マンガで攻略!はじめてのTOEICテスト全パート対策のレビュー!

今回は,初めてTOEICを受ける方で,スコアとしては600点を目標とされている方におすすめの,「マンガで攻略!はじめてのTOEICテスト全パート対策」という参考書についてレビューします。

タイトルから大変読みやすそうな印象を受けますが,かといって,全ページがマンガ形式で書かれているわけではありません。

パートごとに解説がありますが,他の本と比べてどのような点が異なるのか,そして読み終えた際にどのような感想を持ったのかを中心にまとめてみたいと思います。

本書について

  • タイトル:マンガで攻略!はじめてのTOEICテスト全パート対策
  • ボリューム:本(320ページ)+CD(80分)
  • 著者:濱崎潤之輔
  • 出版社:西東社
  • 発売日:2016年11月11日
  • 目標スコア:600点~730点
  • 価格:1,600円+税

CDも付いていて,ソフトカバーで読みやすいサイズの本書です。

最も需要が多い600点を超えることを目標に掲げていて,さらに総合対策ができるので,初心者の最初の1冊に向いています。

TOEICの形式から始まり,パート1~パート7までの解き方をマンガと練習問題で学ぶことになるわけですが,もちろん,現行のTOEICテスト(新形式)に対応しているのは言うまでもありませんね↓↓

もくじ

  • 本書の特長と使い方
  • TOEICはどんなテスト?
  • Part1を攻略!
  • Part2を攻略!
  • Part3&4を攻略!
  • Part5を攻略!
  • Part6を攻略!
  • Part7を攻略!
  • エピローグ

この目次からも網羅性があることは伝わってきますが,ベストセラーの本だけあって,この本独自の魅力ももちろん有しています。

これについては次章から詳しくみていきましょう。

なお,Kindleのような電子書籍版ではCDの付いていない廉価版も売られているので,目的に応じてそちらを選ぶことも検討してください(例えば,TOEICのコツだけをこの本で学び,音声素材は別の教材で行う予定がある方など)。

 

本書の特徴

本書のイラスト

本書の大きな特徴は「漫画を取り入れたこと」と「3ステップで学んでいくわかりやすさ」だと思います。

上記画像で見るようなマンガから大体の章が始まるので,最初に読むことで解き方の概要を把握することが可能です。

大体10ページくらいあるでしょうか。

読み終わった次のページからは,問題形式の説明と特徴がよりしっかりとまとめられることになるので,いきなりこのまとめを読むよりも抵抗なく内容に入っていけるわけです↓↓

Part1の概要

ちなみに上のページだけ見ると,どうしても勉強している感が出てしまいますが,続く「攻略のコツ」というコンテンツに進むと,再び安心できることでしょう。

大変にわかりやすく,デザインが秀逸なので,こちらも読み進めるのに難を感じません↓↓

Part1の攻略のコツ

わくわくするといいますか,まるでゲームの攻略本を読んでいるような感覚が芽生えてきました。

ちなみに「攻略のコツ」は,各パートに4~8個ほど用意されています。

コツを理解したら「練習問題」で実際の問題を解き,「わかった」を「できる」に変える体験をしましょう↓↓

Part1の練習問題

上の写真はPart1における「正解と解説(左ページ)」と「練習問題(右ページ)」の実例ですが,動きのあるレイアウトなので,見た目的には柔らかい印象を受けるのではないでしょうか。

このページからは他に,「全訳・丁寧な解説・重要語句リスト・話者の国籍」について確認することができます。

特に最後の「話者の国籍」については,特定の国の訛りに苦手意識がある方はもちろん,そもそも話者の国籍ごとにどれだけ音が聴き取れなくなるのか経験したことのないTOEICビギナーの方には大変な衝撃となるかもしれません。

以上で見てきたのは「Part1」における練習問題のページについてでしたが,参考までに残りのパートについてもどのような解説が施されているのか確認してみたいと思います。

Part2のものはこちら↓↓

Part2の練習問題

冒頭の疑問詞をキャッチしてから,要約リテンションするというのが本書の教えなので,その通りに解説も書かれているわけです。

続くPart3と4のコツは同じため,ひとまとめとして扱います↓↓

パート3と4の練習問題

先読みする場合に,どの部分に注目するのかまで書かれている本書のようなものはほとんど見ません。

続けてリーディングセクションの解説に移りますが,Part5はこちら↓↓

パート5の練習問題解説

問題と解説が一目で確認できるのは便利です。

やることは各パートごとにそれほど多くないので,意外と早い段階から,自分をTOEICモードに変えることができるでしょう。

Part6では,まず正解と解説があり(右ぺージ)↓↓

パート6の練習問題1

続けて,各設問についての解説が続き↓↓

パート6の練習問題2

さらにこの次のページに全訳も用意されています(これについては2つ前の画像の左ページのような感じです)。

最後にPart7についてみていきましょう。

本文中のどこを根拠にすればよいのかが,色でわかりやすく表示されています↓↓

パート7の練習問題1

自信がなかった問題は,ここでもう一度考えて答えを見直してみてもよいでしょう。

上に続くページに軽いヒントもあるので,こちらも参考にしてください↓↓

パート7の練習問題2

最後には,パート6と同様,詳しい解説が続きます↓↓

パート7の練習問題3

くどいので省略しますが,もちろん全訳もありますからね。

 

