パーソナルコーチプランの3ヶ月プログラムを使ってみた結果

TOEICの勉強をあまりにも続けられない自分に見切りをつけ,意を決してスタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランに申し込んでから早3ヶ月。

ようやく,全スケジュールを修了しました!

本プログラム開始時における私のTOEICスコアは795点だったのですが,目標欄に大胆にも「900点」と記入した日がだいぶ昔のことのように思えます。

「我ながら思い切ったことをしてしまったなぁ」と当初は感じていたものの,つい数日前に公開テストを受けてみて,やはり本番は難しかったですが,手ごたえはそれなりにありました。

そんな今,自分の頭に浮かんでいるものは,担当コーチに対する感謝の気持ちです。

今回の記事では,パーソナルコーチプランの3ヶ月プログラムを使ってみた感想を,数多の思い出と共に振り返ってみることにします。

毎度恐縮ですが,以下の内容はあくまで私の個人的な体験であり,パーソナルコーチプランのサービス内容を保証するものではないことをご了承の上,読み進めるようにしてください。

パーソナルコーチプラン修了時の総学習時間

パーソナルコーチプラン3ヶ月目の総学習時間

パーソナルコーチプランで3ヶ月学んだ結果,私の総学習時間は以下のようになりました↓

  • 150時間38分(アプリ内で113時間32分,その他で27時間6分)
解説員
ちなみに6ヶ月プログラムでは1日の学習時間の目標が3ヶ月プログラムの半分になるため,総学習時間は両者間でそこまで大きく変わらないことが予想されます。

続けて,TOEIC対策アプリにある各学習コンテンツの勉強時間の詳細についてまとめると,以下の通りです↓

学習コンテンツ別の修了状況

パーフェクト講義=29時間41分学習,計3周(シャドーイングは5周)

英文法編=8時間41分,演習問題のみを数回復習

実戦問題集=31時間56分(Vol.1は9時間17分,Vol.3は3時間12分,Vol.4は2時間58分,Vol.5は8時間24分,Vol.6は8時間5分)

TEPPAN英単語=20時間32分,10周以上

実戦問題集以外のコンテンツは,ほぼすべて完璧になるまでやりきることができました

しかも,その多くは2ヶ月目の時点ですでに修了できたということで,もともとベーシックプランを放置気味だった私でも,「コーチに付いてもらえると意外とやれるものだなぁ」と驚いています。

また,未完の実戦問題集についても,

blank
コーチ
2週間で1冊仕上げるペースでやってください!

というコーチの指示があったわけで,確かにもう少し頑張ることはできたのでしょうが,最低限の仕事はできたのではないでしょうか。

ちなみに実戦問題集ですが,NEXTまで合わせると計20冊(20回分の模試に相当)という膨大な量があるので,こちらに関してはパーソナルコーチプラン修了後にもらえる「12ヶ月無料クーポン」を使って,今後お世話になろうかなと思っています↓

とはいえ,私は完璧な模範生にはなれませんでした。

というのも,パーソナルコーチプランの3ヶ月プログラムを受講する者の心得として,1日2時間の学習時間が最低ラインに設定されていたからです(6ヶ月プログラムだと1日1時間です)。

平均して2時間という学習時間ですから,勉強時間としては最低でも180時間を超えたかったですし,1時間しか勉強できない日があったにもかかわらず3時間や4時間勉強する日はほとんどありませんでした。

実際,パーソナルコーチプランの中間模試と中間面談のレビューでご報告したように,

blank
コーチ
厳しいことを言うようですが,100点アップには200時間が必要です!

とコーチに叱られたこともありました。

パーソナルコーチプランで主に使うTOEIC対策アプリには「総学習時間」という絶対的な指標が記録されるので,勉強時間が足りていない事実について言い訳することはできません。

目標に50時間も及ばなかったことは,公開テストを頑張って受け終えてきた今でも,やはり心残りです。

 

 

パーソナルコーチプランの月ごとの様子を振り返る

パーソナルコーチプラン3ヶ月プログラムの学習履歴

以上みてきたように,勉強時間はあれでしたが,初月に学習プランが配布されてから,とにかく毎日少しでも学習することを心がけ,3ヶ月(正確には93日)の間,1日も欠かさずに学習を継続してこられたことはひとえにコーチのおかげです。

現在のスタディサプリENGLISHと異なり,後から連続学習日数を修正することもできなかった時代です。

自己ベストに表示された「93日」という数字は,自分の中で大きな自信に繋がりました。

大人になって,自分の頑張りを認めて自己肯定感を高めるといった経験はあまりできないと思うので,その意味でも貴重な経験ができたように思います。

以下では,パーソナルコーチプランで学んだ日々を1ヶ月ごとに振り返ってみましょう!

