スタサプENGLISH「ビジネス英語コース」のストーリー内容をご紹介!

今回は,スタディサプリENGLISHからビジネス英語コースのストーリーについてみていきましょう!

記事の構成ですが,前半で登場人物を,そして後半であらすじを紹介するといった2部構成です。

なお,本コースの脚本を手掛けるのは,「交渉人2(最近だと特捜9)」の連続ドラマなどを手掛け,サスペンス,ミステリーといった犯罪物を得意とする稲葉一広さんで,全部で800にも及ぶレッスンが1本のドラマのように仕上がっています。

ストーリーにしっかりと伏線が張られていて,後でそのフラグをしっかり回収していくシナリオや,登場時間が短い脇役であってもどこか個性的で印象を残すあたりは,流石プロのなせる技です。

ビジネス英語コースを受講する前にぜひ一度,気軽に読んでいただけたらと思います!

ビジネス英語コースの登場人物を紹介

ビジネス英語コースの登場人物

スタディサプリENGLISHには本コース以外に「新日常英会話コース」というものも存在し,そちらでは決まった複数人の人間関係を濃密に描いていますが,ビジネス英語コースでは,主人公のダイスケを中心に,その都度その都度で彼を取り巻く人々とのやり取りが楽しめるのが特徴です。

基本的に,名前のある人物(ボブ・トツカなど)と役職だけの脇役(CA・店員など)に二分され,レベル1こそやや登場人物が少ないものの,レベル2以降では毎回多くの人物が登場してきます。

それでは以下で,主な登場人物を紹介していきましょう!

ダイスケ

I love Stack PCs more than anything(僕はPCのスタックが何よりも大好きなんです)

ダイスケ

普段の生活ではどことなく頼りがいがなく,人としてはまだまだ未熟なダイスケ(本名ミヤモトダイスケ)ですが,仕事とパソコンの話となると一気に目を輝かせます。

スタック(データ構造の1つですが,理解が難しいのでコンピューターの有能な機能と理解してください)が実装されたPCを作りたくて入社したエッジフロントライン社において,つい数ヶ月前に開発部から企画課に配属されたばかり。

スタサプに登場する人物の宿命でもありますが,訪れたほとんどの場所でトラブルに巻き込まれてしまうものの,彼の最大の武器である「人間力(People skills)」を生かし,立派にリーダー的な役割をこなすまでに成長します。

同僚や出会いに恵まれ,夢の実現に向けて着実に歩みを進めていけるところはさすが主人公といった感じでしょうか!

マオ

You should become someone that he can trust(あなたは彼が信頼できるような人になればいいのよ)

マオ

カタギリマオはダイスケの恋人であり,外資系のマーケティング会社でかつて働いていた経歴があります。

頭の回転がものすごく早いので,ダイスケに仕事の相談(結構な頻度で愚痴ですが)を聞かされる役回り。

性格はサバサバしていて,ズバッと率直な意見をぶつけてくることもあれば,落ち込むダイスケを支える言葉もかけられる女性です。

真面目な話をしたかと思えば,「お土産忘れないでね」と相手を戸惑わせられるあたりが,気になる女性であり続けるための必要条件なのかもしれませんね。

レベル2の後半からは,とある事情から,ますます彼女の活躍が見られるのでお楽しみに!

マサヤ

You are taking it too seriously(真面目に捉えすぎだろ)

マサヤ

マサヤはダイスケと同期入社の同僚で,ビジネス英語コースで貴重ないじられキャラでもあります。

2人は仲が良いのかと思いきや,取引先で比較対象に出されることも多く,実際どうなのかはわかりません。

ですが,自由に腹を割って思いのたけをぶつけられるわけですし,なんだかんだ一緒にいるのでお互いに必要としあっているのでしょう。

熱くなるダイスケをなだめることも多いマサヤですが,逆に彼は仕事を割り切りすぎかつ悲観主義で冷めすぎです(笑)

とはいえ,ストーリーが後半に差し掛かると,彼にはプロモーションの才能があることがわかってきます。

トツカ

You'll be successful in any work you do in the future(君は,君が将来するどんな仕事でも成功するだろう)

トツカ

「他人に上のような言葉をかけられる人を大切にしたい」と個人的には思っています。

トツカさんはエッジフロントライン社の下請けにあたるヨシミテクノロジーに所属し,初めて会った日からダイスケが憧れる存在になりました(とはいえ,「君の彼女は美人かい?」といった厄介な質問もたまに投げかけてくるので,あくまで「仕事上は」という条件付きでしょう)。

