TOEICの英文法の学び方!教材選びと例文暗記が重要

今回は「TOEICのスコアアップに役立つ英文法の勉強法」についてまとめてみました。

教材を選ぶ際のヒントになることから,一般的にどのような勉強法が知られているのかについてまで,具体例とともに紹介していくことにしましょう。

「リスニングやリーディングの問題を解いていて,単語の意味くらいならちょっとはわかるけど,誰がどうしたのかまではわからないよ」という方(TOEIC400点以下の方)は,特に文法を中心に勉強することがスコアアップには効果的だとされます。

是非,参考にしてください!

TOEICに必要な文法レベルとは

複数の洋書

TOEICに必要な英文法の学習を始める前に,注意しておきたいことがらについてまずは整理しておきましょう。

「文法だけ勉強していても英語力は伸びない」という意見も部分的には正しいのですが,かといって,まったく文法を勉強せず,ただナチュラルな英語を聞いていて自然にできるようになるとは思いません

もちろん,知っている単語を適当に並べていくだけでも,ある程度は相手に言いたいことが伝わるでしょう。

(誤)Tom watch movie yesterday.

と話した場合で考えてみると,英語ができるネイティブ相手であれば,

(正)Tom watched the movie yesterday.

などと補足して,正確に理解してくれると思います。

これは,日本人が「トム・見る・映画・昨日」などと聞いたときにどう理解するか考えるとわかりやすいでしょう。

とはいえ,上のような英語でなんとかなるのは簡単な日常会話までであって,TOEICではそれよりずっと高度な英語力が求められるため,基礎レベルの文法を身につけておかなければなりません

日本語と文構造が似ている言語(例えば朝鮮語)を学ぶのであれば,日本語の感覚も使って文章が作れるため,内容理解に対する文法の貢献度は多少低くなるのですが,残念ながら英語は日本語とは似ていない言語の典型です。

先ほどの英語で,語順を変えたり主語を省略して,movie watch Tomやwatch movie tonightなどと言ってしまえば,途端に伝わらなくなります。

だからこそ,英文法はある程度のレベルまでは習得しないといけないわけです。

とはいえ,英語は他の言語に比べて文法が単純で学びやすいこともよく知られている事実なので,それを励みに頑張っていきましょう!

ちなみに,何を基礎レベルというかですが「中学英文法+高校で習う英文法の一部」というのが当サイトの見解です。

なお,中学英語を中学生に教える際,集中して2ヶ月教えれば,ゼロから始めて中3までの知識を教えることができるので,それほど長い時間がかかるわけではありません(とはいえ,1つ1つの文法をしっかり理解し,正確に使えるようになるにはもう少し多くの時間が必要です)。

具体的なやり方は,後述する例文暗記の方法を参考にしてください。

また,高校英文法においては,中学範囲と比べると量が膨大になるので,TOEICで頻出の文法事項に絞って勉強することをおすすめします。

加えて,解説を読んでも理解できないものは後回しにして,文法書の最後の方に決まって出てくる「語法やイディオム」といった丸暗記項目についても,学習中に出てきたものだけを覚えるようにすればOKでしょう。

もちろん,それ以上に詳しく学んでも構わないのですが,費やした時間がそこまでスコアアップにつながらなくなってくるので,文法以外の勉強をする方がスコアは伸びるはずです。

次章からは,英文法の具体的な学習法として,問題集の使い方と例文暗記について紹介します。

 

 

文法の問題集を使おう

大量の本の上に座る女性

英文法は問題集を買って学びましょう!

そのときのポイントですが,簡単なものを完璧にしてから,ちょっと難しい問題集へと進んでいくようにしてください。

具体的には,中学までの内容をまとめた問題集を1冊選び,それが全問正解できるようになるまで繰り返します。

特にTOEIC300点台の初心者ほど,最初は欲張らずに薄い問題集から始めることが肝心で,「1冊完璧に仕上げられた!」という達成感を味わうようにしてください。

そうしたら次に,もう少し分厚い中学の問題集を買ってやるようにして,これも完璧になるまで何度もやり直しましょう。

最初にやった問題集で学んだはずの内容も,ちょっと形を変えて(使っている単語などが違う形で)出てくるのでよい復習になるはずですし,新しい文法知識もさらに加わっていきます。