本書を読み終えてみての感想

「マンガで攻略!はじめてのTOEICテスト全パート対策」を全ページ読み終えてみて惜しむらくは,演習問題の少なさでしょうか。

各パートごとに5問前後しかありませんでした。

本書で学んだ攻略のコツをさらに定着させるためには,他の問題集が必要です。

また,2時間かけて模試を解くことも別にしなければならないでしょう。

もっとも,「こういったことに注意すればいいんだよ」という方針を示すまでが本書の目的ですので,量としてはむしろこのくらいが丁度よいのかもしれません。

少なくとも,出てきている問題には詳しい解説が載っていて,ここまで丁寧に解説されれば理解できない人はいないでしょうし,この1冊を読むだけで,TOEIC試験についての理解が深まります。

初めてTOEICを受ける方で,時間が本番まであまり残されていない方が読むのにおすすめできる内容でした。

著者の濱崎潤之輔氏によれば,「何回か受験したけれど,思うような結果がなかなか出ない方」向けに書いたとのことです。

私も150分ほどで読み終わりましたので,30分弱で大体一つのパートを終わらせられた計算になりますね(復習する時間はこれに含めていません)。

すぐに読めるとはいえ,練習問題を解き終わるとさすがに疲れを感じます。

しかし,そんなときでも,次のパートがマンガで始まることがかなりの救いになりましたね。

CDについてですが,コツの説明のときに英文に続けて日本語訳が流れるトラックがあるので,便利な反面,わかりきっている場合にはやや邪魔に思う時がありました。

そういうものはたいてい1回聞けば十分で,同じものを何度も練習するときは使いにくいかもしれません。

逆に,ところどころで解説される練習法には有意義なものが数多くあったように感じます。

マークシートの塗り方や呼吸の仕方についてまでが大真面目に解説されているところなど,クスッと笑えるコツも散見されました。

また,「パート3と4のマーク69個をリスニングの終わりに一気に塗るのは正答率をぐっと上げる」というコツは,早速次の模試から試して効果ありだったので採用です。

さらにTOEICで頻出の表現もよくまとめられているので,受験英語しか入っていない方であっても,この本に出てくる単語を覚えるだけで結構TOEIC英語に対応できるようになるのではないでしょうか。

「オーバーラッピング・ディクテーション・シャドーイング・スラッシュリーディング」といったトレーニング方法については「初めて聞いたよ」という方は,こんな練習方法もあるのかと目から鱗状態になると思います。

当サイトでもテクニックをまとめているので参考にしてください↓↓

 

まとめ

表紙

以上,マンガで攻略!はじめてのTOEICテスト全パート対策のレビューでした。

私がこの本の購入を薦めるとしたら,

  • 目標スコアは600点~730点
  • TOEIC初心者かブランクがある方
  • リスニングやリーディングはある程度の下地がある

という条件に当てはまる方ですね。

また,

  • マンガなので非常に読みやすい
  • 様々なトレーニング方法が学べる

点は,飽きの来ない英語学習をしていく上で特に役立つ本書の魅力でしょう。

TOEICの対策本を数冊やるとわかりますが,満点スコアの取得者ともなると,その人なりに決めた解き方があり,最後は自分の好み次第だと思えるようになります。

あくまで「私はこうやっているけど,君はどう?」と問いかけられているにすぎず,実際にそのやり方を採用するかどうかの判断は,こちらに委ねられるということは覚えておきましょう。

例えば「パート3で問題文に限らず選択肢まで先読みするか否か」のような,解き方についての細かい論点においては,満点取得者の間でも意見が分かれます。

最後に,リスニングセクションの音声をそもそも聞き取れるようになるためには,本書で紹介されているシャドーイングやディクテーションの練習を積まなければいけません。

さらには,リーディングにおいても,一文一文が精読できるレベルになって初めて文脈を意識した読みができることを考えると,英語の実力をあげていく努力を別にしつつ,さらにこの本で教わったコツを併せて使うことでスコアがアップしやすくなるというのが,私がこの本を通してお伝えしたいことです。

本レビューで興味を持っていただけた方は,是非以下のリンク先から購入してみてください↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました!

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC参考書, 総合対策
-

© 2020 スタディTOEIC®