『出るとこ集中10日間!TOEICテスト読解編』のレビュー!

今回の記事では,短期間でTOEICテストの得点力を高められる『出るとこ集中10日間シリーズ』から,『読解編』のレビューをしていきましょう!

これまでにレビューしたリスニング編文法編は八島晶氏が著者でしたが,今回の読解編は渋谷奈津子氏という女性の方が執筆しています。

得点するのが難しいPart7ですが,本シリーズの特長であるオールカラーによるわかりやすさは本書でも健在です。

それではレビューの方,始めます!

 

 

基本データ

書名:出るとこ集中10日間!TOEICテスト読解編

著者:渋谷奈津子

出版:西東社

ページ数:207ページ

初版:2017年9月5日

定価:1200円+税

目標スコア:600点以上

青色で落ち着いた色合いの表紙を見ると,先ほど言ったオールカラーという仕様はしっかりと反映されており,攻略のツボ(即効性のある攻略法のようなもの)は20個あるようです。

ちなみに主な対象者として,こちらもこれまでと同様,600点目標の受験者が目安として提示されています。

著者の渋谷奈津子氏は,企業や大学でTOEIC対策講座などを担当し,L&R・S&Wテスト共に満点を取得しており,書籍もアルクやジャパンタイムズなどから数冊出しており,実績のある信頼できる方。

苦手とする人が多く,時間内に解ききれない学習者にとって,TOEIC指導のプロによるPart7(最後の読解問題)の対策を知ることは,だいぶスコアに影響することは容易に想像できます。

 

それではどのような方法でスコアアップを実現するのか,次章から詳しく見ていくことにしましょう!

 

 

目次と勉強法

本書の目次は上記画像のようになっております。

これまでの同シリーズ本と同様,10日間のうちの9日をかけてPart7攻略のコツを学び,最終日に総復習を兼ねた練習問題を解いて完成させる構成です。

基本的な攻略方針については,本書の『はじめに』に記してあり,

解ける問題を1問でも多く見つけて正解する

ことです。

とはいえ,自分が解ける問題とは一体どのようなタイプの問題なのでしょうか?

もちろんそれは本書で詳しく解説されているわけですが,簡単にまとめると,『問題文』と『設問』の2種類に分けて,各タイプごとに自分の不得意を認識することで判断していきます。

問題文は,このようにどこぞの会社の請求書であったり,またはメールであったり,これまでに出題がされた形式と同じものが繰り返し出題されますし(内容は異なりますが),

 

さらには,設問においても以下のような傾向があることもわかっているわけです。

この他にも,シングルパッセージやマルチプルパッセージの出題比率などについても紙面が割かれていますので,より俯瞰的な視点でパート7そのものの理解を深めることができます。

いずれによ,こういった各タイプの問題に対して,時間がかかったり取り組みにくかったり,逆に簡単に解けてしまうような傾向が統計的にある程度判明しているわけですから,まずはそれを理解していきましょう!

そして本書における演習を通じ,自分だけの得点パターンを把握してしまえば,解けるか解けないかの判断精度をより高くすることができるわけです。

 

ちなみに,本書で推奨されている勉強法は以下の通り↓↓

  1. まずは例題を解き,解答までの流れについて確認
  2. 確認問題で実践する
  3. 正しい手順を踏めたか答えで確認
  4. 英文を精読し,英語力自体をアップさせる

※本書の目的は,解ける問題をいち早く見つけることで,あくまで攻略法の授与ばかりが目立ちますが,上の手順4にあるようにそもそもの英語力自体もアップさせられるわけで,王道を行く正統派な学習も十分にできるわけですから,あくまで誤解無きようお願いします。

 

それではDay1のトレーニング内容について詳しくレビューしながら,実際に何をやるのかについて具体的なイメージ付けをしていきましょう!

