TOEICに役立つ!単語の勉強法!

何もTOEICに限りませんが,単語や熟語(語彙)の力を増やすことは,どのレベルの学習者でも行うべき最重要項目だと言われています。

英文を読む際や文脈から単語を入れる問題に限らず,例えばリスニングができない理由を考えてみても,純粋に音がキャッチできないからというよりも,聞こえた単語や熟語を知らないことの方が多いです。

またスピーキングにおいても,実は語彙力の不足で話せない場合もあります。

赤ちゃんの「よだれかけ」は英語でbibと言いますが,もしこれを知らなければ,a piece of cloth or plastic tied under a baby's chin to protect its clothes when it  is eatingなどと言わなければなりません。

このような英文をパッと口にするのは大変ですし,tieやchinの単語が出てこない場合もありえます。

もちろんbibは難しい単語ですし,TOEICには出題されないでしょうが,逆にTOEICに頻出する単語については一般的には難しいとされるものであっても学習すべきで,これこそが「TOEIC単語は専用の教材で学習すべき」と言われるゆえんです。

今回の記事では,なるべくあらゆる英語学習に役立つ形で,単語の勉強法についてみていきましょう!

まずは基礎単語から確認

まずはレベルをずっと下げて,「TOEICスコアが200点~300点レベル」の方に目を向けてみますと,中学校までに習う約900語の発音のされ方と意味が一致していないので,TOEICのリスニングでもリーディングでも内容が全く理解できないはずです。

もちろんbatteryとかvirusなどの単語は,中級者であっても音から意味が取れないことがあり,最初に聴いたときは私もビックリしました。

みなさまの中には「中学英語だけで英会話はできるようになる」と聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが,それも大げさではありません。

ちなみに,80年くらいも昔にCharles Kay Ogdenというイギリス人の言語学者が開発した「Basic English」では,日ごろ使うあらゆる英語表現は850語の英単語で言い換えられてしまうことが知られています。

もっとも英語のネイティブは日常会話に2万語を使うと言われており,それに比べれば数はずっと少ないわけですが,これだけの単語を完璧に使いこなせるようになったら,スピーキングの不安も大きく減るのは確かです。

なのでまずはこれを1つモチベーションに,中学3年生までの基礎単語から学習してみてください。

その際の教材には,日本語訳,文法解説,単語注釈のついた「やさしい」英文テキストを使い,音を確認してから音読を何度も繰り返しましょう!

なお,以前レビューした「出る単特急金のフレーズ」の紹介ページでは,TOEICに出てくる基本英単語が利用できます↓↓

こちらもチェックしてみてくださいね!

 

理想の単語学習は文で覚える

単語の理想の覚え方ですが,それはやはり文の中(文脈)で覚えることです。

パーッと文を読んでいきながらわからない単語が出てきたときに,周りにある意味のわかる語句を頼りにその意味を推測します。

このときの教材としては7~8割は意味がわかるものを選ぶようにしてください。

大体1行読んでみて,わからない単語が2つも3つも出てくるようでは難易度が高すぎます。

この方法で学ぶと,単語1つを意味とセットで丸暗記するわけではない(有意味学習にあたる)ので,より記憶に残りやすいわけです。

例えばanemicという単語を学ぶときに,My brother is anemic.(私の兄は貧血です)という文で覚えたとします(「あに」とアニーミックの発音を掛けて工夫してみました)。

それと同時に,貧血で元気がない兄の様子を浮かべてしまえば,

We have an anemic rate of economic growth.

という英文の意味もわかるのではないでしょうか(正解は「経済成長率が芳しくない」の意味)。

もちろん時間が経てば意味を忘れてしまうこともあるでしょう。

ですが,同じ文章を繰り返し読むようにすれば,前に分からなかった単語の意味をもう一度推測することが可能です。

その際に,

「あ,この単語の意味なんだっけ?周りでこういう単語が使われているから,あ,こういう意味じゃなかったかな」

と記憶の扉を何度もノックすることができるので,それがその単語を習得するための鍵となります(「retrieval:検索」と言われます)。

 

単語帳の使用について

一番最初に触れましたが,単語帳を使う場合はTOEIC専用のもの(TOEICの頻出語句を意識して作られたもの)を使うようにして下さい。

丸暗記は前章の内容からすればやや否定的にも映りますが,脳が若い時は丸暗記でも十分に覚えられますので悪い方法ではありません。

1つ注意点を挙げるとすれば,教材によっては,単語と意味以外に英文であったり,派生語や類義語が載っているものもあるでしょう。

それらの違いについて例を挙げると以下のようなものになります↓↓

類義語:condemn・force・impose・oblige・obtrude・urge

派生語:success・succeed・successive・successful・succesor

このうち,初学者は「類義語」を見ると混乱してしまうので,無視するか可能であれば「派生語」のみが載っている教材を使うようにしてください(私が所有しているTOEIC単語帳を確認してみましたが,ほとんどどちらも載っていました)。

また,文章で知らない単語に出会ったときに,辞書を引いてノートに書き写せば自作の単語帳を作ることができます。

その場合,辞書の最初の意味や定義だけを確認して終わるのではなく,書かれている全部に目を通し,書き留められるところは残しておくことが大切です。

例えばTOEIC頻出のcurbを単語帳に残す場合,

curb[kə:b] :

名「歩道の縁石」「拘束・抑制」

動「おさえる」;curb ~'s cries(泣き声をおさえる)

などとなります。

またもし,同じ単語をまた間違えてしまった場合はどうしたらよいでしょうか。

その場合は気にせず,もう一度書き写せばOKです。

 

まとめ

以上,多くの人が実践できる単語の学習法を紹介してきました。

英語から日本語を言えるようにする方法以外にも,日本語から英語に直したり,単語をノートに声に出しながら書き写したりと色々な工夫ができると思います。

今はスマホが主流ですので,自作の単語帳が作りたい人であればQuizletなんて便利でしょうし,英辞郎Proを使えば2万語までの単語帳の作成の他,すぐに英文検索もできます。

もっとも,各自がアレンジした方法というのは合う合わないの個人差がでやすく,誰かにうまくいったからといってそれが自分にうまくいくかどうかはやってみないとわからないものです。

刺激的なタイトルの本であれ記事であれ,要するにそういうことでしょう。

嘘ではないのですが,自分がやってもうまくいかない。

それは宝くじを冷蔵庫に入れて保存していたら当たったというくらいのものです(みんながみんなくじを冷蔵庫に保存すれば誰かは当たるでしょう)。

今回紹介した勉強法については比較的多くの人にうまくいくことがわかっているものですので,まずはこれらを主軸に実践し,自分がやりやすいと感じる方法が見つかったらそちらも取り入れてほしいと思います。

このときの基準となるのは「続きやすいかどうか」でしょう。

語彙力と文法力をまずは高め,インプットであるリスニングとリーディングを頑張るのが王道を行く学習法です。

その上でスピーキングやライティングも加えていけば,完璧な英語習得への道が開けます。

是非,他の勉強法の記事も読んでみてください!

ありがとうございました。

 

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-勉強法

© 2020 スタディTOEIC