単語に何度も触れられますし,AメロやBメロに韻を多用した曲であれば,似たような音をした単語を一度に覚えられることもあります。

さらにこれが一番の理由ですが,なにより楽しいことです。

自分が好きなアーティストであれば何度聴いても苦になりませんし,英語に対するモチベーションも大きく高まるでしょう。

またMV(ミュージックビデオ)のような動画形式で視聴すれば,視覚を通して曲の内容も頭に入ってきやすく,歌詞の意味が予想しやすくなりますし,音楽がそもそも持つメッセージ性というのは聴く人の心を大きく揺さぶってくれるものです。

私は,純粋にアーティストが歌っているときの口の形を見た際に,苦手だった発音の意外な突破口になった貴重な経験をしました。

 

 

洋楽を使ったTOEIC勉強法

次に,どういった勉強法で洋楽をTOEIC学習に生かしていくのかについて考えてみましょう。

ここでは Eagles の Hotel California という名曲を例にみていきたいと思います(2019年11月の段階で3.9億回視聴はすごいですね)。

まずは楽曲を探してきましょう!

昔はCDの歌詞カードで学ぶしかありませんでしたが,今は上記のように YouTube を使って簡単に楽曲を見つけられますし,歌詞もインターネットで検索できる時代です(上記動画のように動画上に出る場合もありますし)。

広告付きのものもあるでしょうが,これからますます多くの音楽レーベルが,自らの楽曲を動画でアップロードするようになると思うので,大いに利用させてもらいましょう。

次にアーティストになったつもりで,声に出して歌ってみましょう

それだけでも音読の効果が期待できますし,英語の単語と単語の繋げ方などを含めた発音のルールまで身に付きます。

歌っていると,「これは何と言っているのだろうか」などと単語や歌詞の意味についても知りたくなってくるものです。

そんなときは単語の意味をWebの辞書で調べたり,日本語訳にした動画があるようならそれも参考にしてみてはいかがでしょう。

例えば今回の楽曲では,

in the distance(遠くに)・down the corridor(廊下をくだる)・plenty of rooms(十分な部屋)・courtyard(中庭)・in the middle of the night(真夜中に)・ceiling(天井)・gather(集まる)・passage(通路)

のような語彙を増やすことができます。

日本語訳だけ見ながら英語の歌を口ずさめば,もはやそれは立派な通訳をしていることになります。

 

今回使った楽曲では実際のTOEICでも使われる単語や表現が多く出てきました。

曲によっては,TOEICに役立てやすい曲,役立てにくい曲があると思いますが,あまり細かいことは気にせずやっていきましょう!

もちろん洋楽を聴くだけでTOEIC本番に挑むという話ではありません

他に模試を解いたり,パート別に対策することが絶対に必要ですが,週に数日だったり,1日の特定の時間は洋楽を聴く時間にあてるという学習法は十分にスコアアップに役立つと思います。

 

 

まとめ

congerdesign / Pixabay

以上,洋楽を聴くことをTOEIC対策に生かすメリットと具体的な方法についてみてきました。

今回の方法は,前に記事にした洋画のときと同様,あらゆる語学学習にも応用ができますので,例えば朝鮮語を学びたければ,K-POPや韓国ドラマを用いればOKです。

最近はYouTubeでもカナルビをふった動画などがファンによって数多く作成されていますので,是非,好きなアーティストで学んでいただけたらと思います。

こういった方法は,とにかく楽しくやることが大切ですので,辛いと感じたらすぐに止めましょう!

TOEIC対策のおすすめ2019

ベーシックプラン

オールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,短期間で効率良く学習したい方は,まずスタディサプリを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもあり。

パーソナルコーチプラン

TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人はトレーナーを付けるのがおすすめ。学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない緊張感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

-おすすめTOEIC対策

Copyright© スタディTOEIC , 2019 All Rights Reserved.