オンラインでTOEIC模試!e-testでミニサイズ模試を受けまくれ!

今回は,オンラインでTOEICの模擬試験が一定料金で受験し放題になる

e-test

という希少なサービスについてレビューします。

TOEIC本番のフルサイズ模試(120分200問)に比べると問題数は少なく,時間も短いミニサイズの模試にはなりますが,まとまった時間が取りづらい社会人や学生には逆にそれが有難く,予想される換算スコアも実際の結果にかなり近いものが出てくる精度も正確だと噂になっているサービスです。

現に多くの企業や教育機関でも導入されているにもかかわらず,一般的にはあまり知られていないということが不思議でなりません。

後述する通り,e-testは色々な使い方ができる可能性を秘めているので,これからTOEIC L&R TESTを受験しようと考えている方に,対策教材の1つとして検討していただけたら幸いです。

 

 

e-testとは

e-testとは

e-testとは,会話教室の運営や語学研修,さらには翻訳・通訳などのサービスを手掛ける,有限会社グローバル・コミュニケーションズ社が提供するオンラインのTOEIC模試のことです↓↓

インターネット上で利用できる模試というのは極めて珍しく,あまり一般に知られていません。

私も最近知って驚きました。

今すぐにでも申し込み,24時間いつでもどこでも利用できるようになるところは大きな魅力でしょう(実際のユーザーによる口コミは後述)。

わずか30分という短時間で受験でき,自分の解答はすぐさま自動で採点され,予想スコアとコメントが表示されてくる仕組みです。

スマホでも利用できる上,自分で時間を測る必要もなく,時間が来ると自動で画面が切り替わってしまうので一瞬たりとも気が抜けません。

本番よりも時間が短くなる分,解くべき問題数も4分の1のミニサイズとなり,具体的には

  • リスニングセクション30問(Part1-3)
  • リーディングセクション20問(Part4,5)

の全50問から構成されます(参考までにTOEIC本番では,どちらも200問ずつ解答することになります)。

ちなみにこれらの問題は3000問のデータベースからランダムで選び出されてくるので,単純に考えて60回は異なる問題セットを作ることが可能です。

また,別でオンラインの単語帳も利用できます

何十回もやれば同じ問題を目にすることもあるでしょうが,基本的には試験直前~1ヶ月前に一気に解きまくるような使い方をする方がほとんどでしょうから,問題にはならないでしょう。

なお,料金は月額2000円で使い放題になります(支払い方法でクレジットカードを選択すれば最安での利用が可能です)が,ここで言う「1ヶ月」の定義は,

翌月の入会した日付の前日まで

を意味します。

例えば,2020年の1月20日に申し込んだとしましょう。

その場合,2020年の2月19日までが1ヶ月目として計算されるということです。

ゆえに,月末に申し込んでも利用期間が短くなる心配はありません。

さて,この料金が高いかどうかについて議論する前に,そもそものサービス自体がしっかりしていなければ話になりませんので,まずは次章で,問題の質と予想スコア換算の精度について見ていくことにしましょう!

 

 

問題をレビュー

それではここから実際の問題を用い,e-testの使い勝手をレビューしていきましょう!

なお,e-testはLevel1~3までの3つの難易度があり,

  • Level1:600点まで
  • Level2:730点まで
  • Level3:990点まで

スコアとして算出可能です。

最初はレベル1のものしか使えませんが,9割以上取ることでより上位のレベルが解放されていきます。

600点以下の方であれば,特に問題なくレベル1に取り組めばよいのですが,既にスコアが730点以上ある方は,最低でも1時間かけてレベル3まで解放しなければならないのはやや面倒くさいですが諦めましょう。

どちらも満点近くが取れるはずです。

なお,全部で3000問がデータベースには存在しますが,3つに分かれているわけですから,各レベルごとに問題のストック数は1000問となり,そこからランダムで50問が出題されます。

実際のTOEICには7つのパートがあるのに,e-testでは5つのPartしかない件についてですが(便宜上,本番のパートはカタカナで,e-testの問題のPartはアルファベットで表記しています),Part5の1つの問題がパート3と5の2つの点数に関係してくるなど,各パートごとに問われる能力に従って,採点方法にはe-test独自のルールがあるようです。

Part1

e-testのPart1の問題例

Part1ですが,TOEIC本番同様の出題形式で,写真を最もよく描写している英文を選びます。

右上に残り時間が表示されているのがわかるでしょうか(Part1は20秒)。

制限時間内に答えを4つから選びましょう。

 

Part2

e-testのPart2の問題

Part2も本番と同じ形式で,流れた会話に対する自然な返答を3択から選びます。

なお,ナレーターは手作り感がある身近な雰囲気のものです(笑)

 

Part3

e-testのPart3の問題

Part3は短い英文を聴き,それに対する質問に答えるもので,こちらも本番と同じ形式。

多くの参考書で言われている,公開テスト中に多くの方がやるであろう「先読みのトレーニング」は形式上できませんが,逆にテクニックに頼らず実力がそのまま反映されるので,これはこれでありですね。

 

Part4

e-testのPart4の問題

Part4からはリーディングセクションで,本番ではPart5にあたる文法問題です。

なお,問題を前に戻って答えることはできませんのでそこも本番とは異なります。

が,実際のTOEICでも見直す時間はほとんどないので,スコアにはほとんど関係ないですね。

 

Part5

e-testのPart5の問題

Part5は本番だとパート7にあたる長文のうち,シングルパッセージの問題になります。

私は質問を読んでから本文を読む方が早く終えられるように感じていますが,各自,本番と同じやり方で解くようにしましょう!

