至高の模試600問のレビュー!3回分の模試で弱点を分析しよう!

今回はTOEIC L&Rテストの新形式問題に対応した,「至高の模試600問」のレビューをしたいと思います。

公式問題集以外の模試を使う理由は,詳しい解説があることや,復習のことまで考えられているところでしょう。

値段的にもちょっとお得な本書ですので,早速魅力に迫っていきましょう!

基本情報

  • 名称:TOEIC(R)L&Rテスト至高の模試600問
  • 著者:ヒロ前田,テッド寺倉,ロス・タロック
  • 出版社:アルク
  • 初版:2017年7月
  • 収録:模試3回分
  • 音声:MP3(音楽プレイヤーでは再生不可)

本書は,2016年4月に発売された「TOEICテスト非公式問題集至高の400問(旧版)」に模試1セットを加えた増補改訂版(新版)です。

改訂前の旧版も新形式問題に対応していたのですが,それが拠り所としていたのは新形式対応の公式問題集1冊のみ。

ですが,この時点ではまだ実際の公開テストは行われていません。

そこで2016年5月以降の公開テストを著者らが実際に何度も受験し,その傾向を分析

結果,本書が出版される運びとなりました。

つまり新版は,旧版よりもただ単に問題数が200問増えているだけでなく,内容的にも実際の出題傾向により近くなったということが言えるでしょう。

他にも変更点はいくつかあり,コラムの内容が加筆されたり,換算点やアビメについては見直しを,音声は新規追加となり,解答解説は分冊になるなどが挙げられますが,これらについては次章以降で詳しくみていくことにします。

なお,旧版を持っている方は新しく新版を買いなおす必要はありません

というのは,増補された200問のみを収録した電子書籍版「模試3」と「模試3の解答・解説編」の2冊のみを購入することができるからです(問題編と解答解説が2冊に分かれているのでご注意ください)。

もっとも,上記本は電子書籍である上,値段的にもお得感がありません。

私としては,旧版の保有者は別の模試を買うことをおすすめします。

本書のサイズは,公式問題集と比べるとほぼ同じくらい↓↓

至高の模試と公式問題集のサイズ比較

公式の1.5倍のボリュームなので,厚みは1.5倍くらいありますが,自宅で腰を落ちつけてやる分には問題ないですし,解答解説は1回分ごとに取り外しすることが可能です。

目次についてですが,ざっくりまとめると,

至高の模試600問のもくじ

  1. TOEICや使い方について
  2. 模擬試験
  3. 別冊の解答・解説編

のようになります。

 

至高の模試600問の使い方

ここでは「至高の模試600問」の一般的な使い方を説明しましょう。

マークシートを用意

マークシート

まずはマークシートを用意しましょう。

本書にはおなじみのものの他,上で示したような「勘ボックス」ありのタイプが存在します。

たとえ正解できても,その根拠がわからない問題に出くわした際に,「勘」という欄にチェックを入れておきましょう。

これが後々,参考になります。

なお,マークシートは3回分のものとコピー用のもう1枚が確認できました。

全200問を2時間で解く

Part1の指示と問題

マークシートの準備ができたら解いてみましょう。

アルク出版のものですので,以下でまとめた「3回チャレンジ法」で解くことになります↓↓

問題のセットとしては全部で3回分もあるので,量的に満足できます。

3ヶ月で試験に挑む計画を立てた場合であっても,1ヶ月に1回分ずつ使えてわかりやすいでしょう。

先述のリンク先で確認いただくとわかりますが,本書は値段が公式問題集(2回分収録)より安いので,コスパも良いです。

なお,リスニングセクションで使うべき音声ファイルは,問題セットの表紙にまとまっています↓↓

記録スペース

答え合わせをする

解答一覧

答え合わせは,解答が塗られたマークシートの他,上記画像のような「弱点分析に使える解答一覧」が付属しているのが特徴的です(詳細は後述)。

これが大変に使いやすく,公式問題集にはない本書の魅力の1つと言えるでしょう!

