スタディサプリの「ビジネス英語コース」でTOEIC S&Wの対策をする方法!

TOEIC S&WはL&Rと比べて受験者も少なく,完全対応したスクールの数も限られているため,多くの場合,参考書を用いた学習が基本となりがちですが,それだとちょっとつまらなくなりがちです。

話したり書いたりする行為というのは,そもそもこちらから積極的に相手に絡みにいくコミュニケーションの基本みたいなものですから,もう少し楽しく,そして長く続けていきたいもの。

私がL&Rで高得点を取るのにお世話になったスタディサプリであれば,手や口を動かしたり,目や耳からもトレーニングができますし,ストーリーも面白さを意識した仕上がりになっているわけですから,それをS&W対策に利用できたら申し分ありません。

そんなわけで,今回はTOEICのS&Wの対策として

スタディサプリのビジネス英語コース

を使う方法について考えてみたいと思います。

 

 

スタディサプリのビジネス英語コースとは

ビジネス英語コースのトレーニング例

スタディサプリの「ビジネス英語コース」とは,大手リクルートが開発した月額1980円(税抜)で利用できるオンライン教育サービスで,スマホ(タブレット含む)やパソコンを使ってビジネス英語のレッスンが受け放題になります。

以下はその公式サイトになりますが,覗いてみると他にはなさそうなトレーニングメニューがありそうです↓↓

レッスン内容は基礎的な英文法から本格的なオンライン英会話(こちらはオプションの別料金になります)まで,各自のレベルや目的に応じて自由に選んで受講でき,フリップ入力によるディクテーションやマイクを使った瞬間スピーキングなど,さまざまなトレーニングが自宅で24時間可能です。

そんなスタディサプリには他に「TOEIC L&R TEST対策コース」が知られており,以下で記事にした通り,L&Rに完全対応しているところが評判になっています↓↓

そして,その後に誕生した「ビジネス英語コース」は,『職場で使える英語の習得』を目標にしているのでしょう。

内容はより実践的で,L&R対策ではカバーできない英語力の補強に適しているわけです。

TOEICのL&R TESTでは測れない能力を測定するためのテストがS&Wなわけですから,本コースとの相性が良いのも頷けます。

それでは以下で,ビジネス英語コースのどういったトレーニングがS&Wに役立つのかについて詳しくみていくことにしましょう!

ちなみにTOEIC S&Wテストの問題内容や時間配分については,以下の記事にて詳細をまとめています↓↓

 

 

ビジネス英語コースでS&W対策する方法

ビジネス英語のレッスン一覧

スタディサプリのビジネス英語コースには大きく分けて3種類のレッスンが存在し,それが上記画像にもある,

  1. メインレッスン(Lv.1~4)
  2. 文法レッスン
  3. オンライン英会話

の3つです。

メインレッスンは現在の英語力によって4つのレベルに分かれ,TOEIC L&Rのスコアで言えば下は400点程度から860点以上のスコアを必要とするハイレベルなレッスンまで幅広いレベルの方に対応しています。

早速メインレッスンのトレーニングから見ていくことにしましょう。

メインレッスンのトレーニング内容は全部で以下の8種類↓↓

  1. 会話理解クイズ
  2. 単語・イディオムチェック
  3. ディクテーション
  4. 会話文チェック
  5. シャドーイング
  6. キーフレーズチェック
  7. リード&ルックアップ
  8. 瞬間発話プラクティス

1つ1つのトレーニングがどのようにTOEIC S&Wの対策となるのかこれから考えてみたいと思います。

1つ目の「会話理解クイズ」は,会話を聞き取り正しい内容を3択から選ぶ問題です。

会話理解クイズとSW対策

S&Wに選択形式の出題はありませんが,そもそもどのようなことを相手が話しているのか理解できなければ答えようがありません

また,このとき画面を見ずに,自分で答えを考えてから選択肢をみるようにすることで,スピーキングで設問に答える練習にもなるはず。

 

次に2の「単語・イディオムチェック」は,仕事でよく使われるものを効率良く学べるトレーニング。

S&Wではスピーキングテストの3問目以降,語彙レベルも評価基準に入ってくるので,多くの語彙を使いこなせるようになれば判定レベルを上に近づけることができます。

スタディサプリではほとんどの問題に時間制限が設けられている為,焦らされた状態での解答を続けていくことで,メンタルも鍛えられるかと↓↓

単語・イディオムチェック

 

このとき間違えた問題については,例文が音声付きで表記されてきます。

単語・イディオムの復習と例文について

こういったものは「復習」のトレーニングに分別されるので,間違えた例文だけをすべて丸暗記するだけで,スピーキング11問目の意見を述べる問題で活用できますし,音声に合わせて発音すれば,スピーキング1-2問目の音読練習の対策も兼ねられるので一石二鳥です。

 