身近な物事にも熱くなれる親分肌で,興味の分野がダイスケと近く,大体会うたびに意気投合しています。

加えて,素晴らしい商品を作り上げる技術力も備えており,たびたびエッジフロントラインの危機を救う活躍を見せてくれるのが印象的です。

このヨシミテクノロジーのように,人の足元を見ることなく良心的な価格で仕事を引き受けてくれる会社は現代にどのくらいあるでしょうか(私が知っているのは,地元の大工さんくらいです)。

シミズ

We did our best, but this is the lowest price we can give you(色々努力してみましたが,こちらが我々の提案できる最低金額なんです)

シミズ

シミズ係長(シミズタツオ)は取引先の3NBインダストリーズで10年以上勤務するベテランで,交渉術に長けています。

何を考えているのか,その表情からは読み取ることができませんが,どこから仕入れてきたのか,業績不振な会社の噂だけはすぐ舞い込むようで,早速探りを入れてくるあたりが厄介です。

とはいえ現実の世界でも,中小企業の経営陣というのは並大抵の精神ではやっていけないそうなので,大企業と取引する際,シミズ係長のような立ち振る舞いができない人には仕事を任せられないのでしょう。

ヨシカズ

I'll show you how adults fight(大人の喧嘩を見せてやる)

ヨシカズ

ムトウヨシカズはエッジフロントライン社企画課の課長で,的確に指示が出せる,絵に描いたような理想上司です。

スタディサプリのストーリーでは珍しいタイプの,どんな返答をしてくるかが予想できる人物・・・だったのは最初だけで,営業課からの批判を受けて熱くなっちゃいましたね。

初めは「冷静になれ,熱くなるな」などとダイスケに言っていたのに,ついにヨシカズがヒートアップすることでストーリーも一気に面白くなってきます。

今ではまるで私直属の上司であるように思えてなりません!

カツマサ

It means that it's useless to oppose the company's decision(会社の決定に逆らっても無駄だ,ということだ)

カツマサ

レベル2のストーリーのラスボスは,ダイスケと同じ会社にいる,このカツマサ専務で間違いないでしょう。

なぜかダイスケは彼に目をつけられてしまっています。

まるで某ドラマにおける常務のように,逆らう者を平気で潰すことができるカツマサ専務は強敵です。

勝負がついてからもリストラ話などの良くない噂が彼の周りでちらつきますが,Lv.3のストーリを読み進めれば彼の本心がわかってきます。

シモヤマ社長

That's an interesting way to think about it(面白い考え方だ)

シモヤマ社長

重要な会議に悠然と現れたのがダイスケの会社の社長,シモヤマです。

社長としての威厳を保ちながらも,交渉が決裂した件について深々と相手に頭を下げるなど,トップに立つ者だけが持つ器の大きさが随所に感じ取れます。

こんなシモヤマの前でもダイスケは説教めいた演説を繰り広げるわけですから,さすが主人公の熱情は大したものです。

とはいえ,ダイスケがシモヤマに再会した際は,名前すら覚えてもらえていなかったわけですが,さすがに「グローバル進出編」を経た後では忘れることはないでしょう。

ハシヅメ

To me, it just looks like an expensive toy(俺からすれば,贅沢な遊びにしか見えないんだよね)

ハシヅメ

家電部門で売り上げ成績ナンバーワンのハシヅメさん。

しかし,「私の会社にもいるいる!こういう鼻にかける嫌な人!」と言われること間違いなしの意地悪な物言いで,Lv.3のストーリーのボス的立ち位置かと思いましたが,強敵テクノホッパー社の2人が登場するとすぐ,表舞台から姿を消しました(笑)

ボブ

I was worried, so I came down to see how you're doing(心配になって,どうしてるか様子を見に来たんだ)

ボブ

ボブ・ハーディは困っている友のため,飛行機で長時間かけて駆けつけることさえ厭わない人情の厚い人物です。

彼にダイスケが初めて出会ったのは,出張先のシリコンバレーでの技術会議においてでした。

その場にいたスティーブ以上にボブの方がキーパーソンとなりましたね。

彼は「ハプティラックス」という新興企業を運営していて,触覚とスクリーン技術の新しい使い方を考案し,それを製品化していましたが,実際にダイスケと深く関わってくるのはストーリーの中盤からです。