ちなみに,書店で見かける「TOEIC対策」と名が付く文法問題集は,どうしても高校の内容を入れずにはいられないので,中学英語を学ぶ段階では手を出さない方が無難です。

とはいえ,いつまでも中学英文法の範囲にとどまっているようでは,パート5の文法問題に太刀打ちできないのも確かなので,試験本番までに,TOEICテスト用に作られた問題集を1冊選んで解くようにしましょう。

文法理論の詳しい説明に抵抗がないようであれば,解説量が豊富な「一億人の英文法」や「世界一わかりやすい文法」をおすすめしますが,問題集が分厚いとやる気がなくなってしまうという方は,薄くて10日間で終わるような問題集か,アプリを使ってザッと全範囲を学んでしまうのもおすすめです↓

スタディサプリ基礎英文法の山田治先生
スタディサプリTOEICコースの文法講座を比較してみた

スタディサプリENGLISHのTOEICコースには,英文法を1から学べるコンテンツが2つあります↓ パーフェクト講義-英文法編 基礎英文法 これらを受講することで,中学や高校で学ぶ英文法を学び直したり ...

続きを見る

本章のポイントをまとめると,低い中学レベルの問題集から始めて,より高いTOEICレベルのものまで1冊1冊ステップアップしていくことになります。

 

 

基本例文を暗記しよう

メモとペン

英語の基本例文を暗記することは,自然な表現を身に付けるのに役立ちます

単語と文法だけ身に付けるだけでどんな文でも作れそうな気がしますが,ネイティブが絶対に言わないような文を作ってしまうこともあるわけです。

特に,英語においては決まり文句やコロケーション(連語・語と語の繋がり)を丸暗記するのが有効な学習法だとされます。

まずは簡単な例文を暗記することから始めましょう!

中学の教科書には基本文が載っていますが,手元にない方は,教科書ワークを用意すると巻末部分あたりにまとめられているはずです↓

ワークの巻末にある中学英語の基本文まとめページ

中学で習うレベルの例文から始め,それが終わったら高校レベルの基本例文を覚えるようにしますが,両者ともに以下の勉強法を採用することで,リーディングやリスニング力も高めることができます↓

  • 声に出しながら5回ほど書き写す
  • 日本語訳を見てからすぐに英語に直す

ちなみに,ここで紹介した例文暗記はライティングの作業をしているようにみえますが,厳密には違います。

自分で書きたい内容の英文を書くことが,真の意味での「ライティング」です。

そこで,例文暗記で身に付けた文法を使って,自由に文を書いてみるようにしましょう。

自らの言葉で英文を作りだす行為は,英語を身に付ける本来の目的を果たしていることに他なりません。

その日に学んだ教材に出てきた文章を読んだ感想など,日記形式で書くと続きやすいです。

もちろん,SNSで呟くでも構わないので,コミュニケーションツールとして英語を使うことを忘れないようにしてください。

 

 

まとめ

スマホとメモ帳

以上,TOEICに役立つ英文法の勉強法について,主に2つの方法を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

今回の要点をまとめると,

  • TOEICでは中学英語と高校英文法の頻出分野を勉強する
  • 問題集は完璧に仕上げたものを1冊1冊増やしていく
  • 例文暗記する際は声に出して書き,日本語を英語に直す練習も有効
  • 英語を使って自由に書く練習も忘れない

となります。

もっとも,一度にこれらを全部やろうと思うと大変ですので,普段の勉強メニューに1つでも新しいものを取り入れられたらOKと考え,「これは続きそうだ」と感じた勉強法があれば,以降のTOEIC学習においても継続してみてください。

英文法の勉強法を見直すと,TOEICのスコアを大きくアップさせることができます。

400点が取れた後は,目標スコア別のTOEIC勉強法の記事で述べたように,500点に向けてリスニング対策を行いましょう!

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

-TOEIC勉強法
-,

王道のTOEIC教材

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

パート別に攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れます。7日間の無料期間を生かして試しに使ってみてください!

パーソナルコーチプラン

オンラインながら最高峰のTOEIC対策を受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない方はコーチングを受けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能な「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育は,いつの時代であっても鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでのあらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が明確です。

TOEIC界で有名な著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非!