 

スコア換算と結果について

なお,結果はこのように,各パートごとの得点とコメントが表示されてきます↓↓

テスト結果とスコア換算について

答えや解説は表示されませんが,あくまで現時点での自分の実力を知るのがe-testの目的です。

ここで判明した弱点については,別個に違う教材を使って特訓するようにしましょう。

 

単語&熟語テスト

ボキャブラリーテスト

ボキャブラリーテストでは毎回20問が出題されてくるので,3択問題に各4秒以内に解答します。

こちらもレベル設定は3段階ありますが,90%以上の正答率を10回達成して初めて上のレベルが開放されることに注意してください。

なお,本テストに関しては最後の答え合わせで正しい解答がわかるようになっています↓↓

ボキャブラリーテストの結果

赤で×が付いているところが間違えたところで,緑色のハイライトが引いてあるところが正しい答えという意味です。

 

 

料金の比較

e-testの料金

一部繰り返しにはなりますが,e-testの利用料金は2020年現在,上記のようになっています。

なお,右にある「コンビニぺーパーレス決済」というのは,パソコンで申し込んだ後,コンビニで支払う方法です。

クレジットカードで支払うのが最も安いので,以下でこの2000円をe-testの利用料金としますが,もしTOEICの公式問題集を購入すると,2回分収録されていて3000円します↓↓

ちなみに模擬試験で最も安いスタディサプリの実戦問題集を利用しても,1回分で1200円の料金設定です↓↓

しかし,毎週1回やっても月に4回分の模擬試験は必要になりますから,e-testを利用することで,解けば解くほど安く自分のスコアを知ることができるでしょう。

回数を増やすほど問題に慣れることもできますし,1回あたりの時間もフルサイズの模試と比べて短いですので,是非何度も挑戦してみてほしいと思います。

次章ではe-test利用者の口コミを紹介しますが,色々工夫して皆さん使っているようですので,是非参考にしてくださいね。

 

 

口コミ紹介

e-testの口コミ

ここではe-testの利用者の口コミを紹介しますが,なんと1年間かけてe-testの模擬試験を287回も解いた方がいます。

リスニングの成績にe-testが特に役立ったということで,スコア的には600点→850点と大幅にアップしたそうです。

さて,ここでTOEICテストを受ける目的について考えてみると,就職のためにスコア提出が必要な方以外に,純粋に現在の実力を測りたいために利用している方もいます。

そういった方は1年で数回TOEICを受けるようですが,1回あたり5000円以上かかるテストをe-testで代用することで,わざわざ試験会場まで受けに行く必要もなくなり,大幅な節約につながったようです。

「テストの出題傾向や雰囲気が掴めた」

という口コミがありましたが,何度もe-testの問題を解いておくと本番のテストに対する恐怖心もなくなってくるとのこと。

こういったことが可能になるのも,実際のスコアに近い点数が計測できることと,オンラインでミニサイズの問題であっても,時間制限がある中での受験になるわけですから,感じる緊張感や臨場感は本番と同質のものになることでしょう。

私の知り合いにもe-testを使ってみた方がいますが,彼女の予想スコアは450点で,本番では470点でした。

30分で終わるというのが何より絶妙で,最後の問題を解き終わるまで途中退出できないシステムを可能にしています(多くの方にとって連続した2時間は捻出できなくても,30分なら取れるのではないでしょうか)。

 

 

まとめ

以上,e-testのレビューから始まり,他の参考書との料金の比較,そして利用者の口コミまでまとめてきましたが,いかがでしたでしょうか。

問題を解いて算出される予想スコアの値と本番の結果が非常に近いという「精度の高さ」と,「回数を重ねるほどに安くなる利用料金」,そして,「30分という取り組みやすい時間設定」,「制限時間の存在」により,大変完成度の高いサービスに仕上がっていることがわかっていただけたかと思います。

e-testの唯一の弱点として,解答解説が存在しないので,英語の実力の底上げにはそこまで役立ちませんが,実際の雰囲気などを理解し慣れることでスコアは確実に上がりますし,ボキャブラリーテストまでしっかり取り組めばリーディングセクションでの得点アップに繋がるのは間違いありません。

今後利用機会が増えていくであろうオンライン教材と上手に付き合うためには,それぞれの適性を理解し,適材適所といいますか,目的に応じて上手に使い分ける能力が求められます

そういった意味で,現状の英語力を確認し,TOEIC本番の形式にいち早く慣れたい方に,このe-testはおすすめです。

是非使ってみてください↓↓

 

e-testで本番形式に慣れたい方はこちら

 

当サイトでは,根本の英語力アップに役立つ教材の他,TOEICの基礎知識(本番の体験談や日本人の平均点など)もまとめていますので,ブックマークしてまた来ていただけたら嬉しいです。

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

    -TOEIC教材のレビュー
    -

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.