1ヶ月目の様子

3ヶ月プログラムにおける最初の1ヶ月は,スタートダッシュとされる時期でした。

毎日の勉強時間を2時間にできるだけ近づけることを第1目標とし,学習する習慣をどのように身に付けていけばよいかについて,自らの生活スタイルと向き合いながら実行しては,コーチに報告して修正していくを繰り返していた月だったと思います。

「勉強時間は自分を裏切らない」ということを念頭に,数十分の勉強時間を1日のうちに何回か捻出するように工夫することで,多忙な中での学習態度がどのようなものかわかってきましたし,「土日にまとまめてやればいいや」という考えがいかに誤ったものであるかについても理解しました。

パーソナルコーチプランの1ヶ月目に使用した教材は「パーフェクト講義」が主なもので,TOEICの7つのパートごとに出題形式や解答のコツを学ぶことからのスタートでした。

パーフェクト講義にはそれ以外に英文法編もありますが,関正生先生の講義動画を視聴することで,そもそもの英語力の底上げにつながったように感じています↓

 

2ヶ月目の様子

2ヶ月目に入ると学習習慣はだいぶ身に付いたように感じ,パーソナルコーチプランの開始前には大変だった,1日1時間という勉強時間は当たり前になりました

これは1つ,自分の中での大きな変化です。

もっとも,それでも目標の2時間には及ばない日が多く,途中で思わぬ予定(簿記の試験や試合など)が入ってしまい,勉強時間をそちらに割かなければならなかったこともありました。

とはいえ,コーチとの最後の音声通話となる中間面談後にやる気をチャージしてもらったことがプラスに働いて,8週目には「1週間,毎日2時間学習する」ことを初めて達成でき,小さいながらも1つの自信につながったように思います。

1.5ヶ月目に行った中間模試の結果は,予想スコアに換算してみると初回模試を受けたときよりも伸びていて,コーチも一緒になって喜んでくれたことは良い思い出です↓

 

3ヶ月目の様子

そしてパーソナルコーチプランの最後となる3ヶ月目については,上で語ってきた通りです。

コーチからチャット欄で伝えられる内容はより実戦的なものへと変わり,本番での得点力を上げることがこの時期の目標となります。

このタイミングで受けさせられたのが実戦問題集のVol.1で,なぜ最初の1冊目を最後まで使わないのかが疑問だったのですが,どうやら実戦問題集の中で最も難易度が高いとされるのが実はこのVol.1だそうで,機を見計らっていたとのことです。

何も知らずにいきなり解いて自信を喪失しても問題ですし,他の実戦問題集とスコアの比較もしにくいでしょう。

しかし,実際はコーチの予想に反して好成績を収めることができてしまい,これにはコーチも驚いたようで,

blank
コーチ
今後アプリを使った学習はTEPPAN英単語と文法範囲の復習のみにとどめ,なるべく外部の問題集を使ってください。900点以上を目標とする学習者向けのものが売られています!

と,市販参考書の立派なリストを作成して送ってきてくれました。

このことからわかるように,学習プランはコーチの判断でアレンジされたものへと変わり,復習の指示もより実践的になってきたのが最終月です。

こういった判断は独学では到底できないものでしょう。

英語(というよりも,勉強全般)ができる優秀な方の凄みというものを,垣間見ることができたように感じています。

次章で紹介しますが,修了間近には今後1年間かけて学び続けられるようにと,大量のおすすめ教材まで出し惜しみすることなく教えていただき,パーソナルコーチプラン修了後のTOEIC学習において,もはややるものに迷うことはなくなりました(笑)

 

 

担当コーチとのチャットのやり取りを振り返る

パーソナルコーチプランの担当コーチとの最後のチャット

それでは最も思い出深いチャットについて,コーチとの3ヶ月間のやり取りを振り返っていきましょう!

