アルクのALCOをレビュー!再生速度を下げてリスニング対策をしよう!

今回はアルク愛用者におすすめの教材専用アプリ,

ALCO(アルコ)

についてレビューしていきたいと思います。

スマートフォンにインストールするだけで,アルク関連の教材を無料で便利に使えるようになる当アプリですが,一体どのような使い方ができるのでしょう。

ALCOとは

ALCOとは

ALCOは「ALC Learners' Companion」の略で,「語学のオトモ」というサブタイトルが言い得て妙なスマホアプリです。

2020年6月現在で,レビュー数は2.7万件で星4.6個(5個中)の評価があり,かなりの人気アプリとなっており,ここ最近は1ヶ月に1000件ペースでユーザーを増やしています。

ALCOを使った勉強法については後で考えるとして,ここではひとまず特徴について理解しましょう!

主な特徴は3つ↓↓

  1. パソコンを介さずに音声をダウンロードできる
  2. 再生速度を変えられる
  3. テキストの電子版が読めるものもある

アルク出版の書籍(雑誌含む)と通信講座であれば音声をダウンロードでき,その音声の開始時点と終了時点を2つ設定することで,その間をリピートして延々と聞くことができるのがまず1つ。

音声対応している書籍については,以下のリストで確認して下さい↓↓

そして最も便利なのが2つ目で,再生速度を0.5倍から3.0倍の間で変更できるところです。

リスニングをしていてどうしても聞き取れなかった箇所であっても,再生速度を遅くすることで聞き取れるようになります。

3つ目の特徴として,電子書籍にも対応しているということです。

以前に紹介したアルクの通信講座は,外出中でも持ち歩くことができます。

とはいえ,本屋さんで売られているような一般書籍に関しては対応していないので注意してください。

例えば私がこれまでに当サイトでレビューした「直前の技術」や「やたらと出る英単語」などの参考書は音声だけのダウンロードしかできません。

通信講座はテストコの方からダウンロードできますが,かなり使い勝手が良いです。

さすが高額なだけありますね。

以下は私も使ったことのある「TOEIC完全攻略コース」のものですが,電子書籍版がダウンロードできる上,スピーカーマークをタップするだけで簡単に音声が聴けてしまいます。

通信講座と電子書籍版の利用法

紙のテキストを持ち歩かないで済むのは大変便利です。

音声の再生面については,秒数を2秒から30秒の間で指定して,巻き戻しor早送りする機能も利用できますが,通常書籍の方では模試以外のものだと(例えば単語帳などでは)2秒しか選べなかったりします。

遷移した先も中途半端な位置に飛んでしまうので,私は普通に指でゲージみたいなところ(スライダー)を動かすようにして,あまりこの機能は使っていません。

とはいえ,再生スピードを変えられる効果はTOEICのリスニング対策するのに絶大ですね。

「語学プレイヤー」というアプリをレビューする際にも,その恩恵について考察しました↓↓

続けて,ALCOの使用開始の手順,そして実際の勉強法についてみていくことにしますが,本章で述べた特徴は,以下の動画でも確認できます↓↓

 

使用開始までの手順

続けてALCOを使用開始するまでの手順についてまとめましょう。

手順は全部で3ステップ。

インストールから利用登録を経て,コンテンツをダウンロードするだけ。

時間にして数分で済む内容です。

インストール

まずはALCOをスマホにインストールしましょう。

ダウンロードはこちら

 

Android版は6.0以上,iOS版は9.0以降に対応していますが,実際はスマホに入れて使ってみるまでは分かりません。

利用登録

続けて,表示画面にある「新規登録(無料)」ボタンをクリックし,メールアドレスとパスワードを決めてアカウントを登録します。

新規登録の方法

入力内容の確認と登録したメールアドレスに確認メールが届きますので,そこに記載されたURLにアクセスして登録を完了しましょう。

コンテンツをDLする

最後に学習コンテンツのダウンロードになりますが,ホーム画面の一番下に見えている「ダウンロードセンター(書籍はこちら)」または「テストコ(通信教育はこっち)」のどちらかをタップします。

ここでは前者を選択したとしますが,次に書名で検索するなどして目的の教材を探しましょう。

教材のダウンロード

本が見つかったら「ダウンロード」を行い,ホーム画面に戻ってみると教材の再生や閲覧が可能になります。

ちなみにログインをしないで使うこともできそうなことも書いてありますが,その場合,一部のサンプルしか利用できないので使い物にはなりません。あくまで起動できるか試すだけのものだと割り切ってください。

 

ALCOを使った勉強法

それでは最後にALCOを使った勉強法についてまとめてみましょう!

リスニング用

基本となる使い方はやはりリスニングプレイヤー用途だと思います。

リピートボタンをONにすれば延々とリスニングできますが,それでは1つのトラックのみです。

そんなときは「プレイリスト」を作ってみましょう!

ホーム画面に見えている「プレイリスト作成+」を選択し,プレイリストの名称を入力(ここでは「リスニング用」)とし,含めたい音声を追加すれば,色々な音声を比較的自由に聞けるようになると思います↓↓

プレイリストの作成とリスニング

このときALCOでダウンロードした音声(ALCO)以外に,自分のスマホにダウンロードしてあるオリジナルの音声も含められるのが便利なところです。

驚くべきことに,このオリジナル音源の速度まで変更できてしまいますからね。

ディクテーション用

続いて2つ目の勉強法はディクテーションです。

下記のように開始時点(A)と終了時点(B)を設定すれば,その間を延々と繰り返すことができます(画像では6秒と19秒の間をリピート)。

ディクテーション

通常の速度で聞き取れないような箇所があれば,再生速度を遅くすることで対応可能です。

シャドーイング用

シャドーイング

シャドーイングはハードですが,練習した分だけその見返りは大きくなるので,是非挑戦してみてください。

再生速度を遅くする場合は「0.5倍速・0.7倍速・0.8倍速」の3つの再生速度が設定できるので,だいぶ敷居を下げて学習できます。

ちなみに,シャドーイングやディクテーションなどといったTOEIC学習に役立つとされるテクニックについては,以下の記事にて詳細をまとめているのでご覧ください↓↓

 

まとめ

ALCOのレビュー

以上,ALCOというスマホアプリのレビューでした。

数分で簡単にインストールでき,基本的な使い方については今回の記事で紹介した内容でほぼ全て網羅できています。

アルク関連の教材がダウンロードできるだけでなく,最後の章で紹介したプレイリストを使うことであらゆる音源の再生速度を遅くしたり早くすることが可能なところは,思った以上に利用頻度が高く,レビューを読んでも「役立つ」と評価しているユーザーが多いように感じました。

さらには,完全無料ですので,けちのつけようもなく,しかも珍しいことに更新頻度も多いです。

私も以下の方と同じような口コミを付けたいと思います↓↓

ALCOの良い口コミ実際にレビューをみていただくと,運営の方がかなり丁寧に対応されていることがわかるでしょう。

ALCOには語学用の音声プレイヤーとしての必要な機能が揃っています。

通勤時のリスニング用途にはもちろん,ディクテーションやシャドーイングといった役立つ勉強法も取り入れて,TOEICのスコアアップに是非役立ててください!

 

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-アプリ
-

© 2020 スタディTOEIC