『TOEIC至高の模試600問』のレビュー!3回分の模試が1冊に!

今回はTOEIC L&Rテストの新形式問題に対応した,

至高の模試600問

のレビューをしたいと思います。

公式問題集よりも使いやすい工夫がいくつもある,本書の魅力に迫っていきましょう!

基本情報

TOEIC L&Rテスト至高の模試600問

名称:TOEIC L&Rテスト至高の模試600問

著者:ヒロ前田,テッド寺倉,ロス・タロック

出版社:アルク

初版:2017年7月

収録:模試3回分

音声:MP3(音楽プレイヤーでは再生不可)

本書は,2016年4月に発売された『TOEICテスト非公式問題集 至高の400問(以後「旧版」と呼称します)』に模試1セットを加えた増補改訂版(以後「新版」と呼称)です。

改訂前の旧版も新形式問題に対応していたのですが,それがベースとしていたのは新形式対応の公式問題集のみ。

ですが,この時点ではまだ実際のテストは行われていません。

そこで2016年5月以降の公開テストを著者らが実際に受験しその傾向を分析,新版(本書)が出版される運びとなりました。

つまり新版は,旧版よりもただ単に問題数が200問増えているだけでなく,内容的にも実際の出題傾向により近くなったということが言えるでしょう。

他にも変更点はいくつかあり,コラムの内容は加筆され,換算点やAbilities Measuredは見直しを,音声は新規追加となり,解答解説は分冊になったなどが挙げられますが,これらについては次章以降で詳しくみていくことにします。

なお,旧版を持っている方は新しく新版を買いなおす必要はありません

というのは,増補された200問のみを収録した電子書籍版『模試3』と『模試3の解答・解説編』の2冊を購入することができるからです(問題編と解答解説が2冊に分かれているのでご注意ください)。

[Kindle] 至高の模試No.3

もっとも,上記本は電子書籍である上,値段的にもお得感がありません。

私としては,旧版の保有者は別の模試(TOEIC公式問題集スタディサプリの実戦問題集)を買うことをおすすめします。

 

本書のサイズは,公式問題集と比べるとほぼ同じくらい↓↓

公式問題集と至高の模試600問の比較

模試なので,自宅で腰を落ちつけてやるでしょうから,これで問題はありません。

 

そして目次についてですが,ざっくりまとめると

至高の模試600問の目次

  1. TOEIC L&Rについて
  2. 模擬試験
  3. 別冊解答解説編

のようになります。

 

 

使い方をレビュー

ここでは『至高の模試600問』の一般的な使い方を説明しましょう。

本番同様,全200問を2時間で解く

至高の600問の問題部分

3回分もあるので量的に満足できます。

本書は値段が公式問題集(2回分収録)より安くコスパも良いです。

 

時間や音源を確認する

親切な設計

いつ試験を受けたのかであったり,どの音声ファイルを使うのかがわかりやすくまとめてある親切設計は本書の魅力でもあります。

 

マークシートを用意

マークシート「勘ボックス」付き」

マークシートはおなじみのものの他,上記で示したような「勘ボックス」ありのタイプが存在

たとえ正解できても,その根拠がわからない問題ってありますよね。

そういったものに出くわしたときは,「勘」という欄にチェックを入れておきましょう。

もちろん,マークシート自体も3回分入っています(「コピーしてお使いください」などとある模試は意外と手間がかかって面倒くさいんですよね。)。

 

答え合わせをする

解答一覧

答え合わせは,簡単に正誤がわかるよくあるものの他,上記画像のような『アビメ分析に使える解答一覧』が付属しています(詳細については後述します)。

これが大変に使いやすいんです!

 

解説を読む

解説とTips

最後に解説を読みますが,ところどころに『必勝Tips』というようなコラムが40ちょっと載っていて,これと先のパート別対策で学んだ攻略法を合わせればかなりの情報量になります。

この解答・解説書は別冊(模試ごとに全3冊)に分かれますので,復習用として外に持ち出すことも容易です。

 

 

一味違う本書の特長

最後に,使ってみてわかる本書の特長についてみていきましょう!

TOEIC L&Rの攻略法が載っている

まずはTOEIC L&Rテストの概要や,パート別に出題形式の解説がそれに続くのですが,前者はともかく後者の内容は攻略法も記載されています↓↓

TOEICの攻略法

これはPart5の解説ですが,

「リーディングセクションはPart6や7から始めても良い」

ことや,

「1問に20秒以上かけず,時間を稼ぐ」

といった実践的な内容も含まれているのがわかります。

本書に収録されている内容は,TOEICの試験本番に会場でもらう類の解説書よりも圧倒的に詳しいので,試験まで時間がなく,とにかく本番形式に慣れたいという方にとっては大変役立つものだと思います。

 

新形式の問題になってどのような変更があったのかが一覧になっていますので,以前の形式でTOEICを受験された方が久しぶりにTOEICを受けるようなときには一読しておきたいですね!

新形式との変更点

従来から難しいとされていた文脈を把握して解く問題や,新形式問題において難問とされるリスニングセクションにおける意図問題,さらにはPart7のトリプルパッセージなど,十分に対策していきましょう。

もちろんここまで詳しく分析できなくても,

「新形式ではここが難しくなっている」

という情報を知っているだけでも,スコアはだいぶ変わってきます。

 

自分の弱点を把握しやすい

本書では,最新の問題傾向をふまえて模試が作られている他,150~200人のデータから算出された換算点(本番で何点くらい取れるか)により,本番で何点くらい取れるのか予想できます。

実際に私も本番の1週間前に解いたのですが,そのスコアは本番のものに近かったです(もちろん人によりけりでしょうが)。

加えて,これよりもすごいと思える特徴が本書にはあります。

それは,独特の『Abilities Measured(アビメ)算出による弱点分析』です。

アビメの分析

アビメとは「項目別の正答率」のことで,実際に公開テストを受けて返却されるスコアにも載っています。

アビリティメジャーの例

模試を解いて答え合わせをする際も,ただマルバツを付けるだけだともったいないですよね。

本書ではこのようにアビメまで計算できるシートが入っているところが大変すばらしい試みで,指示に従ってチェックを入れていくと,自然に弱点が分析され,より具体的なパート別対策に生かせる仕様となっております。

 

 

まとめ

まとめ

以上,TOEICL&Rテスト至高の模試600問のレビューでした。

本書の「はじめに」にもありましたが,TOEICスコアを上げたい人はTOEIC本番と同じ形式の問題を解くのが一番です。

また,ただやるだけでは不十分であり,復習して本番に役立つ知識を身に付けていかなければなりません。

そのためには自分のスコアをしっかり分析することが必要ですが,TOEICのプロでない限り(もしくはある程度問題分析できる知識をつけない限り)自力でそれを行うのは難しいでしょう。

ですが,本書にあるAbility Measuredの計算表を使えばそれが簡単にできます

本書で紹介されている『3回チャレンジ法』も使えば,本格的なTOEIC対策ができるのは間違いないでしょう。

是非,模試にはこの『TOEIC L&Rテスト至高の模試600問』をおすすめします!

【Amazon】TOEIC L&Rテスト 至高の模試600問

【楽天】TOEIC L&Rテスト 至高の模試600問

TOEIC対策のおすすめ2019

ベーシックプラン

オールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,短期間で効率良く学習したい方は,まずスタディサプリを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもあり。

パーソナルコーチプラン

TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人はトレーナーを付けるのがおすすめ。学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない緊張感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

-TOEIC参考書のレビュー
-,

Copyright© スタディTOEIC , 2019 All Rights Reserved.