スタディサプリのパーソナルコーチプランを3ヶ月使ってみた結果

あまりにTOEIC勉強を続けられない自分に見切りをつけて、意を決してスタディサプリのパーソナルコーチプランに申し込んでから3ヶ月,全スケジュールが終了しました。

申し込み前の保有スコアは795点でしたが、目標スコアは大きく『900点』と記入した日がだいぶ昔のことのように思えます。

「我ながら思い切ったことをしてしまったなぁ」と当初は感じていたものの、つい数日前にTOEICの公開テストを受けてきて、「やっぱり本番は難しい」と感じながらも手ごたえはそれなりにあった結果を受けて言えることは,パーソナルコーチプランに対する感謝の気持ちです。

今回の記事では、これまでの3ヶ月使ってきた感想を、担当コーチとの思い出と一緒に振り返ってみることにします。

 

 

3ヶ月プログラムを振り返る

パーソナルコーチプラン3ヶ月プログラムの勉強時間合計

私のこの3ヶ月の総学習時間ですが、

アプリでの学習が113時間32分,市販本の学習を含め150時間38分

となりました。

また、TOEICコースの学習コンテンツをどれだけこなせたのかについては、

  • パーフェクト講義→29時間41分の学習、全3周(シャドーイング5周)
  • 英文法編:8時間41分、演習問題は繰り返し復習
  • 実戦問題集:5冊(Vol.1:9時間17分、Vol.3:3時間12分、Vol.4:2時間58分、Vol.5:8時間24分、Vol.6:8時間5分
  • TEPPAN英単語:20時間32分、10周以上

となり、実戦問題集以外のコンテンツはすべて完璧になるまでやりきることができました

実戦問題集については「2週間で1冊を仕上げるペース」というコーチの指示に従った結果であり,言われた課題については、上記分ですべて達成しています。

ちなみにNEXTも合わせると20冊にも及ぶボリュームがあるので、パーソナルコーチプランを終えた後も1ヶ月に2冊ペースでお世話になるつもりです。

 

とはいえ、私は完璧な模範生にはなれませんでした。

というのもパーソナルコーチプランの3ヶ月プランを受講する者の心得としては、1日2時間の学習習慣が最低ラインとなるからです。

そう考えれば3ヶ月で最低180時間を目指したかったですし、コーチには、

コーチ
「厳しいことを言うようですが、100点アップには200時間が必要です」

と叱られてしまったこともあります。

TOEICコースには『総学習時間』という絶対的な指標があり、それに若干及ばなかったというのは、テストを受け終えた今,少し心残りです。

が、初月に学習プランが配布されてから、とにかく毎日少しでも学習することを心がけ、3ヶ月間(93日)間,毎日学習を継続してこられたのは担当コーチとのやり取りがあったからこそですし、150時間も勉強できたことに満足しています。

以下でこの3ヶ月について簡単に振り返っていきますが,細かなスケジュールについては,以下の記事をどうぞ↓↓

パーソナルコーチプランのスケジュールまとめ

 

1ヶ月目

最初の1ヶ月はスタートダッシュ的な意味合いがあり、学習時間を2時間になるべく近づけることを目標に、学習時間の捻出方法を、自らの身をもって体験することが大切だったように思います。

やった内容に関しては、パーフェクト講義を用いた学習が主なもので、TOEICの出題形式について理解し、英文法編の講義などを通して汎用的な英語力の底上げをすることが目的でした↓↓

パーソナルコーチプラン1ヵ月目の進め方

 

2ヶ月目

2ヵ月目に入ると学習は習慣化し、あれほど大変だった1時間の勉強時間を確保するのは当たり前になり、最終週では毎日2時間の学習を達成できたのは大きな変化だったように思います。

同時期に行った模試の結果も、予想換算スコア的に当初のものより伸びており、コーチも一緒になって喜んでくれたのは大変励みになりました↓↓

パーソナルコーチ体験談【2ヵ月目】

 

