英字新聞でTOEIC対策!The Japan Times Alphaは使えます!

日本に現存する英字新聞として,最古の歴史と最多の発行部数を誇る「The Japan Times」はとりわけ有名で,これまでに駅の売店や書店で売られているのを見かけた方もきっといらっしゃることでしょう。

発行元は同名のジャパンタイムズ社で,毎日新聞がポストに届くポピュラーな購読スタイル以外に,日曜日にだけ発行される「The Japan Times On Sunday」だけを購読することや,毎日80本配信される記事をウェブ上で読める有料サービスを契約することができます↓↓

公式サイト

ですが今回紹介するのは,このどれらでもなく,

The Japan Times Alpha

と呼ばれるものです。

同じ会社が発行していますが,これは英語学習者を対象とした英文週刊誌に徹しているところが特徴的で,記事の構成や目的に明確な違いがあります↓↓

公式サイト

学生から大人まで広い読者層を誇るのも本誌の特徴ですが,ひととおり内容について触れた後で,一体どのような点がTOEIC対策に役立つのか,詳しくみていくことにしましょう!

 

 

The Japan Times Alphaについて

about ジャパンタイムズα

Tha Japan Times Alpha(Alpha)は,2018年の7月までThe Japan Times ST(ST)と呼ばれており,私も数年前に定期購読していました。

当時から,

最新の話題・エッセイ・洋画・英語学習に役立つコラムや問題

など,掲載される内容は多岐にわたっており,飽きずに1週間かけて読む量としては十分でした。

今回記事を書くことにしたのも,実はちょうど掃除をしていて昔の新聞がいくつか出てきたからなのですが,私はScience&Health(いわゆる科学ニュース)のコーナーが特に好きで毎週楽しみにしていました。

今眺めても,

「あー,これ昔読んだなぁ」

と思い出せるあたり,かなり熱心に読んでいたことがわかります↓↓

Science&Healthの記事例

Alphaに変更になって内容は英語学習用にブラッシュアップされており,現在は大きく分けて9つのコンテンツがありますが,中身を見るとSTで馴染みのあったコーナーも多く入っており,人気記事はいつの時代でも同じようです。

Sciene&Healthも「News」のコンテンツ内にしっかり入っていたので安心しました↓↓

Alphaのコンテンツ(24ページ)

  1. News(7ページ)
  2. For Beginners(2ページ)
  3. Life&Culture(6ページ)
  4. Views&Visions(2ページ)
  5. In the Workplace(2ページ)
  6. Lesson&Exercise(2ページ)
  7. Tourism(1ページ)
  8. Hang Loose(1ページ)
  9. Interview(1ページ)

それでは各コンテンツについて,少し説明を加えていきましょう!

※以下において,🎧のマークはリスニング音源があるものを,★は難易度を表しています(後述)。

News

NEWSのコンテンツ

1面のトップニュースから7ページにいたるまで,最大ページ数を占めるのは「News」というコンテンツです(2ページに目次が入ります)。

最新版を読むと,

  • News on Spotify: playlists for your favorite pet, and a podcast for your dog(お留守番するワンちゃんに音楽を。スポティファイがペット用配信サービスを開始)
  • Water found at potentially habitable planet(地球型惑星の大気に水確認)

といった面白そうなタイトルが並んでいました。

大体はコーナー名から内容を想像できると思いますが,2つ目のEasy Readingでは身近な話題(動物園がオープン,トイレが盗まれたなど)を,そしてOMG(「Oh, my god」の略)でびっくりニュース(鹿を避けて衝突事故,なんちゃって女子高生など)を扱います。

ウェブでリスニングができる記事が比較的多めなのも「NEWS」の特徴でしょう。

 

For Beginners

初心者向けコンテンツ

次の「For Beginners」というコンテンツですが,★の数をみてもわかるように,こちらは初心者向けのコンテンツです。

隔週ごとに内容は変わりますが,「News」にはなかった学習コンテンツ,例えば「日常シーンを英語で表現する問題や読解問題」などが掲載されます。

初心者向けとはいえ,

私は眠りが浅い方だ。= I'm a pretty (l    ) sleeper.

