海外のスポーツNEWSを観てTOEIC勉強!無料で楽しく学びましょう!

辛い英語勉強の合間に少し変わった方法を取り入れてみると,毎日の生活に変化が出ます。

TOEICだと普段は問題を解く生活が中心でしょうから,英語学習の原点に帰れるような「楽しい」勉強法を採用するのがおすすめで,今回紹介する「海外のスポーツNEWS」は,興味を持てる学習者の方も多いのではないでしょうか。

それに今回紹介しているサイトは,基本無料で利用できるものです。

もちろん面倒くさいユーザー登録などもありませんので,是非使ってみてくださいね!

海外スポーツNEWSがTOEIC対策になる理由

ここでいう「海外スポーツNEWS」というのは,野球やバスケットといったプロスポーツに関するニュースを扱った動画全般を指し,試合の一部を観られるものもあれば,ちょっとしたインタビュー動画なども含みます。

普通テレビや動画を観るといえば,「遊び」に分類されてしまうことが多く,これまでの人生において動画を観ながら勉強していて,家族や先生に褒められた経験はおそらくないでしょう。

しかし,ICTの発達で時代は変わりました。

現代ではそういった文明の利器のうち,利用できるものをどんどん利用していかないと勿体ないです。

とはいえ,時代の変化が速すぎるので,何か体系的にこうすべきという方針が作られる前にどんどん新しい技術が出てきてしまうため,普通に生活している分には,満足なアドバイスを得られそうになりません。

しかし,例えば今回の海外スポーツのNEWSをネットで視聴することで,TOEIC対策に十分役立てることができます

もちろん動画の音声は英語であり,ただ流しているだけでリスニング学習になるというのが理由の1つですが,そこはもう少し掘り下げて考えてみましょう。

「海外のスポーツ」とひとくちに言ってもMLBやNBA,NFLを始め,サッカーやゴルフにボクシングなど種類はさまざまです。

このうち観るべき動画は,ずばり「自分が興味のあるジャンル」になります。

興味があるスポーツなので,英語学習で問題になりやすい「やる気」の問題はクリア。

さらに,そこで使われるルールや用語に心当たりはあることでしょう。

野球だったら「盗塁」とか「振り逃げ」とか,サッカーだったら「オフサイド」とか「コーナーキック」とかです。

そういった,すでに自分に備わっている知識を頼りにリスニングができるため,まったく知らない内容のNEWSを観るよりも相手が言っている内容を推測しやすいメリットがあります。

しかも,動画を観ればみるほど,同じようなシーンで同じ英語が使われるため,繰り返し観ることで自然と特定の単語に習熟していくことになるでしょう。

TOEIC L&Rテストの攻略を考えるとき特に意識したいのは,配点の半分をリスニングが占めるという事実です。

最近では英語4技能が注目されるようになり,センター試験に代わる共通テストにおいても,ようやくリスニングの配点が高くなりそうなことが言われていますが,TOEICでは最初からそうなっています。

つまりリスニングができるようになれば,スコアアップしやすいということです。

また,リスニング対策することで,リーディングやスピーキングにも良い影響があります。

発声した瞬間から音が消えていくリスニングでは,耳に入った通りの順番で即座に相手の英語を理解していく他になく,それはリーディングする際,前に戻らず頭から訳していく「速読の技術」にも通じることでしょう。

当たり前のことかもしれませんが,相手の話を理解することができなければスピーキングすることもできません。

そのため,「今日はなんだかやる気でないなー」という日でも何らかの形でリスニングはやってほしいと思います。

それでは実際に動画を使って,どのような勉強法ができるのか具体的にみていきましょう!