なお,このチャット内容は,パーソナルコーチプランを解約しても,スタディサプリを退会しない限りいつまでも確認することができます

週に1度あるコーチの定休日や年末年始のサービス休止期間以外は,ほぼ毎日このチャットを利用してきたわけですが,3ヶ月で一体どれだけの量のアドバイスをもらうことができたのでしょうか。

思い出に浸りながらこれまでのメールを最初から最後まで指折り数えてみましたが,

  • 全部で107通

もありました。

単純計算で約90日の利用期間に対して107通ですから,結構濃密な関係性が築けたのではないでしょうか。

コーチは豊富な経験を生かして,私が知らなかった学習テクニックであったり,どうすれば3ヶ月で目標スコアを超えられるようになるか(またはどこまでやらなければ超えられないのか)だったりを,基本的には優しく,そして時には厳しく語ってくれたように思います。

頭脳明晰な方とのチャットでのやり取りには,これまで自分が体験したことのない楽しさがあり,毎日の勉強時間を報告するノルマがあったからこそ学習にメリハリがついたのは確かです。

最後までやる気を高いレベルで維持してこられたのも,このチャット機能があったからこそでしょう。

思えば,年末に色々バタバタしていてどうにもやる気が出ないときであっても,

blank
コーチ
学習はずっと続くものなので,イベント続きの今も,いつも通り淡々と学習していただければと思います。5分でもアプリを開くことを習慣づけておけば,時間に余裕ができたとき,すんなりカムバックできますよ!

という言葉にだいぶ助けられました。

他にも,リーディングのスコアがあまり伸びなかったとき,つい保険をかけるつもりで,

blank
生徒
今後もし長期間にわたってTOEIC学習することになってしまった場合,一体どういった対策をすればよいのでしょうか。

などと弱気な質問をコーチに送信してしまった際は,これでもかと言わんばかりに「おすすめ参考書20種類リスト」を送り付けられてしまい,その勢いに完全に圧倒されてしまいました。

そのおかげで逆に突き抜けたような気分になって,暗鬱とした気分から抜け出ることができたことを今でもしっかりと覚えています。

先ほど,ベーシックプランの12ヶ月無料クーポンについての話をしましたが,「パーソナルコーチプランで数ヶ月間学んだのに,さらに1年もアプリを使い続ける意味なんてないのではないか」と思う方がいらっしゃるかもしれません。

ですがご安心ください!

コーチ曰く,

blank
コーチ
残った実戦問題集だけでも毎日1時間学習できますし,ベーシックプランの無料特典である(旧)日常英会話コースを使ってリスニングとスピーキング力を鍛えていくのも良い気分転換になります!

とのことですので。

また,ディクテーションやシャドーイングの素材として,これまでやった教材を学び直すことを含めれば,たとえ毎日3時間学習していっても1年では終わらない量があるように思われます。

最悪,家族や友人に無料クーポンを譲渡することもできました(私の時はそうでしたが,現在は要確認です)。

本章の内容についてまとめると,担当コーチとのチャットは,自分のこれまでの価値観や学習に対する態度を大きく変えてくれるだけの力を持っているということです↓

 

 

パーソナルコーチプラン後のTOEICの感想

TOEICの受験票2回分

パーソナルコーチプランを受講する前,私が最後に受けたTOEICは第229回のものでした。

このときのスコアが795点となります。

余談ですが,コーチが付かないベーシックプランを半年近く受講してから受けてみた結果,第169回に受けたときのものとスコアに変化はありませんでした(そのときは805点)。

誤解されないように付け加えておきますが,ベーシックプランに効果がなかったわけではありません

私が契約だけして,ほとんど使わなかったことに問題があります。

そして,そのことに危機感を覚え,一大発起してはパーソナルコーチプランに申し込み,3ヶ月プログラムでまがいなりにも頑張ってきました。

先述した通り,総学習時間的にはやや足りなかったものの,教材はそのほとんどを終えることができ,結構手応えも感じられたのが第237回の公開テスト(パーソナルコーチプラン修了後の本番)です。

会場はやや家から離れた大学になってしまいましたが,特に早く行くわけでもなく,集合時間の10分前くらいにゆったりと着席するようにしました。

blank
コーチ
リスニングは満点を狙い,読解の文法では,形で決められるものは英文を全部読むことなしにパッと選びましょう!