貴重な情報や人脈を惜しげもなく提供してくれ,最初から最後までダイスケたちを窮地から救ってくれます。

リタ

If you call me that again, I'll punch you (affecting royal voice)(もし君がもう一度私をそう呼んだら,ぶん殴るわよ(わざと気高い声で)

リタ

リタ・オースティンは若干25歳の天才技術者です。

CPUの専門家として世間にその名前は知れ渡っています。

ダイスケは,スケボーに乗った彼女と衝突する形で最初の出会いを果たしましたが,共通の友人であるボブの助けもあって,なんとか協力関係を築けることになりました。

無茶とも思える発想をこよなく愛し,自分の興味に従って行動するリタはまさに天才肌でしょう。

マオとは同じ女性かつ天才同士(?)なので,大変気が合うようです。

タカハシ

They say,"if at first you don't succeed, try, try again." And that's my motto(「一度で成功しなければ,何度でもやれ」,それが僕の座右の銘です)

タカハシ

ビジネス英語コースに登場するもう1人の天才が,このタカハシエイジです。

「声紋認証システム・物体認識機能・AR機能」といったAIのあらゆる可能性について多くを理解している彼ですが,人との関わり方や,予算や納期に制限がある中での開発には慣れていません。

そのせいで同僚たちとトラブルを起こすこともありましたが,それが逆にチームとしての結束感を高めましたし,ダイスケの指摘にハッとさせられたりと良い影響も受けています。

リタが完成された天才ならば,タカハシは進化する天才と言えるでしょう。

アンザイ

You don't know anything at all about manufacturing(君はモノづくりを何一つ解ってない)

アンザイ

アンザイキョウスケは技術課の主任技師。

いわゆる「気難しい職人気質の仏頂面」をイメージしてもらえるとわかりやすいかと。

かなりの勉強家で,開発部の社員含め,多くの技術者に尊敬されています。

とはいえ,羽目を外したときの普段とのギャップもなかなかのものです。

会社の危機を乗り越えるためのキーパーソンではありますが,味方についてもらうためにはかなりの努力が必要でした。

ダイスケの情熱があってのものでしたね!

マーク

So OK, I'll ask you again. What are you working for?(では,そうだな,もう一度君に尋ねよう。君は何のために仕事をしている?)

マーク

「マックス-Aテック」という,ニューヨークに本社を置く巨大電機メーカーの重役がこのマークジャクソンです。

ダイスケのいるPC事業部の明暗を握るのが彼となります。

彼が纏う並々ならぬオーラは,カツマサ専務すら凌駕するほど。

理解力があり,中には憎い演出も!

そんな彼とは,出会った初日から飲みに行くことになるダイスケ・・・持ってますね(笑)

ウォルター

In Japan, you still need cash in some restaurants and shops(日本では,レストランやお店でいまだに現金が必要なところもあるのか)

ウォルター

次から次へと嫌みなキャラが登場してきますが,こちらは超有名な新興企業であるテクノホッパー社のCEOの側近,ウォルターです。

マオが気を利かせて色々と働きかけても,「遊びに来たわけではない」の一点張りで答えはすべてノー。

エッジフロントライン社の危機に乗じて資金援助を申し出てきますが,何か思惑があるようです。

レベッカ

Whatever you say, you're not going to change my mind(あなた方が何を言おうと,私の意志は変わらないわ)

レベッカ

「鉄の女」ならぬ「チタンの女」とも呼ばれるレベッカは,テクノホッパー社のCEOです。

お世辞や世間話を含む無駄な会話を一切好まず,会うことすら難しい彼女ですが,話し合いの場においては終始笑顔を浮かべ,陽気に話たてますが,自分の意志を絶対に変えようとはしません。

データに裏付けされた自分の考えを絶対だと信じる彼女を,一体どのように説得すればよいのでしょうか。

その他

Come on, I'll give you a good rate(こっちにおいでよ,安くしとくからさ)

タクシー運転手

いわゆる名前の存在しない,役職だけのモブたちも登場します(上記運転手のジャックは,名前も紹介されて優遇されていますが)。

CAや店の従業員なども,お決まりのセリフを返すだけではなく,「いかにもぼったくられそうな運転手」といった具合に,一癖二癖ありそうなキャラクターに仕上がっています。

セリフ自体もそうですが,声優の方もかなり感情たっぷりに演じているところが良いですね!