3ヶ月目

そして終わりの3ヵ月目。

内容はより実戦的になり、本番での得点力を上げるのがこの時期の目標です。

実戦問題集のVol.1(いわゆるスタディサプリENGLISHで難易度が高いとされる模試)で好成績を収めることができたので、コーチから「アプリでの学習はTEPPAN英単語と文法範囲の復習のみにとどめ、なるべく外部の問題集(900点以上を目指す人用のもの)を使うように」との指示を受けました。

課題もよりアレンジされましたし、復習の指示も具体的になってきたのもこの時期です。

また、次章で紹介するコーチとのチャットでは、なんと今後1年間に及ぶほどの量のおすすめ教材も教えていただき、仮にTOEICで目標スコアを超えた場合でも勉強法に迷う心配はなくなりました(スコアが860点を超えると、パーソナルコーチプランは受講できません)。

それではコーチとのチャット内容に関して、もう少し詳しくまとめてみましょう!

 

 

チャットの効果

コーチとのチャット【3ヵ月目】

パーソナルコーチプランの受講期間が終わっても、コーチとのチャット内容は保存されており,いつまでも確認することができます

コーチの定休日(週1)や年末年始の休暇があった他は、ほぼコーチと毎日チャット機能を利用してやり取りしていましたが、3ヶ月で一体どれだけの量のアドバイスをいただいたのでしょうか。

コーチからのメールを最初から最後まで指折り数えてみましたが、

全107通

です(笑)

コーチのこれまでの豊富な経験から、私がこれまで知らなかったテクニックであったり、どうやったら目標スコアを素早く超えられるのか(どこまでやらないと超えられないかという現実)を基本優しく,しかし時に厳しく教えてくれました。

チャットのやり取りあったからこそメリハリがついて、最後までやる気を維持してこられたように感じます。

例えば、年末に色々バタバタしていてどうもやる気が出ないようなときは、

コーチ
学習はずっと続くものなので、イベント続きの今もいつも通り淡々と学習していただければと思います。5分でもアプリを開くことを習慣づけておけば、時間に余裕ができたとき、すんなりカムバックできますよ

といった言葉をかけてもらい、大変落ち着くことができましたし、リーディングのスコアがあまり伸びず自信を失いかけて、つい保険の意味で、

「今後長期間にTOEIC学習がわたってしまったときにどういった対策をすべきでしょうか」

と弱気な意見をコーチにぶつけてしまった際も、これでもかと言わんばかりに『おすすめ参考書20種類のリスト』を送ってきてくれたことには驚きました。

逆に突き抜けた気分になって、暗鬱な気分から抜け出ることができたのも良い思い出です。

 

パーソナルコーチプランの修了時には『ベーシックプランの12ヵ月無料クーポン』がもらえますが、「1年もやることが残っていないんじゃないか」と思う方がいらっしゃるかもしれません。

参考:パーソナルコーチプランの無料クーポンと継続プログラムについて

 

ですがご安心ください。

コーチ曰く,「実戦問題集だけで毎日1時間学習できますし、TOEICコースの契約者が無料で使える日常英会話コースを使ってリスニング&スピーキング力を鍛えるのも良い気分転換になる」とのことです。

また、ディクテーションやシャドーイング素材として、これまでやったものを完璧にすることを目指せば、毎日3時間の学習時間でも終わるかどうかわかりません

 

とにかく担当コーチとのチャットは、自分の学習態度を大きく変えてくれるものなので、TOEICでどうしても目標スコアを超えたい方には、是非とも受けてほしいおすすめのサービスです↓↓

パーソナルコーチプランのチャット機能について

 

 

公開テストへの影響

TOEIC公開テストへの影響

第229回のTOEICで敗北を喫しベーシックプランに申し込むも半年間ほとんど学習できず、一大決心してパーソナルコーチ3ヶ月プログラムで頑張って受けたのが,第237回の公開テスト。

当日の案内を示すQRコードが受験票に記載されたくらいしか、主だった変更点はありません。

会場はやや遠くの大学になりましたが、特に早く行くこともせず、集合の10分前くらいに着席するようにしました(写真は前日、スピード写真で10分以内に撮り終えました。料金は8枚800円です)。