コーチと考え抜いたこの作戦は,この3ヶ月を通して最も正答率が高かった方法です。

当日,リスニングで選択肢をすべて聞き終えた段階においても「答えが選べない」状態に陥ってしまいましたが,そのときはすかさず「適当に」マークします。

とはいえ,「自分の場合,こういった状態のときは最初に聴いた答えが正解であることが多い」などと冷静に分析できているあたり,パーソナルコーチプランで学んだ経験が生きています

また,「ミスを次の問題に引きずらない」というのは,スタディサプリのパーフェクト講義で関先生に教えてもらったことです。

ところどころにTEPPAN英単語で学習した単語が出てきたことに安堵しながら,最終的には見直しの時間も作れて,なかなかに手ごたえを感じた結果となりました。

 

 

パーソナルコーチプランでTOEICスコアは上がったのか

TOEICのサイトで確認できる英語4技能スコアチャート

つい先ほど,インターネット上にTOEICの結果が公開されました。

祈るような気持ちで見ましたが,その結果は,

  • 90点アップの885点

でした。

リスニングで60点,リーディングでは30点の上昇となります。

目標の900点には15点ほど届きませんでしたが,「たった3ヶ月でよくここまで得点を伸ばせたなぁ」というのが率直な感想で,自分を褒めてやりたい気持ちになりました。

「パーソナルコーチプランで200時間学習すれば100点アップする」というのが目安だったので,同じ割合で考えれば150時間では75点の期待値です。

こう考えると,スタディサプリENGLISHの総学習時間からTOEICスコアの上昇率をかなり正確に予想できるのかもしれません。

もちろん嬉しい気持ちの方が多いですが,どうしても超えられなかった50時間への後悔も忘れず,これからの人生を歩んでいきたいと思います。

いずれにせよ,パーソナルコーチプランには大変お世話になりました。

これからも,ベーシックプランやコーチに教えてもらった参考書を用いて,900点を目指して勉強を続けていこうと思っています。

ちなみに,こんな前向きな気持ちで満たされていた時,タイミング良く届いたのが「TOEIC L&R TESTスコア報告&メッセージフォームのご案内」というメールです。

指定されたURLにアクセスしてみましょう↓

パーソナルコーチプラン スコア報告&メッセージフォーム

どうやらこのフォームを使うと,ニックネームや平均学習時間を報告するだけでなく,担当コーチに自分のスコアを伝えることができるようです。

スコア報告とメッセージの送信は,スコアを更新するたびにいつまでも可能だということですので,私以外の受講者の方もきっと喜ぶのではないでしょうか↓

パーソナルコーチの満足度入力欄

コーチとの出会いが私の英語学習の大きな転機になったことは疑いようのない事実であり,

blank
生徒
感謝の気持ちをしっかりスコアでお返ししたい!

そんな気分になっている修了生は多いように思います。

この報告欄を使えば,そんな思いが成就されるわけで,こんなかゆいところにも手が届く素敵仕様になっているのがパーソナルコーチプランなのです。

 

 

まとめ

パーソナルコーチプランのご利用ガイドとテキスト

以上,私がスタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランを3ヶ月使ってみた結果です。

今回の記事でポイントとなる事柄をまとめると,

  • 私の勉強時間は3ヶ月で150時間だった
  • コーチとのチャットはほぼ毎日で計100通以上
  • 学習コンテンツは実戦問題集以外,全部修了できた
  • 修了後もベーシックプランで十分に学べる
  • TEPPAN英単語や動画内容は公開テストで役立つ
  • スコアは90点アップの885点達成!

となります。

コーチからのチャットで教えてもらった「TOEICスコア900点以上を狙うときの方法」であったり,「忙しい時のタイムマネジメントのコツ」,さらには「純粋に勉強の楽しさ」まで学べたのは,今後の成長の糧になるはずです。

ここで学んだ経験をこれからの毎日に生かして,さらなる飛躍につなげていきたいと思いますし,先のメッセージフォームで,早速感謝の気持ちを報告しました。

是非みなさんも,パーソナルコーチプランで人生に役立つたくさんの「何か」を発見してみてください。

これから申し込まれる方は,お得なキャンペーン情報もお見逃しなく↓

10記事以上にも及んだパーソナルコーチプランの体験談でしたが,最後までお付き合いいただき,誠にありがとうございました。

-パーソナルコーチプラン

王道のTOEIC教材

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

パート別に攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れます。7日間の無料期間を生かして試しに使ってみてください!

パーソナルコーチプラン

オンラインながら最高峰のTOEIC対策を受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない方はコーチングを受けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能な「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育は,いつの時代であっても鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでのあらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が明確です。

TOEIC界で有名な著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非!