のような問題も沢山あり,使っている単語自体は簡単でも正解するのが難しいので,中上級者も勉強になります(正解はlight)。

また,読解問題は3分でできるよう,語句のまとまりごとにスラッシュが引いてあるので,スラッシュリーディングにはうってつけです(後述)。

穴埋めや説明問題があり,解答解説も紙面上で行われます。

 

Life&Culture

Life&Cultureのコンテンツ

続いて「Life&Culture」ですが,こちらは完全に楽しむ系のコンテンツになりますね。

シネマ倶楽部では近く上演される予定がある,または上演済みの映画について,セリフを紹介したりインタビューの他,洋画を学ぶ上で基本となるデータも掲載されているので,興味を持った作品については映画館に行って観ることも可能です。

Center Spread(中央の見開きページ)では,各国のブランドやファッションショーについてなど,カラー印刷で難易度の高い英文が読めます。

紙上世界旅行でまだ見ぬ土地に思いを馳せ,Luannの3コマ漫画を楽しみましょう!

Armchair Travelerの詳細

 

Views&Visions

Views&Visionsというコンテンツについて

「Views&Visions」はやや長めの英文を読むコンテンツ。

Essayは書く人も内容も様々ですが,語数が程よく(500語弱)リスニング用音声も利用できるので重宝していました↓↓

Essayの詳細

他にも心理テストや,ちょっとした良い話を英語で読めます。

これらはAlphaになってから新しく加わったコーナーのようですね。

 

In the Workplace

In the Workplaceのコンテンツ内容

「In the Workplace」はその名の通り,ビジネスシーンによくあるやり取りを英語で学ぶコンテンツです。

前半ではe-mailだったりビジネスパーソンの会話などを扱い,後半ではTOEIC L&R TESTのPart5~7(読解パート)の解き方講座やビジネス用語について学ぶ実践的な講座となっています(詳細は後述)。

 

Lesson&Exercise

Lesson and Exerciseのコンテンツについて

「Lesson&Exercise」では英語力をより深めるためのコンテンツがいっぱいです。

前半は英単語を中心としたコーナーが多く,先週の復習もできますし,一方後半では100語程度の課題文に対する読者の解答を用いて解説が行われます。

詳細につきましては,次章でTOEICに役立つ使い方をまとめる際に詳しく紹介しましょう!

 

Tourism・Hang Loose・Interview

Tourism&Hang Loose&Interviewのコンテンツ紹介

残りの3つのコンテンツは一気に紹介してしまいましょう!

「Tourism」は通訳案内士のトレーニングやおもてなしとして使えそうな,日本文化やオリンピックのスポーツを英語で紹介するコンテンツです↓↓

Tourismのコンテンツ紹介

「Hang Loose」は訳すと「気楽な;リラックスできるコンテンツ」といった感じでしょうが,Bulletin Board(掲示板)では,留学やコンテストや講演会情報などが掲載されるので中高生には特に役立つでしょう。

月の最終週にはここに星占いが載るのですが,意外とよく当たっていました(笑)

「Interview」は誰か1人をゲストに招いて話を伺います。

Alphaからはインタビュー内容がすべて英語で書かれるようになったので,より英字新聞感が高まりましたね。

Interviewの詳細

さて,ここまでの内容についてもっと詳しく知りたい方は,以下のページから紙面の見本が確認できます↓↓

 

 

TOEIC対策としての使い方

The Japan Times AlphaをTOEIC対策に役立てる場合,

  1. L&Rの目標スコア別に使う
  2. リスニングセクション対策
  3. リーディングセクション対策
  4. S&Wのスコアアップに役立てる

といった使い方が考えられますが,こちらも1つ1つみていくことにしましょう。

目標スコア別に使う方法

まずは先ほど保留した「目次」の難易度を見てください↓↓

ジャパンタイムズアルファのもくじ

このように,TOEIC L&Rのスコアを基準に難易度が分けられている時点で,TOEIC学習を意識した編集がなされていることがわかります。

私が2013年からSTを定期購読していたとき,上記のような難易度表記はありませんでしたが,簡単な文から難しい文まで,特に意識せずに全部読めてはいたので,Intermediate(中級)のスコアに入る人は問題なく全記事を読めるでしょう。

Easy(初級)レベルの人であれば,

  • ★が0~1個:全部読む
  • ★が2個以上:興味があるものだけ挑戦してみる

といった使い方をしてみてはいかがでしょうか。

しばらくして,英語力が増えてきた実感が伴ってきたら,それまでに貯めておいた難易度高めの英文をまとめて読むことにしてもよいかと思います。

なお,★1(550点以下)の単語はこのようなものである(文法の解説もある)のに対し,

★1の文法と単語について

★3(800点以上)ともなると,以下のような難解な単語が並ぶわけで,

★3の単語

TOEIC対策の基本となる単語学習を,生きた英文を使って学べるわけですから,その学習効果は良いでしょう。

 

