TOEICに出てくる英文法の勉強法!

今回は「TOEICのスコアアップに役立つ英文法の勉強法」についてまとめてみました。

具体的な参考書や教材については,他の記事をみていただくことにして,ここではどのような勉強法が知られているかについて概要めいたものを紹介しましょう。

「リスニングでもリーディングでも,単語の意味ならちょっとはわかるけど,誰がどうしたのかまではわからないよ」という方(大体TOEICスコアにして400点以下の方)には,特に文法を勉強することがスコアアップに効果的です。

是非参考にしてください!

文法を勉強するにあたって

TOEICの英文法の勉強を始める前に,注意しておきたいことがらについてまずは整理しておきましょう。

「文法教育には限界がある」という意見にも正しいところはあるのですが,かといってまったく文法を勉強せずにただナチュラルな英語を聞いていればよいとは思いません。

ちなみに知っている単語を適当に並べていくだけでも,ある程度は相手に言いたいことが伝わるでしょう。

(誤)Tom look watch yesterday.

と言ったとしても,相手は,

(正)Tom looked at his watch yesterday.

などと理解してくれると思います。

しかしそれでなんとかなるのは日常的な英会話レベルであって,TOEICではそれよりも高度な英語力が求められるため,基礎レベルの文法は学ばなりません

ちなみに日本語と文構造が似ている言語(例えば朝鮮語)であれば,日本語の感覚も使って文章が作れるため,文法の貢献度というのはそれほどではないのですが,残念ながら英語は日本語と似ていない言語の典型です。

だからこそ,英文法はある程度のレベルまでは習得しないといけません。

とはいえ,英語は他の言語に比べて文法が単純なので学びやすいことも知られているので,それを励みに頑張っていきましょう!

ちなみに,何を基礎レベルというかですが,

中学英文法+高校で習う英文法の一部

というのが当サイトにおける認識です。

中学英語を中学生に教える際,集中して2ヶ月教えれば,ゼロから中3までの知識を教えることはできますが,1つ1つの文法をしっかり理解し,正確に使えるようになったわけではありません。

文法が気にならなくなるまで習熟させる作業がこの後に必要です。

そのやり方としては,後述のディクテーションやライティングを参考にしてください。

ちなみに,高校英文法は範囲が膨大なので,TOEICによく出てくる文法に絞って勉強することをおすすめします。

その際に解説を読んでも理解できないものや,文法書の最後の方に出てくる「語法やイディオム」のような丸暗記項目については,学習中に出てきたものだけ覚えるようにすればOKです。

それ以上詳しく学んでも良いですが,費やした時間がそこまでスコアアップにつながらないので,文法以外の勉強をする方が,スコアは伸びます。

ちなみに,本記事では英文法の学習法として,以下の3つを紹介していきます↓↓

  1. 問題集を解く
  2. リスニング教材を使う
  3. 例文暗記とライティング

これから1つ1つみていきましょう!

 

問題集は完璧に!

まずは文法の問題集ですが,簡単なものを完璧にしてから,次のちょっと難しい内容に進むようにしてください。

まずは中学までの内容をまとめた問題集を1冊選び,それが全問正解できるようになるまで繰り返します。

特に初心者の方ほど,最初は欲張らずに薄い問題集から始めて,「1冊完全に仕上げられた!」という達成感を味わうようにしてください。

そうしたら次に,もう少し分厚い中学の問題集を選んでやってこれも完璧になるまで何度もやり直しましょう。

最初にやった問題集で学んだはずの内容もちょっと形を変えて(使っている単語などが違う形で)出てくるのでよい練習になりますし,さらに新しい文法知識も加わっていきます。

「TOEIC対策用」と名が付く問題集は,どうしても高校の内容を入れずにはいられませんので,中学英語を学ぶ段階では手を出さない方がよいです。

とはいえ,いつまでも中学英文法の範囲で終わっていては,Part5の文法問題に太刀打ちできません。

試験本番までにTOEICテスト用に作られた問題集を1冊選びましょう

理論的な解説を読むことに抵抗がないようなら,解説量が豊富なものをおすすめしますが,問題集が分厚いとやる気がなくなってしまいそうな方は,薄くて10日間で終わるような問題集やアプリや動画を使って気楽に学ぶのもおすすめです!