続けて「ディクテーション」ですが,こちらはリスニング力を鍛えることができるほか,複数形にするか否か,冠詞の有無,時制など,色々な文法知識も駆使して,完璧な英文を書く力が身に付きます↓↓

ディクテーションでTOEIC S&W対策

例えば,上で赤いところは,企業ブースがtheseで形容されているので複数形にすることや,主語が複数形のboothesではなくreservingという単数形なので,述語をisにしなければいけないことなどが確認できるはずです(2つ目に関してはareとは聞こえないので,文法を気にしなくても埋められますが)。

ライティングはもちろん,スピーキングでも文法は評価基準ですので,小さなミスをしなくなって減点されにくくなるでしょう。

 

4つ目の「会話文チェック」ではスキッドの内容を文字で確認できます。

スピーキングの10問目に「メッセージまたは会議内容を確認し,解決策を提案する」問題が出題されますが,ビジネス英語コースでは解決策を考えるヒントとなりうる事件が多く起こるので,自然と知識が増えていくのは本番でも役に立つでしょう↓↓

会話文チェック

 

「シャドーイング」では発音,イントネーションやアクセントに強くなります。

普通シャドーイングというのは難しいものとされていますが,スタディサプリでは音声スピードを遅くしたり,字幕を出したりすることもできるので,英語が苦手な方でもOKです。

シャドーイングでTOEIC S&W対策

CDだと1文1文で一時停止して発話する必要などありますが,ビジネス英語コースはアプリですのでそこ使い勝手は圧倒的に優れています。

英文は程よい長さで切られており,お手本はワンクリックで何度も再生可能。

さらに自分の声が録音されてくるので,後で正解と聞き比べることで,どこができていないのか理解することも容易です。

 

続いて「キーフレーズチェック」ですが,こちらはネイティブのマシュー先生がレッスン内の表現を中心に動画で解説してくれるトレーニングとなっております。

上の「シャドーイング」が32問あったりする日もざらにありますからね。

この1分ちょっとの時間が私にとっての癒しです(笑)

キーフレーズチェック

なお,ここで得られる知識というのは,語彙力の増強や自然な英語表現に役立つものなので,純粋に英語が得意になります(例えば,スピーキングで「話し合うのが大切だ」と言いたい場合に,discussではなくtalk aboutを使えるようになります)。

それに何より,マシュー先生が解説する動画を観るのは多くの人にとって非常に楽しい体験となるので,やる気が上昇して日々のトレーニングを続けやすくなるところも大きいのではないでしょうか。

どんな良い教材でもやり遂げるからこそ意味があるわけで。

 

トレーニングの7つ目は「リード&ルックアップ」です。

あまり聞かないトレーニング内容ですが,手順としては,

  1. 英文を見ながら音読する
  2. 日本語訳だけを見ながら音読

するだけです。

とはいえ,このようなトレーニングを自分で作成し実践することは難しく,アプリならではのトレーニング内容だと言えるでしょう↓↓

リードアンドルックアップ

こちらも「シャドーイング」のときと同様,自分の声を録音し,確認することができますし,手順の1と2で画面が変わるので,ズルもできません。

難易度を下げるためのヒントも利用できて便利です。

このトレーニングは英文の理解度を高める効果があるため,例えばスピーキングの音読で,ある程度のまとまりで文を捉えられるようになったり,英文を流暢に発話できるようになります。

リーディングはS&Wに含まれていないと思いきや,ライティングの6-8問目のようにある程度の長さの英文は読まされるので,正しく素早く読めるようになる練習は必要です。

 

メインレッスンの最後は「瞬間発話プラクティス」になります。

これはある状況に対して問題が出題されるので,相手の発言に合わせて解答しましょう。

瞬間発話プラクティス

スピーキングテストの4-6問目は身近な問題について設問に答える問題ですので,このトレーニングを積むことでうまく対応できるようになるはずです。

 

 

英文法レッスンがS&W対策になる理由

基礎英文法がTOEIC S&W対策になる理由

英文法と言うのは,知っておくほどに応用がききやすく,英語を読むにも書くにも,聞くにも話すにも役立つ,英語力の根本を支えるものです。

文法がしっかりしていることで,文を速読したり,論理構成が一貫した文章を書けたり,まとまりごとに英語を聞き,先の展開を予想できたり,相手に伝わりやすい英語を話せるようになるメリットがあります。

スタディサプリのビジネス英語コース(その他,新日常英会話コース)ではこれまでに紹介したメインレッスンの他に「基礎英文法」というレッスンが利用でき,文の成り立ちから文型にいたるまでの英文法知識を補完することが可能です。

扱う分野

文の成り立ち・名詞・形容詞・副詞・前置詞・接続詞・動詞・時制・助動詞・能動態と受動態・不定詞・動名詞・分詞・代名詞・比較・関係詞・仮定法・文型

TOEICのライティングテストで意識するのはもちろん,スピーキングテストにおいてもその評価基準に文法は含まれています。

特に学生時代から時間が経って久しい方や文法が苦手な方におすすめです。

 

なお,レッスンの構成はメインレッスンに比べてだいぶ敷居が低く,

  1. チェック問題
  2. 解説講義(動画)
  3. 問題演習

の3ステップとシンプルなものになっています。

そのため,あまり負担を感じることなく進めていけるのが特長です。

チェック問題は代表的な問題を3問ほど解くことになり,文法力の現状について知りましょう。

チェック問題について

この後に解答解説がありますが,さらに詳しく動画による講義が続くのが良いですね。

基礎英文法の解説動画

テンポよく,視覚的にも楽しいレッスンが5分程度続きますが,観終わった後は,10問の問題演習で理解度の確認や定着を図りましょう!