なお,解答・解説書は別冊(模試ごとに全3冊)に分かれますので,復習用として外に持ち出すことも容易です。

解説を読む

解説

丸付けの後は解説を読みます。

間違えた問題をできるようにしたときにはじめて実力がアップしますので,飛ばさずに行ってください(そしてなるべく早く復習した方が,内容を覚えているので効率が良いです)。

なお,どうしてその答えを選ぶべきなのか,詳しく自分で説明できるようになることで応用の利く知識に変わります。

できるだけ全部解説は読むようにしましょう。

どうしても時間がないときは先の勘ボックスを利用してください(チェックしたものだけ優先的にやるなど)。

ところどころに「必勝Tips」というコラムが40ちょっと載っていて,他書では読めないようなきちょうな情報が満載です。

 

本書の特長

最後に,使ってみてわかる本書の特長についてまとめてみましょう!

TOEICの攻略法が便利

本書の問題以外の部分では,TOEICテストの概要から始まりますが,続くパート別の出題形式の解説がかなり分析的で便利です↓↓

Part5の解き方

これはPart5の解説ですが,「リーディングセクションはPart6や7から始めても良い」ことや,「1問に20秒以上かけず,時間を後に残す」といった実践的な内容が含まれていることがわかります。

本書に収録されている内容は,公式問題集やTOEICの試験本番に会場でもらう解説書よりも圧倒的に詳しいので,試験まで時間がなく,とにかく本番形式に慣れたいという方にとっては大変役立つものだと思います。

新形式の問題になってどのような変更があったのかも一覧になっていますので,以前の形式でTOEICを受験された方が久しぶりにTOEICを受けるようなときには一読しておきたいですね!

新形式問題の変更点

従来から難しいとされていた文脈を把握して解く問題や,新形式問題において難問とされるリスニングセクションにおける意図問題,さらにはPart7のトリプルパッセージなど,十分に対策していきましょう。

もちろん,「新形式ではここが難しくなっているのか」という情報を知っているだけでも,スコアはだいぶ変わってくるはずです。

自分の弱点を把握しやすい

本書では,最新の問題傾向をふまえて模試が作られている他,150~200人のデータから算出された換算点(本番で何点くらい取れるか)により,本番で何点くらい取れるのかを予想できます。

実際に私も本番の1週間前に解いたのですが,そのスコアは本番のものに近かったです(もちろん調子にも左右されるのでしょうが)。

加えて,これよりもすごいと思える特長が本書にはあります。

それは,独特の「Abilities Measured(アビメ)算出による弱点分析」です↓↓

スコアを分析する様子

アビメとは「項目別の正答率」のことで,実際に公開テストを受けて返却されるスコアにも載っています。

アビリティメジャーの例

模試を解いて答え合わせをする際も,ただマルバツを付けるだけだともったいないですよね。

本書ではこのようにアビメまで計算できるシートが入っているところが大変すばらしい試みで,指示に従ってチェックを入れていくと,自然に弱点が分析され,より具体的なパート別対策に生かせる仕様となっております。

例えば上の結果だと,L3(短い会話,アナウンス,ナレーションなどにおいて詳細が理解できる)ところが弱点だとわかるので,Part2の対策本を中心に学習し直すなどの戦略が考えられるでしょう。

 

まとめ

至高の模試600問の外観

以上,「TOEIC(R)L&Rテスト至高の模試600問」のレビューでした。

本書の「はじめに」にもありましたが,スコアを上げたい人はTOEIC本番と同じ形式の問題を解くのが一番です。

とはいえ,ただやるだけでは不十分であり,復習して本番に役立つ知識まで身に付けていかなければなりません。

そのためには自分のスコアをしっかり分析することが必要になりますが,TOEICを教えるプロでない限り(もしくはある程度問題分析できる知識をつけない限り),自力でそれを行うのは難しいでしょう。

本書にあるAbility Measuredの計算表のようなサポートが必要です

本書で紹介されている「3回チャレンジ法」に従って取り組むことで,有益なTOEIC対策ができるのは間違いないでしょう。

模試にはこの「TOEIC(R)L&Rテスト至高の模試600問」をおすすめします!

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-総合対策
-

© 2020 スタディTOEIC