『出るとこ集中10日間!TOEICテスト文法編 by八島晶』レビュー♪

TOEICの10日間攻略シリーズですが,前回のリスニング編のレビューに引き続き,今回はその文法編のレビューをしていきましょう。

著者は八島晶氏ということで変わりなく,本シリーズでウリの『見やすさ』についてもオールカラーで維持されています。

短期間の勉強法にはやはり夢やロマンが詰まっているので,楽しくレビューの方させていただきます!

 

 

本書の基本データ

まずは今回レビューする本について整理させていただきます。

名称:出るとこ集中10日間!TOEICテスト文法編

著者:八島晶

出版:西東社

出版年度:2016年12月

ページ数:191ページ

付属品:なし

目標スコア:600点以上

 

本書のターゲットとなるのはPart5の得点力を上げたい方,目標スコアにして600点を目標にしている学習者となります。

出題頻度が高かったり短期間で学習しやすい文法項目が「全部で36個の攻略のツボ」にまとめられているので,それらを覚えるだけで同類の問題が解けるようになってスコアアップにつながるといった仕組みです。

 

公開テストの日時が差し迫っている方にとっては,今さら全文法範囲をやり直すだけの時間はありません。

『本書で学んだものだけは正解できるようにし,あとは捨てて他のPartに時間を回す』

この戦略は,スコア600点を目指す方にとって十分有効なものとなります。

というのも,Part7のような読解問題は時間をかければ解ける可能性も高まりますが,Part5のような文法問題は知識として持っていない問題にどれだけ時間をかけたところで正解にはたどり着けないからです。

ある意味割り切ってPart5を取り組めるようになるので,リーディングセクション全体のスコアアップにつながると言ってもいいかもしれません。

そんな本書の目次は以下の通り↓↓

1日につき4個のツボを学ぶ計画です。

品詞と動詞の学習が大きく5日間を占め,残った4日でピンポイントで出やすい文法範囲に絞って学習することになります。

本書の特徴と使い方については,次章で学ぶことにしましょう。

 

 

特徴と使い方

本シリーズの大きな特徴は何と言っても,10日間という短期間で完結できるところでしょう。

「Part5の得点率を上げよう」と心に決めた時点である程度の向上心が芽生えているわけですから,3日坊主ならぬ10日坊主にはなれるはず。

そうなると,

最初の9日間を使って36個の攻略法を学び,最後の1日で練習問題を解く

という本書のコンセプトが生きてきます。

他人より理解するのに時間がかかる人であっても,この程度のボリュームであれば2,3回繰り返しても1か月かかりません。

ちなみに練習量についてですが,本番で解くことになるPart5の設問数は30問です。

本書は9日間において各攻略のツボごとに2問の練習問題がついており,最終日に解くのが36問ですから計108問を解くことになります。

これは予想問題集を3冊やった以上の量に達する量ですし,実際に出そうな問題のみを選んでいるわけですから,受けられる恩恵はそれ以上だと考えられます。

加えて目を惹くオールカラーの解説で,難しい問題もやや簡単に思えてくるのが不思議なところ。

気分も白黒の解説書と比べて上がりますので,モチベーション的に続きやすいというのも,10日間シリーズ通しての特徴だと言えると思います。

 

 