 

海外のスポーツ動画を使った勉強法

espnのサイト

私はバスケットボールが好きですので,その動画を使って英語リスニングの勉強法を紹介してみたいと思いますが,ここでは「espn.com」の動画を例に説明します(画像はアメフトですが)。

ESPNとは同名の会社が運営するスポーツ専門のケーブルおよび衛星放送のテレビチャンネルで,サイトの上部にはいくつかのジャンルがありますが,目につくところでは

  • NFL:アメフトリーグ
  • NBA:プロバスケットボール協会
  • NCAA:全米大学競技協会
  • MMA:総合格闘技
  • MLB:大リーグ野球

などと,主にアメリカのスポーツNEWSが視聴可能です。

こちらが動画の様子になりますが,右下にある歯車のマークを押すことで,

espn.comの動画の設定

  • Autoplay:次々と際限なく動画が切り替わる
  • Closed caption:英語字幕を表示できる
  • Caption Settings:その他設定(文字色やフォントなど)

の切り替えができます。

英語字幕があると,文字で英語を確認できるのでリスニングの学習にも適していると言えるでしょう。

ここでは,以下に一部台詞を書き出してみましょう。

場面ですが,「NCAAトーナメント女子」のトップ5の名場面を紹介する動画です。

Number three, the 2018 National Women's Semifinal, it's Notre Dame and UConn. This one. Arike Ogunbowale, household name, Kobe Bryant became a fan. Clutch, clutch. To beat UConn. Here's the call. Oh matter me. This is great.

For a trip to the National Championship, Ogunbowale. Good!! Notre Dame with the win, off to the title game! Then he threw the highlighter. And he hugged Kara Lawson. And he hugged Rebecca Lobo. How was Kara Lawson so calm? Because you know what, she had made a few big shots in her career. Not going to lie. And then in the title game, Ogunbowale not done, contested three.

Seriously. Notre Dame, the national champs in 2018 thanks to Arike Ogunbowale. We had her on the show afterwards. Wow we did. And she like, well, I did it the first time. I thought I could do it the second time.

字幕をほぼそのままに転記しましたが,ここまでで約1分の動画になります。

中々の情報量ですよね。

こういう動画をきっかけにして,ネットで検索をしてみれば関連知識も増えていきます。

同じ場面の違う動画もYouTubeで見つけられました↓↓

blank

彼女は決勝戦でも優勝を決める3ポイントを放ち,それがブザービーター(試合終了のホイッスルと同時にシュートが入ること)となりました。

また,純粋に英語表現としてみても,

  • household name:有名人
  • be off to:~に出発する
  • contested:激戦(接戦)での

といったものを今回のNewsから学ぶことができます。

字幕に関しては,ところどころにミスがあるのは事実で,例えば固有名詞であったり,同音の単語は弱いです。

今回だとthrewがthroughと表示されていましたし,また色々な人の会話が,特に区別されず字幕に表示されてくるなど,やや分かりにくいところもあるので,あくまで雰囲気を理解する程度にとどめるのがいいかもしれません。

大事なのは英語を一定時間聴いたということです。

同じ時間,TOEICの教材を使ってリスニングするのは精神的にも辛いところがありますからね。

「英語って楽しいなぁ」と思えれば,それこそ明日以降のやる気につながっていきます。

 

おすすめサイト

NBC Sportsのサイト

このようなスポーツNEWが観られるサイトとしては,今回紹介したESPNの他に,NBC Sportsが有名です。

こちらは字幕の表示はされませんが,動画の時間は長めとなり,関連記事などもたっぷり読めるので,より上級者向けでしょうか。

Liveの放送もあるので,試合が開催されている期間は盛り上がります。

ただし,この場合は会員にならないといけない(年間で1000円ちょっと払う必要がある)ので,私は利用していません。

あくまで英語を聞き流す目的で無料動画を流しっぱなしにすることが多いですね。

両者のリンクは以下に貼っておきますので,興味があれば是非見てください!

公式サイト

 

まとめ

以上,海外のスポーツNewsを利用して,TOEICでウエイトが高いリスニングの勉強をする方法についてまとめてきました。

何も毎日こういったサイトを観ろというわけではなく,普段はTOEICの勉強をしていて,時間ができたときや少し疲れた時に,軽い気持ちでスポーツNEWSを観てほしいと思うわけです。

そうすることで,より長時間のリスニングが可能になり,ナチュラルスピードの最高峰ともいえるニュースの英語に慣れることができます。

こういった動画で耳慣らしをしてからTOEICのリスニング音声をあらためて聞いてみると,不思議とゆっくり聞こえてくるのが嬉しいですね!

最初はサイトの使い方に戸惑うかもしれませんが,是非慣れてもらって,普段のTOEIC学習の1つに加えてみていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

-勉強法

© 2020 スタディTOEIC