 

ビジネス英語コースのあらすじと見どころ

ビジネス英語コースのストーリーは,主人公のダイスケは共通に,彼を取り巻く同僚や出会った人々を中心に話が進み,レベル1~4を全部通すことで,長編のドラマストーリーのように読み通せる内容に仕上がっています。

  • レベル1「海外出張編」
  • レベル2「PC事業部の危機編」
  • レベル3「新商品開発編」
  • レベル4「グローバル進出編」

各レベルごとにストーリーは前半と後半の2つに分けられ,それぞれで一応の完結をするのが特徴です(例えばレベル1では,海外出張に行って帰ってくるまでが前半,後半は帰国後の会社での様子が描かれます)。

詳細は実際に学んでみてからのお楽しみですが,ここでは各レベルごとにストーリーのあらすじと見どころを簡単にまとめてみましょう!

レベル1「海外出張編」

ビジネス英語のストーリーのレベル1あらすじ

ビジネス英語コースの中で,入門レベルにあたるレベル1では,海外出張でよくあるシーンが描かれています。

機内や空港でのやり取りから始まり,ホテルでのチェックイン,お店での支払いや注文,現地での会議におけるふるまい方など,どれも実際に起こり得る状況がそのまま会話になった感じです。

とはいえ,話の先が予想できない展開となるので,より深い会話が楽しめるのが1つ特徴でしょう。

"Is the center open 24/7?"

"What's the hurry?"

といった,カッコいい言い回しも出てきます。

さらに舞台となるのは,GoogleやIntelなどがひしめくシリコンバレー(主にサンノゼ)!

「先端技術」や「ベンチャー」といった単語がピッタリの,まさにビジネス英語向きの地域です。

なお,本ストーリーに出てくる「市内のローズガーデン」は実際に存在します↓↓

帰国後は福岡の展示会参加をめぐり,企画部の立ち回りについて不満を漏らすシーンが多くなってきますが,そういった心配をする暇もないほど忙しくなるのはレベル2でのお話。

レベル2「PC事業部の危機編」

レベル2のあらすじ

企画部でダイスケが与えられた大きな仕事は,3NBインダストリーズとの打ち合わせに出席することでした。

そこでシミズ係長と交渉することになりますが,金額面で渋る先方に対し,うまい交換条件を提示することで一定の成果を残したダイスケ。

「上出来だ」と褒められて喜んでいたのも束の間,最新の週刊誌に書かれていた,とある噂がどうやら本当のようで戸惑ってしまいます。

なんとか恋人マオのサポートも受けながら,奮闘することを決めたダイスケでした。

"Don't give up without trying."

とは彼女の名言。

力強いスタッフや同僚を味方に付けつつも,違う部署の人間や取引先からの批判に晒され,挑む敵は圧倒的に立場が高いところにいるという絶望的状況の中,「企画課VSカツマサ派」の戦いがここに開幕します。

アメリカからの使者マークやシモヤマ社長も登場し,前半の終わり方は劇的です。

後半からはダイスケをリーダーにSD開発室がスタートします。

とはいえ,前半以上にチーム内のムードは最悪に・・・

前途多難な船出となりました。

レベル3以降のストーリーで大活躍する天才リタを引き連れて,レベル1で初お目見えのボブが再登場してきたときはなんとも懐かしい気持ちになりました。

そしてもう一人の天才タカハシの助力も加わり,ついに「マイアSG」の設計が完了します!

レベル3「新商品開発編」

新商品開発編

第3章はスマートグラスの試作品を作る段階から始まりました。

工場探しから始めましたが,すぐさま浮上するコスト問題に加え,プロジェクトの存続を危うくする事件まで起こってしまい,ここでも問題だらけです。

ですが「昨日の敵は今日の友」とでも言いましょうか。

あれほど敵対していた意外な人の本心が明らかになり,共にこの危機を乗り切ることで一致団結します。

そんな中,ロサンゼルスにある1つの新興企業から,「資金援助させてほしい」との提案が。

もちろんその実態は,そんなに生易しいものではありませんでした。

しかし,マオを始めとしたSD開発室のメンバーの努力が一筋の望みをつなぎ,ダイスケ・マオ・ヨシカズの3人は,テクノホッパー社のCEOレベッカに会いにロスへと出発します!