コーチ
「リスニングは満点を狙い、読解の文法は形で決められるものは全部読まずにパッと選びましょう」

コーチと考え抜いたこの戦略が、パーソナルコーチプランを通して最も得点力が高かった方法です。

当日、リスニングで選択肢をすべて聞き終えても「答えが選べない」状態に陥りましたが、そのときは迷わず適当にマーク(自分の場合,こういったときは最初に聴いた答えが正解であることが多い)。

「何よりミスを次の問題に引きずらないこと」というのは、関正生講師のパーフェクト講義動画で学んだことです。

加えて、TEPPAN英単語でやった単語がバンバン出てくることに安堵しながら、最終的に見直しの時間も作れて手ごたえを感じた結果となりました。

もしかすると1月の試験は狙い目かもしれません。

大学生が多めかつ欠席者も多く,私の教室では150人中120名しか来ていなかったので,隣がいない悠々としたスペースで受験できました。

 

 

TOEICスコアの結果

TOEICスコアの結果

つい先ほど、インターネット上で結果が公開されました。

祈るような気持ちで見ましたが、結果は、

前回より90点アップ(リスニング60点、リーディング30点)の885点

でした。

目標の900点には15点ほど届かずでしたが、「たった3ヶ月でよくもここまで得点を伸ばせたなぁ」という感謝の気持ちでいっぱいです。

これからもスタディサプリのベーシックプランとコーチに教えてもらった参考書を用いて、900点取るまで勉強を続けていきたいと思っています。

 

こんな前向きな気持ちで満たされていた時,タイミング良く届いたのは、『TOEIC L&R TESTスコア報告&メッセージフォームのご案内』というメールでした。

指定されたURLにアクセスすると、以下のようなフォームが開きます↓↓

TOEIC L&R TESTスコア報告&メッセージフォーム

このフォームには、ニックネームや平均学習時間を入力する欄はもちろん、担当コーチに自分のスコアを伝えることができる箇所がある上、スコア報告とメッセージ送信は、スコアを更新するたびにいつまでも可能だということです。

修了後のコーチへの報告

コーチとの出会いが私の英語学習において大きな転機となったのは間違いのない事実ですが、

「それをしっかりスコアでお返ししたい。」

そんな気分になる受講生は多いと思います。

この報告欄を通し,そんな思いに応えてくれる素敵仕様になっているのがパーソナルコーチプランなのです!

 

 

まとめ

以上が、スタディサプリENGLISH【TOEIC L&R TEST対策コース】のパーソナルコーチプランを3ヶ月使ってみた結果です。

今回の記事内容をもう一度最後にまとめると、

  • 学習時間は3ヶ月で150時間
  • コーチとのチャットはほぼ毎日(100通以上)で最高!
  • 学習コンテンツは実戦問題集以外全部終了
  • 実戦問題集やディクテーションなど、修了後の学習の余地は多い
  • TEPPAN英単語や動画内容は公開テストで役立つ
  • スコアは90点アップの885点達成!

となります。

チャットで教えてもらった「TOEICスコア900点以上を狙うときの方法」であったり、「忙しい時のタイムマネジメントのコツ」、さらには「純粋に勉強の楽しさ」みたいなものを学べたのは,今後の成長の糧になるでしょう。

今回学んだことをこれからの毎日に生かして、さらなる飛躍につなげていきたいと思います(もちろんフォームにも早速感謝の気持ちを報告しました)!

是非みなさんも、パーソナルコーチプランのTOEIC学習を通して,たくさんの役立つ何かを発見してみてくださいね。

お得なキャンペーンの情報は以下の記事にまとめています↓↓

パーソナルコーチプランの最新キャンペーンコードまとめ

 

全部で10以上にわたった体験談でしたが,最後までお付き合いいただき,誠にありがとうございました!

 

TOEIC対策のおすすめ2019

ベーシックプラン

オールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,短期間で効率良く学習したい方は,まずスタディサプリを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもあり。

パーソナルコーチプラン

TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人はトレーナーを付けるのがおすすめ。学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない緊張感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

-スタディサプリENGLISH

Copyright© スタディTOEIC , 2019 All Rights Reserved.