リスニングセクション対策に使う方法

リスニング&インプットについて

AlphaにはWebサイトもあり,定期購読者はスマホやPCで最新の英文記事を読めたり,学習コンテンツ(リスニングや読解講座)を利用できます(紙面の2面に掲載されている「Passコード」と呼ばれるものを使用してログインします)。

現在8種のコンテンツが存在し,上で紹介した「News」の和訳や音声教材などはこちらのページから確認するというわけで,リスニング練習としてはピッタリです(Part4の対策に近いでしょう)↓↓

Club Alphaの詳細

毎週6本の記事の音声が追加されますが,1つの記事を10回以上聴くのをノルマとし,頑張って続けましょう!

加えて,リスニングした内容についての理解度を確認する質問と,単語テストが1つ1つに付いてくるわけですから,これだけ全部聞き取れるようになるだけでも相当のスコアアップが期待できますよ↓↓

quiz

この他に英文記事の読み上げ音声のみのものも毎週15本ほど上がってきますし,過去のアーカイブ記事である「イングリッシュ・ドクター西澤ロイのListening Lecture」では以下のテーマで講座めいたものまで受講することができてしまいます↓↓

Club-Alphaのリスニング講座

 

リーディングセクション対策に使う方法

Alphaをリーディングセクションの対策として使う場合,もっとも利用頻度が高いのは,19面の「Reading Section徹底演習」でしょう。

ここではPart5~7にそっくりの形式の問題を解くことになりますが,語学学校の講師が毎回説明してくれるので,解説も正確です↓↓

Reading Section徹底演習のサンプル

写真はPart5のものですが,Part6や7の回ももちろんあります。

また,速読力を向上させるために,先に紹介した「For Beginners」の3-minute Readingを用いたスラッシュリーディングが有効です↓↓

やさしい英語でさくさく読解エクササイズ

理解を試す問題も付いているのもGood!

※スラッシュリーディングというテクニックについて知らなかった方は以下の記事をどうぞ↓↓

さらに,Club Alphaにある英文読解のレクチャーを受ければ,体系的な読解方法も習得可能です↓↓

今さら聞けない英文読解の基礎

 

TOEIC S&W対策に使う方法

Alphaを使いながらスピーキングやライティング能力を伸ばすことももちろん可能で,先ほどリスニング対策で紹介したリスニング&インプットにはスピーキング用の問題がある他,

スピーキング問題

SpeakingテストのUnit2の写真描写問題対策に使える「Describe This!」も利用できます。

これほどあるバックナンバーから,日常の英語表現をクイズ形式で学べるわけですから,ノーヒントで言えるようになれば,テストも恐れるに足りません↓↓

Describe This!

また,やや難しい使い方にはなりますが,「Interview」記事の内容から使えそうな表現をピックアップすればUnit3-6の対策になるでしょう↓↓

Interview記事をスピーキング対策に使う

その他,日本の文化を外国人に説明する「留学生Lillianの教えて日本のコト!」などは,聞かれたことに何とか答える良いトレーニングになると思います↓↓

留学生Lillianの教えて日本のコト!

 

ライティング対策としては21面の「英文ライティング講座」がピッタリです↓↓

書いて鍛えるライティング講座

ライティングを得意にするには,

  • 表現方法を学ぶ
  • 文法力を高める
  • 自分が使える表現を増やす
  • 発想の転換方法を学ぶ

などがありますが,それは色々な答案を見比べることで習得することができます。

毎週しっかり上記講座を読み込みながら使える表現を増やしていくことで,確実にライティング力は増えていくはずです。

 

 

まとめ

The Japan Times Alphaと旧STの様子

以上,The Japan Times Alphaの内容についての紹介と,各種TOEIC TESTの対策方法について考えてきました。

英語学習教材として4技能をバランスよく伸ばせる最高レベルのものですし,本誌を定期購読することで実力アップをし,あとは当サイトでも紹介している「スタディサプリENGLISH」などを使って実践的な力を身に付ければTOEICのスコアアップ対策は完璧です。

3ヶ月で3750円(税・送料込)から定期購読できますので,英語力を大幅にアップさせたい方は英字新聞の導入をぜひ検討していただけたらと思います。

生きた英語で飽きのこないコンテンツは,試験対策に疲れた方の救いとなるかもしれませんよ! 

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

 

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -勉強法

    © 2020 スタディTOEIC