こちらの要求を頑なに受け入れようとしないレベッカの前に心が折れそうになるダイスケですが,

"It's important to finish what you start."

というアンザイ主任の言葉を胸に,再突撃の意志を固くするわけですが,それでもまだ説得できる要素が全然足りません。

あくまでフェアな態度で交渉の席に着くダイスケたちの元に,まさかの2人が次々に登場!

予想不可能な展開にレベッカは笑い出しますが,その結末はいかに?!

レベル4「グローバル進出編」

レベル4のストーリー

マイアSGの試作が完成し,これまでにない大規模なPRをかけるため,世界最大級のIT関連の展示会に参加することを決めたダイスケ。

申し込みの受領をめぐってトラブルがありましたが,なんとか出展まで漕ぎつけます。

その後プロモーション案もうまくまとまってきたところで,エッジフロントライン社はフェイクニュース被害に遭ってしまいます。

事態の収束に動き出しますが,敵が強力な上,見る見るうちに状況は悪化,未曽有の危機へと追いやられてしまうわけですが,そこは幾度となく会社の危機を乗り越えてきた歴戦のスタッフたち。

リョウヘイを中心に,全社員が一丸となって問題解決へと導きます。

にもかかわらず,今度はチーム内でPRの意見の相違をめぐり言い争いが勃発し,多くの人が罵り傷つくことになるわけですが・・・

レベル4のレッスンともなると,ストーリーの内容も非常に濃くなっており,毎回憤りを覚えずにはいられないほど,感情描写がちゃんとされていることに気がつくはずです。

私は,たえずチームの輪に入り切れず疎外感を感じているマオに,ユウキが言った一言が今でも許せません。

しかし「雨降って地固まる」。

最後にはみんなが志を再確認し,晴れて展示会へと向かう運びとなりました。

もちろん現地でも,荷物が届かないだとか,話と違うことが起きたり,盗みすら働かれてしまいますが,皆が展示会を良いものにしたいという思いは変わらず,当日を迎えます。

その反響についてはみなさんご想像の通りです。

ちなみに後半のレッスンでは,自動運転車の技術に関する世界的なコンペティションに参加することになり,SD開発部の奮闘が描かれます。

結果によっては世界中から物笑いの種になる恐れもあるコンペですが,再び良いアイディアは生まれるのでしょうか。

 

まとめ

以上,ビジネス英語コースのストーリーとあらすじについてまとめてきましたが,いかがだったでしょうか。

レベル1の前半こそ,海外旅行における英会話的な要素が強かったものの,後半以降はビジネスにまつわる用語も増えてきて,中学高校では学ぶことがなかった多くの単語に親しめるようになります。

加えて,内容自体もより深みが増すというか,レベルが高くなればなるほど,ストーリーから想起される情景に「これほどまでに情報量が変わってくるものなのか」と驚かされることでしょう。

レベル1よりレベル2,レベル2よりレベル3と言った具合に,難易度が上がるほどストーリーの面白さが高まっていきます

また,本コースで学ぶ際の意外な副作用についてですが,そのストーリーの重厚感から,学び終えた後に,「英語だったり仕事を頑張ろう!」と大変前向きな気持ちになっている自分に驚かされました。

人にはそれぞれ役割があり,誰かが欠けても成し遂げられないことがあるんだと,本コースのストーリーは教えてくれます。

もちろんそんな大げさな話にしなくても,通勤前の時間やダラダラしがちな休日に1レッスンやるだけでも,その日の活力源となってくれるのは本コースで学ぶ大きな魅力だと言えるでしょう。

これだけボリューミーなストーリーのあるビジネス英語コース以外に,無料特典として付いてくる「日常英会話コース」を合わせて使うことで,カフェや友人との日常会話まで学べてしまうことになりますので,得られる情報量は底なしです。

最近は自動翻訳機の出現で,英語を話さずとも外国人とのコミュニケーションは可能になりましたが,深い会話をしたり,機械が提示した訳が間違えていた時に自力でそれに気づくためにも,根本的な英語力・会話力は普段から高めておいて損はありません

是非スタディサプリのビジネス英語コースで,前向きな毎日を送ってみてはいかがでしょう↓↓

無料体験はこちらから

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

-ビジネス英語コース

© 2020 スタディTOEIC