ここでのポイントをまとめると,完璧になった問題集を低いレベルから高いレベルに向けて1冊1冊増やしていくということです。

 

リスニング素材で文法を学習をする

英文法の学び方は問題集を使うだけではありません。

リスニングをしながらも英文法の勉強ができるのはご存知ですか。

最も有名な勉強法は「ディクテーション」と呼ばれており,本当はカタカナで書かない方が意味もわかりやすいのでしょうが,英語でdictationというのは「書き取り」のことです。

リスニングした音声を実際に文字にして書いてみることで,英文法の力も付けられるという一挙両得の方法なので,初めて聞いた方は積極的に実践していきましょう!

やり方は簡単で,

  1. リスニング素材を用意する
  2. 一時停止も使いながら,全文書き取る
  3. 書いた文を読み,変なところは推測する

です。

3についてですが,「意味的に,もしくは聞いた感じで何か音が入るはずだけど聞き取れない」ところを文法的な知識を総動員して推測します。

推測した後でまたリスニング素材を聞き直して確認してみましょう。

例えば,

(誤)Last week I run five kilometer.

と書き取ったとして,Last weekがあるので時制は過去のはずだから,runはranにするべきじゃないか,そしてfiveがあるのでkilometersと複数形にするのではないかと考えるのが推測です。

(正)Last week I ran five kilometers.

結果としてこのように直せたとしますが,ディクテーションによって英語の細かいところに意識が向くようになったと言えるでしょう。

最近のオンライン教育ではディクテーションがスマホを使って簡単にできるようになっていて,それでも面倒だと飛ばす人がいますが,良いこと尽くしの勉強法を採用しないのは大変もったいないことです。

ディクテーション以外にも,リスニングで単語や意味くらいしかわからなかったときにできるトレーニングがあります。

この場合は,同じ教材を文字でしっかりと読んで使われている文法を理解し,さらに仕上げとして,文構造を意識しながらもう一度リスニングすることで文法の勉強ができるので,こちらも是非やってみてください!

 

例文暗記とライティング

例文暗記は自然な表現を身に付けるのに役立ちます

単語と文法だけ身に付ければどんな文でも作れそうな気がしますが,英語では言わない文を作ってしまうこともあるでしょう。

特に英語においては決まり文句やコロケーション(語と語の繋がり)などを丸暗記するのが有効な学習法だとされます。

単文暗記も良いですが,それ以外に,

  • 色々な数の文法事項が含まれている文を覚える
  • 複数の文から成るダイアログ(対話)を覚える

といった工夫が考えられるでしょう。

折角なら,一文で2度美味しい思いをしたり,会話の流れについて理解することで,自然に話せる能力まで身に付けてしまいませんか。

ちょうどTOEIC用の問題集を使っているので,そこに出ている対話文はまさにビジネスシーンで使われる会話なはずです。

十分お手本に足るものでしょう。

ちなみにこここまでに紹介した「ディクテーション」や「例文暗記」などは,ライティング(アウトプット)の作業をしているようですが,厳密には違います。

自分で書きたい文を書くのが真の意味での「ライティング」です。

身に付けた文法事項を使って何か文を書いてみましょう。

教材として使った英文を読んだ感想でも構いません。

自らの言葉で英文を作るようにすると,英語を身に付ける本来の目的を果たしていることになります。

SNSでも日記帳でもよいので,コミュニケーションツールとして英語を使うことは忘れないでください。

 

まとめ

以上,TOEICに役立つ英文法の勉強法についていくつか紹介してきました。

今回の要点をまとめると,

  • TOEICでは中学英語+高校英文法の頻出分野を勉強する
  • 問題集は完璧に仕上げたものを1冊1冊増やしていく
  • リスニング素材はディクテーションすると文法学習が可能
  • ビジネスシーンにおける対話文を暗記する
  • 読んだ文章の感想を英語で書くことを忘れない

となります。

一度にこれらを全部やろうと思うと大変です。

これまでの勉強法に1つでも変化を起こせればまずは十分と考え,「これはできそうだ」と思った勉強法をこれからのTOEIC学習に取り入れてもらえたらと思います。

英文法の勉強法を見直して,大きくスコアをアップさせてください!

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -勉強法

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.