 

 

本書の特徴と実際のレビュー

1日目はピンポイント情報を問う問題を取り上げます。

大体2つか3つの攻略のツボを毎日学ぶ感じです。

今回見ていく攻略のツボ1では,『日付や固有名詞を問われた場合に,いち早く解答のヒントにたどり着く手法』を紹介しています↓↓

何も知らなければこの問題,全文読んでしまうのですが,まずは質問と選択肢から締め切り日を聞かれていることを把握しすることで,

「Bridges Steakhouseのdeadlineを見つけよう」

と明確な目標意識を持って本文を読むことができます。

そして,ステップ2にあるように,このステーキハウスがClientであること,そして,一番下にあるDue byを見つけさえすれば,そのままApril 7が答えになることがわかります。

解き方に書かれている『日付は言い換えられることがほとんどない』という事実も頭に入れておけば,より迷いなく選択できるのではないでしょうか。

 

ページをめくると左には全訳と覚えるべき単語がまとめられており,右には『さらに詳しく』というコーナーがあります。

選択肢を見て,日付や固有名詞を確認し,素早く答えを見つける際の目の動かし方であったり,チラシで曜日を見つける例で,より理解を深めることが可能(hands-onはTOEICで良く出てくる単語で,「実地の;実際に触れられる」といった意味)です。

同様に攻略のツボ2も学んだら,確認問題でその日のまとめをしましょう↓↓

 

こちらの解説では和訳や語句が載っている以外に,どのような手順で答えに至るのかについての方法が詳しく書かれているので,同じ導き方ができたかどうか確認してください↓↓

 

さらに便利なのは,各Day終わりにある『テーマ別頻出フレーズ』です。

こういった単語に慣れ親しんでおくことで,試験本番での理解度が大きく変わってきますからね。

 

最終日のDay10では直前練習問題が31問待ち構えています。

これまでに身に付けた攻略のツボを当てはめて,目標点である20点を突破してください!

画像では先ほど学んだタイプの問題が出てきていますがわかりましたか。

 

こちらの解説も解答への根拠まで丁寧に書かれたものであり,和訳や語句まとめの他,どの攻略のツボを参照したらよいかまで書かれているので復習する際に大変便利です。

 

その他,本記事で紹介できなかったものとして,リーディングセクションのおすすめの時間配分であったり,緊張しない方法やはたまた600点取得のための正解数目安など,読み物として役に立つ情報も数多く見受けられます。

そう考えると本書から学べる知識の幅はだいぶ広く,一冊から多くのことを学べてコスパにも優れる一冊ではないでしょうか。

 

 

まとめ

以上,渋谷奈津子氏による『出るとこ集中10日間!TOEICテスト読解編』のレビューでした。

パート7というTOEIC最大の壁を,「解ける問題」もとい「勝てる問題」を素早く探し出すことで効率良く得点していくという本書の方針は大変理にかなっています。

さらに本書ではそれだけに留まらず,試験における心がけや,TOEIC全般の時間配分や目標正答数などを知ることでトータル的な対策もできるわけです。

もちろんpart7の全訳や語句まとめを最大限に利用し,実際の英語力そのものをアップさせることで,速読できるようになったり,Part4のリスニング問題のスコアまで高められることが期待できるのも読解問題を集中的に対策する魅力。

10日間という短期間で使用できる本書ですが,何度も復習して長い付き合いにすることもできるのでコスパも悪くありません。

本書で理解を深めて,さらに時間に余裕があれば当サイトでおすすめしているアプリや参考書を使ってみてください↓↓

【Amazon】出るとこ集中10日間!読解編 

【楽天】出るとこ集中10日間!読解編

 

ちなみに同シリーズの読解編やリスニング編は以下の記事にまとめていますので宜しければご参照を。

出るとこ集中10日間!文法編のレビュー

出るとこ集中10日間!リスニング編のレビュー

 

初心者向けのおすすめも良く読まれています↓↓

初心者必見!TOEICのおすすめ参考書

 

本レビューがみなさまのお役に立てることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC参考書
-

© 2020 スタディTOEIC®