『TOEIC L&Rテストリスニング徹底攻略と模試』の参考書レビュー

今回は、16年間TOEICを毎回受験している中村澄子講師による、

TOEIC L&Rテストリスニング徹底攻略と模試

という参考書についてレビューの方していきたいと思います。

特に新形式のリスニングでPart2の得点が伸びない方に向けて詳しく書かれているとのことですので、どのようなメソッドが書かれているのか期待していきましょう!

本書の内容と構成

名称:TOEICL&Rテスト リスニング 徹底攻略と模試~中村澄子のリスニング目標スコア達成テクニック~

著者:中村澄子

出版:ダイヤモンド社

価格:2000円(税抜)

ページ数:296ページ

音声:CD(MP3ダウンロードも可)

 

2016年5月にTOEICテストが改変されてから、リスニングセクションのすべてが難しくなったわけですが、特に本書ではパート2の攻略法に力を入れています。

以前レビューしたロバートヒルキ氏による直前の技術という参考書の中でも、パート2の攻略こそリスニングセクションの点数を早く上げるために有効な手段だと書かれていましたが、本書では著者の教える教室で好評なメソッドの一部を使って、パート2の攻略法を詳しく説明しているのが第一の特徴です。

とはいえ、以下の目次を見ていただくとわかるように、いきなりパート2から解説が始まるふうでもなく、あくまでリスニングパート全体を扱っているので、パート2だけでなく、総合的なリスニングセクションの対策が可能になっています↓↓

【目次】

本書の構成と使い方の後で、part1から順番に解説が始まります。

 

また、part4までの解説が終わると、最後に予想模試が控えているので、この1冊だけで、リスニングセクションの特訓が可能です。

 

イラストがあったりなかったりで、紙面の情報量は変わりますが、各パートごとのページ数をまとめてみると、

  • Part1・・・34ページ
  • Part2・・・44ページ
  • Part3・・・38ページ
  • Part4・・・13ページ

となっているので、紙面が割かれている割合からも、やはりPart2に最も重点が置かれているのは間違いありません。

それでは、より詳しい本参考書の特徴について、次章でみていくことにしましょう!

 

 

本書の特徴

基本的には、各パートごとの攻略法を解説した後、そして最後に模試(リスニングセクションのみ)に挑戦する流れです。

上記画像は、本書を横から撮ったものですが、一番左の色分けされた部分が模試となっているので、ほぼ半々ずつの量を占めていることがわかります。

ちなみに収録音声についてですが、付属のCDは公開テストと同じように4か国語(アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア英語)の発音が混ざった状態で収録されているので安心です。

さらにはCDのほかに、本書に書かれたURLからMP3形式の音声ファイルもダウンロードできるので、もし仮にCDを紛失した時でも音声ダウンロードで対応することが可能になります。

 

Part1

着目点については、人・物・風景であったり、時制や言いかえなど、どの参考書とも同じようなことを書いているので、真新しいことはありません。

とはいえ、これまでにリスニング攻略の参考書を読んだことがない方であれば、どれも知っておくだけで得点力が上がりますので、十分参考になると思います。

 

4つの攻略テクニックを扱いますが、それぞれの解説後に大体1問の練習問題が用意されており、習ったテクニックを身に着ける練習ができます。

ここで学んだのは一人の人が写ったイラストの場合の解き方でしたが、動作と位置関係に注目する以外に、出てくる単語もよく考えられており、stack はTOEICが大好きな単語ですし、前回受けたTOEICでもbeneath は出てきましたね(Part5の文法でしたが)。

なお、本書ではpartごとにこのような感じで、頻出英単語が音声とともに確認できるので、これもまた便利です↓↓

 

Part2

パート2の攻略法が本書のウリということで、『設問も選択肢も聞き取れたのにも関わらず正解が選べない』状況に陥らないためのノウハウが書かれています。

新形式で問題数は30問から25問に減ったにも関わらず、難易度は上がっていて、前回受けたTOEICでも3つ目まで聞いて答えが選べない問題が数問あったのは苦い思い出です。

というわけで、攻略テクニックはそういった間接的な答えに慣れることから始まります↓↓

このように日本語で15問くらいの質問に慣れた後で、今度は英語の文章を使って練習するわけです。

間接度合いの程度で分類しているのは類書に見ない内容ですね↓↓

その他、似た音を使った選択肢は間違い、5W1Hの問題の解き方や、Yes,Noクエスチョンで平叙文が答えの場合など、攻略テクニックとしては10個の取り扱いがあり、その内容もひっかけ問題ばかりで、高得点を目指すうえで参考になる技術が多いと感じました。

 

Part3

パート3は先読みの重要性を解いており、他書と変わりない内容です。

が、特に問題数が39問と増加した本パートは、先読みのリズムを崩してしまわぬよう心掛けるのと同時に、本書で解説されているようなテクニックを多く身に着けておけばおくほどにいざというときの正解率が上がってくると思われます。

そういった意味で、以下のような事柄に心当たりがある方は、本書で学んでおきましょう!

  • 会話の答えと会話の流れの関係(一致している)
  • よく出る質問のタイプを知らない(1問目、2問目、3問目で問われる内容に決まりがある)
  • 3人の会話の攻略法(性別と主語に注目)
  • 電話での目的が述べられる位置(最初)

全部でテクニックは12個ありますが、個人的には、以下のテクニックはかなり本番で活用できて有効ですね↓↓

 

Part4

Part4も先読みが重要で、攻略テクニックもPart3と同一か、その応用形であることが多いです。

意図問題は難しいので、スコアによっては捨てるなどのテクニック(?)も出てきますが、よくある質問やストーリーについての解説が詳しいので、知っておくだけで本番でも混乱せずに済むかと思います。

Part4では章末の単語まとめはありません。

 

予想模試

予想模試は、リスニングセクションの100問が収録されており、解説も充実しています。

23ページの問題に対して115ページにもわたる解説があり、

しかも内容は、全訳や正解へのたどり着き方に加え、語注もあるので、付属CDの音声を使ってシャドーイングが可能です。

先述した攻略法の中にシャドーイングのやり方もあるので、Part4の対策をすることがPart7のスコアアップに役立つことも大いに考えられます。

 

 

まとめ

以上、もっとも信頼できる講師No.1の中村澄子氏による『TOEIC L&Rテストリスニング徹底攻略と模試』のレビューでした。

Part1から4までまんべんなく対策できますが、特にPart2は独自のメソッドで、特に難しい問題ばかりを扱っており、高スコアを目指す受験者にも役立つ内容だったように感じます。

通しでやると数時間で終わる内容ですが、シャドーイングによる復習もしっかり行うことで2週間~1か月の学習に耐えうる参考書ですので、値段に見合う価値はありますし、これからTOEICのリスニング対策を始めようと考えている方には特におすすめです。

リスニングとリーディングセクションを比べると、高得点にはとにかくリスニングセクションで稼げるだけ稼ぐ姿勢が大切ですし、伸ばす時間も比較的短く済むので、是非満点目指して頑張りましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-参考書

© 2020 スタディTOEIC