問題演習

前半5問は2択ですが,後半は4択になり難易度が上がります。

このような調子でいくつかの分野を学んでいき,途中に用意された確認テストを使って復習もできる「基礎英文法」のレッスンを使って,TOEIC S&Wに必要な英語力の土台を築きましょう。

 

 

オンライン英会話レッスンでTOEIC S&W対策

オンライン英会話レッスンでTOEIC S&W対策!

スタディサプリのビジネス英語コースで学んだ内容を用いて,実際にネイティブ講師相手に英会話の練習を積むことができます。

レッスンの流れは以下の通り↓↓

QQ Englishとレッスンの流れについて

上のレッスン時間の他,最後に質問やフリートークができる時間が別に7分取ってもらえます。

特にTOEICのスピーキングテスト11問目(あるテーマについて意見と理由を述べる問題)の対策が不足しがちなので,「好きなテーマについて先生と話す」ようにしてください。

レッスン時間を全部合わせると25分に及ぶということで,長さ的にはTOEIC Speaking TESTの約20分を超えているのでピッタリです。

より詳しいレッスン内容を見ていきましょう。

最初の9分間はメインレッスンで学んだキーフレーズを復習する時間になります。

瞬間発話プラクティスにも似た,このような問題が用意されているので,思い切って挑戦してみてください。

online-conversation-lesson-1

 

続けてこれまでの3つのキーフレーズを使いながら,自分のことについて話しましょう。

オンライン英会話でのキーフレーズを使ったレッスン例

最初のレッスンに比べてより自由度が高くなるので,先に話しておきたいことはメモしておくのもよいですね(レッスンで使う教材は予めダウンロードしておけます)。

TOEICのスピーキングテストでは初めて目にする資料や文書,メッセージや会議内容を題材として,自ら返答を考えなければいけないので,評価基準の「妥当性」「完成度」を特に意識して,相手を納得させる返答を心がけましょう。

そして,次も大切で,答えた内容の出来を4段階で評価してもらえます↓↓

評価について

自分では難しい評価をしてもらえるのは貴重です。

また,レッスンを終えると自分自身も何か感じるところがあると思います。

そういった課題をふまえて,次回以降の学習に活かしていきましょう!

なお,最後フリートークで選べるテーマは以下の3つです↓↓

online-conversation-freetalk

評価についてもう少し詳しく聞くもよし,そして先述の通りCを選択して,意見と理由を述べながら1分間話してみてください。

 

なお,1つ残念なこととして,提供元はリクルートではなく,QQ Englishという会社ですので,ビジネス英語コースの利用料金に加えて,別途使用料が発生することでしょう。

回数と料金の関係はこのようになっていますが,

  • 月8回まで:3685円
  • 毎日受講:4980円~

詳細については以下のページにてご確認ください↓↓

本章のサービスは別料金ですが,その分,英会話の習得に大変効果的な実践が積めるレッスンになっているので,値段に見合うだけの価値はあることは間違いありません。

 

 

まとめ

以上,スタディサプリENGLISHの「ビジネス英語コース」で学べるレッスンと,詳しいトレーニングについてまとめてきました。

TOEIC S&Wの対策に十分役立てられることがわかっていただけたかと思いますが,社会人の方が英語を得意にする用途でも利用可能です。

メインレッスンに関しましては,先に紹介した8個のトレーニングを1レッスンとしたものが,各レベルに120個以上存在し,今後それ以上に追加される予定となっております。

これだけあれば学ぶ量的には困りません。

学習期間として3~6ヶ月が標準期間だと考えられますが,無料体験が1週間できるので是非試してみてください。

ビジネス英語コースが対象とする方のレベルは幅広く,英文法に関しても本当に基礎的な部分から学ぶことができました。

最後のオンライン英会話に関しては,最初は様子見で毎週2回程度にし,試験が近くなったら毎日のプランで契約するのがよいかと思います。

もちろん,パソコンなどのデバイス操作が苦手な方であればそれに慣れることもできますし,オンライン英会話はスピーキングテストで高スコアを取得するためのベストな方法です。

本気の方は,一念発起してやってみてください!

\不定期でキャンペーンも実施中/

ビジネス英語コースはこちら 

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

    -スタディサプリENGLISH
    -

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.