パーソナルコーチプランの中間模試と中間面談のレビュー!

パーソナルコーチプランも真ん中の折り返し地点(1.5ヶ月目)に差し掛かりました。

担当コーチから提示された目標となる「毎日2時間の勉強時間」を達成できる日も増えてきましたが,確保するのがまだまだ難しいときもあり,特に今月は前半に別の試験があって出遅れてしまったので,後半で取り戻していく予定です。

とはいえ,これまでに70時間以上はTOEIC対策コースで学んできたわけで,これは平均すると「1日1.5時間」は勉強してこられた計算になります。

まだまだな数字でしょうが,これでもパーソナルコーチプランを始める前に比べたら雲泥の差です!

担当コーチの励ましには感謝しています。

さて,こんな時期に受けることになるのが,今回レビューする「中間模試」です。

初回模試のときよりTOEICスコアが上昇しているといいのですが,結果はどうだったでしょうか。

今回の記事では,その後に控えている「中間面談」の様子もあわせてみていくことにしましょう!

パーソナルコーチプランの中間模試と結果について

パーソナルコーチプランの中間模試とは

スタディサプリのパーソナルコーチプランでは,受講期間のちょうど真ん中で中間模試を受けるスケジュールとなっています。

上記の画像がこれまでの学習状況となりますが,私は3ヶ月プランですので,45日目(パーソナルコーチプランを開始して6週目)が中間模試を受ける時期でした。

初回模試のときと同じように,実戦問題集をフルサイズの2時間で解き,これまでの学習効果を,スコアの上昇度から測ります。

してきた努力が成果となって表れるわけですから,「スコアが変わらなないのはともかく,もしも下がっているようなことになったらどうしよう」と,なんだかドキドキしてきました。

毎度のごとく週初めには学習メニューがチャットの方に届くのですが,今回コーチから指示されたのは「実戦問題集のVol.3」をやることです↓↓

パーソナルコーチプラン中間模試前のチャット

早速音声のダウンロードを行いますが,該当ファイルの音声トラックを全選択後,右クリックからWindows Media Playerのリストに追加し,一斉に流しながらスタートします↓↓

中間模試の様子

初回模試のときもそうでしたが,模試で使う実戦問題集はテキスト冊子で送られてくるので,本番さながらの受験が可能です。

リスニングセクションは音源を流しっぱなしにすればOKですが,リーディングセクションの75分はストップウォッチで測ります。

冊子に付属していたマークシートも切り取って使いました。

時間的には10分ちょっと余って,手ごたえとしては良い感じでしたが結果はどうでしょうか。

テキストでは正誤判定だけでなく,本番で大体どのくらいの点数が取れるのかを予想することもできます↓↓

実戦問題集のTOEICスコア換算表について

右ページの「正解一覧」を見ながら採点をすると,

  • リスニングは9問ミス
  • リーディングは17問ミス

となり,これらを左の「スコア一覧」を使って換算すると,

  • リスニングは440~485点
  • リーディングは380~425点

のような結果となりました(スコアはある程度の幅をもって出てきます)。

総合すると「820~910点」ということで,私のパーソナルコーチプラン開始時のスコアが795点だったことを考えると「25点~115点」の上昇幅となる計算です。

ちょうど70時間の学習を加えて最低でも25点上昇したことになりますから,まぁまぁ無難な結果となったのではないでしょうか(ちなみに,費やした時間÷2がスコア上昇の目安となります)。

この結果を受けて,「目標の900点に向けて,TOEIC学習にもっと時間を割こう」と思いました。

 

中間模試をコーチにチャットします

早速コーチに報告しましたが,意外に褒められたので嬉しくなりました(笑)

中間模試の前には,時間配分や解き方についてコーチと再確認したので,準備十分で取り組めたのも大きかったですね。

なお,この1週間後に「中間面談」となります(上のチャット画面最後の「後日,中間模試の日程を送る」という文面は「中間面談の日程」の間違いです)。

それまでにコーチへの質問を用意したり,とにかく解いた実戦問題集を復習しましょう!

すぐに復習しないことには実力は付かないとコーチから念を押されたので注意しないといけません。

しかし,パーソナルコーチプランだと,すぐにこういったフィードバックをしてもらえるのが良いところですね。

市販のTOEIC公式問題集を購入した人が失敗するのは,ただ解いて丸付けしたら終わりにしてしまい,復習に時間をかけないからだそうです。

スタディサプリの実戦問題集であれば,テキスト冊子を使って模試代わりに使えるだけでなく,復習または実力養成用にアプリで学習する使い分けまでできてしまうのが大きな魅力でしょう。

ちょうど私が間違えた問題に関正生先生の講義が用意されているようなので,動画を見て復習します↓↓

パーソナルコーチプラン中間模試の復習

curb(縁石)の発音をcurve(カーヴ)と誤解してしまったのが間違えた原因でした。

もっとも悪い話ばかりではなく,これまでパーフェクト講義で学んだ恩恵も確かに感じられ,受動態の進行形の出てきた英文では「あ,これは引っかけだな」と思えたのですがね。