本書の構成と使用感

さらに詳しく本書の内容を見ていきましょう。

まずはIntroductionの章で前提知識を学びます(左ページ)。

ここでは5文型を学びますね。

SVOCに組み込んでしまいがちな副詞や副詞句(前置詞+名詞)はしっかりと見抜けるようになりましょう。

上記画像の右ページからいよいよ攻略のツボが始まります。

例題が載っていて何やらSTEP1~3の文字が書いてありますね。

下を見ると,『解く流れ』という項目があり,ここでは以下の手順が推奨されています。

  1. 選択肢を見て品詞問題と判断する
  2. 空所の前後を確認
  3. 文の要素(SVOC)をチェック

スペルが似た単語が並んでいるので,品詞がわかれば解ける問題であることが明らかです。

このように,文法問題はまず選択肢から見るというのも,知らなかった人にとっては新たなPart5の突破口になるかもしれません。

続けて,from以下を前置詞+名詞の副詞句だと見抜くことはできますか。

これは先のIntroductionで語られた内容が理解できていればわかります(もし無理なようでしたら,本書の前に,まずは中学の文法からやり直すのも手です)。

そして最後に,本文の Mr. Peterson took a taxi をSVOの第3文型に分析できれば,答えのD(副詞)が選べるわけです。

下に解答と和訳も見受けられますし,次ページからより詳しい解説が続きます↓↓

「-lyが付くと副詞」に加えて,friendlyを筆頭とした6つの「-lyが付く形容詞」まで紹介されていますから,結構深いところまで説明は及んでいます↓↓

副詞:基本的に-lyが付き,文の構成要素にはならない。性質としては名詞以外を修飾し(文修飾副詞にまで書かれている),文の様々な場所に挿入可能。

最後に2問の確認問題を解いたら,攻略のツボの1つ目が終了。

 

正解と解説は,先ほどの手順を実践しやすいよう丁寧に書かれています↓↓

これで1日目の4分の1が終わったことになります(1日あたりツボは4つ学ぶので)。

 

そのような感じで9日間終えたら,10日目の直前練習問題に挑みましょう!

これはDay1~9で学んだ攻略のツボを総復習できる実践問題です。

とはいえ出題の順番はランダムになっていますので,該当するツボはどれだったか思い出し正しい手順で答えを選べるようになるまで練習しましょう。

間違えた問題はDay9までの該当箇所に戻るのはもちろん,できた問題も前に戻って見直すことで新たな気づきがあるとのことです。

全部で5回復習できるようになっていますが,解きなおす行為の真価はただ正答率が上がるだけではなく,解答までのスピードが上がって時間短縮につながるところにあります。

野球の素振りではないですが繰り返して練習し,本番までにしっかりと正解できる『型』を身に付けましょう。

先ほどの1個目のツボでいえば,練習問題の7番がそれらしい雰囲気ですよね。

 

なお,解説も最後までこのようにカラフルで,誤答にもそれが間違いである理由が書いてあるのが親切です↓↓

 

 

まとめ

以上,八島晶氏の『出るとこ集中10日間!TOEICテスト文法編』のレビューでした。

短期間で終わって達成感がでやすい問題量に加え,オールカラーでわかりやすく丁寧な解説が魅力のTOEIC参考書だと思います。

時間の許す限り何度もやり直して,『解答スピード』という目に見えにくい真の実力をつけましょう!

購入はこちらからどうぞ↓↓

 

いくら実用英語が叫ばれようと,日本人が英語を効率的に学習する上で必要なのは文法力です。

文法がしっかりしているからこそ,応用の知識を身に付けることができます。

リスニングだって文法がしっかりしていると早く聴けるようになるのは,文法知識で内容の推測が可能になるからです(それに加えて速読の技術も役立ちますが)。

とはいえ10日間で学ぶという本書のコンセプト上,どうしても説明に品詞や自動詞・他動詞の区別であったり,接続詞の後のS+Vの省略などが出てきてしまいますので,高校1年で習う文法範囲は予め押さえておきたいところです。

そうでない方が本書を用いた場合だと解説の理解度に差が出てきてしまうため,10日間でPart5が見違えるようにできるようになるかというと私は怪しいと思います。

中学の英文法を終えた状態で,

「英文法の知識よりも,まずは解法のパターンを身に付けましょう」

という著者のアドバイスに従うことで,本書に書かれた内容をより理解して得点力をアップさせることができるのではないでしょうか。

 

是非Part5の得点力を高めて,目標スコアを達成してください!

姉妹書の読解編のレビューやTOEIC初心者向けのおすすめ記事も参考にどうぞ↓↓

出るとこ集中10日間!TOEICテスト読解編

TOEIC初心者におすすめの参考書

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -参考書

    © 2020 スタディTOEIC