リスニングパートはディクテーションとシャドーイングのトレーニングメニューを使って復習します↓↓

「実戦問題集」のアプリでは,このようなトレーニング機能が利用できるわけですが,問題によってはアプリ形式よりも冊子の方が復習しやすい場合もあり,それはリーディングセクションにおいて顕著です。

例えば,Part5の文法問題はテキストの方が見開きできるので見やすいですし,

実戦問題集テキストの魅力

長文の復習も,アプリで音声や意味を確認した後は,冊子を使って何度も音読することができます

その際はアプリの「スピード音読」を使って練習を積んでから読むようにすると良いでしょう。

これまでに出てきた実戦問題集の機能につきましては,以下の記事を確認して下さい↓↓

 

パーソナルコーチプランの中間面談の感想

中間模試の翌週(Week7)に中間面談を受けました。

この面談は,コーチとの通話を介したカウンセリングを受けられる最後の機会となります。

初回の音声面談では,緊張していて,通話は嫌だなぁと思っていましたが,今はなんだか寂しい気持ちになってしまうのは,コーチのチャットを励みに,まがいなりにも1ヶ月半頑張ってきたからでしょう。

時間にして30分,その内容としては

  • 中間模試の成績についての分析
  • 今後の学習についての相談

がメインとなります。

中間模試はコーチに講評していただいたあとで,自分自身が今回の出来についてどのように感じているかを問われたので,このときまでに自分なりの分析結果を用意しておくのがベストです。

失敗談になりますが,もう少し細かくコーチに結果を伝えておくべきでしたね。

中間模試の後,私がコーチに送っていたのは,パート毎の正解数だけを書いたものです↓↓

これで済ませるのではなく,どのような問題を間違えたのかまで詳細を事前に伝えておけば,コーチもより状況を深く理解した状態で面談を開始することができたのではないでしょうか。

これからパーソナルコーチプランをお受けになる方は,中間模試の結果について,間違えた問題番号や原因なども予めコーチに伝えておくことをおすすめします(後日,以下のような感じで自分の出来について分析し,コーチに伝えましたが)↓↓

ここまで詳しく報告しなくても,「トリプルパッセージやNOT問題が苦手」など,自分の間違えの傾向について,分かる範囲で報告しておきましょう(特に改善の余地があると感じたパートは念入りに)。

なお,初回に解いた実戦問題集のVol.4と中間模試のVol.3は難易度的にはほぼ同程度らしく,スコアの正答数を比較するだけで,その人の実力の伸びがわかるということです。

これはほんの一例ですが,担当コーチは実戦問題集の難易度や学習者の傾向について,多くを把握しています

「学習者である私たちはコーチの言ったことをただ信じて,与えられた課題を一つ一つ頑張ってこなしていけば大丈夫。」

と断言できる理由が分かっていただけたのではないでしょうか。

 

まとめ

以上,スタディサプリのパーソナルコーチプランから中間模試と中間面談の様子について,具体的にレビューしてきました。

初回模試と比較することで自分の成長が実感できましたし,反省すべき点が明確になった状態で後半戦へと折り返します。

まだまだ試験まで時間はあるようで残っていません。

後半は今回判明した弱点を1つ1つ潰していくことに専念することになるでしょう。

これまでの1.5ヶ月を振り返ると,毎日一時間くらいの学習は出来るようになったものの,実際の模試と同じ「2時間」はいまだに長いと感じてしまいますし,現に今回の実戦問題集をやっていたときも集中が途中で切れてしまうこともありました。

そんな私にコーチは最後,

コーチ
厳しいことを言うようですが,200時間の学習は最低ラインで,それができなければ目標の実現は難しいと思います

とグサり。

コーチですらTOEICスコアを100点上げるのに1年かかったというのに,それを私はわずか3ヶ月で実現しようというわけですからね。

TOEIC学習の大変さを知っているコーチだからこそ,耳障りの良いことを言うはずもありません。

甘さは捨てて本格的に取り掛からなければ!

と再び,やる気が高まりました。

とはいえ,

コーチ
十分元々の力はお持ちなので,頑張れば目標スコアが取れると思いますし,そこは信じています

とフォローしてくれるあたり,飴と鞭の使い方がわかっていて流石だなと思います(笑)

残っている教材としては,全部で10回分以上残っている模擬試験がありますので,できるだけこれをこなすことで,より試験本番に慣れていくつもりです。

コーチの期待に応えるためにも,あと半分,頑張りますね!!

次は2ヶ月目の体験談でお会いしましょう↓↓

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

パーソナルコーチプランにこれから申し込まれる方は,以下のページから無料体験ができます↓↓

公式サイトはこちら

キャンペーン情報はこちらからチェックしてみてください↓↓

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -スタディサプリENGLISH

    © 2020 スタディTOEIC